高橋 亮

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 03:20
 
アバター
研究者氏名
高橋 亮
 
タカハシ リョウ
URL
http://www.chem-bio.gunma-u.ac.jp/~rheolab/
所属
群馬大学
職名
助教
学位
博士(工学)(群馬大学)

研究分野

 

委員歴

 
 
   
 
American Chemical Society  Regular member
 
 
   
 
高分子学会  正会員
 
 
   
 
日本レオロジー学会  正会員
 
 
   
 
生物工学会  正会員
 
 
   
 
日本調理科学会  正会員
 

Misc

 
Hirashima Madoka / Takahashi Rheo / Nishinari Katsuyoshi
Food Hydrocolloids   19(4) 777-784   2005年
Hirashima Madoka / Takahashi Rheo / Nishinari Katsuyoshi
Food Hydrocolloids   19(5) 909-914   2005年
Effects of ganma-irradiation on Properties of Konjac Mannan
PRAWITWONG PANIDA / Takigami Shoji / Takahashi Rheo / PHILIPS Glyn O.
Transactions of the Materials Research Society of Japan   31(3) 727-730   2006年
Sol-Gel Transition of Sonicated Gellan Gums in aqueous Solutions
Ogawa Etsuyo / Sugimoto Seiji / Takahashi Rheo / Yajima Hirofumi / Kubota Kenji / Nishinari Katsuyoshi
Trans MRSJ   31(3) 731-734   2006年
Ogawa Etsuyo / Takahashi Rheo / Yajima Hirofumi / Nishinari Katsuyoshi
Biopolymers   79(4) 207-217   2005年

書籍等出版物

 
食品ハイドロコロイドの開発と応用 多糖類の分子量・分子形態
シーエムシー出版   2007年   ISBN:978-4-88231-670-1
食品ハイドロコロイドの開発と応用 ガラクトマンナン
シーエムシー出版   2007年   ISBN:978-4-88231-670-1
Gums and Stabilisers for the Food Industry 13
IRL Press   2006年   ISBN:978-0-85404-673-7
Hyaluronan
Woodhead Pubs   2002年   ISBN:1-85573-570-9
Comprehensive Glycoscience from Chemistry to Systems Biology; Analysis of Glycans Polysaccharide Functional Properties
Elsevier   2007年   ISBN:0-444-52746-X

講演・口頭発表等

 
小麦粉とコーンスターチがカスタードクリームの嗜好性に及ぼす影響
日本調理科学会   2006年   
ショ糖と食塩が澱粉の離水に及ぼす影響
日本家政学会   2005年   
アガロペクチンの寒天のゲル化に対する影響
日本食品工学会   2002年   
Na型ジェランガムのゾル-ゲル転移.I.分子特性解析
高分子学会   2002年   
Chain Stiffness and Structure of Hyaluronan in aqueous Salt Solution
バイオレオロジー学会   2003年   

競争的資金等の研究課題

 
必須項目の入力がありません

特許

 
可溶性ケラテインおよびその製造法並びにその用途
特願2015-040076
低分子量化こんにゃくグルコマンナンの製造方法およびこの方法により得られる低分子量化こんにゃくグルコマンナン
出願
滅菌コンニャクグルコマンナン粉の製造方法及びこの方法により 得られた滅菌コンニャクグルコマンナン粉
特願2013-120917
滅菌コンニャクグルコマンナン粉の製造方法及びこの方法により得られた滅菌コンニャクグルコマンナン粉
特願2015-521497
滅菌コンニャクグルコマンナン粉の製造方法及びこの方法により 得られた滅菌コンニャクグルコマンナン粉
PCT/JP2014/065035