佐藤 浩子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 03:20
 
アバター
研究者氏名
佐藤 浩子
 
サトウ ヒロコ
所属
群馬大学
職名
講師
学位
医学博士(群馬大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2004年10月
 - 
2009年3月
群馬大学医学部 助教
 
2010年4月
   
 
~群馬大学医学部附属病院 講師
 

Misc

 
A giant bronchogenic cyst: a rare source of chest pain
Sato H, Sato M, Otani Y, Kawada E, Tamura J
Internal Medicina   46 1625   2007年
健康な地域住民における脈波速度と炎症マーカーの関連性について
佐藤浩子、佐藤真人、坂本浩之助、澤田芳枝、星野綾美、宮崎有紀子、佐藤久美子、小暮敏明、倉林正彦、田村遵一
北関東医学会雑誌   56 201   2006年
Mitochondrial Reactive Oxygen Species and c-Src Play a Critical Role in Hypoxic Response in Vascular Smooth Muscle Cells.
Sato H, Sato M, Kanai H, Uchiyama T, Iso T, Ohyama Y, Sakamoto H, Tamura J, Nagai R, Kurabayashi M.
Cardiovasc Res.   67 714   2005年
Fibroblast Growth Factor ?2 induces osteogenic differentiation through Runx-2 activation in vascular smooth muscle cells.
Nakahara-T, Sato-H, Shimizu-T, Tanaka-T, Matsui-H, Kawai-Kowase-K, Sato-M, Iso-T, Arai-M, Kurabayashi-M.
Biochem. Biophyz Res Commun.      2009年
Notch signaling induces osteogenic differentiation and mineralization of vascular smooth muscle cells: role of Msx2 gene induction via Notch-RBP-Jk signaling .
Shimizu T, Tanaka-T, Iso T, Doi H, Sato H, Kawai-Kowase K, Arai M, Kurabayashi-M.
Arterioscler Thromb Vasc Biol.   29 1104   2009年

書籍等出版物

 
統合医療とは何か?が分かる本
ほんの木   2012年   

講演・口頭発表等

 
ベーチェット病疑い例の再発性難治性口腔内アフタに、桂枝五物湯加石膏が有効であった一例.
第59回東洋医学会学術総会    2008年   
苓桂味甘湯が奏効した耳鳴の一例
第63回日本東洋医学会学術総会   2012年   
防已黄耆湯が奏効した2症例
日本東洋医学会群馬県部会   2012年   
乳がん術後の左腋下部痛に当帰湯が一定期間有効であった一例
日本東洋医学会群馬県部会   2011年   
異なる主訴に対し当帰芍薬散が奏功した3症例の検討
和漢診療フォーラム   2010年   

競争的資金等の研究課題

 
漢方医学教育の向上
その他の研究制度
研究期間: 2010年 - 2015年