大和 啓子

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 03:22
 
アバター
研究者氏名
大和 啓子
 
ヤマト アキコ
所属
群馬大学
職名
講師
学位
修士(言語学)(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
群馬大学 国際センター
 
 
   
 
群馬大学 
 

Misc

 
日中韓の友人会話における依頼の談話展開
生天目知美、劉雅静、大和啓子
『筑波応用言語学研究』   (19) 15-29   2012年
とかによる例示について
『筑波応用言語学研究』   (17号) 17-27   2010年
例示の助詞タリ・ナンカの語用論的効果
『表現研究』   (91) 41-51   2010年
依頼応答に対する依頼者の反応―日・中・韓母語電話会話の分析―
第27回社会言語科学会研究大会発表論文集   94-97   2011年
日本語教育実習生の内省的実践をめざした反省会の試み
大和啓子・生天目知美・永井涼子
『TAを活用した教育高度化プログラム』平成20年度教育プロジェクト支援経費報告書      2009年

書籍等出版物

 
『日語聴力課堂(日本語聞き取り教室)1』
外語教学与研究出版社   2009年   
『日語聴力課堂(日本語聞き取り教室)2』
外語教学与研究出版社   2010年   

講演・口頭発表等

 
ナンカの再定義性とその使用効果
第8回日本語コミュニケーション研究会   2017年   
依頼の言語行動選択におけるフレキシビリティ
第9回日本語コミュニケーション研究会   2017年   
例示表現の拡張用法とその語用論的機能
竹園日本語教育研究会   2016年   
例示を表す助詞タリの拡張用法とその使用文脈
第7回談話分析コロキアム   2016年   
日中韓の母語会話におけるポライトネス・ストラテジー-親密度の異なる依頼会話を資料に-
2010年度日本語教育学会秋季大会   2010年