共同研究・競争的資金等の研究課題

2007年 - 2008年

卵巣顆粒膜細胞におけるダイオキシン類のシグナル伝達系路の解明

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 平川 隆史

課題番号
19791137
配分額
(総額)
2,900,000円
(直接経費)
2,600,000円
(間接経費)
300,000円

先行研究で卵巣顆粒膜細胞においてFSH刺激によるゴナドトロピン受容体発現がダイオキシン類の存在下に抑制されることが示されたため、本研究ではその機序の解明を試みた。ダイオキシン類のシグナル伝達に関与するタンパク群の卵巣顆粒膜細胞への遺伝子導入を試みたが、免疫沈降実験によるタンパク質結合や共焦点顕微鏡による細胞内局在の検討を行うのに十分な遺伝子導入は得られなかった。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-19791137/19791137seika.pdf