HORIGUCHI Norio

J-GLOBAL         Last updated: Jan 10, 2019 at 15:23
 
Avatar
Name
HORIGUCHI Norio
Nickname
handle00017076
Affiliation
Gunma University
Job title
Assistant Professor
Degree
MD(PhD)
Research funding number
10550022
ORCID ID
0000-0003-0560-5669

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Sep 2005
 - 
Jul 2008
visiting fellow, Laboratory of Liver Diseases (Bin Gao lab), NIAAA/NIH
 
Apr 1998
 - 
Mar 2002
Gunma University School of Medicine,
 
Apr 1990
 - 
Mar 1996
Gunma University School of Medicine,
 
 
   
 
Gunma University 
 

Education

 
Apr 1990
 - 
Mar 1996
Gunma University School of Medicine
 

Awards & Honors

 
2010
2010年米国肝臓病学会 (AASLD)  distinguished poster award
 
2009
2009年米国肝臓病学会 (AASLD)  distinguished poster award
 

Published Papers

 
A real-world clinical application of the combination therapy with glecaprevir/pibrentasvir to special population in chronic hepatitis C patients
Sato Ken, Yamazaki Yuichi, Kobayashi Takeshi, Tojima Hiroaki, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Uraoka Toshio, Ohnishi Hiroshi, Okamoto Hiroaki
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   33 444   Nov 2018   [Refereed]
CYP2D6遺伝子多型検査を経て酵素補充療法から基質合成抑制療法へ変更したゴーシェ病I型の1例
柿崎 暁, 堀口 昇男, 植原 大介, 金山 雄樹, 小林 剛, 戸島 洋貴, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 浦岡 俊夫, 大津 義晃, 井田 博幸
肝臓   59(5) 243-251   May 2018
30歳代・女性、4歳時に脾腫・血小板減少・貧血を指摘された。骨髄穿刺にてゴーシェ細胞の検出、グルコセレブロシダーゼ酵素活性の低下及び臨床所見から、ゴーシェ病I型と診断された。Glucocerebrosidase(GBA)遺伝子変異はL444P/R433Gであった。12歳の時に治験でアルグルセラーゼによる酵素補充療法を開始した。その後、イミグルセラーゼに変更、肝脾腫は改善していた。経口投与可能なエリグルスタットが承認されたため、cytochrome p450(CYP)2D6の遺伝子多型を測定...
植原 大介, 柿崎 暁, 小林 剛, 高草木 智史, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 山田 正信
肝臓   58(1) 22-27   Jan 2017
57歳・男性、C型慢性肝炎(genotype 1b)。急性大動脈解離術後でワルファリンカリウム(ワルファリン)を内服していた。Y93・L31薬剤耐性変異なし。腎機能障害があるため、daclatasvir(DCV)・asunaprevir(ASV)併用療法を選択した。治療開始前のPT-INRは目標範囲内(1.8-2.2)で安定していたが、内服開始後PT-INRは経時的に短縮し、ワルファリン必要量が増加した。DCV/ASVとワルファリンの薬物相互作用は報告されていないが、最近、海外でDirec...
小林 剛, 佐藤 賢, 山崎 勇一, 大山 達也, 堀口 昇男, 柿崎 暁, 草野 元康, 山田 正信, 横濱 章彦, 岡本 宏明
日本内科学会雑誌   105(11) 2215-2220   Nov 2016
52歳女。多発性骨髄腫に対して自家末梢血幹細胞移植を施行後、輸血を複数回行った。移植3ヵ月後の定期受診時に肝機能障害を認め、精査・加療目的で入院となった。HEV-IgG抗体陽性であったことからE型急性肝炎と診断し、肝庇護療法を行ったところ、軽快した。喫食歴からは感染源は特定できず、輸血による感染を疑った。約3ヵ月前の輸血に使用したロットの保存血清からHEV-RNAが検出され、HEVの塩基配列を患者検体と照合したところ一致したため輸血による感染と診断した。
Suzuki Y, Yamazaki Y, Hashizume H, Kobayashi T, Ohyama T, Horiguchi N, Sato K, Kakizaki S, Kusano M, Yamada M
Clinical journal of gastroenterology   9(1) 27-31   Feb 2016   [Refereed]
Sato Ken, Naganuma Atsushi, Nagashima Tamon, Hoshino Takashi, Uehara Daisuke, Arai Yousuke, Horiuchi Katsuhiko, Yuasa Kazuhisa, Takayama Hisashi, Arai Hirotaka, Hatanaka Takeshi, Ohyama Tatsuya, Tahara Hiroki, Sohara Naondo, Kobayashi Takeshi, Horiguchi Norio, Yamazaki Yuichi, Kakizaki Satoru, Kusano Motoyasu, Yamada Masanobu, Murase Takayo, Nakamura Takashi
HEPATOLOGY RESEARCH   48(3) E347-E353   Feb 2018   [Refereed]
Uehara D, Tojima H, Kakizaki S, Yamazaki Y, Horiguchi N, Takizawa D, Sato K, Yamada M, Uraoka T
Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver      Oct 2018   [Refereed]
Therapy with ombitasvir/paritaprevir/ritonavir for dialysis patients with hepatitis C
Sato Ken, Yamazaki Yuichi, Kobayashi Takeshi, Takakusagi Satoshi, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Kusano Motoyasu, Yamada Masanobu
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   31 377   Nov 2016   [Refereed]
Sato Ken, Kobayashi Takeshi, Yamazaki Yuichi, Takakusagi Satoshi, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Kusano Motoyasu, Yamada Masanobu
HEPATOLOGY RESEARCH   47(12) 1346-1353   Nov 2017   [Refereed]
Yamazaki Yuichi, Naganuma Atsushi, Arai Yosuke, Takeuchi Suguru, Kobayashi Takeshi, Takakusagi Satoshi, Hatanaka Takeshi, Hoshino Takashi, Namikawa Masashi, Hashizume Hiroaki, Takizawa Daichi, Ohyama Tatsuya, Suzuki Hideyuki, Horiguchi Norio, Takagi Hitoshi, Sato Ken, Kakizaki Satoru, Kusano Motoyasu, Nagashima Shigeo, Takahashi Masaharu, Okamoto Hiroaki, Yamada Masanobu
HEPATOLOGY RESEARCH   47(5) 435-445   Apr 2017   [Refereed]
Sato Ken, Naganuma Atsushi, Nagashima Tamon, Horiuchi Katsuhiko, Hoshino Takashi, Arai Yosuke, Yuasa Kazuhisa, Uehara Daisuke, Hashizume Hiroaki, Kobayashi Takeshi, Ohyama Tatsuya, Horiguchi Norio, Yamazaki Yuichi, Kakizaki Satoru, Kusano Motoyasu, Yamada Masanobu
GASTROENTEROLOGY   150(4) S1107   Apr 2016   [Refereed]
Sato Ken, Hosonuma Kenichi, Yamazaki Yuichi, Kobayashi Takeshi, Takakusagi Satoshi, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Kusano Motoyasu, Ohnishi Hiroshi, Okamoto Hiroaki, Yamada Masanobu
TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE   241(1) 45-53   Jan 2017   [Refereed]
山崎 勇一, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 長島 多聞, 戸島 洋貴, 橋爪 洋明, 大山 達也, 堀口 昇男, 草野 元康, 山田 正信
肝臓   56(7) 324-331   Jul 2015
C型肝炎に対するダクラタスビル(DCV)・アスナプレビル(ASV)併用療法中の血清カリウム値上昇における、レニン・アンジオテンシン系(RAS)阻害剤併用の影響を明らかにするため、DCV・ASV併用療法中のC型肝炎27例をRAS阻害剤投与群、非投与群の2群に群別し、臨床学的特徴、治療開始前の腎機能・血清カリウム値、治療中の血清カリウム値の変化を比較検討した。RAS阻害剤投与群、非投与群での年齢、性別、投与期間、合併症の頻度、治療開始前の肝機能、腎機能、血清カリウム値に有意差を認めなかったが、...
鈴木 悠平, 山崎 勇一, 橋爪 洋明, 大山 達也, 堀口 昇男, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 山田 正信
日本消化器病学会雑誌   112(1) 108-114   Jan 2015
症例は70歳、女性。末梢の冷感、痺れに対してサプリメント(金時しょうが)の内服を開始。内服2ヵ月後より上腹部違和感、食欲低下、褐色尿などの症状が出現。内服中止するも改善せず、中止12日後に当院紹介受診。黄疸、肝機能障害を認め入院。精査の結果、金時しょうがによる薬物性肝障害と診断。保存的治療により改善、第25病日退院となった。退院前に施行した肝生検では薬物性肝障害に矛盾しない組織所見であった。(著者抄録)
マウスアルコール性脂肪性肝炎モデルにおける細胞特異的なSTAT3の役割
堀口 昇男, 柿崎 暁, 橋爪 洋明, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 森 昌朋, Gao Bin
アルコールと医学生物学   32 9-11   Jan 2014
細胞特異的なSTAT3の役割を明らかにするため、肝細胞特異的、マクロファージ/好中球特異的および血管内皮細胞特異的なSTAT3ノックアウトマウスを作成し、マウスアルコール性脂肪性肝炎モデルであるLieber-Decarli食を投与し、肝炎症、肝脂質沈着の観点から解析した。肝細胞におけるSTAT3の活性化は、pro-inflammatoryに作用する一方で、SREBP1c活性化の抑制により抗脂質沈着作用を有することが示唆された。また、マクロファージ/好中球特異的なSTAT3の活性化はanti...
Sato K, Hashizume H, Yamazaki Y, Horiguchi N, Kakizaki S, Takagi H, Mori M, Gunma Liver Study Group.
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   42(9) 854-863   Sep 2012   [Refereed]
Yamazaki Yuichi, Suzuki Aya, Hirayanagi Kimitoshi, Tsukagoshi Yusuke, Uehara Ryota, Horiguchi Kazuhiko, Ohyama Tatsuya, Tomaru Takuya, Horiguchi Norio, Nobusawa Sumihito, Ikota Hayato, Sato Ken, Kakizaki Satoru, Kusano Motoyasu, Ikeda Yoshio, Yokoo Hideaki, Yamada Masanobu
INTERNAL MEDICINE   56(14) 1897-1901   2017   [Refereed]
【C型肝炎治療の新たな展開】 Genotype 2かつ高ウイルス量C型慢性肝炎に対するResponse-Guided Therapy
佐藤 賢, 橋爪 洋明, 山崎 勇一, 堀口 昇男, 柿崎 暁, 高木 均, 森 昌朋
消化器内科   54(4) 478-485   Apr 2012
ペグインターフェロンとリバビリン併用療法を受けたgenotype 2かつ高ウイルス量C型慢性肝炎患者151名を対象に、その治療効果について検討した。抗ウイルス効果はSRVR:16名(10.6%)、RVR:71名(47.0%)、LVR:64名(42.4%)であり、全体の成績ではウイルス学的著効(SVR)118名(78.1%)、再燃28名(17.9%)、無効3名(2.0%)であった。内訳はSRVR群ではSVR 15名(93.8%)、再燃1名、RVR群ではSVR 66名(93%)、再燃5名、LV...
Namikawa M, Kakizaki S, Yata Y, Yamazaki Y, Horiguchi N, Sato K, Takagi H, Mori M
Journal of gastroenterology and hepatology   27(1) 69-75   Jan 2012   [Refereed]
Tojima H, Kakizaki S, Kosone T, Horiguchi N, Yamazaki Y, Sato K, Takagi H, Mori M
Hepatology international   6(3) 620-630   Jun 2012   [Refereed]
A case of endoscopic treatment for esophageal varices complicated by Isaacs' syndrome involving difficulty with conventional sedation
Suzuki Yuhei, Yamazaki Yuichi, Hashizume Hiroaki, Ohyama Tatsuya, Horiguchi Norio, Sato Ken, Kakizaki Satoru, Kusano Motoyasu, Yamada Masanobu
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   30 308   Dec 2015   [Refereed]
Seki Yosuke, Kakizaki Satoru, Horiguchi Norio, Hashizume Hiroaki, Tojima Hiroki, Yamazaki Yuichi, Sato Ken, Kusano Motoyasu, Yamada Masanobu, Kasama Kazunori
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   51(3) 281-289   Mar 2016   [Refereed]
門脈圧亢進症を契機に発見された特発性上腸間膜動脈-下腸間膜静脈シャントの1剖検例
松村 望, 横尾 英明, 中里 洋一, 三浦 あやか, 堀口 昇男, 渋沢 信行, 森 昌朋
診断病理   28(4) 280-283   Oct 2011
79歳男性、死亡の2ヵ月前、食道静脈瘤によるタール便により門脈圧亢進症が発見され、CT、血管造影により上腸間膜動脈-下腸間膜静脈シャントと診断された。胸腹水の持続と全身循環不全で死亡した。剖検すると、上腸間膜動脈から異常なfeeder血管が伸び、シャント病変へと連続し、そこから出たdrainer血管は下腸間膜静脈へと連続し、脾静脈と合流した後、門脈へと還流していた。シャント病変部には、動脈、静脈いずれとも判別し難い異常な血管が無数に形成されており、先天性的な動静脈奇形によるものと考えられた...
Miller AM, Wang H, Bertola A, Park O, Horiguchi N, Ki SH, Yin S, Lafdil F, Gao B
Hepatology   54(3) 846-856   Sep 2011   [Refereed]
Malignant peripheral nerve sheath tumor of the liver
Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Otsuka Toshiyuki, Takizawa Daichi, Yamazaki Yuichi, Sato Ken, Ohno Yoshihiro, Kusano Motoyasu, Yamada Masanobu
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   30 331   Dec 2015   [Refereed]
Kakizaki Satoru, Horiguchi Norio, Hagiwara Satoshi, Ohyama Tatsuya, Yamazaki Yuichi, Shibusawa Nobuyuki, Sato Ken, Kusano Motoyasu, Yamada Masanobu
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   30(22) 329-330   Dec 2015   [Refereed]
岡村 孝志, 渋沢 信行, 古賀 康彦, 堀口 昇男, 小柏 剛, 佐藤 賢, 久田 剛志, 佐藤 哲郎, 石塚 全, 森 昌朋
日本内科学会雑誌   100(7) 1959-1962   Jul 2011
37歳女。夜間乾性咳嗽を自覚し、近医で両側肺野のび漫性異常陰影を指摘された。当科入院時の胸部CTでは両側中下肺野にスリガラス様斑状粒状陰影、小葉間隔壁肥厚を、全身検索で脳、右鎖骨上、縦隔リンパ節、肋骨に転移を認め、生検結果より原発性肺腺癌、cT4N3M1b、stage IVと診断した。入院後、胸部陰影の急激な悪化と低酸素血症の進行があり、患者家族の希望で13日目よりエルロチニブ150mg/日を開始したが、改善はなく10日間で中止した。治療前の生検検体からepidermal growth f...
今井 久雄, 堀口 昇男, 岩崎 靖樹, 長島 多聞, 鶴巻 寛朗, 柳澤 邦雄, 大井 晋介, 解良 恭一, 小野 昭浩, 古賀 康彦, 砂長 則明, 久枝 一, 久田 剛志, 佐藤 哲郎, 石塚 全, 土橋 邦生, 森 昌朋
The Kitakanto Medical Journal   61(2) 179-185   May 2011
症例は36歳、女性(タイ人、10代の時に結婚のために来日)、主訴は左胸痛、現病歴として2010年5月頃より時々左胸痛が出現した。7月中旬に近医を受診して、左胸水貯留、血中好酸球の増多を認めたため、精査加療目的に当院当科に紹介入院した。WBC 7400/μl、好酸球1732/μl、IgE 6984IU/mlと上昇を認め、胸部CTにて両側肺底部に周囲にスリガラス影を伴う結節影と左胸水貯留を認めた。サワガニの生食歴があり、血清学的検査にて宮崎肺吸虫と診断した。プラジカンテル投与開始前の、胸部CT...
今井 久雄, 堀口 昇男, 吉野 麗子, 岩崎 靖樹, 入江 大介, 長島 多聞, 鈴木 文, 鶴巻 寛朗, 大井 晋介, 柳谷 典子, 解良 恭一, 小野 昭浩, 古賀 康彦, 砂長 則明, 石原 真一, 久田 剛志, 佐藤 哲郎, 石塚 全, 土橋 邦生, 森 昌朋
The Kitakanto Medical Journal   61(2) 161-167   May 2011
症例は59歳女性。2006年9月の検診にて胸部異常影を指摘され、近医を受診した。胸部CTにて右中葉S4に結節影が認められ、同年10月当院を紹介受診した。気管支鏡検査にて肺腺癌と診断され当初cT1N1M0、stage IIAとして、当院外科にて同年11月右中葉切除術(ND2a)を施行した。術後病理病期にてpT4N2M0、stage IIIBと診断し、2007年1月よりカルボプラチン+ゲムシタビンにて全身化学療法が施行された。その後PET-CTにて多発肺内転移、右鎖骨上リンパ節転移が認められ、...
柿崎 暁, 山崎 勇一, 橋爪 洋明, 堀口 昇男, 佐藤 賢, 森 昌朋, 阿部 毅彦, 高木 均, 佐藤 智子, 横井 敏之, 川崎 英弘, 小林 二郎, 長嶺 竹明
肝臓   52(5) 287-294   May 2011
慢性肝炎に対するインターフェロン医療費助成制度は、都道府県単位で運用されており、地域により必ずしも同一ではない。今回、我々は群馬県における現況と問題点について検討した。平成20年4月から2年間の申請者数は、C型1212人、B型10人で、C型肝炎での申請見込みに対しての達成率は52.7%であった。県内は、10地区の2次医療圏に分けられるが、医療圏によって申請数、専門医数に偏りが見られた。県内の肝疾患診療連携拠点病院等連絡協議会委員に実施したアンケート調査では、制度や助成金額などに何らかの変更...
Miller AM, Horiguchi N, Jeong WI, Radaeva S, Gao B
Alcoholism, clinical and experimental research   35(5) 787-793   May 2011   [Refereed]
Kakizaki S, Takizawa D, Tojima H, Horiguchi N, Yamazaki Y, Mori M
Frontiers in bioscience (Landmark edition)   16 2988-3005   Jun 2011   [Refereed]
Three cases of the hepatitis C patients that presented hyperkalemia during daclatasvir and asunaprevir combination therapy
Ohyama Tatsuya, Yamazaki Yuichi, Hashizume Hiroaki, Horiguchi Norio, Sato Ken, Kakizaki Satoru, Kusano Motoyasu, Yamada Masanobu
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   30 377-378   Dec 2015   [Refereed]
[A Case of Transfusion-transmitted Acute Hepatitis E].
Kobayashi T, Sato K, Yamazaki Y, Ohyama T, Horiguchi N, Kakizaki S, Kusano M, Yamada M, Yokohama A, Okamoto H
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   105(11) 2215-2220   Nov 2016   [Refereed]
Kakizaki Satoru, Horiguchi Norio, Otsuka Toshiyuki, Takizawa Daichi, Yamazaki Yuichi, Sato Ken, Ohno Yoshihiro, Kusano Motoyasu, Yamada Masanobu
INTERNAL MEDICINE   55(3) 245-249   2016   [Refereed]
Sato Ken, Yanagisawa Masatoshi, Hashizume Hiroaki, Yamazaki Yuichi, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Mori Masatomo
WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   19(34) 5754-5758   Sep 2013   [Refereed]
Tahara Hiroki, Sato Ken, Yamazaki Yuichi, Ohyama Tatsuya, Horiguchi Norio, Hashizume Hiroaki, Kakizaki Satoru, Takagi Hitoshi, Ozaki Iwata, Arai Hideo, Hirato Junko, Jesenofsky Ralf, Masamune Atsushi, Mori Masatomo
LABORATORY INVESTIGATION   93(6) 720-732   Jun 2013   [Refereed]
Hosonuma Kenichi, Sato Ken, Yamazaki Yuichi, Yanagisawa Masatoshi, Hashizume Hiroaki, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Kusano Motoyasu, Yamada Masanobu
AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   110(3) 423-431   Mar 2015   [Refereed]
Namikawa Masashi, Kakizaki Satoru, Kaira Kyoichi, Tojima Hiroki, Yamazaki Yuichi, Horiguchi Norio, Sato Ken, Oriuchi Noboru, Tominaga Hideyuki, Sunose Yutaka, Nagamori Shushi, Kanai Yoshikatsu, Oyama Tetsunari, Takeyoshi Izumi, Yamada Masanobu
HEPATOLOGY RESEARCH   45(9) 1014-1022   Sep 2015   [Refereed]
Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Iizuka Keisuke, Hagiwara Satoshi, Ohyama Tatsuya, Yamazaki Yuichi, Shibusawa Nobuyuki, Sato Ken, Kusano Motoyasu, Nakazato Yoichi, Yamada Masanobu
INTERNAL MEDICINE   54(22) 2867-2872   2015   [Refereed]
Tojima Hiroki, Kakizaki Satoru, Yamazaki Yuichi, Takizawa Daichi, Horiguchi Norio, Sato Ken, Mori Masatomo
TOXICOLOGY LETTERS   212(3) 288-297   Aug 2012   [Refereed]
Kojima Akira, Kakizaki Satoru, Hosonuma Ken-ichi, Yamazaki Yuichi, Horiguchi Norio, Sato Ken, Kitahara Tokuyuki, Mori Masatomo
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY   28(4) 690-699   Apr 2013   [Refereed]
Shimoda Yoko, Satoh Tetsurou, Takahashi Hiroki, Katano-Toki Akiko, Ozawa Atsushi, Tomaru Takuya, Horiguchi Norio, Kaira Kyoichi, Nishioka Masaki, Shibusawa Nobuyuki, Hashimoto Koshi, Wakino Shu, Mori Masatomo, Yamada Masanobu
ENDOCRINE JOURNAL   61(7) 691-696   Jul 2014   [Refereed]
Ohyama Tatsuya, Sato Ken, Yamazaki Yuichi, Hashizume Hiroaki, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Mori Masatomo, Kusano Motoyasu, Yamada Masanobu
WORLD JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY   20(43) 16227-16235   Nov 2014   [Refereed]
Hepatocyte Growth Factor Promotes Lung Carcinogenesis in Transgenic Mice Treated with Diethylnitrosamine
Kojima Akira, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Takayama Hisashi, Mori Masatomo
ANTICANCER RESEARCH   33(3) 895-901   Mar 2013   [Refereed]
Horiguchi Norio, Gao Bin
HEPATOLOGY   54(1) 367   Jul 2011   [Refereed]
Hashizume Hiroaki, Sato Ken, Yamazaki Yuichi, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Mori Masatomo
ACTA MEDICA OKAYAMA   67(1) 45-53   Feb 2013   [Refereed]
Gefitinib and Gemcitabine Coordinately Inhibited the Proliferation of Cholangiocarcinoma Cells
Nakajima Yoshimi, Takagi Hitoshi, Kakizaki Satoru, Horiguchi Norio, Sato Ken, Sunaga Noriaki, Mori Masatomo
ANTICANCER RESEARCH   32(12) 5251-5262   Dec 2012   [Refereed]
Ohyama Tatsuya, Yamazaki Yuichi, Sato Ken, Horiguchi Norio, Ichikawa Takeshi, Kakizaki Satoru, Takagi Hitoshi, Mori Masatomo
LIVER INTERNATIONAL   31(4) 572-584   Apr 2011   [Refereed]
Kakizaki Satoru, Takizawa Daichi, Tojima Hiroki, Horiguchi Norio, Yamazaki Yuichi, Mori Masatomo
FRONTIERS IN BIOSCIENCE-LANDMARK   16 2988-+   Jun 2011   [Refereed]
Ligand Dependent Hepatic Gene Expression Profiles of Nuclear Receptors Car and PXR
Kakizaki Satoru, Tojima Hiroki, Yamazaki Yuichi, Takizawa Daichi, Horiguchi Norio, Sohara Naondo, Sato Ken, Mori Masatomo
GASTROENTEROLOGY   142(5) S988   May 2012   [Refereed]
Suzuki Hideyuki, Toyoda Mitsuo, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Ohyama Tatsuya, Takizawa Daichi, Ichikawa Takeshi, Sato Ken, Takagi Hitoshi, Mori Masatomo
LIVER INTERNATIONAL   29(10) 1562-1568   Nov 2009   [Refereed]
Kong Xiaoni, Horiguchi Norio, Mori Masatomo, Gao Bin
FRONTIERS IN PHYSIOLOGY   3 69   2012   [Refereed]
Suzuki Y, Yamazaki Y, Hashizume H, Oyama T, Horiguchi N, Sato K, Kakizaki S, Yamada M
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   112(1) 108-114   Jan 2015   [Refereed]
Kaira K, Okamura T, Takahashi H, Horiguchi N, Sunaga N, Hisada T, Yamada M
Journal of medical case reports   8 119   Apr 2014   [Refereed]
Hashizume H, Sato K, Horiguchi N, Yamazaki Y, Kakizaki S, Sakurai H, Mori M
Clinical journal of gastroenterology   5(5) 336-340   Oct 2012   [Refereed]
[Case report: a young adult case of poorly differentiated lung adenocarcinoma showing the resistance mutation T790M of EGFR before treatment with tyrosine kinase inhibitors].
Okamura T, Shibusawa N, Koga Y, Horiguchi N, Ogashiwa T, Satoh K, Hisada T, Satoh T, Ishizuka M, Mori M
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   100(7) 1959-1962   Jul 2011   [Refereed]
Takizawa Daichi, Kakizaki Satoru, Horiguchi Norio, Yamazaki Yuichi, Tojima Hiroki, Mori Masatomo
CARCINOGENESIS   32(4) 576-583   Apr 2011   [Refereed]
Takizawa Daichi, Kakizaki Satoru, Horiguchi Norio, Tojima Hiroki, Yamazaki Yuichi, Ichikawa Takeshi, Sato Ken, Mori Masatomo
DRUG METABOLISM AND DISPOSITION   38(9) 1493-1498   Sep 2010   [Refereed]
Horiguchi Norio, Lafdil Fouad, Miller Andrew M., Park Ogyi, Wang Hua, Rajesh Mohanraj, Mukhopadhyay Partha, Fu Xin Yuan, Pacher Pal, Gao Bin
HEPATOLOGY   51(5) 1724-1734   May 2010   [Refereed]
Suzuki H, Kakizaki S, Horiguchi N, Ichikawa T, Sato K, Takagi H, Mori M
World journal of hepatology   2(11) 401-405   Nov 2010   [Refereed]
Miller Andrew M., Wang Hua, Park Ogyi, Horiguchi Norio, Lafdil Fouad, Mukhopadhyay Partha, Moh Akira, Fu Xin Yuan, Kunos George, Pacher Pal, Gao Bin
ALCOHOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH   34(4) 719-725   Apr 2010   [Refereed]
Wang Hua, Park Ogyi, Lafdil Fouad, Shen Kezhen, Horiguchi Norio, Yin Shi, Fu Xin-Yuan, Kunos George, Gao Bin
HEPATOLOGY   51(4) 1354-1362   Apr 2010   [Refereed]
Kosone T, Takagi H, Horiguchi N, Kakizaki S, Sato K, Watanabe Y, Mori M
Journal of gastroenterology and hepatology   23(2) 260-266   Feb 2008   [Refereed]
Horiguchi Norio, Wang Lei, Mukhopadhyay Partha, Park Ogyi, Jeong Won Il, Lafdil Fouad, Osei-Hyiaman Douglas, Moh Akira, Fu Xin Yuan, Pacher Pal, Kunos George, Gao Bin
GASTROENTEROLOGY   134(4) 1148-1158   Apr 2008   [Refereed]
Kosone T, Takagi H, Horiguchi N, Ariyama Y, Otsuka T, Sohara N, Kakizaki S, Sato K, Mori M
American journal of physiology. Gastrointestinal and liver physiology   293(1) G204-10   Jul 2007   [Refereed]
Kakizaki S, Sohara N, Yamazaki Y, Horiguchi N, Kanda D, Kabeya K, Katakai K, Sato K, Takagi H, Mori M
Journal of gastroenterology and hepatology   23(1) 73-77   Jan 2008   [Refereed]
Yamazaki Y, Kakizaki S, Horiguchi N, Sohara N, Sato K, Takagi H, Mori M, Negishi M
Gut   56(4) 565-574   Apr 2007   [Refereed]
Horiguchi Norio, Ishac Edward J. N., Gao Bin
ALCOHOL   41(4) 271-280   Jun 2007   [Refereed]
Sun Rui, Park Ogyi, Horiguchi Norio, Kulkarni Shailin, Jeong Won-Il, Sun Hao-Yu, Radaeva Svetlana, Gao Bin
HEPATOLOGY   44(4) 955-966   Oct 2006   [Refereed]
Kosone T, Takagi H, Horiguchi N, Toyoda M, Sohara N, Kakizaki S, Sato K, Nishiyama U, Kuwaki T, Mori M
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   87(3) 284-291   Mar 2007   [Refereed]
Otsuka T, Horiguchi N, Kanda D, Kosone T, Yamazaki Y, Yuasa K, Sohara N, Kakizaki S, Sato K, Takagi H, Merlino G, Mori M
World journal of gastroenterology   11(47) 7444-7449   Dec 2005   [Refereed]
Kosone T, Takagi H, Kakizaki S, Sohara N, Horiguchi N, Sato K, Yoneda M, Takeuchi T, Mori M
BMC gastroenterology   6 22   Aug 2006   [Refereed]
Yamazaki Y, Kakizaki S, Horiguchi N, Takagi H, Mori M, Negishi M
World journal of gastroenterology   11(38) 5966-5972   Oct 2005   [Refereed]
Kakizaki S, Yamazaki Y, Kosone T, Horiguchi N, Sohara N, Sato K, Takagi H, Yoshinari K, Mori M
Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   27(1) 109-119   Feb 2007   [Refereed]
Nakajima H, Takagi H, Horiguchi N, Toyoda M, Kanda D, Otsuka T, Emoto Y, Emoto M, Mori M
Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver   26(3) 346-351   Apr 2006   [Refereed]
Toyoda M, Kakizaki S, Horiguchi N, Sato K, Takayama H, Takagi H, Nagamine T, Mori M.
Gut   50 563-567   Dec 2002   [Refereed]
Otsuka T, Takagi H, Horiguchi N, Toyoda M, Sato K, Takayama H, Mori M
FEBS letters   532(3) 391-395   Dec 2002   [Refereed]
Kanda D, Takagi H, Toyoda M, Horiguchi N, Nakajima H, Otsuka T, Mori M
FEBS letters   519(1-3) 11-15   May 2002   [Refereed]
Horiguchi N, Takayama H, Toyoda M, Otsuka T, Fukusato T, Merlino G, Takagi H, Mori M
Gunma University School of Medicine   21(12) 1791-1799   Mar 2002   [Refereed]
Kakizaki S, Takagi H, Fukusato T, Toyoda M, Horiguchi N, Sato K, Takayama H, Nagamine T, Mori M.
Int J Vitam Nutr Res   71 261-267   2001   [Refereed]
大塚 敏之, 高木 均, 豊田 満夫, 堀口 昇男, 市川 武, 佐藤 賢, 高山 尚, 大和田 進, 徳峰 雅彦, 堤 裕史, 須納瀬 豊, 新井 弘隆, 下田 隆也, 森 昌朋
The Kitakanto Medical Journal   50(6) 517-522   Oct 2000
マイクロ波及びラジオ波による凝固効果をイヌ及びブタの正常生体肝を用いて検討した.イヌを用いた実験では,肉眼的にマイクロ波とラジオ波とでは凝固範囲の形状が異なった.組織学的には両者に明らかな差異は認められず,いずれも辺縁部に直後では出血を,5日後には肉芽組織の形成を認めた.ブタを用いてラジオ療法後の組織変化を経時的に解析したところ,通電直後と6時間後では辺縁部に出血がみられ,7日後では辺縁部に肉芽組織の形成が認められた.通電時間による凝固範囲内の組織学的所見には差がなかった.生体においてマイ...
肝細胞癌と他臓器癌の重複症例の検討
蒔田 富士雄, 岩波 弘太郎, 橋本 直樹, 松本 達彦, 松崎 豊, 新井 弘隆, 堀口 昇男, 竹吉 泉, 大和田 進, 森下 靖雄
癌の臨床   46(2) 132-136   Feb 2000
肝細胞癌との重複癌症例について検討した.肝細胞癌295例中18例に重複癌を認めた.同時性重複癌は8例,前異時性重複癌と後異時性重複癌は各々5例であった.他臓器癌は胃癌が最も多く(38.9%),次いで肺癌,食道癌の順に多かった.後異時性重複癌では,第1癌と第2癌との間隔が有意に短かく,肝癌治療後には他臓器癌も考慮した経過観察が必要である.同時性重複癌は肝癌死が多く,後異時性重複癌は他癌死が多く予後不良の傾向にあった.一方,前異時性重複癌は両癌とも根治的治療可能の症例が多く,予後は比較的良好で...
Kakizaki S, Takagi H, Fukusato T, Toyoda M, Horiguchi N, Sato K, Takayama H, Nagamine T, Mori M.
20 125-128   2000   [Refereed]
Toyoda M, Kakizaki S, Horiguchi N, Sato K, Takayama H, Takagi H, Nagamine T, Mori M.
Liver   20 305-311   2000   [Refereed]
新井 弘隆, 松本 達彦, 松崎 豊, 堀口 昇男, 蒔田 富士雄, 斎藤 修一, 高木 均, 森 昌朋
肝臓   40(9) 506-511   Sep 1999
72歳女.左頸部リンパ節腫脹で発症した孤立性肝結核腫.US,CT,血管造影にて肝左葉内側区域に径5cmの腫瘤を認めた.MRIではT1強調画像で低信号,T2強調画像で高信号として認められ,Gd-DTPA静注で辺縁及び内部の網目状の隔壁が濃染された.胸部及び大腸に病変は認めず,左頸部リンパ節生検及び肝生検を施行し,両組織において結核菌が確認された.抗結核薬投与にて諸症状は改善し,1年後には腫瘤の著明な縮小がみられた.MRIで治療前に高信号を示していたT2強調画像では,等信号に変わっていた
Prevalence of hepatitis G virus in liver disease.
Takagi H, Kakizaki S, Satoh K, Toyoda M, Horiguchi N, Takayama H, Kanda D, Nakajima H, Ichikawa T, Kojima A, Matsuzaki Y, Shimoda R, Matsumoto T, Kaneko M, Hashimoto Y, Abe T, Nagamine T, Mori M.
Can J Gastroenterol.   823-826   1999   [Refereed]

Misc

 
肝疾患における細胞特異的なSTAT3の役割
堀口 昇男
The Kitakanto Medical Journal   61(3) 447-447   Aug 2011
Sato K, Hashizume H, Yamazaki Y, Horiguchi N, Kakizaki S, Takagi H, Mori M; Gunma Liver Study Group.
   2011
Namikawa M, Kakizaki S, Yata Y, Yamazaki Y, Horiguchi N, Sato K, Takagi H, Mori M.
J Gastroenterol Hepatol.      2012
Inflammation-associated IL-6/STAT3 activation ameliorates alcoholic and nonalcoholic fatty liver diseases in IL-10 deficient mice. 
Miller AM, Wang H, Bertola A, Park O, Horiguchi N, Ki SH, Yin S, Lafdil F, Gao B. 
Hepatology      2011
Ohyama T, Yamazaki Y, Sato K, Horiguchi N, Ichikawa T, Kakizaki S, Takagi H, Mori M.
Liver Int      2011

Conference Activities & Talks

 
肝細胞癌に対するダブルプラチナ療法の効果予測因子についての検討
戸島 洋貴, 新井 弘隆, 鈴木 悠平, 滝澤 大地, 豊田 満夫, 高山 尚, 阿部 毅彦, 小林 剛, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 浦岡 俊夫
肝臓   Sep 2018   
Macrophage inhibitory factor(MIF) attenuates hepatic steatosis, but promotes hepatocarcinogenesis [Invited]
"Horiguchi N, Kakizaki S, Takizawa D, Uehara D, Kobayashi T, Tojima H, Yamazaki Y, Sato K, Gao B, Uraoka T "
ISBRA   Sep 2018   
治療に難渋した好酸球性胆管炎の1例
西尾 麻由, 小林 剛, 戸島 洋貴, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 浦岡 俊夫, 平戸 純子
日本内科学会関東地方会   Jun 2018   
上部消化管内視鏡検査を契機に診断にいたったシカゴ分類で分類不能の食道運動障害の1例
佐藤 圭吾, 下山 康之, 保坂 浩子, 栗林 志行, 河村 修, 星 恒輝, 小林 剛, 入江 江美, 山田 俊哉, 中山 哲雄, 田中 寛人, 戸島 洋貴, 富澤 琢, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 柿崎 曉, 草野 元康, 浦岡 俊夫
Progress of Digestive Endoscopy   Jun 2018   
患者アンケートを実施してみえた痒みの顕在化 GLSG:Gunma Liver Study Group
堀口 昇男, 柿崎 暁, 小林 剛, 戸島 洋貴, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 橋爪 洋明, 濱田 哲也, 片貝 堅志, 竝川 昌司, 長沼 篤, 上野 敬史, 阿部 毅彦, 高草木 智史, 小曽根 隆, 高木 均
日本消化器病学会雑誌   Apr 2018   
群馬県における肝炎治療コーディネーター養成の取り組みと問題点
堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁
肝臓   Apr 2018   
胃食道逆流症の病態と治療戦略 全身性強皮症患者における胃食道逆流症と肺病変との関連性
栗林 志行, 保坂 浩子, 下山 康之, 茂木 精一郎, 原 健一郎, 関口 明子, 山口 公一, 星 恒輝, 入江 江美, 田中 寛人, 中山 哲雄, 山田 俊哉, 富澤 琢, 水出 雅文, 堀口 昇男, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 河村 修, 草野 元康
日本消化管学会雑誌   Feb 2018   
Dissecting The role of macrophage migration inhibitory (MIF) in murine NAFLD model
Norio Horiguchi, Takizawa Daichi, Kakizaki Satoru, Kobayashi Takeshi, Tojima Hiroki, Yamazaki Yuichi, Sato Ken, Kusano Motoyasu
CANCER SCIENCE   Jan 2018   
マウス脂肪性肝炎モデルにおけるMIF(マクロファージ遊走阻止因子)の役割
堀口 昇男, 滝澤 大地, 柿崎 暁, 小林 剛, 戸島 洋貴, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 草野 元康
日本癌学会総会記事   Sep 2017   
1型C型慢性肝炎に対する12週間投与DAA製剤による前向き多施設観察研究(中間成績)
佐藤 賢, 長沼 篤, 星野 崇, 植原 大介, 堀内 克彦, 湯浅 和久, 細沼 賢一, 長島 多聞, 新井 洋祐, 大山 達也, 中島 弘明, 蘇原 直人, 竝川 昌司, 高草木 智史, 小林 剛, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 山田 正信, 岡本 宏明
肝臓   Apr 2017   
食道胃接合部形態による逆流性食道炎のリスク評価
栗林 志行, 保坂 浩子, 下山 康之, 星 恒輝, 深井 泰守, 小林 剛, 入江 江美, 山田 俊哉, 中山 哲雄, 田中 寛人, 高草木 智史, 富澤 琢, 水出 雅文, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 河村 修, 草野 元康
胃病態機能研究会誌   Feb 2017   
肝臓 限局性肝がんに対する新たな治療選択肢 1.5mm細径治療針を用いた肝悪性腫瘍に対する経皮的凍結凝固療法の初期報告
宮崎 将也, 徳江 浩之, 渋谷 圭, 堀口 昇男, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 対馬 義人
日本癌治療学会学術集会   Oct 2016   
1型C型慢性肝炎に対して、22日間の内服でSVR24を得られたdaclatasvir/asunaprevir併用療法の1例
佐藤 賢, 堀口 昇男, 小林 剛, 高草木 智史, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 山田 正信
肝臓学会   Oct 2016   
1型C型慢性肝炎に対して、ombitasvir/paritaprevir/ritonavir併用療法を投与中に著明な肝障害を認め、減量して継続投与している1例
佐藤 賢, 山崎 雄一, 堀口 昇男, 小林 剛, 高草木 智史, 柿崎 暁, 山田 正信
肝臓学会   Oct 2016   
長期にわたるウルソデオキシコール酸及びグリチルリチン静注製剤の投与により、持続的ウイルス学的著効が得られたC型慢性肝炎の1例
佐藤 賢, 小林 剛, 高草木 智史, 堀口 昇男, 山崎 雄一, 柿崎 暁, 山田 正信
肝臓学会   Oct 2016   
C型慢性肝炎合併透析患者に対するombitasvir/paritaprevir/ritonavir治療
佐藤 賢, 細沼 賢一, 高草木 智史, 小林 剛, 堀口 昇男, 山崎 雄一, 柿崎 暁, 山田 正信
肝臓学会   Oct 2016   
Ipilimumabによる薬物性肝障害の多様性
小林 剛, 佐藤 賢, 植木 大輔, 高草木 智史, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁
肝臓学会   Oct 2016   
C型肝炎撲滅に向けた地域の取り組み 病診連携・夜間休日診療施設マップを活用したC型肝炎治療の取り組み
柿崎 暁, 堀口 昇男, 山崎 勇一
肝臓学会   Oct 2016   
遺伝子2型C型慢性肝炎患者に対するソホスブビル+リバビリン併用療法(中間成績)
佐藤 賢, 長沼 篤, 高山 尚, 堀内 克彦, 山崎 勇一, 大山 達也, 小林 剛, 長島 多聞, 新井 洋佑, 堀口 昇男, 星野 崇, 湯浅 和久, 豊田 満夫, 齋藤 修一, 柿崎 暁, 山田 正信
肝臓学会   Sep 2016   
pig tail型plastic stent留置後に総胆管穿通を生じた1例
増田 邦彦, 水出 雅文, 関谷 真志, 岡野 祐大, 春日 健吾, 小林 剛, 深井 泰守, 中山 哲雄, 富澤 琢, 安岡 秀敏, 大山 達也, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 下山 康之, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 河村 修, 草野 元康
Progress of Digestive Endoscopy   Jun 2016   
尿酸値上昇はソホスブビル+リバビリン併用療法の注意すべき有害事象である
佐藤 賢, 長沼 篤, 星野 崇, 植原 大介, 長島 多聞, 新井 洋祐, 湯浅 和久, 堀内 克彦, 橋爪 洋明, 小林 剛, 大山 達也, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 山田 正信
肝臓学会   Apr 2016   
Assessment of Esophago-Gastric Junction Morphology and Barrier Function by Combined High Resolution Manometry and Endoscopy for Evaluating a Risk of Gastroesophageal Reflux Disease
Kuribayashi Shiko, Hosaka Hiroko, Kawada Akiyo, Akiyama Junichi, Fukai Yasumori, Kobayashi Takeshi, Nakayama Tetsuo, Tomizawa Taku, Yasuoka Hidetoshi, Ohyama Tatsuya, Mizuide Masafumi, Horiguchi Norio, Yamazaki Yuichi, Shimoyama Yasuyuki, Sato Ken, Kakizaki Satoru, Kawamura Osamu, Yamada Masanobu, Kusano Motoyasu
DDW2016    Apr 2016   
坐位での食道内圧検査を加味したEGJ outflow obstructionの病態
栗林 志行, 保坂 浩子, 川田 晃世, 秋山 純一, 深井 泰守, 小林 剛, 中山 哲雄, 富澤 琢, 安岡 秀敏, 大山 達也, 水出 雅文, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 下山 康之, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 河村 修, 草野 元康
胃病態機能研究会   Feb 2016   
両下肢の壊疽性膿皮症を合併した潰瘍性大腸炎の1例
富澤 琢, 山崎 勇一, 中山 哲雄, 安岡 秀敏, 栗林 志行, 大山 達也, 堀口 昇男, 水出 雅文, 下山 康之, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 河村 修, 草野 元康
Progress of Digestive Endoscopy   Dec 2015   
42歳女。2000年より潰瘍性大腸炎(UC)の加療中で、2014年7月より両下肢に有痛性の皮疹が出現したため当院皮膚科紹介となった。両下肢の壊疽性膿皮症と診断のもとCyAの内服を開始されたが、腹部症状の悪化を認め、PSLの内服を開始するも改善せず、PSL開始4日後に当科緊急入院となった。S状結腸鏡所見でS状結腸に縦走傾向のある深い潰瘍が多発してみられたため、CyAの内服を中止し、Tacの内服を開始した。第7病日から皮膚所見の改善がみられ、第14病日からは腹部症状や血液所見の改善がみられた。...
アダリムマブが有効であった消化器病変を伴う不全型ベーチェット病の1例
富澤 琢, 中山 哲雄, 深井 泰守, 小林 剛, 安岡 秀敏, 栗林 志行, 大山 達也, 水出 雅文, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 下山 康之, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 河村 修, 草野 元康
Progress of Digestive Endoscopy   Dec 2015   
トラニラストによる膀胱炎様症状を伴った薬物性肝障害の臨床的検討
植原 大介, 山崎 勇一, 鈴木 悠平, 橋爪 洋明, 大山 達也, 堀口 昇男, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 山田 正信
肝臓学会   Sep 2015   
1b型高ウイルス量C型慢性肝炎に対するシメプレビル/ペグインターフェロン/リバビリン併用療法の包括化個別化医療に基づいた多施設共同前向き試験
佐藤 賢, 長沼 篤, 高木 均, 長島 多聞, 山崎 勇一, 橋爪 洋明, 大山 達也, 堀口 昇男, 戸島 洋貴, 田原 博貴, 柿崎 暁, 山田 正信
肝臓学会   Apr 2015   
肝疾患診療レベルのさらなる均てん化を目指して 現状の把握と未来への展望 当県における肝炎医療費助成・地域肝炎治療コーディネーター活動状況と夜間休日診療施設マップ
柿崎 暁, 堀口 昇男, 山崎 勇一
肝臓   Apr 2015   
A case of chronic accompanied by marked thrombocytopenia during combination thepary with daclatasvir and asunaplevir.
APASL(single Topic)   2015   
A cease of endoscopic treatment for esophageal varices complicated by Issacs syndrome involving difficulty with conventional sedation.
第25回APASL   2015   
Hepatic angiosarcoma with dyskeratosis congetita.
第25回APASL   2015   
Malignant peripheral Nerve tumor of liver.
第25回APASL   2015   
Three cases of the hepatitis that presented hyperkalemia during daclatasvir and asunaplevir combination therapy.
第25回APASL   2015   
MK-0626, a selective DPP4 inhibitor, ameliorates hepatic steatosis in ob/ob mice.第
24回APASL   2015   
肝表および横隔膜下の肝細胞癌に対し経皮的凍結療法を施行した1例
宮崎 将也, 渡邊 義也, 熊坂 創真, 徳江 浩之, 大山 達也, 山崎 勇一, 堀口 昇男, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 山田 正信, 対馬 義人
Personalized Medicine Universe. Japanese Edition   Nov 2014   
Sorafenibによる重篤な肝障害をきたすも、ステロイド投与により対処可能であった薬物性肝障害の1例
佐藤 賢, 山崎 勇一, 橋爪 洋明, 堀口 昇男, 大山 達也, 柿崎 暁, 山田 正信
肝臓学会   Oct 2014   
群馬県におけるC型肝炎患者の就労支援の取り組み 平日夜間、土日にインターフェロン治療可能な施設の把握と病診連携の推進
堀口 昇男, 柿崎 暁, 山崎 勇一, 大山 達也, 佐藤 賢, 山田 正信
肝臓学会   Oct 2014   
ダナパロイドナトリウムが有用であった脾動脈瘤破裂後の門脈血栓症の1救命例
金山 雄樹, 山崎 勇一, 橋爪 洋明, 大山 達也, 堀口 昇男, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 山田 正信
肝臓学会   Oct 2014   
モサプリドによる劇症肝炎(亜急性型)の1救命例およびモサプリドによる肝障害の当院における現状
小林 剛, 山崎 勇一, 橋爪 洋明, 大山 達也, 堀口 昇男, 柿崎 暁, 佐藤 賢, 山田 正信
肝臓学会   Oct 2014   
抗インターフェロンα抗体の出現した2型高ウイルス量C型慢性肝炎難治例に対して、48週間のβインターフェロン及びリバビリン併用療法が奏功した1例
佐藤 賢, 山崎 勇一, 大山 達也, 橋爪 洋明, 堀口 昇男, 柿崎 暁, 山田 正信
肝臓学会   Oct 2014   
肝細胞増殖因子(HGF)は、オートクリン機構によるc-metの活性化によりDEN投与による肺腫瘍形成を促進する(HGF promotes lung tumorigenesis via autocrine c-met activation in transgenic mice treated with diethylnitrosamine)
堀口 昇男, 柿崎 暁, 小島 明, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 高山 尚, 森 昌朋, 山田 正信
日本癌学会総会   Sep 2014   
Genotype 1b高ウイルス量のC型慢性肝炎に対するテラプレビル/ペグインターフェロンα2b/リバビリン3剤併用による包括化個別化治療
佐藤 賢, 高木 均, 新井 弘隆, 鈴木 秀行, 長沼 篤, 滝澤 大地, 長島 多聞, 戸島 洋貴, 上野 敬史, 畑中 健, 橋爪 洋明, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 草野 元康, 山田 正信
肝臓学会   Sep 2014   
当院におけるEUS導入後の膵内分泌腫瘍診断についての検討
安岡 秀敏, 水出 雅文, 富澤 琢, 橋爪 洋明, 栗林 志行, 佐川 俊彦, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 下山 康之, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 河村 修, 草野 元康, 山田 正信
日本消化器病学会   Sep 2014   
Isaacs症候群に合併した食道静脈瘤に対する内視鏡治療の1例
鈴木 悠平, 山崎 勇一, 橋爪 洋明, 堀口 昇男, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 草野 元康, 山田 正信
Gastroenterological Endoscopy   Apr 2014   
Pilot study of granulocytoapheresis and leukocytapheresis for the treatment of severe alcohol hepatitis.
第23回 APASL    2014   
Longterm Prognosis of Combination therapy with ursodeoxycholic acid and bezafibrate for primary biliary cirrhosis: A prospective, multicenter, randomized controlled study.
第23回 APASL    2014   
Comparison young and old patietnts with chronic hepatitis c treated triple therapy with pegintaeferon, teraplevir and ribavirin.
第23回 APASL    2014   
A Prospective multicenter clinical trial of a 2-week antecedent therapy with interferon beta plus rivavirin prior to peg-interferon alpha2b plus rivabirin for chronic hepatitis C with genotype1 and high viral lords.
第23回 APASL    2014   
Involvement of antiviraltreatment for hepatitis C in Takasaki, Japan.
第23回 APASL   2014   
Comparison of clinical charactereristics and survival between patients with HCC from NASH and those from non-B,non-C and nonNASH after curative resection for HCC.
第23回 APASL    2014   
Clinical features of acute hepatitis Erecently found in Gunma prefecture, Japan.
第23回 APASL    2014   
Macrophage migration inhibitory factor (MIF) attenuates hepatic steatosis and fibrosis but accelarates liver tumors development in murine NAFLD model
Horiguchi Norio, Takizawa Daichi, Kakizaki Satoru, Tojima Hiroki, Hashizume Hiroaki, Yamazaki Yuichi, Sato Ken, Gao Bin, Mori Masatomo
AASLD   Oct 2013   
自己免疫性膵炎におけるIgG4関連疾患診断の意義
佐藤 賢, 水出 雅文, 星野 崇, 橋爪 洋明, 長沼 篤, 細沼 賢一, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 星 恒輝, 安岡 秀敏, 山田 俊彦, 高木 均, 草野 元康
日本消化器病学会   Sep 2013   
群馬県におけるE型肝炎の最近2年間の発生状況
山崎 勇一, 竹内 卓, 上野 敬史, 畑中 健, 橋爪 洋明, 滝澤 大地, 長沼 篤, 堀口 昇男, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 高山 尚, 高木 均, 岡本 宏明
日本消化器病学会雑誌   Sep 2013   
Nonalcoholic steatohepatitis(NASH)に合併した肝細胞癌(HCC)根治術後の予後(非B非C非NASH-HCCとの比較)
橋爪 洋明, 佐藤 賢, 蒔田 富士雄, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁
肝臓学会   Sep 2013   
年齢およびBMIが一致した集団を用いた非アルコール性脂肪性肝炎の女性患者における長期転帰の前向き研究(A Prospective Study of Long-term Out-comes in Female Patients with Nonalcoholic Steatohepatitis Using Age- and Body Mass Index-matched Cohorts)
橋爪 洋明, 佐藤 賢, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁
肝臓学会   Sep 2013   
Final Results of a Clinical Trial of a 2-Week Lead-in Therapy With Interferon Beta Plus Ribavirin Before Peginterferon alpha-2B Plus Ribavirin for Chronic Hepatitis C With Genotype 1 and High Viral Loads
Sato Ken, Ohyama Tatsuya, Hashizume Hiroaki, Horiguchi Norio, Yamazaki Yuichi, Kakizaki Satoru, Mori Masatomo
米国消化器病学会週間 DDW2013    May 2013   
Amelioration of Hepatic Steatosis in Obese Mice by Mk-0626, a Selective alpha-Amino Amide Dipeptidyl Peptidase-4 Inhibitor
Ohyama Tatsuya, Sato Ken, Yamazaki Yuichi, Hashizume Hiroaki, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Mori Masatomo
GASTROENTEROLOGY   May 2013   
急性/慢性四塩化炭素肝炎モデルにおけるMIF(マクロファージ遊走阻止因子)の役割 MIFは肝線維化を抑制する
滝澤 大地, 堀口 昇男, 柿崎 暁, 橋爪 洋明, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 森 昌朋
日本臨床分子医学会学術総会   Apr 2013   
1b型高ウイルス量C型慢性肝炎に対するIFNβ分割/Ribavirin先行投与後Peg-IFNα-2b/Ribavirin療法
佐藤 賢, 大山 達也, 橋爪 洋明, 小曽根 隆, 新井 弘隆, 市川 武, 鈴木 秀行, 畑中 健, 高草木 智史, 豊田 満夫, 長島 多聞, 竝川 昌司, 滝澤 大地, 湯浅 和久, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 高木 均, 矢田 豊
肝臓学会   Apr 2013   
ヒト胆管細胞癌株におけるgefitinib・gemcitabine併用療法の有用性に関する検討
中島 良実, 高木 均, 柿崎 暁, 堀口 昇男, 佐藤 賢, 山崎 勇一, 森 昌朋
肝臓   Apr 2013   
Final results of a clinicai trial of a 2-Week Lead in therapy with interferon Beta plus Rivavirin Before Peginterferon alpha plus Rivavirin for Hepatitis C with genotype1 and high viral loards.
2013 DDW Miami, USA   2013   
Transarterial chemotherapy using CDDP powder in patients with un-resectable hepatocellular carcinoma.
第22回 APASL Singapore 2013/6/6-10   2013   
Clinical features of Acute Liver failure in Gunma University Hospital.
第22回 APASL Singapore 2013/6/6-10   2013   
Werner syndrome and NASH.
第22回 APASL Singapore 2013/6/6-10   2013   
The first acute Hepatitis E viral infection with a Spanish type Genotype 3F Strain in Japan.
第22回 APASL Singapore 2013/6/6-10   2013   
C型慢性肝炎genotype2型症例でのレスポンスガイド療法とIL28B遺伝子多型測定の意義
柿崎 暁, 佐藤 賢, 山崎 勇一, 橋爪 洋明, 堀口 昇男, 森 昌朋
臨床薬理学会   Oct 2012   
自然破裂・消退した巨大肝嚢胞の一例
新井 洋祐, 橋爪 洋明, 佐藤 賢, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 森 昌朋
肝臓   Oct 2012   
1型糖尿病フォロー中に著明な肝腫大と肝機能障害を契機に診断されたGlycogenic hepatopathyの2症例
橋爪 洋明, 堀口 昇男, 嶋田 靖, 新井 洋佑, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 佐藤 賢, 森 昌朋
肝臓   Oct 2012   
肝疾患診療における病診連携の実態と問題点、そしてその解決方法 群馬県における肝疾患診療連携の現状と問題点
堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁
肝臓学会   Oct 2012   
免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策ガイドラインの検証と発展へのアプローチ
佐藤 賢, 柿崎 暁, 橋爪 洋明, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 森 昌朋
肝臓学会   Sep 2012   
NASH線維化進行群とBMI、年齢、性別をマッチさせたC型肝炎線維化進行群/NASH線維化軽度群の予後(全生存率・肝関連疾患/心血管イベント発生率)の前向き比較試験
橋爪 洋明, 佐藤 賢, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 森 昌朋
肝臓学会   Sep 2012   
Macrophage Migration Inhibitory Factor (MIF) Attenuates Liver Inflammation, Steatosis, and Fibrosis in Murine Non-Alcoholic Liver Disease Model
Horiguchi Norio, Takizawa Daichi, Kakizaki Satoru, Tojima Hiroki, Hashizume Hiroaki, Yamazaki Yuichi, Sato Ken, Gao Bin, Mori Masatomo
米国消化器病学会週間 DDW2012   May 2012   
A 2-Week Lead-in Therapy With Interferon Beta Plus Ribavirin Before Peginterferon alpha-2B Plus Ribavirin for Chronic Hepatitis C With Genotype 1 and High Viral Loads
Sato Ken, Hashizume Hiroaki, Horiguchi Norio, Yamazaki Yuichi, Kakizaki Satoru, Mori Masatomo
米国消化器病学会週間 DDW2012   May 2012   
The Role of Macrophage Migration Inhibitory Factor (MIF) in Acute and Chronic Carbon Tetrachloride Induced Liver Injury: MIF Inhibits Chronic CCl4-Induced Liver Fibrosis
Takizawa Daichi, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Tojima Hiroki, Hashizume Hiroaki, Yamazaki Yuichi, Sato Ken, Gao Bin, Mori Masatomo
米国消化器病学会週間 DDW2012   May 2012   
肝癌根治的治療後のinterferon(IFN)療法における予後改善効果に関する検討
齋藤 秀一, 佐藤 賢, 橋爪 洋明, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 森 昌朋
肝臓学会   Apr 2012   
急性/慢性四塩化炭素肝炎モデルにおけるMIF(マクロファージ遊走阻止因子)の役割 MIFは肝線維化を抑制する
滝澤 大地, 堀口 昇男, 柿崎 暁, 戸島 洋貴, 橋爪 洋明, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 森 昌朋
肝臓   Apr 2012   
肝炎診療 群馬県における肝疾患診療ネットワークの現状と取り組み
山崎 勇一, 柿崎 暁, 堀口 昇男, 橋爪 洋明, 佐藤 賢, 阿部 毅彦, 高木 均, 長嶺 竹明, 森 昌朋
肝臓学会   Apr 2012   
NASH基礎 MIF(マクロファージ遊走阻止因子)は高脂肪食による肝障害、脂質沈着(Steatosis)、および肝線維化を抑制する
堀口 昇男, 滝澤 大地, 柿崎 暁, 戸島 洋貴, 橋爪 洋明, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 森 昌朋
肝臓学会   Apr 2012   
アルゴンプラズマ凝固療法(APC)を繰り返すことで出血コントロールが可能であった難治性放射線性胃炎3症例の比較
橋爪 洋明, 佐藤 賢, 下山 康之, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 森 昌朋
日本消化器病学会   Mar 2012   
辺縁系脳炎を契機に発見された小細胞肺癌の1例
岡村 孝志, 高橋 洋樹, 加藤 恵理子, 解良 恭一, 堀口 昇男, 橋本 貢士, 石塚 全, 森 昌朋
日本内科学会関東地方会   Mar 2012   
C型慢性肝炎を合併した透析患者へのIFN治療
柿崎 暁, 細沼 賢一, 橋爪 洋明, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 森 昌朋, 北原 徳之
日本内科学会   Feb 2012   
Werner症候群とNASH
橋爪 洋明, 佐藤 賢, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 木曽 真一, 石川 雄一, 後藤 真, 森 昌朋
日本内科学会雑誌   Feb 2012   
群馬県における肝炎医療費助成の現状と地域性
山崎 勇一, 柿崎 暁, 橋爪 洋明, 堀口 昇男, 佐藤 賢, 長嶺 竹明, 森 昌朋
日本内科学会雑誌   Feb 2012   
Ligand dependent hepatic gene expression profiles of nuclear receptor CAR and PXR.
米国消化器病学会週間 DDW2012   2012   
The role of Macrophage Migration Inhibitory Factor (MIF) in acute and chronic carbon tetrachroride induced liver injury: MIF inhibits chronic CCL4-induced liver injury.
米国消化器病学会週間 DDW2012   2012   
Pancreatic stellate cell activation by transforming growth factor alpha:Possible involvement of Matrix Metaloproteinase-1 upregulation..
2012   
Hepatitis B virus and Hepatitis C virus Dual Infection. HCV and Coinfectants.
第10回single Topic 2012 9/7-9   2012   
A 2-week Lead in therapy with interferon beta plus ribavirin before peg-interferon alpha2B plus rivavirin for chronic hepatitis C with genotype1 and high viral loads.
米国消化器病学会週間(米国DDW)   2012   
ロイコトリエン受容体拮抗薬(モンテカルスト)内服にて気管支喘息が軽快中に発症したChurg-Strauss症候群の1例
谷口 昌子, 堀口 昇男, 解良 恭一, 大井 晋介, 橋本 貢士, 久田 剛志, 石塚 全, 森 昌朋
日本内科学会関東地方会   Nov 2011   
Prader-Willi症候群に対し抗精神病薬とGLP-1作動薬を投与し、体重減量効果が認められた1例
小暮 晃一郎, 土屋 天文, 横川 友美, 井上 照基, 古賀 康彦, 小野 昭浩, 堀口 昇男, 渋沢 信行, 山田 正信, 森 昌朋
日本内科学会関東地方会   Oct 2011   
1b型高ウイルス量C型慢性肝炎に対するIFNβ分割/Ribavirin先行投与後、Peg-IFNα-2b plus/Ribavirin療法の前向き試験
佐藤 賢, 橋爪 洋明, 矢田 豊, 小曽根 隆, 新井 弘隆, 市川 武, 鈴木 秀行, 畑中 健, 豊田 満夫, 長島 多聞, 竝川 昌司, 湯浅 和久, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 高木 均, 森 昌朋
肝臓学会   Sep 2011   
肝細胞癌に対するSorafenib投与例の有害事象の検討
嶋田 靖, 柿崎 暁, 鈴木 秀行, 星野 崇, 長沼 篤, 堀口 昇男, 橋爪 洋明, 豊田 満夫, 野川 秀之, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 新井 弘隆, 高山 尚, 阿部 毅彦, 高木 均, 森 昌朋
肝臓学会   Sep 2011   
C型肝硬変合併透析患者の膵臓癌への陽子線治療後に発症した難治性胃潰瘍・胃毛細血管拡張症からの出血に対してアルゴンプラズマ凝固療法(APC)が奏功した一例
椎名 啓介, 橋爪 洋明, 佐藤 賢, 斎藤 従道, 古賀 康彦, 堀口 昇男, 山崎 勇一, 柿崎 暁, 森 昌朋
The Kitakanto Medical Journal   May 2011   
Response-Guided Therapy as an Effective Strategy on Peginterferon Alpha-2B Plus Ribavirin for Chronic Hepatitis C With Genotype 2 and a High Viral Road
Sato Ken, Hashizume Hiroaki, Yamazaki Yuichi, Horiguchi Norio, Kakizaki Satoru, Takagi Hitoshi, Mori Masatomo
米国消化器病学会週間 DDW2011   May 2011   
TGF-alpha Attenuates Hepatic Fibrosis: Possible Involvement of Matrix Metalloproteinase-1
Ohyama Tatsuya, Sato Ken, Yamazaki Yuichi, Horiguchi Norio, Ichikawa Takeshi, Kakizaki Satoru, Takagi Hitoshi, Mori Masatomo
米国消化器病学会週間 DDW2011   May 2011   
Constitutive Active/Androstane Receptor Promotes Hepatocarcinogenesis in a Mouse Model of Non-Alcoholic Steatohepatitis
Takizawa Daichi, Kakizaki Satoru, Horiguchi Norio, Yamazaki Yuichi, Tojima Hiroki, Ohyama Tatsuya, Sato Ken, Mori Masatomo
米国消化器病学会週間 DDW2011   May 2011   
Myeloid細胞特異的STAT3ノックアウトマウスでは、四塩化炭素肝炎モデルにおいて肝炎症細胞浸潤と肝障害が解離する
堀口 昇男, 柿崎 暁, 滝沢 大地, 橋爪 洋明, 山崎 勇一, 佐藤 賢, Bin Gao, 森 昌朋
肝臓   Apr 2011   
アルコール性脂肪性肝炎における細胞特異的なSTAT3の役割
堀口 昇男, 柿崎 暁, 橋爪 洋明, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 森 昌朋
日本消化器病学会雑誌   Mar 2011   
群馬県におけるE型肝炎ウイルスの発生状況
堀口 昇男, 長沼 篤, 橋爪 洋明, 山崎 勇一, 佐藤 賢, 柿崎 暁, 高木 均, 森 昌朋
日本内科学会雑誌   Feb 2011