村瀬 勉

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/21 13:33
 
アバター
研究者氏名
村瀬 勉
所属
名古屋大学
部署
情報基盤センター 情報基盤ネットワーク研究部門/情報基盤
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
名古屋大学 大学院情報科学研究科 情報システム学専攻 情報ネットワークシステム論 教授
 
2015年4月
 - 
現在
名古屋大学 工学部 教授
 
2015年4月
 - 
現在
名古屋大学 情報基盤センター 情報基盤ネットワーク研究部門/情報基盤 教授
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1986年3月
大阪大学 基礎工学研究科 物理専攻
 
2003年4月
 - 
2004年3月
大阪大学 情報科学研究科 情報ネットワーク学専攻
 
 
 - 
1984年3月
大阪大学 基礎工学部 情報工学
 

受賞

 
2022年6月
電子情報通信学会/IEEE IEEE/電子情報通信学会 ICC2011に関する感謝状
 
2017年3月
電子情報通信学会 情報通信マネジメント研究賞 スループット履歴に基づく高信頼且つ省電力映像配信を実現するバッファ制御
受賞者: 竹中幸子・金井謙治・甲藤二郎(早大)・村瀬 勉(名大)
 
2017年3月
電子情報通信学会 若手奨励賞 並列転送アドホックネットワークに適したコンテンションウィンドウ制御方式における既存方式との公平性に関する検討
受賞者: 大宮陸(名大)
 
論文筆頭の若手研究者のみが受賞対象
2015年3月
電子情報通信学会 ネットワークシステム研究賞 NS2014-150 「過密な無線LANにおけるキャプチャ効果を考慮したシミュレーション性能評価」 堀内 咲江(福井大)・三好 一徳・村瀬 勉(NEC)・橘 拓至(福井大)
 
2011年2月
電子情報通信学会 和文論文誌B 学生優秀論文賞 無線LAN環境におけるTCP制御とMAC制御をともに用いたフローQoS保証 内藤 成文,小畑 博靖,村瀬 勉,石田 賢治 (Volume J94-B No.2:通信技術の未来を築く学生論文特集)
 

論文

 
Wu Celimuge, Yoshinaga Tsutomu, Ji Yusheng, Murase Tutomu, Zhang Yan
IEEE TRANSACTIONS ON VEHICULAR TECHNOLOGY   66(7) 6336-6348   2017年7月
近接した多数の無線LAN間で公平なスループットを実現するHCCA制御方式の提案
八木俊賢, 村瀬勉
電子情報通信学会 IN研究会   IN2016-105(485) 49-52   2017年3月
マルチホップ無線ネットワークにおいて公平で高いスループットを達成するフレーム送信数制御の提案と評価
山本暁, 羅天然, 村瀬勉
電子情報通信学会 IN研究会   IN2016-107(485) 61-66   2017年3月
双方向フローを考慮したWLAN密集環境におけるキャプチャ効果を用いたメディアアクセス制御
泉川洋介, 小畑博靖, 村瀬勉, 石田賢治
電子情報通信学会 IN研究会   IN2016-108(485) 67-72   2017年3月
複数アドホックネットワークの干渉を考慮した配置での性能向上
大宮陸, 小畑博靖, 村瀬勉
電子情報通信学会 IN研究会   IN2016-111(485) 85-90   2017年3月

Misc

 
サーバ移動サービスにおける最小支配集合を用いたワークプレース容量設計手法
合田一歩, 福島行信, 村瀬勉, 横平徳美
電子情報通信学会 NS研究会   NS2016-170(484) 77-82   2017年3月
サーバ移動サービスにおける消費電力をも考慮したサーバ配置決定アルゴリズム
杉山弘道, 福島行信, 村瀬勉, 横平徳美
電子情報通信学会 NS研究会   NS2016-169(484) 71-76   2017年3月
サーバ移動サービスにおける省電力を指向した最適サーバ配置手法
福島行信, 村瀬勉, 横平徳美
電子情報通信学会 NS研究会   NS2016-150(428) 53-58   2017年3月
User Cooperative Mobility for QoS Improvement in Ad-hoc Network
Tianran Luo, Tutomu Murase
IEEE CCNC 2016   00   2017年1月   [査読有り]
Green Video Delivery System using Moving Route Navigation and Playout Buffer Control
Takenaka, Kenji Kanai, Jiro Katto, Tutomu Murase
IEEE CCNC 2016   00   2017年1月   [査読有り]

担当経験のある科目