FURUSHIMA MIKIO

J-GLOBAL         Last updated: Jul 12, 2017 at 11:45
 
Avatar
Name
FURUSHIMA MIKIO
Affiliation
Kumamoto University
Section
Unregistered

Research Areas

 
 

Published Papers

 
M.Furushima, A.Ishida
Prooceedings of Affine Algebraic geometry in Osaka, World Sci. Publ.   1(1) 42-51   2013   [Refereed][Invited]
Furushima Mikio
KYUSHU JOURNAL OF MATHEMATICS   61(1) 259-273   Mar 2007   [Refereed]
M. Abe, M. Furushima, T. Shima
Abhandlungen aus dem Mathematischen Seminar der Universit?t Hamburg   74 223-235   Dec 2004   [Refereed]
Mikio Furushima
Mathematische Zeitschrift   248 709-723   Dec 2004   [Refereed]
In this paper we study the singular Fano compactifications of ?3 with small Gorenstein singularities and determine the structure of such a compactification in the case of the Fano index r ? 2. ? Springer-Verlag 2004.
Makoto ABE, Mikio FURUSHIMA, Tadashi SHIMA
Abhandlungen aus dem Mathematischen Seminar der Universit?t Hamburg   74 223-235   2004   [Refereed]

Misc

 
Abe Makoto, Furushima Mikio
Bulletin of Kumamoto University, School of Health Sciences   3 123-136   Mar 2007
The class file 'kumajm.cls' for mathematical papers is first created for the purpose of the experimental use of editing the Kumamoto Journal of Mathematics, Vol. 19. In this note we explain the contents of the recent version of the package 'kumajm...
23
FURUSHIMA Mikio
Abh. Math. Sem. Hunburg      2007
FURUSHIMA Mikio
Kumamoto J. Math.   19 37-57   2006   [Refereed]
Makoto ABE, Mikio FURUSHIMA, Tadashi SHIMA
Proceedings of Hayama Symposium on Several Complex Variables 2004, Hayama, Japan, December 18-21, 2004 (Y. Nishimura, J. Noguchi, S. Takayama, and T. Ueda, eds.), University of Tokyo, Tokyo   177-181   2005
17
FURUSHIMA Mikio
Abh. Math. Sem. Hamburg   274 223-235   2004

Association Memberships

 
 

Research Grants & Projects

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
Project Year: 2010 - 2012    Investigator(s): 古島幹雄
(1) 研究1について:複素アフィン空間の第2ベッチ数1をもつ端末特異点をもつ Fano多様体へのコンパクト化について,既に得られているコンパクト化についてゴレンスタイン端末特異点をもつ Fano 3-folds の平滑化の理論を応用し,端末特異点のタイプや境界因子の特異点やその正規化等について細い構造を決定した.(2) 研究2について:複素アフィン平面の Hirzebruch 曲面へのコンパクト化について, 境界因子は2つの既約曲線からなるが,そのうちの1つの既約成分が特異点を持ち,もう...
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
Project Year: 2007 - 2007    Investigator(s): 古島幹雄
第2ベッチ数1をもつ3次元複素アフィン空間の非射影的コンパクト化(X, Y)については, 境界因子Yがnefの場合は, 指数2以下の高々ゴレンスタイン端末特異点を持つ3次元ファノ多様体によるコンパクト化の分類に帰着されることが分かる.
特に, 指数2の場合は(X, Y)の構造は解明されているが, 指数1の場合は, 具体的な例(モデル)は在する者の, 最終的な構造の決定までは至ることが出来なかった.
しかし, 境界因子を詳細に解析する事により, 境界の位相的・代数的構造と全体空間の位相的・代...
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
Project Year: 2004 - 2005    Investigator(s): 古島幹雄
ピカール数1のsmall Gorenstein特異点を持つ3次元ファノ多様体で3次元複素アフィン空間C^3のコンパクト化であるものの分類問題は、C^3の非射影的コンパクト化の分類の研究と密接な関係があり、本研究の中心課題であった。このようなコンパクト化には指数(インデックス)と呼ばれる自然数r(r=1,2,3,4)が定義され、インデックスに応じて分類がなされる。今回の研究でインデックスrは実際r=1,2,3の値をとり、r=2,3の場合に分類を完成することができた。残る、r=1の場合は新たな...
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
Project Year: 2001 - 2002    Investigator(s): 古島幹雄
主にC^3のnon-projective Moishezon compact化(X, Y)で第2ベッチ数b_2=1なるものの研究を行った。特に,Yが"nef"ならばXからsmall Gorenstein特異点をもつb_2=1なるFano 3-fold Vへのsmall contraction φ:X→Vが存在しA=φ_*YはCartier divisorでC^3〓X-Y〓V-Aを得る。こうして,問題は「b_2=1なるsmall Gorenstein特異点をもつC^3のFano compac...
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
Project Year: 1998 - 1999    Investigator(s): 古島幹雄
複素アフィン空間C^3の射影的コンパクト化、非射影的Moishezonコンパクト化の構造解明およびGL(2,C)のsmall有限部分群GによるC^2の商空間C^2/Gの最小正規解析的コンパクト化の分類を中心に研究を行い、一応の成果が得られたので、以下、具体的成果について述べる.まず、第2ベッチ数1をもつC^3の射影的コンパクト化は全部で6種類あることはすでに古島によって得られているが、本研究において、これらのコンパクト化(X,Y)がC^3の自然なコンパクト化(P^3,P^2)からどのように...