松本 健

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/13 18:03
 
アバター
研究者氏名
松本 健
所属
東北大学
部署
スマート・エイジング学際重点研究センター
職名
助教
学位
バイオサイエンス(奈良先端科学技術大学院大学)
科研費研究者番号
10398224

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
東北大学 スマート・エイジング学際重点研究センター 助教
 
2018年3月
 - 
2016年12月
東北大学 加齢医学研究所 助教
 
2012年11月
 - 
2016年11月
熊本大学 生命資源研究•支援センター 特任助教
 
2011年4月
 - 
2012年10月
King’s college London MRC centre for developmental neurobiology Research associate
 
2011年3月
 - 
2011年3月
発生・再生科学総合研究センター 研究支援者
 
2009年2月
 - 
2011年3月
King’s college London MRC centre for developmental neurobiology 海外特別研究員
 
2008年4月
 - 
2009年1月
King’s college London MRC centre for developmental neurobiology Visiting researcher
 
2005年4月
 - 
2008年3月
熊本大学 発生医学研究センター 日本学術振興会特別研究員-PD
 
2004年4月
 - 
2005年3月
熊本大学 発生医学研究センター Research associate
 
2003年11月
 - 
2004年3月
熊本大学 発生医学研究センター 研究機関研究員
 
2003年5月
 - 
2003年10月
東北大学 加齢医学研究所 研究支援者
 
2002年4月
 - 
2003年4月
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 技術補佐員
 

論文

 
Wnt9a secreted from the walls of hepatic sinusoids is essential for morphogenesis, proliferation, and glycogen accumulation of chick hepatic epithelium.
Matsumoto, K. Miki, R. Nakayama, M. Tatsumi, N. and Yokouchi. Y.
Developmental Biology   319(2) 234-247   2008年   [査読有り]
Irx3 and Pax6 establish differential competence for Shh-mediated induction of GABAergic and glutamatergic neurons of the thalamus.
Robertshaw, Ellen. Matsumoto, K. Lumsden, A. and Kiecker, C.
Proc Natl Acad Sci U S A.   110(41) E3919-E3926   2013年   [査読有り]
New primary culture systems to study the differentiation and proliferation of mouse fetal hepatoblasts.
Miki, R., Tatsumi, N., Matsumoto, K. and Yokouchi, Y.
Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol.   294 G529-G539   2007年   [査読有り]
Id3 is important for proliferation and differentiation of the hepatoblasts during the chick liver development.
Nakayama, M. Matsumoto, K. Tatsumi, N. Yanai, M. Yokouchi, Y.
Mechanisms of Development   123(7) 580-590   2006年   [査読有り]
Vertebrate crossveinless 2 is secreted and acts as an extracellular modulator of the BMP signaling cascade.
Kamimura, M. Matsumoto, K. Koshiba-Takeuchi, K. and Ogura, T.
230 434-445   2004年   [査読有り]
The prepattern transcription factor Irx2, a target of the FGF8/MAP kinase cascade, is involved in cerebellum formation.
Matsumoto, K. Nishihara, S. Kamimura, M. Shiraishi, T. Otoguro, T. Uehara, M. Maeda, Y. Ogura, K. Lumsden, A. and Ogura, T.
Nature Neuroscience   7 605-612   2004年   [査読有り]
Early subdivisions in the neural plate define distinct competence for inductive signals.
Kobayashi, D. Kobayashi, M. Matsumoto, K. Ogura, T. Nakafuku, M. and Shimamura, K.
Development   129 83-93   2002年   [査読有り]
Cloning and chromosome mapping of human and chicken Iroquois (IRX) genes.
Ogura, K. Matsumoto, K. Kuroiwa, A. Isobe, T. Otoguro, T. Jurecic, V. Baldini, A. Matsuda, Y. and Ogura, T.
Cytogenetics and Cell Genetics   92 320-325   2001年   [査読有り]
Tbx5 and the retinotectum projection.
Science   287 134-137   2000年   [査読有り]
Coelom formation: binary decision of the lateral platemesoderm is controlled by the ectoderm.
Development   126 4129-4138   1999年   [査読有り]
Tbx5 and Tbx4 genes determine the wing/leg identity of limb buds.
Nature   126 4129-4138   1999年   [査読有り]
he role of Alx-4 in the establishment of anteroposterior polarity during vertebrate limb development.
Takahashi, M. Tamura, K. Butcher, D. Masuya, H. Yonei-Tamura, S. Matsumoto, K. Naitoh-Matsuo, M. Takeuchi, J. Ogura, K. Shiroishi, T. Ogura, T. Belmonte, JC.
Development   125 4417-4425   1998年   [査読有り]

Misc

 
難病研究up-to-date-臨床病態解析と新たな診断・治療法開発をめざして
久保純、宮坂恒太、松本健、小椋利彦
遺伝子医学MOOK   (32) 66-71   2017年
運動と代謝の関係〜運動模倣薬(Exercise pill)は可能か?
宮坂恒太、久保純、松本健、小椋利彦
医薬ジャーナル   53(6) 89-93   2017年
ラボレポート ―留学編― コミュニケーションとは?―MRC centre for developmental neurobiology/King’s college London
松本 健
実験医学   (28) 3175-3177   2010年
オーガナイザーFGF8シグナルを統合するIrx2遺伝子
松本健、小椋利彦
生体の科学   (56) 272-279   2005年
"鳥類神経系のパターン形成に関与する Irx 遺伝子群"
松本健、小椋利彦
生体の科学   (52) 210-215   2001年
四肢形成とTbx遺伝子
竹内純、松本健、小椋利彦
実験医学(増刊転写因子1999)   98-106   1999年

講演・口頭発表等

 
植物性化合物 Urolithin Aによるマイトファジー誘導機構の分子基盤の解明
松本 健
日本ミトコンドリア学会年会   2018年12月9日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 特別研究員奨励費
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 松本 健