猿渡 淳二

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/05 10:13
 
アバター
研究者氏名
猿渡 淳二
 
サルワタリ ジユンジ
URL
http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/Labs/tiryougaku/index.html
所属
熊本大学
部署
大学院生命科学研究部 熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系)薬物治療学
職名
准教授
学位
薬学博士(熊本大学)
科研費研究者番号
30543409

研究分野

 
 

経歴

 
2017年3月
 - 
現在
Yale University School of Medicine Internal Medicine Visiting Associate Professor
 
2015年
 - 
現在
 熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系)薬物治療学 准教授
 
2013年
 - 
2015年
 熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系)薬物治療学 講師
 
2010年
 - 
2013年
 熊本大学大学院生命科学研究部(薬学系)薬物治療学 助教
 
2009年1月
 - 
2009年12月
熊本大学大学院医学薬学研究部薬物治療学 助教
 
2006年
 - 
2008年
 サノフィ・アベンティス株式会社 クリニカル・ファーマコロジスト
 
2005年
 - 
2006年
 ファイザー株式会社 クリニカル・リサーチ・アソシエート
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年3月
熊本大学大学院 薬学研究科 博士後期課程
 
2000年4月
 - 
2002年3月
熊本大学大学院 薬学研究科 博士前期課程
 
1996年4月
 - 
2000年3月
熊本大学 薬学部 
 

委員歴

 
2017年1月
 - 
現在
日本臨床精神神経薬理学会  理事
 
2014年1月
 - 
現在
日本臨床精神神経薬理学会  評議員
 

受賞

 
2013年10月
日本臨床精神神経薬理学会 学会奨励賞
 
2016年7月
日本神経精神薬理学会 JSNP2016 Excellent Presentation Award
 

論文

 
Oniki K, Saruwatari J
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   139(1) 53-60   2019年   [査読有り]
Saruwatari J, Dong C, Utsumi T, Tanaka M, McConnell M, Iwakiri Y
Scientific reports   8(1) 17983   2018年12月   [査読有り]
Oniki K, Watanabe T, Kudo M, Izuka T, Ono T, Matsuda K, Sakamoto Y, Nagaoka K, Imafuku T, Ishima Y, Watanabe H, Maruyama T, Otake K, Ogata Y, Saruwatari J
CPT: pharmacometrics & systems pharmacology   7(6) 384-393   2018年6月   [査読有り]
Oniki K, Ishioka M, Osaki N, Sakamoto Y, Yoshimori Y, Tomita T, Kamihashi R, Tsuchimine S, Sugawara N, Otake K, Ogata Y, Saruwatari J, Yasui-Furukori N.
Clinical Neuropsychopharmacology and Therapeutics   8 25-37   2017年12月   [査読有り]
Akasaka T, Sueta D, Arima Y, Tabata N, Takashio S, Izumiya Y, Yamamoto E, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Kajiwara A, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Hokimoto S.
International journal of cardiology. Heart & vasculature   15 15-20   2017年6月   [査読有り]
Sonoda A, Kondo Y, Tsuneyoshi Y, Iwashita Y, Nakao S, Ishida K, Oniki K, Saruwatari J, Irie T, Ishitsuka Y.
Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences   18 3-6   2017年1月   [査読有り]
精神科領域の薬物相互作用update
猿渡 淳二
医薬品相互作用研究   41(1) 1-10   2017年
Tabata N, Sueta D, Akasaka T, Arima Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Hokimoto S
PloS one   11(11) e0166240   2016年11月   [査読有り]
検査からみる神経疾患 抗てんかん薬のファルマコゲノミクス検査
鬼木健太郎、猿渡淳二.
Clinical Neuroscience   34(10) 1170-1171   2016年10月
Nishimura M, Ueda M, Saruwatari J, Nakashima H, Ogusu N, Aoki A, Tsuchimine S, Matsuda K, Iwashita K, Ono T, Oniki K, Shimoda K, Yasui-Furukori N
Pharmacogenetics and genomics   26(9) 403-413   2016年9月   [査読有り]
Akasaka T, Sueta D, Arima Y, Tabata N, Takashio S, Izumiya Y, Yamamoto E, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Kajiwara A, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Ogata Y, Matsui K, Hokimoto S
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   ajpheart.00473.2016   2016年9月   [査読有り]
Akasaka T, Hokimoto S, Sueta D, Tabata N, Sakamoto K, Yamamoto E, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Kajiwara A, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Ogata Y, Ogawa H
American journal of physiology. Heart and circulatory physiology   310(11) H1494-500   2016年6月   [査読有り]
Tabata N, Hokimoto S, Akasaka T, Sueta D, Arima Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Ogawa H
International journal of cardiology   212 54-56   2016年6月   [査読有り]
Morita K, Saruwatari J, Tanaka T, Oniki K, Kajiwara A, Miyazaki H, Yoshida A, Jinnouchi H, Nakagawa K
Journal of diabetes and its complications      2016年6月   [査読有り]
Oniki K, Morita K, Watanabe T, Kajiwara A, Otake K, Nakagawa K, Sasaki Y, Ogata Y, Saruwatari J.
Nutrition & Diabetes.   6 e210   2016年5月   [査読有り]
Oniki K, Kamihashi R, Tomita T, Ishioka M, Yoshimori Y, Osaki N, Tsuchimine S, Sugawara N, Kajiwara A, Morita K, Miyata K, Otake K, Nakagawa K, Ogata Y, Saruwatari J, Yasui-Furukori N
Psychiatry research   239 190-195   2016年5月   [査読有り]
Tabata N, Hokimoto S, Akasaka T, Sueta D, Arima Y, Sakamoto K, Yamamoto E, Izumiya Y, Yamamuro M, Tsujita K, Kojima S, Kaikita K, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K, Yamabe H, Matsui K, Ogawa H.
Clinical Trials and Regulatory Science in Cardiology   17 9-14   2016年   [査読有り]
抗てんかん薬のTDMと有効血中濃度域の考え方
猿渡淳二、鬼木健太郎、平田憲史郎、石津棟暎.
臨床化学   45(3) 233-239   2016年
Kajiwara A, Ishizuka T, Yamamura M, Murase M, Koda H, Hirota S, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Nakagawa K.
Clin Neuropsychopharmacol Ther   7 48-53   2016年   [査読有り]
Ayami Kajiwara, Masato Yamamura, Motoji Murase, Haruo Koda, Seisuke Hirota, Tadao Ishizuka, Kazunori Morita, Kentaro Oniki, Junji Saruwatari, Kazuko Nakagawa
Aging and Mental Health   20(6) 611-615   2016年   [査読有り]
Asaho Nishizawa, Toshihiro Inoue, Saori Ohira, Eri Takahashi, Junji Saruwatari, Keiichiro Iwao, Hidenobu Tanihara
PLoS ONE   11(3) e0151947   2016年   [査読有り]
Madoka Noai, Hiromi Soraoka, Ayami Kajiwara Yukiko Tanamachi, Kentaro Oniki Kazuko Nakagawa, Takateru Ishitsu Junji Saruwatari
Acta Neurologica Scandinavica   133(3) 216-223   2016年   [査読有り]
Kajiwara A, Kita A, Saruwatari J, Miyazaki H, Kawata Y, Morita K, Oniki K, Yoshida A, Jinnouchi H, Nakagawa K
Journal of diabetes research   2016 4626382   2016年   [査読有り]
Soraoka H, Oniki K, Matsuda K, Ono T, Taharazako K, Uchiyashiki Y, Kamihashi R, Kita A, Takashima A, Nakagawa K, Yasui-Furukori N, Kadowaki D, Miyata K, Saruwatari J
Biological & pharmaceutical bulletin   39(9) 1468-1474   2016年   [査読有り]
Kazunori Morita, Natsuki Masuda, Kentaro Oniki, Junji Saruwatari, Ayami Kajiwara, Koji Otake, Yasuhiro Ogata, Kazuko Nakagawa
Clinical Chemistry and Laboratory Medicine   53(12) e339-e341-41   2015年11月   [査読有り]
Ayami Kajiwara, Ayana Kita, Junji Saruwatari, Kentaro Oniki, Kazunori Morita, Masato Yamamura, Motoji Murase, Haruo Koda, Seisuke Hirota, Tadao Ishizuka, Kazuko Nakagawa
Clinical Drug Investigation   35(9) 593-600   2015年9月   [査読有り]
Kazunori Morita, Natsuki Masuda, Kentaro Oniki, Junji Saruwatari, Ayami Kajiwara, Koji Otake, Yasuhiro Ogata, Kazuko Nakagawa
Toxicology Letters   236(2) 117-122   2015年7月   [査読有り]
Hideaki Jinnouchi, Kazunori Morita, Takahiro Tanaka, Ayami Kajiwara, Yuki Kawata, Kentaro Oniki, Junji Saruwatari, Kazuko Nakagawa, Koji Otake, Yasuhiro Ogata, Akira Yoshida, Seiji Hokimoto, Hisao Ogawa
Cardiovascular Diabetology   14(1) 49   2015年5月   [査読有り]
Kazunori Morita, Hiroko Miyazaki, Junji Saruwatari, Kentaro Oniki, Naoki Kumagae, Takahiro Tanaka, Ayami Kajiwara, Koji Otake, Yasuhiro Ogata, Yuichiro Arima, Seiji Hokimoto, Hisao Ogawa, Kazuko Nakagawa
Toxicology Letters   232(1) 221-225   2015年1月   [査読有り]
Kazunori Morita, Junji Saruwatari, Takahiro Tanaka, Kentaro Oniki, Ayami Kajiwara, Koji Otake, Yasuhiro Ogata, Kazuko Nakagawa
Diabetes & Metabolism   41(1) 91-94   2015年   [査読有り]
Yukiko Tanamachi, Junji Saruwatari, Madoka Noai, Ryoko Kamihashi, Hiromi Soraoka, Yuki Yoshimori, Naoki Ogusu, Kentaro Oniki, Norio Yasui-Furukori, Takateru Ishitsu, Kazuko Nakagawa
Neuropsychiatric Disease and Treatment   11 1007-1014   2015年   [査読有り]
Shoko Tsuchimine, Junji Saruwatari, Ayako Kaneda Ayako, Norio Yasui-Furukori
PLoS ONE   10(5) 91 e0126983   2015年   [査読有り]
Daisuke Sueta, Seiji Hokimoto, Koji Enomoto, Takamichi Ono, Terumi Tabata, Ichiro Kajiwara, Koichi Kaikita, Junji Saruwatari, Kentaro Oniki, Kazuko Nakagawa, Hisao Ogawa
International Journal of Cardiology   186 210-212   2015年   [査読有り]
Kentaro Oniki, Junji Saruwatari, Tomoko Izuka, Ayami Kajiwara, Kazunori Morita, Misaki Sakata, Koji Otake, Yasuhiro Ogata, Kazuko Nakagawa
PLoS ONE   10(7) e0132640   2015年   [査読有り]
Hiroo Nakashima, Kentaro Oniki, Miki Nishimura, Naoki Ogusu, Masatsugu Shimomasuda, Tatsumasa Ono, Kazuki Matsuda, Norio Yasui-Furukori, Kazuko Nakagawa, Takateru Ishitsu, Junji Saruwatari
PLoS ONE   10(10) e0141266   2015年   [査読有り]
田口和明、猿渡淳二、平田憲史郎、丸山徹
医療薬学   41(4) 215-222   2015年   [査読有り]
Kenshiro Hirata; Junji Saruwatari; Yuhuki Enoki; Kazufumi Iwata; Yukino Urata; Keiji Aizawa; Kentaro Ueda; Takumi Shirouzono; Motoki Imamura; Hiroshi Moriuchi; Yu Ishima; Daisuke Kadowaki; Hiroshi Watanabe; Sumio Hirata; Toru Maruyama; Eiko Fukunaga
Therapeutic Drug Monitoring   36(5) 553-555   2014年10月   [査読有り]
Junji Saruwatari, Ayaka Takashima, Kousuke Yoshida, Hiromi Soraoka, Tong-Bin Ding, Yoshihiro Uchiyashiki, Yoshiyuki Tsuda, Motoki Imamura, Kentaro Oniki, Keishi Miyata, Kazuko Nakagawa
Basic & Clinical Pharmacology & Toxicology   115(4) 360-365   2014年10月   [査読有り]
Junji Saruwatari; Naoki Ogusu; Masatsugu Shimomasuda; Hiroo Nakashima; Takayuki Seo; Koji Tanikawa; Yoshiyuki Tsuda; Miki Nishimura; Rie Nagata; Norio Yasui-Furukori; Sunao Kaneko; Takateru Ishitsu; Kazuko Nakagawa
Therapeutic Drug Monitoring   36(3) 302-309   2014年6月   [査読有り]
Ayami Kajiwara, Junji Saruwatari, Ayana Kita, Kentaro Oniki, Masato Yamamura, Motoji Murase, Haruo Koda, Seisuke Hirota, Tadao Ishizuka, Kazuko Nakagawa
Clinical Drug Investigation   34(6) 431-435   2014年6月   [査読有り]
Junji Saruwatari; Shiho Yoshida; Yoshiyuki Tsuda; Yusuke Okada; Naoki Ogusu; Kousuke Yoshida; Kentaro Oniki; Norio Yasui-Furukori; Sunao Kaneko; Takateru Ishitsu; Kazuko Nakagawa
Pharmacogenetics and Genomics   24(3) 162-171   2014年3月   [査読有り]
Sha'ari HM, Haerian BS, Baum L, Saruwatari J, Tan HJ, Rafia MH, Raymond AA, Kwan P, Ishitsu T, Nakagawa K, Lim KS, Mohamed Z.
Pharmacogenomics   15(4) 459-466   2014年3月   [査読有り]
Yoshiyuki Tsuda; Junji Saruwatari; Norio Yasui-Furukori
BMJ Open   4(3) e004216-e004216   2014年3月   [査読有り]
Ayami Kajiwara; Ayana Kita; Junji Saruwatari; Kazunori Morita; Kentaro Oniki; Masato Yamamura; Motoji Murase; Haruo Koda; Seisuke Hirota; Tadao Ishizuka; Kazuko Nakagawa
Journal of Asthma   51(2) 221-224   2014年3月   [査読有り]
Kajiwara A, Sakata M, Kita A, Morita K, Oniki K, Saruwatari J, Yoshida A, Jinnouchi H, Nakagawa K.
World Biomed Front. Diabetes and Obesity      2014年   [査読有り]
A Possible Association of Sex Hormone-Binding Globulin with Weight Gain in the Valproic Acid-Treated Female Patients with Epilepsy
Junji Saruwatari, Yoshihiro Uchiyashiki, Ayami Kajiwara, Madoka Noai, Yukiko Tanamachi, Hiromi Soraoka, Mariko Deguchi, Kentaro Oniki, Norio Yasui-Furukori, Sunao Kaneko, Takateru Ishitsu, Kazuko Nakagawa
International Journal of Clinical Pharmacology & Toxicology   3(1) 106-110   2014年   [査読有り]
Ayami Kajiwara; Haruna Miyagawa; Junji Saruwatari; Ayana Kita; Misaki Sakata; Yuki Kawata; Kentaro Oniki; Akira Yoshida; Hideaki Jinnouchi; Kazuko Nakagawa
Diabetes Research and Clinical Practice   103(3) e7-10   2014年   [査読有り]
Morita K, Oniki K, Miyazaki H, Saruwatari J, Ogata Y, Mizobe M, Yamamuro M, Hokimoto S, Ogawa H, Nakagawa K.
Journal of Human Hypertension   28(4) 279-281   2014年   [査読有り]
Junji Saruwatari, Hiroo Nakashima, Shoko Tsuchimine, Miki Nishimura, Naoki Ogusu, Norio Yasui-Furukori
Pharmacogenomics and Personalized Medicine   7 121-127   2014年   [査読有り]
Naoki Ogusu, Junji Saruwatari, Hiroo Nakashima, Madoka Noai, Miki Nishimura, Mariko Deguchi, Kentaro Oniki, Norio Yasui-Furukori, Sunao Kaneko, Takateru Ishitsu, Kazuko Nakagaswa
PLoS One   9(11) e111066   2014年   [査読有り]

書籍等出版物

 
てんかんの薬物療法―新たな治療薬の導入後
新興医学出版社   2010年   
改訂第3版 てんかん教室
株式会社 新興医学出版社   2012年   
てんかんテキストNew version
中山書店   2012年   
クロザピン100のQ&A-治療抵抗性への挑戦
星和書店   2014年   

講演・口頭発表等

 
SGLT2阻害薬服用患者の臨床経過とSLC5A2遺伝子多型に関する縦断的検討
鬼木健太郎、田原迫昂佑、坂本優季、近藤望、丸山阿加里、吉田陽、西村博之、守田彩文、塩山由紀、高田雅文、井島廣子、陣内秀昭、猿渡淳二
日本薬学会第139回年会   2019年3月20日   
ADRB3遺伝子多型がSGLT2阻害薬の効果に及ぼす影響に関する臨床的検討
坂本優季、鬼木健太郎、田原迫昂佑、熊谷直樹、吉田陽、西村博之、守田彩文、塩山由紀、髙田雅文、井島廣子、陣内秀昭、猿渡淳二
日本薬学会第139回年会   2019年3月20日   
医療統計を知れば臨床研究ができる!目の前の患者さんを救うだけで満足しますか? [招待有り]
猿渡淳二
平成30年度 臨床薬学研修センタ-クリニカルファーマシー&サイエンスセミナー   2019年2月9日   
抗うつ薬における個別化療法 [招待有り]
猿渡淳二
第28回日本医療薬学会年会   2018年11月23日   
非アルコール性脂肪性肝疾患における3-adrenergic receptorの遺伝的寄与を解明するための探索的臨床研究
坂本優季、鬼木健太郎、熊谷直樹、守田和憲、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第35回日本薬学会九州支部大会   2018年11月17日   
小児てんかん患者におけるバルプロ酸誘発性BMI変動予測モデルの構築
杉田円香、鬼木健太郎、野相まどか、松田和樹、棚町有紀子、古郡規雄、石津棟暎、猿渡淳二
第28回日本臨床精神神経薬理学会・第48回日本神経精神薬理学会 合同年会   2018年11月14日   
The sympathetic nervous system is a novel regulator of hepatic lymphangiogenesis in portal hypertension
Tanaka M, Utsumi T, Saruwatari J, Zhang P, Morales-Ruiz M, Iwakiri Y.
AASLD The Liver Meeting 2018   2018年11月9日   
モデリング&シミュレーションを用いた非アルコール性脂肪性肝疾患リスクに対する身体活動の効果に関する検討
工藤未来、鬼木健太郎、武藤奈瑠美、小野達昌、坂本優季、大竹宏冶、緒方康博、猿渡淳二
第12回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム   2018年9月15日   
長鎖脂肪酸伸長酵素Elovl6 遺伝子多型とインスリン抵抗性並びに非アルコール性脂肪性肝疾患の関係
斉藤百香、鬼木健太郎、坂本優季、瀬口優里、田原迫昂佑、今福匡司、佐藤崇雄、渡邊博志、丸山徹、緒方康博、辻田賢一、猿渡淳二
第58回日本臨床化学会年次学術集会   2018年8月24日   
Aldehyde dehydrogenase 2 (ALDH2) 遺伝子多型およびGGT値が心房細動に及ぼす影響
瀬口優里、鬼木健太郎、斉藤百香、坂本優季、今福匡司、渡邊博志、丸山徹、緒方康博、辻田賢一、猿渡淳二
第58回日本臨床化学会年次学術集会   2018年8月24日   
PNPLA3 遺伝子多型 (rs738409) と2型糖尿病患者の腎機能低下に関する検討
田原迫昂佑、坂本優季、鬼木健太郎、斉藤百香、瀬口優里、陣内秀昭、猿渡淳二
第58回日本臨床化学会年次学術集会   2018年8月24日   
小児てんかん患者におけるバルプロ酸誘発性BMI変動予測モデルの構築
杉田円香、鬼木健太郎、野相まどか、松田和樹、棚町有紀子、古郡規雄、石津棟暎、猿渡淳二
第35回日本TDM学会・学術大会   2018年5月26日   
日本人統合失調症患者におけるクロザピン及び活性代謝物ノルクロザピンの母集団薬物動態解析
森田和弥、鬼木健太郎、赤嶺由美子、三國雅彦、黒木俊秀、功刀浩、猿渡淳二、古郡規雄
第35回日本TDM学会・学術大会   2018年5月26日   
臨床薬理遺伝学に基づくDsbA-L と肥満関連疾患予防に関する多角的検討
鬼木健太郎、猿渡淳二
日本薬学会第138年会   2018年3月25日   
メリンジョ由来レスベラトロールがアディポネクチン多量体化能に及ぼす影響:二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験
中嶋あずさ、鬼木健太郎、小畑祐衣、坂本優季、瀬口優里、斉藤百香、木村彩、徳丸尚人、渡邊丈久、宮田敬士、猿渡淳二
日本薬学会第138年会   2018年3月25日   
うつ病患者の早期寛解を目指したパロキセチンの薬物動態―薬力学解析
岩下知磨、猿渡淳二、富田哲、西村美紀、中嶋洋生、松田和樹、小野達昌、土嶺章子、古郡規雄
第34回日本薬学会九州支部大会   2017年11月25日   
新規肺機能低下予測因子の解明を目的としたdisulfide-bond A oxidoreductase-like protein遺伝子多型に関する臨床的検討
小畑祐衣、鬼木健太郎、瀬口優里、杉田円香、益田菜月、松田和樹、守田和憲、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第34回日本薬学会九州支部大会   2017年11月25日   
PNPLA3遺伝子型と身体活動に基づく非アルコール性脂肪性肝疾患の個別化予防戦略への試み
武藤奈瑠美、鬼木健太郎、工藤未来、守田和憲、渡邊丈久、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第34回日本薬学会九州支部大会   2017年11月25日   
抗うつ薬パロキセチンの血中濃度と治療効果に関する母集団薬物動態―薬力学解析
岩下知磨、富田哲、上田幹人、猿渡淳二、青木顕子、西村美紀、土嶺章子、鬼木健太郎、下田和孝、古郡規雄
第27回日本臨床精神神経薬理学会   2017年11月2日   
クロザピンの治療期間と血中濃度に関する母集団薬物動態解析
森田和弥、鬼木健太郎、赤嶺由美子、三國雅彦、黒木俊秀、功刀浩、猿渡淳二、古郡規雄
第27回日本臨床精神神経薬理学会   2017年11月2日   
A population pharmacokinetic-pharmacodynamic analysis of valproic acid in pediatric patients with epilepsy
Saruwatari J, Iwashita K, Sugita M, Nakashima H, Ogusu N, Shimomasuda M, Oniki K, Ishitsu T
15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology   2017年9月24日   
Influence of the cytochrome P450 2D6 polymorphisms on the pharmacokinetics of paroxetine in Japanese patients with major depressive disorder: a population pharmacokinetic analysis
Iwashita K, Ueda M, Tomita T, Saruwatari J, Nakashima H, Aoki K, Ogusu N, Nishimura M, Matsuda K, Ono T, Tsuchimine S, Shimoda K, Yasui - Furukori N
15th International Congress of Therapeutic Drug Monitoring & Clinical Toxicology   2017年9月24日   
アディポネクチン並びにその関連遺伝子が肺機能低下に及ぼす影響
小畑祐衣、鬼木健太郎、瀬口優里、杉田円香、益田菜月、松田和樹、守田和憲、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第58回日本人間ドック学会学術大会   2017年8月24日   
非アルコール性脂肪性肝疾患におけるPNPLA3遺伝子型と身体活動の関係
武藤奈瑠美、鬼木健太郎、工藤未来、守田和憲、渡邊丈久、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第58回日本人間ドック学会学術大会   2017年8月24日   
医薬品安全性のための「よく分かるセミナー」14 精神科領域の薬物相互作用 update [招待有り]
猿渡淳二
第3回日本医薬品安全性学会学術大会   2017年7月22日   
Modeling & Simulation解析を用いた薬効・副作用予測から疾患予防への展開 [招待有り]
鬼木健太郎、猿渡淳二
医療薬学フォーラム2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム   2017年7月1日   
Disulfide-bond A oxidoreductase-like protein遺伝子と肺機能低下に関する検討
小畑祐衣、鬼木健太郎、武藤奈瑠美、瀬口優里、杉田円香、益田菜月、松田和樹、守田和憲、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
医療薬学フォーラム2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム   2017年7月1日   
Developing a Prediction Model to Clarify the Relationship between the BMI and the Risk for Nonalcoholic Fatty Liver Disease Based on a Modeling and Simulation Approach
Kentaro Oniki, Yuki Sakamoto, Miku Kudo, Tatsumasa Ono, Kazuki Matsuda, Narumi Muto, Tomoko Izuka, Takehisa Watanabe, Koji Otake, Yasuhiro Ogata, Junji Saruwatari
American Diabetes Association's 77th Scientific Sessions   2017年6月9日   
BMIの個体間変動に基づくNAFLD予測モデルの構築とその予防的応用に関する検討
鬼木健太郎、工藤未来、小野達昌、松田和樹、武藤奈瑠美、居塚智子、渡邊丈久、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第16回分子予防環境医学研究会大会   2017年2月3日   
生活習慣病におけるALDH2遺伝子型の臨床的意義と予防的応用に関する検討
守田和憲、鬼木健太郎、吉田陽、陣内秀昭、掃本誠治、小川久雄、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第16回分子予防環境医学研究会大会   2017年2月3日   
遺伝情報とTDMを用いた抗てんかん薬の臨床薬学研究 [招待有り]
猿渡淳二
第56回日本臨床化学会年次学術集会   2016年12月2日   
KCNQ1遺伝子多型(rs2237892)を用いた2型糖尿病とその合併症の個別化予防に関する検討
坂本優季、鬼木健太郎、梶原彩文、吉田陽、田原迫昂佑、井島廣子、宮本文夫、杉山正悟、稗島州雄、栗並昇、陣内冨男、梶原敬三、陣内秀昭、猿渡淳二
第56回日本臨床化学会年次学術集会   2016年12月2日   
糖尿病血管合併症の性差に関する臨床的検討
守田彩文、鬼木健太郎、吉田陽、井島廣子、宮本文夫、杉山正悟、稗島州雄、栗並昇、陣内冨男、梶原敬三、猿渡淳二、陣内秀昭
第56回日本臨床化学会年次学術集会   2016年12月2日   
薬物動態の観点から臨床精神薬理遺伝学を再考する [招待有り]
猿渡淳二
第37回日本臨床薬理学会学術総会   2016年12月1日   
小児の成長に伴うBMI増加を考慮した小児てんかん患者におけるバルプロ酸誘発性BMI変動予測モデルの構築
杉田円香、松田和樹、野相まどか、棚町有紀子、鬼木健太郎、古郡規雄、石津棟暎、猿渡淳二
第37回日本臨床薬理学会学術総会   2016年12月1日   
抗うつ薬パロキセチンの母集団薬物動態解析によるモデルの検討
岩下知磨、上田幹人、猿渡淳二、中嶋洋生、青木顕子、大楠直樹、西村美紀、松田和樹、小野達昌、土嶺章子、下田和孝、古郡規雄
第37回日本臨床薬理学会学術総会   2016年12月1日   
個別化治療を目指したカルバマゼピンの治療効果に関する母集団薬物動態―薬力学解析
松田和樹、鬼木健太郎、吉田志保、津田義之、大楠直樹、吉田昂佑、今村元紀、小野達昌、丁トンヒン、石津棟暎、猿渡淳二
第37回日本臨床薬理学会学術総会   2016年12月1日   
BMIの個体間変動に基づくNAFLDリスクの予測モデルの構築 [招待有り]
鬼木健太郎、工藤未来、小野達昌、武藤奈瑠美、渡邊丈久、猿渡淳二
第108回日本消化器病学会九州支部例会・第102 回日本消化器内視鏡学会九州支部例会   2016年11月25日   
老年期うつ病に対する抗うつ薬治療:薬物相互作用の視点から [招待有り]
猿渡淳二
第26回日本臨床精神神経薬理学会   2016年11月17日   
患者背景に基づく血中濃度域の設定を目指したバルプロ酸の治療効果に関する母集団薬物動態―薬力学解析
猿渡淳二、鬼木健太郎、松田和樹、中嶋洋生、大楠直樹、小野達昌、古郡規雄、石津棟暎
第26回日本臨床精神神経薬理学会   2016年11月17日   
酸化ストレスに関係する遺伝子多型と統合失調症患者のメタボリックシンドロームに関する横断研究
大崎夏海、猿渡淳二、富田哲、石岡雅道、土嶺章子、菅原典夫、吉森友紀、上橋諒子、鬼木健太郎、古郡規雄
第26回日本臨床精神神経薬理学会   2016年11月17日   
母集団薬効動態解析による小児てんかん患者でのバルプロ酸誘発性体重増加の予測モデルの構築
松田和樹、杉田円香、野相まどか、棚町有紀子、鬼木健太郎、古郡規雄、石津棟暎、猿渡淳二
第26回日本臨床精神神経薬理学会   2016年11月17日   
漢方薬と西洋薬の薬物相互作用 ~チトクロムP450等の薬物動態に関して~ [招待有り]
猿渡淳二
第4回 漢方フォーラム   2016年11月6日   
Glutathione S-transferaseに着目した統合失調症患者の肥満やメタボリック症候群の遺伝的予測因子の検討 [招待有り]
猿渡 淳二、鬼木健太郎、古郡規雄
第18回感情・行動・認知(ABC)研究会   2016年10月22日   
精神神経疾患領域の個別化投与設計を目指した薬物動態の多角的検討 A multifaceted approach to assessing the clinical pharmacokinetics of psychoneurotic drugs to develop a personalized dosing system [招待有り]
猿渡淳二、古郡規雄
日本薬物動態学会 第31回年会   2016年10月13日   
薬物代謝 [招待有り]
猿渡淳二
第50回日本てんかん学会学術集会   2016年10月7日   
KCNQ1遺伝子多型(rs2237892)と2型糖尿病の臨床経過に関する検討
坂本優季、鬼木健太郎、梶原彩文、河田優希、猿渡淳二、吉田陽、井島廣子、宮本文夫、杉山正悟、稗島州雄、栗並昇、陣内冨男、梶原敬三、陣内秀昭
第26回日本医療薬学会年会   2016年9月17日   
性差に着目した血清尿酸値と肺機能に関する縦断的解析
益田菜月、鬼木健太郎、守田和憲、大竹宏治、緒方康博、猿渡淳二
第26回日本医療薬学会年会   2016年9月17日   
抗てんかん薬のTDM [招待有り]
猿渡淳二
第12回 熊本TDM研究会   2016年8月26日   
統合失調症患者の肥満に対するdisulfide-bond A oxidoreductase-like protein遺伝子多型の影響
猿渡淳二、鬼木健太郎、上橋諒子、富田哲、石岡雅道、土嶺章子、菅原典夫、大﨑夏海、大竹宏治、緒方康博、古郡規雄
第46回日本神経精神薬理学会年会   2016年7月2日   
抗てんかん薬バルプロ酸の治療効果に関する母集団薬物動態―薬力学解析
鬼木健太郎、中嶋洋生、西村美紀、大楠直樹、小野達昌、松田 和樹、古郡規雄、石津棟暎、猿渡淳二
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム   2016年6月25日   
てんかん患者を対象としたバルプロ酸誘発性の体重増加に関する母集団薬力学解析
猿渡淳二、松田和樹、杉田円香、野相まどか、棚町有紀子、大楠直樹、中嶋洋生、古郡規雄、石津棟暎、鬼木健太郎
医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム   2016年6月25日   
Aldehyde dehydrogenase 2 遺伝子変異が非アルコール性脂肪性肝疾患に及ぼす影響
鬼木健太郎、渡邊丈久、武藤奈瑠美、佐々木裕、猿渡淳二
第52回日本肝臓学会総会   2016年5月19日   
非アルコール性脂肪性肝疾患におけるPNPLA3遺伝子型と運動強度の関係
武藤奈瑠美、鬼木健太郎、猿渡淳二
第52回日本肝臓学会総会   2016年5月19日   
統合失調症の薬物治療について基本から最新の知識まで学ぶ ③薬物投与計画ー薬物相互作用ー [招待有り]
猿渡 淳二
第2回臨床精神神経薬理学会セミナー   2016年4月24日   
リチウムと併用を避ける・注意すべき薬物のReview [招待有り]
猿渡淳二、古郡規雄
第35回リチウム研究会   2016年4月16日   
薬剤師が知っておくべき統計の基礎 [招待有り]
猿渡 淳二
第45回育薬フロンティアセミナー   2016年4月5日   
Disulfide-bond A oxidoreductase-like protein遺伝子変異と統合失調症患者の肥満との関係
鬼木健太郎、大﨑夏海、上橋諒子、冨田哲、石岡雅道、土嶺章子、菅原典夫、大竹宏治、緒方康博、古郡規雄、猿渡淳二
日本薬学会第136年会   2016年3月26日   
抑肝散が薬物代謝酵素活性に及ぼす影響に関する臨床薬理学的検討
空岡裕美、鬼木健太郎、松田和樹、小野達昌、内屋敷佳弘、上橋諒子、北愛矢菜、高嶋綾佳、門脇大介、宮田敬士、猿渡 淳二
日本薬学会第136年会   2016年3月26日   
抗てんかん薬の有効血中濃度域を再考する~病院―大学間の共同研究を通して~ [招待有り]
猿渡淳二
日本TDM学会 第50回セミナー   2016年2月13日   
核内受容体及びP450 oxidoreductaseの遺伝子多型を考慮したカルバマゼピンの母集団薬物動態解析
松田和樹、猿渡淳二、津田義之、吉田志保、大楠直樹、吉田昂祐、今村元紀、小野達昌、鬼木健太郎、石津棟暎、中川和子
第36回日本臨床薬理学会学術総会   2015年12月9日   
バルプロ酸を服用する若年てんかん患者の肥満に及ぼすCYP2C19遺伝子多型の検討
猿渡淳二、野相まどか、空岡裕美、梶原彩文、棚町有紀子、鬼木健太郎、石津棟暎、中川和子
第36回日本臨床薬理学会学術総会   2015年12月9日   
非アルコール性脂肪性肝疾患予防のための非肥満者におけるPNPLA3遺伝子変異の意義
鬼木健太郎,武藤奈瑠美,守田和憲,居塚智子,梶原彩文,坂田美咲,北愛矢菜,熊谷直樹,大竹宏治,緒方康博,中川和子,猿渡淳二
第25回日本医療薬学会年会   2015年11月21日   
糖尿病における血管障害の性差に関する臨床的検討
河田優希,梶原彩文,鬼木健太郎,北愛矢菜,坂本優季,大﨑夏海,宮川春奈,坂田美咲,守田和憲,猿渡淳二,吉田陽,井島廣子,宮本文夫,杉山正悟,稗島州雄,栗並昇,陣内冨男,梶原敬三,陣内秀昭,中川和子
第37回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム   2015年11月19日   
小児てんかん患者のアドヒアランス・コンプライアンスを高めるための臨床薬理学的検討 [招待有り]
猿渡淳二,鬼木健太郎,石津棟暎
第42回日本小児臨床薬理学会学術集会   2015年11月14日   
抗精神病薬に関する多剤併用の是非 薬物相互作用の観点から [招待有り]
猿渡淳二
第25回日本臨床精神神経薬理学会   2015年10月29日   
Cytochrome P450 2D6遺伝子多型を考慮したパロキセチンの母集団薬物動態解析:第2報
西村美紀, 上田幹人, 猿渡淳二, 中嶋洋生, 青木顕子, 大楠直樹, 松田和樹, 小野達昌, 岩下知磨, 土嶺章子, 下田和孝, 古郡規雄
第25回日本臨床精神神経薬理学会   2015年10月29日   
抑肝散が健康成人男性の薬物代謝酵素活性に及ぼす影響
空岡裕美, 松田和樹, 小野達昌, 内屋敷佳弘, 上橋諒子, 北愛矢菜, 高嶋綾佳, 鬼木健太郎, 門脇大介, 宮田敬士, 中川和子, 猿渡淳二
第25回日本臨床精神神経薬理学会   2015年10月29日   
The impact of aldehyde dehydrogenase 2 polymorphism on the incidence and progression of lifestyle disease
Kazunori Morita, Kentaro Oniki, Seiji Hokimoto, Junji Saruwatari, Akira Yoshida, Hideaki Jinnouchi, Koji Otake, Yasuhiro Ogata, Hisao Ogawa and Kazuko Nakagawa
International Symposium on Chronic Inflammatory Diseases, Kumamoto (ISCIDK2015)   2015年10月16日   
Glutathione S-transferase K1遺伝子変異が肥満及び非アルコール性脂肪性肝疾患に及ぼす影響
鬼木健太郎, 居塚智子, 守田和憲, 坂田美咲, 梶原彩文, 北愛矢菜, 熊谷直樹, 田中雄大, 河田優希, 猿渡淳二, 中川和子, 渡邊丈久, 吉田陽, 陣内秀昭, 大竹宏治, 緒方康博
第58回日本糖尿病学会年次学術集会   2015年5月21日   
Hepatocyte nuclear factor-1A遺伝子変異と肥満が2型糖尿病に及ぼす影響
守田和憲, 田中雄大, 益田菜月, 宮川春奈, 坂田美咲, 梶原彩文, 北愛矢菜, 河田優希, 鬼木健太郎, 猿渡淳二, 中川和子, 吉田陽, 陣内秀昭, 大竹宏治, 緒方康博
第58回日本糖尿病学会年次学術集会   2015年5月21日   
2型糖尿病患者の冠動脈疾患発症における性差の検討
河田優希, 梶原彩文, 北愛矢菜, 坂本優季, 大﨑夏海, 宮川春奈, 坂田美咲, 守田和憲, 鬼木健太郎, 猿渡淳二, 中川和子, 吉田陽, 井島廣子, 宮本文夫, 杉山正悟, 稗島州雄, 栗並昇, 陣内冨男, 梶原敬三, 陣内秀昭
第58回日本糖尿病学会年次学術集会   2015年5月21日   
KCNQ1遺伝子多型 (rs2237892) が2型糖尿病の臨床経過に及ぼす影響
坂本優季, 鬼木健太郎, 梶原彩文, 河田優希, 守田和憲, 大﨑夏海, 益田菜月, 猿渡淳二, 中川和子, 吉田陽, 井島廣子, 宮本文夫, 杉山正悟, 稗島州雄, 栗並昇, 陣内冨男, 梶原敬三, 陣内秀昭
第58回日本糖尿病学会年次学術集会   2015年5月21日   
γ-glutamyltransferase 1遺伝子多型と喫煙が慢性閉塞性肺疾患に及ぼす影響
守田和憲、益田菜月、田中雄大、熊谷直樹、鬼木健太郎、猿渡淳二、大竹宏治、緒方康博、中川和子
第85回日本衛生学会学術総会   2015年3月26日   
Aldehyde dehydrogenase 2遺伝子多型が慢性閉塞性肺疾患に及ぼす影響
益田菜月、守田和憲、熊谷直樹、鬼木健太郎、猿渡淳二、大竹宏治、緒方康博、中川和子
第85回日本衛生学会学術総会   2015年3月26日   
gamma-glutamyltransferase 1遺伝子多型と喫煙が急性冠症候群に及ぼす影響
田中雄大、守田和憲、鬼木健太郎、猿渡淳二、熊谷直樹、益田菜月、有馬勇一郎、掃本誠治、小川久雄、中川和子
第85回日本衛生学会学術総会   2015年3月26日   
個別化投与設計を目指した抗てんかん薬バルプロ酸の治療効果に関する母集団薬物動態—薬力学解析
中嶋洋生、猿渡淳二、大楠直樹、野相まどか、西村美紀、小野達昌、鬼木健太郎、石津棟暎、中川和子
日本薬学会第135年会   2015年3月25日   
精神科領域で薬物反応性(特に薬物動態)の個体差を決定する要因は何か?~個別化治療の実現を目指して~ [招待有り]
猿渡淳二
第3回熊本県病院薬剤師会精神科領域研究会   2015年2月15日   
Aldehyde dehydrogenase 2 遺伝子多型が生活習慣病に及ぼす影響~循環器疾患及び肺疾患に関する検討~
守田和憲、鬼木健太郎、猿渡淳二、吉田陽、陣内秀昭、掃本誠治、小川久雄、大竹宏治、緒方康博、中川和子
第17回Aldh2ノックアウトマウス学会   2014年11月28日   
知的障害がバルプロ酸服用患者の肥満に及ぼす影響
棚町有紀子、猿渡淳二、野相まどか、大楠直樹、吉田志保、吉森友紀、出口真理子、上橋諒子、中嶋洋生、鬼木健太郎、古郡規雄、兼子直、石津棟暎、中川和子
第24回日本臨床精神神経薬理学会・第44回日本神経精神薬理学会   2014年11月20日   
CYP遺伝子多型のupdate:基礎から臨床応用まで [招待有り]
猿渡淳二
第24回日本臨床精神神経薬理学会・第44回日本神経精神薬理学会   2014年11月20日   
臨床応用を目指した基礎から臨床へのtranslational research ~遺伝情報に基づく精神神経疾患治療薬の個別化投与設計法の開発~ [招待有り]
猿渡淳二、石津棟暎、古郡規雄
第8回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム   2014年11月15日   
Female sex is an independent risk factor for diabetic microangiopathies in Japanese patients: Exploring possible mechanisms
Ayami Kajiwara, Ayana Kita, Junji Saruwatari, Hiroko Miyazaki, Kazunori Morita, Kentaro Oniki, Akira Yoshida, Hideaki Jinnouchi, Kazuko Nakagawa
7th International Symposium: Safety and Health in Agricultural and Rural Populations: Global Perspectives   2014年10月19日   
薬剤の剤形別におけるpharmacokineticsの変化、効果発現の相違に関して
猿渡淳二
第6回八戸てんかん治療会議   2014年7月23日   
Aldehyde dehydrogenase 2遺伝子多型が生活習慣病の発症・進展に及ぼす影響
守田和憲、鬼木健太郎、猿渡淳二、吉田陽、陣内秀昭、掃本誠治、小川久雄、大竹宏治、緒方康博、中川和子
第84回日本衛生学会学術総会   2014年5月25日   
肥満者の生活習慣病予防におけるβ3-adrenergic receptor遺伝子型の意義
熊谷直樹、鬼木健太郎、守田和憲、宮崎裕子、益田菜月、大﨑夏海、猿渡淳二、大竹宏治、緒方康博、中川和子
第84回日本衛生学会学術総会   2014年5月25日   
γ-glutamyltransferase 1遺伝子多型が2型糖尿病患者の血管合併症に及ぼす影響
田中雄大、守田和憲、河田優希、梶原彩文、北愛矢菜、鬼木健太郎、猿渡淳二、吉田陽、陣内秀昭、中川和子
第84回日本衛生学会学術総会   2014年5月25日   
β3-adrenergic receptor遺伝子型の肥満及び肥満関連疾患予防における意義
鬼木健太郎、熊谷直樹、守田和憲、梶原彩文、坂田美咲、北愛矢菜、宮崎裕子、居塚智子、河田優希、田中雄大、坂本優季、猿渡淳二、中川和子、 吉田陽、陣内秀昭、大竹宏治、緒方康博
第57回日本糖尿病学会年次学術集会   2014年5月22日   
Glutathione S-transferase K1遺伝子変異が冠動脈疾患患者の腎機能低下に及ぼす影響
居塚智子、鬼木健太郎、守田和憲、宮崎裕子、梶原彩文、北愛矢菜、熊谷直樹、田中雄大、河田優希、猿渡淳二、中川和子、吉田陽、陣内秀昭、掃本誠治、小川久雄
第57回日本糖尿病学会年次学術集会   2014年5月22日   
Cytochrome P450 2C19遺伝子多型が糖尿病網膜症に及ぼす影響
梶原彩文、北愛矢菜、上橋諒子、内屋敷佳弘、守田和憲、宮川春奈、坂田美咲、野相まどか、鬼木健太郎、猿渡淳二、中川和子、吉田陽、岩下薫子、井島廣子、宮本文夫、杉山正悟、稗島州雄、陣内冨男、梶原敬三、陣内秀昭
第57回日本糖尿病学会年次学術集会   2014年5月22日   
Pregnane X receptor遺伝子多型が健康成人とてんかん患者のcytochrome P450 3A活性に及ぼす影響
今村元紀, 米満孝聖, 吉田昴祐, 津田義之, 鬼木健太郎, 猿渡淳二, 石津棟暎, 中川和子
日本薬学会第134回年会   2014年3月27日   
バルプロ酸服用患者における肥満と性ホルモン及び性ホルモン結合蛋白の関係
内屋敷佳弘, 梶原彩文, 野相まどか, 空岡裕美, 大楠直樹, 鬼木健太郎, 猿渡淳二, 石津棟暎, 中川和子
日本薬学会第134回年会   2014年3月27日   
2型糖尿病患者の網膜症及び腎機能低下における性差の検討
梶原彩文, 北愛矢菜, 宮崎裕子, 守田和憲, 内屋敷佳弘, 居塚智子, 熊谷直樹, 河田優希, 田中雄大, 鬼木健太郎, 猿渡淳二, 吉田陽, 岩下薫子, 井島廣子, 宮本文夫, 稗島州雄, 陣内冨男, 梶原敬三, 陣内秀昭, 中川和子
第7回日本性差医学・医療学会   2014年1月31日   
2型糖尿病患者の大血管障害における性差の検討
河田優希, 梶原彩文, 北愛矢菜, 守田和憲, 宮崎裕子, 熊谷直樹, 居塚智子, 田中雄大, 空岡裕美, 鬼木健太郎, 猿渡淳二, 吉田陽, 岩下薫子, 井島廣子, 宮本文夫, 稗島州雄, 陣内冨男, 梶原敬三, 陣内秀昭, 中川和子
第7回日本性差医学・医療学会   2014年1月31日   
喫煙がオランザピンとクロザピンの体内動態に与える影響に関するメタアナリシス
津田義之, 猿渡淳二, 西村美紀, 空岡裕美, 中川和子, 古郡規雄
第34回日本臨床薬理学会学術総会   2013年12月4日   
選択的セロトニン取り込み阻害薬がP-糖タンパクの基質薬物フェキソフェナジンの体内動態に与える影響
猿渡淳二, 古郡規雄, 新岡丈典, 赤嶺由美子, 髙嶋綾佳, 兼子直,宇野司
第23回日本臨床精神神経薬理学会・第43回日本神経精神薬理学会   2013年10月24日   
P-糖タンパク質を介した薬物相互作用
猿渡淳二
第23回日本臨床精神神経薬理学会・第43回日本神経精神薬理学会   2013年10月24日   
非定型抗精神病薬を服用する統合失調症患者における肥満及びメタボリックシンドロームに及ぼすCLOCK遺伝子多型の検討
上橋諒子, 猿渡淳二, 古郡規雄, 佐藤靖, 中神卓, 斉藤まなぶ, 菅原典夫, 藤井学, 古郡 華子, 土嶺章子, 吉森友紀, 野相まどか, 梶原彩文, 今村元紀, 津田義之, 鬼木健太郎, 兼子直, 中川和子
第23回日本臨床精神神経薬理学会・第43回日本神経精神薬理学会   2013年10月24日   
Glutathione S-transferase遺伝子変異と喫煙の交互作用が生活習慣病に及ぼす影響
鬼木健太郎, 坂田美咲, 北愛矢菜, 梶原彩文, 守田和憲, 宮崎裕子, 熊谷直樹, 居塚智子, 内屋敷佳弘, 津田義之, 上橋諒子, 棚町有紀子, 中嶋洋生, 猿渡淳二, 緒方康博, 中川和子
第61回日本心臓病学会学術集会   2013年9月20日   
2型糖尿病患者の細小血管障害における性差の検討
梶原彩文, 北愛矢菜, 宮崎裕子, 宮川春奈, 坂田美咲, 内屋敷佳弘, 守田和憲, 熊谷直樹, 居塚智子, 河田優希, 田中雄大, 鬼木健太郎, 猿渡淳二, 吉田陽, 陣内秀昭, 中川和子
第61回日本心臓病学会学術集会   2013年9月20日   

Works

 
地域医療におけるリスク・ベネフィットコミュニケーション:薬局情報支援モデルの構築
2014年 - 2017年
うつ病の個別化医療:遺伝子-環境相互作用を包括したPK-PD-PGxモデルの構築
2015年 - 2019年
モデリング&シミュレーションに基づく精神神経疾患領域での個別化医療システムの構築
2016年 - 2019年
母集団薬物動態―薬力学解析を用いた精神神経疾患治療薬の個別化投与設計法の開発
猿渡 淳二   2013年 - 2015年
Cytochrome P450 3A活性の遺伝的予測因子による個別化投与設計法の開発
2011年 - 2012年
抗精神病薬及び抗てんかん薬治療による代謝・内分泌系副作用発現の個別化予防
2011年 - 2013年
平成23年度・第4期(12~3月)「若手研究者等海外派遣プログラム」
2011年 - 2012年
患者背景に基づく抗てんかん薬の有効 血中薬物濃度域の設定と個別化投与量設計システムの構築
2015年 - 2017年

競争的資金等の研究課題

 
モデリング&シミュレーションに基づく精神神経疾患領域での個別化医療システムの構築
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 猿渡 淳二
うつ病の個別化医療:遺伝子-環境相互作用を包括したPK-PD-PGxモデルの構築
日本学術振興会: 基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 古郡 規雄
性別と遺伝情報に基づいた副作用回避と個別化医療実現への取り組み
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 中川 和子
地域医療におけるリスク・ベネフィットコミュニケーション:薬局情報支援モデルの構築
日本学術振興会: 基盤研究(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 山本 美智子
母集団薬物動態―薬力学解析を用いた精神神経疾患治療薬の個別化投与設計法の開発
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 猿渡 淳二