一柳 錦平

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/18 13:31
 
アバター
研究者氏名
一柳 錦平
所属
熊本大学
部署
大学院先端科学研究部(理)
職名
准教授
学位
博士(理学)(名古屋大学)

プロフィール

2010年4月より熊本大学体育会ダイビング部顧問
Dive Bears(熊本大学・熊本県立大学ダイビング部 公式HP)
http://divebears.p2.weblife.me/

研究キーワード

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
熊本大学 大学院先端科学研究部(理学系)地球環境科学 准教授
 
2018年4月
 - 
2019年3月
海洋研究開発機構 地球環境変動領域 招聘主任研究員
 
2008年4月
 - 
2018年3月
海洋研究開発機構 地球環境変動領域 招聘研究員
 
2008年4月
 - 
2016年3月
熊本大学 大学院自然科学研究科(理学系)地球環境科学  准教授
 
2005年4月
 - 
2008年3月
海洋研究開発機構 地球観測研究センター 研究員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
総合地球環境学研究所 共同研究員
 
2002年4月
 - 
2005年3月
海洋科学技術センター 地球観測フロンティア研究システム ポスドク研究員
 
2000年1月
 - 
2002年3月
海洋科学技術センター 地球観測フロンティア研究システム 研究推進スタッフ
 
1995年10月
 - 
1999年12月
防災科学技術研究所 重点研究協力員
 

学歴

 
2002年3月
   
 
名古屋大学 大学院理学研究科  論理博第751号取得
 
1994年4月
 - 
1995年9月
名古屋大学 大学院理学研究科 
 
1993年4月
 - 
1994年3月
名古屋大学 大学院農学研究科 
 
1991年4月
 - 
1993年3月
三重大学 大学院教育学研究科 
 
1987年4月
 - 
1991年3月
三重大学 人文学部 文化学科
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
日本水文科学会  学会賞選考委員
 
2019年4月
 - 
現在
日本水文科学会  会計委員
 
2016年4月
 - 
2019年3月
日本水文科学会  評議員,会計委員長
 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本水文科学会  評議員,広報・企画委員
 
2008年9月
 - 
2014年6月
日本気象学会  電子情報委員
 
2012年8月
 - 
2013年3月
日本水文科学会  学会賞選考委員
 
2010年4月
 - 
2013年3月
日本水文科学会  編集委員
 
2011年8月
 - 
2012年3月
日本水文科学会  学会賞選考委員
 
2008年5月
 - 
2010年3月
日本水文科学会  集会委員
 
2009年1月
 - 
2010年1月
日本学術会議  地球惑星科学委員会IUGG分科会 第21期IAHS対応小委員会
 
1998年4月
 - 
2004年3月
日本水文科学会  編集委員
 

受賞

 
2016年9月
日本学術振興会 平成28年度科研費審査委員の表彰
 
2003年5月
日本水文科学会 研究奨励賞
 
2002年3月
海洋研究開発機構 地球観測フロンティア研究システム優秀研究賞
 

論文

 
Kimpei Ichiyanagi, Rusmawan Suwarman, Halda Aditya Belgaman, Masahiro Tanoue, Takayuki Uesugi and Warjono
IOP Conference Series: Earth and Environmental Science   303(012008) 1-8   2019年9月   [査読有り]
Yaser Nikpeyman, Takahiro Hosono, Masahiko Ono, Heejun Yang, Kimpei Ichiyanagi, Jun Shimada, Kiyoshi Takikawa
Environmental Earth Sciences   78(252) 1   2019年4月   [査読有り]
M.A.Gusyev, U.Morgenstern, T.Nishihara, T.Hayashi, N.Akata, K.Ichiyanagi, A.Sugimoto, A.Hasegawa, M.K.Stewart
Science of The Total Environment   659 1307-1321   2019年4月   [査読有り]
Masahiro Tanoue, Kimpei Ichiyanagi, Kei Yoshimura, Masashi Kiguchi, Toru Terao, Taiichi Hayashi
Progress in Earth and Planetary Science   5    2018年12月   [査読有り]
© 2018, The Author(s). Water isotopic composition (δ18O and δD) in terrestrial proxies of past precipitation enable us to better understand and interpret variation in the Indian Summer Monsoon (ISM). Previous studies have suggested that the origin...
Mori Shuichi, Hamada Jun-Ichi, Hattori Miki, Wu Pei-Ming, Katsumata Masaki, Endo Nobuhiko, Ichiyanagi Kimpei, Hashiguchi Hiroyuki, Arbain Ardhi A., Sulistyowati Reni, Lestari Sopia, Syamsudin Fadli, Manik Timbul, Yamanaka Manabu D.
PROGRESS IN EARTH AND PLANETARY SCIENCE   5    2018年9月   [査読有り]
Tanoue Masahiro, Ichiyanagi Kimpei, Yoshimura Kei, Shimada Jun, Hirabayashi Yukiko
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   122(21) 11621-11637   2017年11月   [査読有り]
壁谷直記, 清水晃, 一柳錦平, 清水貴範, 大貫靖浩, 生沢均, 古堅公, 新垣拓也, 中村智恵子, 寺園隆一
九州森林研究   (70) 39‐42   2017年3月
Toshinari Takakura, Ryuichi Kawamura, Tetsuya Kawano, Kimpei Ichiyanagi, Masahiro Tanoue, Kei Yoshimura
Climate Dynamics   1-15   2017年3月
© 2017 The Author(s)To clarify the time evolution of water origins in the vicinity of a tropical cyclone (TC)’s center, we have simulated Typhoon Man-yi (July 2007) in our case study, using an isotopic regional spectral model. The model results co...
Rusmawan Suwarman, Kimpei Ichiyanagi, Kimpei Ichiyanagi, Masahiro Tanoue, Kei Yoshimura, Shuichi Mori, Manabu D. Yamanaka, Fadli Syamsudin, Halda Aditya Belgaman, Halda Aditya Belgaman
Journal of the Meteorological Society of Japan   95 49-66   2017年1月   [査読有り]
© 2017, Meteorological Society of Japan.This study examined the relationship between El Niño-Southern Oscillation (ENSO) and atmospheric water isotopes during the wet season over the Maritime Continent. The model data used were obtained by incorpo...
Belgaman Halda A., Ichiyanagi Kimpei, Suwarman Rusmawan, Tanoue Masahiro, Aldrian Edvin, Utami Arika I. D., Kusumaningtyas Sheila D. A.
HYDROLOGICAL RESEARCH LETTERS   11(2) 92-98   2017年   [査読有り]
Kimpei Ichiyanagi, Masahiro Tanoue
Isotopes in Environmental and Health Studies   52 353-362   2016年7月   [査読有り]
© 2016 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group.Spatial distribution of annual mean stable isotopes in precipitation (δ18O, δ2H) was observed at 56 sites across Japan throughout 2013. Annual mean δ18O values showed a strong latitude e...
Masahiro Tanoue, Kimpei Ichiyanagi, Kei Yoshimura
Isotopes in Environmental and Health Studies   52 329-342   2016年7月   [査読有り]
© 2016 Informa UK Limited, trading as Taylor & Francis Group.The isotopic composition (δ18O and δ2H) of precipitation simulated by a regional isotope circulation model with a horizontal resolution of 10, 30 and 50 km was compared with observations...
Halda A. Belgaman, Halda A. Belgaman, Kimpei Ichiyanagi, Kimpei Ichiyanagi, Masahiro Tanoue, Rusmawan Suwarman, Kei Yoshimura, Shuichi Mori, Naoyuki Kurita, Manabu D. Yamanaka, Fadli Syamsudin
Scientific Online Letters on the Atmosphere   12 192-197   2016年1月   [査読有り]
© 2016, the Meteorological Society of Japan.Intraseasonal variability of precipitation over the Indonesian Maritime Continent (IMC) is related mainly to the Madden-Julian oscillation (MJO). The MJO enhances and suppresses precipitation around the ...
BELGAMAN Halda A., 一柳 錦平, 田上 雅浩, SUWARMAN Rusmawan
日本水文科学会誌   46(1) 7-28   2016年   [査読有り]
インドネシア海大陸(IMC)は熱帯地方にあって,多数の島と海から構成されている。この多数の陸と海の配置は,独特の天気や気候特徴を形成している。IMCでは,降水の安定同位体の変動を調べる様々な水文気象学的な研究が行われている。降水の安定同位体比(δ18O, δD)は,大気過程(例えば,降水量,気温,水循環)に関する情報を得るために使われる。国際原子力機構による全球降水同位体観測網は,1961年より世界的に月単位の降水同位体の観測を行っており,海洋研究開発機構ではIMCの降水同位体の変動をさら...
一柳錦平, 田上雅浩
日本水文科学会誌   46(2) 123-138   2016年   [査読有り]
田上雅浩, 一柳錦平
日本水文科学会誌   46(2) 101-115   2016年   [査読有り]
田上 雅浩, 一柳 錦平, 望月 佑一, 宮﨑 勝己
京都大学瀬戸臨海実験所年報 = Annual report, Seto Marine Biological Laboratory, Kyoto University   28 33-35   2015年12月
Tadasuke Kudo, Ryuichi Kawamura, Hidetaka Hirata, Kimpei Ichiyanagi, Masahiro Tanoue, Kei Yoshimura
Journal of Geophysical Research Atmospheres   119 8825-8838   2014年7月   [査読有り]
© 2014. American Geophysical Union. All Rights Reserved.The modulation of large-scale moisture transport from the tropics into East Asia in response to typhoon-induced heating during the mature stage of the Baiu/Meiyu season is investigated using ...
Y. Nikpeyman, N. Ono, T. Hosono, H. Yang, K. Ichiyanagi, J. Shimada, K. Takikawa
IAHS-AISH Proceedings and Reports   365 49-54   2014年1月   [査読有り]
© 2014 IAHS Press.Submarine Groundwater Discharge (SGD), as a way through which solutes and nutrients travel from terrestrial areas towards coastal areas, is part of the hydrological cycle. Various methods are used to locate SGD at different scale...
Gholam Abbas Kazemi, Kimpei Ichiyanagi, Jun Shimada
Environmental Earth Sciences   73 361-374   2014年1月   [査読有り]
© 2014, Springer-Verlag Berlin Heidelberg.Knowledge of chemical and isotopic composition of precipitation is an important tool for climatological, meteorological and hydrological applications. Rain and snow samples collected during June 2009 to No...

Misc

 
一柳 錦平
日本水文科学会誌   48(2) 123-125   2018年
一柳錦平, 安藤昭太郎
日本水文科学会誌   47(1) 11‐15(J‐STAGE)   2017年
一柳 錦平, 田上 雅浩, 藪崎 志穂, 宮下 雄次
日本水文科学会誌 = Journal of Japanese Association of Hydrological Sciences   46(2) 69-71   2016年8月

書籍等出版物

 
新しい地球惑星科学
一柳 錦平 (担当:分担執筆, 範囲:第14章「気象災害」)
倍風館   2019年3月   
芳村 圭, 一柳 錦平, 杉本 敦子 (担当:共編者, 範囲:第2章「降水同位体の観測研究-アジア熱帯域を中心に-」;第3章「降水・水蒸気同位体を用いた台風観測キャンペーン」)
日本気象学会   2009年   ISBN:9784904129036
持続可能な地下水利用に向けた挑戦 -地下水先進地域熊本からの発信- 
一柳錦平,田上雅浩,市川勉 (担当:分担執筆, 範囲:第3章「熊本地域の水文気象環境とその長期変化」)
熊本大学政創研業書   2016年   ISBN:978-4-7923-9257-4

講演・口頭発表等

 
Temporal Variability of Stable Isotopes in Precipitation Observed at Tiksi, Russia
Kimpei Ichiyanagi, HotaekPark and MasahiroTanoue
27th International Union of Geodesy and Geophysics (IUGG) General Assembly   2019年7月11日   
Re-consideration of discharge rate of spring water in Lake Ezu, Kumamoto
Kimpei Ichiyanagi, Kiyoshi Ide, Jun Shimada, Tsutomu Ichikawa
JpGU 2019   2019年5月29日   
The latitude effect on the stable isotopic composition of precipitation across Thailand
Jeerapong Laonamsai and Kimpei Ichiyanagi
International Symposium on Isotope Hydrology: Advancing the Understanding of Water Cycle Processes   2019年5月23日   
Spatial and temporal variability of stable isotopes in precipitation in Kumamoto, southern Japan
Kimpei Ichiyanagi and Masahiro Tanoue
International Symposium on Isotope Hydrology: Advancing the Understanding of Water Cycle Processes   2019年5月23日   
Seasonal variation of the latitude effect in a mid-latitude region
Masahiro Tanoue, Kimpei Ichiyanagi and Yukiko Hirabayashi
International Symposium on Isotope Hydrology: Advancing the Understanding of Water Cycle Processes   2019年5月23日   
高野雄紀, 芳村圭, 一柳錦平, 高薮縁
日本気象学会大会講演予稿集   2018年9月30日   
Diurnal variation of stable isotopes in rainfall observed at Bengkulu for the YMC-Sumatra 2017
K. Ichiyanagi, R. Suwarman, H.A. Belgaman, M. Tanoue, T. Uesugi and Warjono
1st International Conference on Tropical Meteorology and Atmospheric Sciences (ICTMAS), Bandung Institute of Technology, Bandong, Indonesia   2018年9月18日   
Changes of river water level and discharge affected by the 2016 Kumamoto earthquake
Kimpei Ichiyanagi, Minato Imazu, Kiyoshi Ide, Jun Shimada
The 45th International Association of Hydrogeologists (IAH) Congress, Daejeon Convention Center, Daejeon, Korea   2018年9月12日   
Stable Isotopes in Precipitation over Indonesia Simulated by Using Regional Isotope Circulation Model
Kimpei Ichiyanagi, Masahiro Tanoue, HaldaAditya Belgaman, RusmawanSuwarman and Kei yoshimura
15th Asia Oceania Geosciences Society   2018年6月3日   
Factors controlling seasonal variation of stable isotopes in precipitation across Japan
Takayki Uesugi, Kimpei Ichiyanagi, Masahiro Tanoue, Kei Yoshimura
JpGU-AGU Joint Meeting 2018   2018年5月20日   

Works

 
インドネシア全域における降水の安定同位体マップの作成
2016年 - 2020年
地球温暖化によって台風水蒸気の起源海域はどう変わったか?
2009年 - 2010年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2017年 - 2020年    代表者: 朴 昊澤 国立研究開発法人海洋研究開発機構, 北極環境変動総合研究センター, 主任研究員 (10647663)
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 一柳 錦平 熊本大学, 大学院先端科学研究部(理), 准教授 (50371737)
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 一柳 錦平 熊本大学, 大学院先端科学研究部(理), 准教授 (50371737)
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 一柳 錦平 熊本大学, 自然科学研究科, 准教授 (50371737)
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 川村 隆一 九州大学, 大学院・理学研究院, 教授 (30303209)
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 寺尾 徹 香川大学, 教育学部, 准教授 (30303910)
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 小沢 聖 独立行政法人国際農林水産業研究センター, 熱帯・島嶼研究拠点・島嶼生産環境プロジェク, トリーダー (40360391)
文部科学省: 科学研究費助成事業(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 一柳 錦平 熊本大学, 大学院・自然科学研究科, 准教授 (50371737)
文部科学省: 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2004年 - 2007年    代表者: 杉本 敦子 北海道大学, 大学院・地球環境科学研究院, 教授 (50235892)

その他

 
2010年4月   体育会ダイビング部顧問
Dive Bears(熊本大学・熊本県立大学ダイビング部 公式HP)
http://divebears.p2.weblife.me/