木下 尚子


木下 尚子

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/18 16:34
 
アバター
研究者氏名
木下 尚子
 
キノシタ ナオコ
所属
熊本大学
部署
文学部 熊本大学人文社会科学研究部
職名
教授
学位
文学博士(九州大学), 文学修士(九州大学), 学士(東京教育大学)

プロフィール

東京学芸大学附属高等学校卒業、東京教育大学歴史学科卒業(史学方法論教室)、九州大学大学院修士課程修了、同博士課程修了。梅光女学院大学講師、同助教授。熊本大学助教授、同教授。

研究分野

 
 

経歴

 
1997年
 - 
1998年
 熊本大学文学部歴史学 准教授
 
1998年
 - 
2004年
  教授
 
2005年
   
 
 熊本大学文学部歴史学 教授
 
1983年
 - 
1995年
 梅光女学院大学 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
九州大学 文学研究科 博士後期課程
 
 
 - 
1977年
東京教育大学 文学部 
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
佐賀県教育委員会  吉野ヶ里遺跡弥生時代調査指導委員会委員
 
2018年3月
 - 
現在
独立法人大学改革支援・学位授与機構  国立大学教育研究評価委員会専門委員
 
2016年7月
 - 
現在
鳥取県教育委員会  とっとり弥生の王国調査整備委員会
 
2016年4月
 - 
現在
人間文化研究機構  人間文化研究機構国立歴史民俗博物館運営委員
 
2014年
 - 
現在
文化庁  水中遺跡調査検討委員
 
2012年4月
 - 
現在
長崎県教育委員会  長崎県文化財保護審議会委員
 
1999年
 - 
現在
 古代文化刊行委員会
 
2015年11月
 - 
2016年2月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2001年
 - 
2002年
 九州歴史資料館協議会委員 委員(2001-2002)
 
2001年
 - 
2002年
 熊本県装飾古墳館協議会 委員(2001-2002)
 
2001年
 - 
2002年
 山口県史編さん室 調査委員(2001-2002)
 
2001年
 - 
2002年
 文化財保護審議会 委員(2001-2002)
 
2001年
 - 
2002年
 熊本県文化財保護審議会 委員(2001-2002)
 
2001年
 - 
2002年
 独立行政法人文化財研究所自己点検評価にかかる外部評価委員会 外部評価委員(2001-2002)
 
2002年
 - 
2003年
 佐賀市文化財保護審議会 委員(2002-2003)
 
2002年
 - 
2003年
 熊本市立熊本博物館審議会 委員(2002-2003)
 
2003年
 - 
2004年
 北九州市立博物館協議会 委員(2003-2004)
 
2006年
 - 
2007年
 熊本県装飾古墳館協議会 委員(2006-2007)
 
2006年
 - 
2007年
 垂水市柊原遺跡保存活用検討委員会 委員(2006-2007)
 
2006年
 - 
2007年
 大学設置・学校法人審議会 専門委員(2006-2007)
 
1997年
 - 
2002年
 国立民族学博物館国内資料調査委員会 委員(2001-2002)
 
2007年
 - 
2008年
2004 鹿児島県文化財保護審議委員 委員(2007-2008)
 
2005年
 - 
2011年
 文化庁文化審議会第三専門部会 委員(2007-2008)
 
2006年
 - 
2008年
2006 山口県文化財保護審議会 委員(2006-2008)
 
2007年
 - 
2011年
 九州歴史資料館協議会 委員(2007-2008)
 
2011年
 - 
2015年
 北谷町国指定史跡伊礼原遺跡保存監理計画策定委員会
 
2013年
 - 
現在
 文化庁文化審議会第三専門部会
 
2014年
 - 
2016年
 青谷上寺地遺跡発掘調査委員会
 
2014年
 - 
2015年
 沖縄県大規模駐留軍用地内の埋蔵文化財発掘調査基準検討委員会
 
2005年10月
 - 
2014年9月
 日本学術会議会員
 
2002年
 - 
現在
古代学協会  地域協力委員
 
2001年
 - 
2003年
九州考古学会  埋蔵文化財保護対策委員
 
2001年
 - 
2011年
九州考古学会  埋蔵文化財委員
 
2002年
 - 
現在
日本考古学会  幹事
 
2003年
   
 
日本考古学協会  査読委員
 

受賞

 
1997年5月
雄山閣出版 第6回 雄山閣考古学賞
 
1998年12月
沖縄協会 第20回沖縄研究奨励賞
 

論文

 
南島先史文化と縄文・弥生文化-沖縄の貝塚文化を中心に-
木下 尚子
歴博国際シンポジウム 再考!縄文と弥生   14-26   2019年3月   [招待有り]
シリア、テル・アリ・アル=ハッジ(テル・ルメイラ)遺跡の出土の青銅器~鉄器時代の貝製品
木下 尚子
古代オリエント博物館研究紀要   37 1-12   2019年3月   [査読有り]
オオツタノハ腕輪の再登場-弥生時代終末期の新しい祭祀-
木下 尚子
先史学・考古学論究Ⅶ   7 85-101   2019年3月
五千年前到六千年前時期琉球列島的史前文化
木下 尚子
大坌坑文化與週邊區域關係探討學術研討會會議文集   170-220   2018年11月   [査読有り][招待有り]
子安貝の誕生
木下 尚子
民具マンスリー   51(6/7) 16-20   2018年10月   [招待有り]
岡山市津寺遺跡出土ヒスイ玉の位置付け
木下 尚子
古代吉備   (29) 1-11   2018年5月   [査読有り][招待有り]
先史琉球人の海上移動の文化―台湾と八重山諸島の文化交流の解明にむけて
木下 尚子
文学部論叢   (109) 15-33   2018年3月   [査読有り]
金海大成洞91号墳出土のゴホウラ・イモガイ製品-貝装馬具とその位置付け-
木下 尚子
『金海 大成洞古墳群』博物館学術叢書   19 175-202   2017年12月   [招待有り]
貝輪粗加工品の流通-弥生時代貝交易再論-
木下 尚子
南島考古   (43) 143-160   2017年7月
九州弥生人の勾玉・管玉と北陸-ヒスイ素材の流通をさぐる-
木下 尚子
フォーラム日本海を行き交う弥生の宝石in小松   4-16   2014年10月   [招待有り]
土井ケ浜型貝輪の生成と展開
木下 尚子
下関市文化財調査報告書   35 33-44   2014年3月   [招待有り]
92. Relationship between Taiwan, the Ryūkyūs and Fujian during the 10th – 15/16th centuries as seen from trade porcelain
木下 尚子
文学部論叢   (105) 34-51   2014年3月   [査読有り]
繁根木型貝釧考
木下 尚子
考古学雑誌   98(4) 1-31   2014年3月   [査読有り]
マガキガイの指輪-弥生時代の貝製指輪
木下 尚子
先史学・考古学論究Ⅵ   6 145-156   2014年2月
『玉』と結びの装身具―勾玉にみる日本的なもの―
木下 尚子
第7回アジア考古学四学会合同講演会基調講演記録   1-8   2014年1月   [招待有り]
弥生時代の管玉と勾玉-消費地からみた生産と流通
木下 尚子
青谷上寺地遺跡フォーラム2013 日本海を行き交う弥生の宝石~青谷上寺地遺跡の交流を探る~   26-35   2013年9月   [招待有り]
陶磁器からみた10世紀から15世紀の福建・台湾・琉球の交流
木下 尚子
1-12   2013年5月   [招待有り]
13世紀後期から16世紀における琉球と台灣の関係
木下 尚子
第一屆臺灣研究世界大會   1-10   2012年4月   [招待有り]
琉球列島における先史文化の形成と人の移動―島嶼間の人文地理的関係に注目して―
木下尚子
文学部論叢   (103) 13-27   2012年3月   [査読有り]
装身具
木下 尚子
日本の考古学6 弥生時代(下)   6 296-315   2011年9月   [査読有り][招待有り]
装身具から威信財へ
木下尚子
弥生時代の考古学   4 171-189   2011年8月   [招待有り]
考古学からみた奄美のヤコウガイ消費―先史人は賢明な消費者であったか―
木下尚子
日本列島の三万五千年―人と自然の環境史   4 157-172   2011年3月
天辰寺前古墳出土イモガイ腕輪
木下尚子
天辰寺前古墳 天辰地区土地区画整理事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書      2011年
書評 先史・原史時代の琉球列島―ヒトと景観―
木下尚子
季刊考古学   (117)    2011年
Marine environment and culture in the Prehistoric Ryūkyūs
木下尚子
2011 馬祖研究 馬祖列島與海洋環境文化      2011年
Achievements of Dr. Naoichi Kokubu by Introducing the Southern Viewpoint into Japanese Archaeology”International Conference in Acknowledge of Late Professor Kokubu Naoichi
木下尚子
全方位的民族考古学者國分直一國際學書研討會議事手冊      2011年
サンゴ礁と遠距離交易
木下 尚子
沖縄県史 各論編   3 66-85   2010年2月
アツソデガイの腕輪―弥生時代の小型貝輪考―
木下 尚子
先史学・考古学論究   6 337-361   2010年2月
先史奄美のヤコウガイ消費―ヤコウガイ大量出土遺跡の理解にむけて―
木下尚子
文学部論叢   101 35-55   2010年   [査読有り]
東アジアにおける琉球列島産貝類の交易
木下 尚子
BRITISH ARCHAEOLOGICAL REPORTS   13-39   2009年3月   [査読有り][招待有り]
正倉院伝来の貝製品と貝殻-ヤコウガイを中心に-
木下 尚子
正倉院紀要   (31) 37-59   2009年3月   [査読有り][招待有り]
弥生時代における北部九州の南島産貝輪
木下 尚子
current world archaeology   29(3) 17-18   2008年7月   [査読有り][招待有り]
ヤコウガイ大量出土遺跡の検討-6~8世紀奄美大島の4遺跡を対象に-
木下 尚子
熊本大学文学部・文学部論叢   (93) 1-22   2007年
琉球が沖縄になるとき
木下 尚子
ニューサイエンス社・考古学ジャーナル   (564) 1-1   2007年
海岸砂丘白砂層の分層―奄美大島マツノト遺跡における遺物包含状況と堆積学―
木下 尚子
先史琉球の生業と交易2   59-66   2006年3月
貝交易からみた異文化接触―温帯と亜熱帯の接触―
木下 尚子
考古学研究   52(2) 25-41   2005年9月   [査読有り][招待有り]
土井ケ浜遺跡と東アジア
木下 尚子
地域文化研究   (20) 1-21   2005年
縄文時代二つの装身文化―九州・奄美・沖縄の装身具比較―
木下 尚子
九州の縄文時代装身具 第15回九州縄文研究会沖縄大会   44-52   2005年
長湯横穴群7号墓史のゴホウラ釧とヤコウガイ製品
木下 尚子
『長湯横穴墓群 桑畑遺跡―主要地方道庄内久住線道路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書―』大分県教育委員会   (171) 77-81   2004年
琉球列島の先史時代貝交易
木下 尚子
Australian National University   23 67-72   2003年
従古代中国看琉球列島的宝貝
木下 尚子
四川省文物局『四川文物』編集、四川文物   (2003-1) 29-29   2003年
正倉院と夜光貝―南島螺殻交易開始試論―
木下 尚子
文学部論叢   (78) 83-106   2003年
古代中国からみた琉球列島のタカラガイ
木下 尚子
沖縄研究国際シンポジウム事務局・世界に拓く沖縄研究ー第4回沖縄研究国際シンポジウム   182-191   2002年
上加世田遺跡出土の双口土器と勾玉
木下 尚子
鹿児島考古学会・鹿児島考古   35 75-84   2001年
7~13世紀の貝交易と南島―ホラガイを中心に―
木下 尚子
沖縄研究国際シンポジウム事務局・世界につなぐ沖縄研究―復帰25周年記念 第3回沖縄研究国際シンポジウム   103-113   2001年
日本列島の古代貝文化試論
木下 尚子
日本研究   18集 11-33   1998年
東アジアにおける風習的抜歯の基礎的研究
木下 尚子
先史学・考古学論究   2 481-530   1997年
「白螺貝一口」考-空海請来の一検討
木下 尚子
文学部論叢   (53) 95-123   1996年
古墳時代南島交易考
木下 尚子
考古学雑誌   81(1) 1-81   1996年
辟邪の貝-しゃこがい考
木下 尚子
比較民俗研究   (6)    1992年

Misc

 
宋文薫先生を悼む-日本と台湾を繋いだ考古学者
木下 尚子
九州考古学   (92) 145-147   2017年12月   [依頼有り]
書評 サンゴ礁の人文地理学-奄美・沖縄、生きられる海と描かれた自然
木下 尚子
南海日々新聞      2017年6月   [依頼有り]
日本学術会議史学委員会2014年度の提言(報告)
木下 尚子
日本考古学年報   67 109-128   2016年5月
書評 石垣市史 各論編 考古
木下 尚子
琉球新報      2016年1月
書評 高宮広土・新里貴之編『琉球列島先史・原史時代における環境と文化の変遷に関する実証的研究 研究論文集
木下 尚子
六一考古通信   (73) 42-43   2015年12月
日本学術会議提言『文化財の次世代への確かな継承-災害を前提とした保護対策の構築を目指して-』によせて
木下 尚子
歴史資料ネットワーク設立20周年記念 全国史料ネット研究交流集会 報告書   28-38   2015年10月   [依頼有り]
奄美・沖縄諸島は奇跡の島々であったのか-『環太平洋の環境文化史』琉球環境文明史班の研究成果によせて-
木下 尚子
古代文化   67(2) 94-97   2015年9月
シリア ルメイラ村の前期青銅器時代から鉄器時代―テル・アリ・アル=ハッジ調査報告書の刊行
木下 尚子
考古学研究   62(1) 97-100   2015年6月
国史跡広田遺跡公園と広田遺跡ミュージアムのオープン
木下 尚子
古代文化   67(1) 162-162   2015年6月
盛本勲著 沖縄のジュゴン-民族考古学からの視座
木下 尚子
沖縄タイムス 2014年7月15日      2014年7月
ゴホウラ腕輪・イモガイ腕輪の語るもの-隈・西小田遺跡の出土品から-
木下 尚子
ちくしの散歩シリーズ(博物館解説)      2014年5月
台湾に帰郷した國分直一先生の資料
木下 尚子
古代文化   64(1) 123-128   2012年6月
圧巻の『輝く出雲ブランド』展
木下 尚子
山陰中央新報(2009年5月4日)      2009年5月
奄美の先史文化10-サメ歯にこめた思い
木下 尚子
大島新聞(2007年)12月14日      2007年11月
國分直一がのこしたもの
木下 尚子
古代文化   58(1) 140-145   2006年6月
梅ケ峠の國分直一
木下 尚子
毎日新聞(西日本版、2005年2月26日)      2005年2月
貝交易の語る琉球史
木下 尚子
季刊沖縄   (28) 1-12   2005年
貝交易と琉球史(上)(下)-モノと図像が語る琉球史
木下 尚子
『沖縄タイムス』2004年11月1日、8日      2004年11月
民の造形 ヤコウガイ螺鈿
木下 尚子
『西日本新聞』2003年6月24日      2003年6月
書評 岡崎敬著 稲作の考古学、シルクロードと朝鮮半島の考古学、古代中国の考古学
木下 尚子
雄山閣・季刊考古学   (82) 93-93   2002年
公開講演会の主張
木下 尚子
日本学術協力財団・学術の動向   (2006-2) 48-48   2007年
出雲弥生の森博物館の紹介
木下尚子
古代文化   62(4) 151-151   2011年
海上の道再考―シンポジウムに寄せて
木下 尚子
『琉球新報』2000年1月21日      2000年1月
貿易立国への道のり(上/下)
木下 尚子
沖縄タイムス(1999年7月14日/15日)      1999年7月
ペーパー学芸員の明日
木下 尚子
月刊文化財発掘出土情報      1996年11月
海人たちの神話
木下 尚子
日本経済新聞社(1996年5月)      1996年5月
南島交易ノート
木下 尚子
東アジアにおける社会・文化構造の異化過程に関する研究      1996年

書籍等出版物

 
13~14世紀海上貿易からみた琉球国成立要因の実証的研究―中国福建省を中心に―
木下 尚子 (担当:編者)
2009年3月   
先史琉球 の生業と交易2
木下 尚子 (担当:編者)
平成14~17年度科学研究費補助金基盤研究(A)(2)研究成果報告書   2006年3月   
弥生時代における南海産貝輪の生成と展開
古文化論集-森貞次郎博士古稀記念論文集   1982年   
弥生定形勾玉考
東アジアの考古と歴史   1987年   
南海産貝輪交易考
生産と流通の考古学.   1989年   
九州縄文時代の装身具
九州の縄文文化   1994年   
鍬形石の誕生
雄山閣出版,日本と世界の考古学   1994年   
南島貝文化の研究-貝の道の考古学
法政大学出版局   1996年   
日本列島の風習的抜歯-東アジアの視点から
九州大学出版局   1997年   
東亞貝珠文化考
第7届中琉歴史関係国際学術会議中琉歴史関係論文集   1999年   
開元通宝と夜光貝
東アジアの人と文化ー高宮広衞先生古稀記念論文集   2000年   
モノと民俗- 解説
山口県史資料編 民俗1・山口県   2002年   
韓半島の琉球列島産貝製品-1世紀から7世紀を対象にー
すずさわ書店・韓半島考古学論叢   2002年   
細形(韓国式)銅剣文化の装身具―農民的装身具の成立―
九州考古学会・霊南考古学会 第5回合同考古学大会・細形銅剣文化の諸問題   2002年   
先史琉球の生業と交易
木下 尚子 (担当:編者)
平成11~13年度科学研究費補助金基盤研究(B)(2)研究成果報告書   2002年3月   
勾玉のはなし-縄文時代から古代まで
長崎県教育委員会・一支国探訪?平成13年度原の辻大学講座記録集   2002年   
中国新石器時代至漢代出土海貝的産地與輸送路線及其背景―中国及琉球列島之間宝貝的需求與供給的実証性研究―
熊本大学   2002年   
韓半島の琉球列島産貝製品-1~7世紀を対象に-
すずさわ書店・韓半島考古学論叢   2002年   
第1次調査報告
真陽社・『種子島広田遺跡』   2003年   
東アジアの貝珠文化
同成社、東アジアと日本の考古学   2003年   
正倉院宝物の考古学―琉球列島のヤコウガイと螺鈿
週刊朝日百科49『日本の歴史 古代9』   2003年5月   
中国古代のタカラガイ使用と流通、その意味―商周代を中心に―熊本大学文学部考古学研究室公開シンポジウム資料集
熊本大学文学部考古学研究室   2003年   
肥後の海人と肥君
熊本日日新聞社、熊本歴史叢書   2003年   
ヤコウガイ交易と先島―螺鈿が導く八重山の7~9世紀と11~13世紀
石垣市史編集課、石垣市史のひろば   2003年   
中国古代宝貝的使用、流通及其意義―以商,周代為中心的研究―熊本大学文学部考古学研究室公開討論会
熊本大学文学部考古学研究室   2003年   
日本列島文物受容の三態―新石器時代の貝珠から―
立教大学日本文化研究所、『グローバリゼーションの歴史的前提に関する学際的研究』平成12年度~平成14年度科学研究費補助金基盤研究(A)(2)研究成果報告書   2003年   
農民的装身具の成立
熊本大学龍田考古会・先史学・考古学論究   2003年   
貝製装身具からみた広田遺跡
真陽社・種子島広田遺跡   2003年   
アバクチ洞窟の貝珠
東北大学出版会、北上産地に日本更新世人類化石を探る―岩手県大迫町アバクチ・風穴洞穴遺跡の発掘―   2003年   
南島と大和の貝交易
『考古資料大観』小学館   2004年   
弥生人のアクセサリー
『第19回国民文化祭・ふくおか2004 シンポジウム邪馬台国の奴国の時代』春日市教育委員会   2004年   
種子島の貝製品・貝文化
小学館・考古資料大観   2004年   
『日本の考古学』下巻
2005年12月   
階級社会の垂飾 ヒスイ勾玉の誕生と展開―弥生時代から奈良時代まで―
ヒスイ文化フォーラム2005   2005年   
古浦遺跡の貝輪
古浦遺跡   2005年   
白糸原遺跡出土のヤコウガイ
白糸原遺跡   2005年   
弥生貝珠論―製作技術、製作地、流通を中心に―
『水島稔夫遺稿・追悼集』水島稔夫氏遺稿集刊行会   2004年10月   
弥生時代の子供用貝輪論―古浦遺跡の貝輪によせて―
古浦遺跡   2005年   
古宇利原A遺跡出土の貝珠
古宇利原A遺跡   2005年   
序章
北九州中国書店・東アジアの文化構造と日本的展開   2007年   
南島産の貝を求めて
山口県・山口県史   2008年   
住吉貝塚の生活を復原する
住吉貝塚からみえるもの 住吉貝塚国指定記念シンポジウム記録集   2008年   
奄美沖縄環境史資料集成
南方新社   2011年   
日本列島の三万五千年―人と自然の環境史4
文一総合出版   2011年   
ナガラ原東貝塚の研究-5世紀から7世紀前半の沖縄伊江島
木下 尚子 (担当:編者)
平成21~24年度科学研究費補助金基盤研究(A)研究成果報告書   2013年3月   
土井ケ浜遺跡 第1次~第12次発掘調査報告書 第1分冊 本文編
土井ケ浜遺跡・人類学ミュージアム   2014年   
先史時代のソテツとドングリ
ボーダーインク   2015年   

講演・口頭発表等

 
墓における貝文化-琉球と台灣 [招待有り]
木下 尚子
公開研究会 東海大学&沖縄県立埋蔵文化財調査センターコラボ企画   2018年3月24日   
立岩人の装いと卑弥呼 [招待有り]
木下 尚子
古代史情報最前線連続講座 第5回講演会   2018年3月22日   
南島先史文化と縄文・弥生文化―沖縄の貝塚文化を中心に [招待有り]
木下 尚子
歴博国際シンポジウム   2017年12月2日   
Seafaring of Prehistoric Ryūkyūans from the Viewpoint of Environment and Culture [招待有り]
木下 尚子
The prehistoric maritime silk road: New research on Neolithic seascapes of East Asia   2017年10月30日   
戸森の線刻画に描かれた弓矢について ―考古資料による仮説― [招待有り]
木下 尚子
戸森の線刻画シンポジウム   2016年11月13日   
先史時代の奄美に鉄器を伝えた種子島人のはなし [招待有り]
木下 尚子
鹿児島大学総合研究博物館 第22回研究交流会   2016年10月15日   
広田遺跡の謎解き-下層期の人々 [招待有り]
木下 尚子
南種子町埋蔵文化財啓発特別講座   2016年7月22日   
先史琉球の海上移動-人は何故、どのように海を渡ったか [招待有り]
木下 尚子
国立科学博物館「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」研究会   2016年6月11日   
オオツタノハから車輪石へ―島の山古墳の不思議― [招待有り]
木下 尚子
奈良県立橿原考古学研究所春季特別展「やまとのみやけと女性司祭者―史跡島の山古墳発掘20年―」 第1回研究講座   2016年4月24日   
ヤコウガイの考古学―螺鈿の美の発見― [招待有り]
木下 尚子
日本機会学会九州支部 第69回総会・講演会   2016年3月15日   
弥生時代の南島産貝輪と南島人 [招待有り]
木下 尚子
千葉県立中央博物館 春の展示「世界の遺跡から出土した貝」講演会「貝塚研究最前線」   2015年4月25日   
An Archaeological Study of supply and demand of Cowry shells between ancient north China and ryukyu islands
The 4th Committee for the International Symposium on Okinawa Studies   2001年   
古代中国からみた琉球列島のタカラガイ
沖縄研究国際シンポジウム   2001年   
日本列島文物受容の三態
立教大学日本文化研究所国際シンポジウム   2001年   
勾玉のはなし
原の辻大学   2001年   
日本珊瑚礁地域的古代貝器文化ー従BC1500到AD1000
台湾大学人類学系講演会   2001年   
SHELL TRADE AND EXCHANGE IN THE PREHISTORY OF THE RYUKYU ARCHAEPELAGO
IPPA(インド・太平洋先史学会議)   2002年   
細形(韓国式)銅剣文化の装身具―農民的装身具の成立―
九州考古学会・霊南考古学会 第5回合同考古学大会   2002年   
中日海貝研究計画及進展―従古代中国看琉球列島的宝貝
四川省文物考古研究所・成都市文物考古研究所共同挙弁 学術交流報告会   2002年   
琉球先史時代の貝交易―広田遺跡にみる古代人の足跡―
第15回沖縄県立埋蔵文化財センター文化講座   2003年   

担当経験のある科目

 

Works

 
中国古代タカラガイ流通にかんする調査
2001年
13~14世紀海上貿易からみた琉球国成立要因の実証的研究ー中国福建省を中心にー
2005年
フィリピンバタン島における考古学調査
1987年
台湾東海岸における考古学調査
1989年
浙江省嘉江地区における考古学調査
1994年
浙江省普安橋遺跡の発掘調査
1995年
奄美大島用見崎遺跡発掘調査
1995年
伊江島ナガラ原東貝塚の発掘調査
1999年
バシー海峡の先史文化
1986年 - 1988年
台湾島東海岸の先史遺跡
1989年 - 1990年
長江下流域における考古学的研究調査
1994年 - 1997年
南海産貝製品出土遺跡の総合的研究
1995年 - 1998年
6~7世紀の琉球列島における国家形成過程解明に向けた実証的研究
1999年 - 2002年
琉球列島における農耕社会形成過程の解明に向けた実証的研究-5~7世紀を中心に
2002年 - 2006年
13~14世紀海上貿易からみた琉球国成立要因の実証的研究-中国福建省を中心に-
2005年 - 2009年
6-7世紀の琉球列島における国家形成過程解明にむけた実証的研究
1999年 - 2002年
東アジアにおける古代貝文化の研究
2000年 - 2003年
中国・琉球列島間のタカラガイ需用・供給に関する実証的研究ー新石器時代から漢代を対象に
2001年 - 2005年
13~14世紀海上貿易からみた琉球国成立要因の実証的研究ー中国福建省を中心に
2005年 - 2009年

競争的資金等の研究課題

 
原産地資料からみた南島貝交易の実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤(C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 木下 尚子
琉球列島先史時代後半期における生業と交易にかんする実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤(A)
研究期間: 2009年4月 - 2013年3月    代表者: 木下 尚子
13~14世紀海上貿易からみた琉球国成立要因の実証的研究―中国福建省を中心に―
日本学術振興会: 科学研究費 基盤A(2)
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月    代表者: 木下 尚子
琉球列島農耕社会形成過程の解明にむけた実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤A(2)
研究期間: 2002年4月 - 2006年3月    代表者: 木下 尚子
中国・琉球列島間のタカラガイ需用・供給に関する実証的研究ー新石器時代から漢代を対象に
日本学術振興会: 科学研究費B(2)海外研究
研究期間: 2001年4月 - 2005年3月    代表者: 木下 尚子
6~7世紀の琉球列島における国家形成過程解明にむけた実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費 基盤B(2)
研究期間: 1999年4月 - 2002年3月    代表者: 木下 尚子
韓半島先史時代における琉球列島先産貝類使用製品の実証的研究
韓国文化研究新興財団: 研究助成
研究期間: 1998年 - 1999年    代表者: 木下 尚子