大野 龍浩

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/26 21:59
 
アバター
研究者氏名
大野 龍浩
 
オオノ タツヒロ
通称等の別名
Tat
所属
熊本大学
部署
大学院人文社会科学研究部
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
熊本大学 大学院人文社会科学研究部(文学系) 教授
 
2006年4月
 - 
2017年3月
熊本大学 文学部 教授
 
1995年4月
 - 
2006年3月
熊本大学 文学部 助教授
 
1988年4月
 - 
1995年3月
愛媛大学 法文学部 助教授
 
1984年4月
 - 
1988年3月
愛媛大学 法文学部 講師
 

委員歴

 
2008年
 - 
現在
日本ギャスケル協会  記念論文集編集委員長
 
2010年10月
 - 
現在
日本ブロンテ協会  評議員
 
2010年4月
 - 
2014年3月
日本ギャスケル協会  副会長
 
2018年10月
 - 
現在
日本ブロンテ協会  編集委員長
 

論文

 
トピック・モデリングで解読する「シャーロット・ブロンテの生涯」におけるキリスト信仰
大野 龍浩
熊本大学社会文化研究   (17) 77-108   2019年3月   [査読有り]
エリザベス・ギャスケル「手と心」を「救いの計画」で読み解く
大野 龍浩
熊本大学社会文化研究   (16) 43-60   2018年3月   [査読有り]
デジタル人文学による文学研究の可能性を探る:エリザベス・ギャスケルのキリスト教性に関するコーパス文体論的分析
大野 龍浩
熊本大学社会文化研究   (15) 21-49   2017年3月   [査読有り]
The Absolute Interpretation of _Mary Barton_
大野 龍浩
文学部論叢   103 65-83   2012年
絶対解釈によるアン・ブロンテとエリザベス・ギャスケルのキリスト信仰
大野 龍浩
ブロンテ・スタディーズ   5(3) 69-83   2011年   [査読有り]

Misc

 
デジタル人文学と文学批評--絶対解釈、遠読、そして精読
大野 龍浩
Brontë Newsletter of Japan   (95) 1-1   2017年11月   [依頼有り]
Report: The Gaskell Society of Japan
大野 龍浩
The Gaskell Journal   (25) 145-147   2012年   [依頼有り]
Review: 長瀬久子『エリザベス・ギャスケルとシャーロット・ブロンテ:その交友の軌跡と成果』
大野 龍浩
ギャスケル論集   22 63-65   2012年   [依頼有り]
『ギャスケル全集別巻Ⅰ&Ⅱ(短編・ノンフィクション」)』合評会のレジュメ
大野 龍浩
ギャスケル論集   (19) 56-58   2009年   [依頼有り]
Review: Matsuoka, MITSUHARU, ed. _Victorian Society and Culture through George Gissing_
大野 龍浩
The Gissing Journal   44(3) 57-63   2008年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
創立30周年記念 比較で照らすギャスケル文学
大野 龍浩 (担当:共著, 範囲:Moralization in Elizabeth Gaskell's Later Fiction)
大阪教育図書   2018年9月   
歴史のなかのブロンテ姉妹
大野 龍浩 (担当:単訳, 範囲:第8章 エミリ・ブロンテ)
大阪教育図書   2016年12月   
文藝礼賛:イデアとロゴス、内田能嗣教授傘寿記念論文集
大野 龍浩 (担当:分担執筆, 範囲:「ブロンテ文学の科学的分析」)
大阪教育図書   2016年3月   
ブロンテと19世紀イギリス
大野 龍浩 (担当:分担執筆, 範囲:"An Effect-Size Analysis of Christianity in the Fiction of the Brontë Sisters")
大阪教育図書   2015年   
没後150年記念 エリザベス・ギャスケル中・短編小説研究
大野 龍浩 (担当:分担執筆, 範囲:「コーパス文体論によるギャスケル短編作品の解析ーーそのキリスト教性について」)
大阪教育図書   2015年   ISBN:9784271210412

講演・口頭発表等

 
シンポジウム:「比較」で読み解くギャスケル文学-協会創立30 周年記念論集を語る
大野 龍浩
日本ギャスケル協会第30回大会   2018年10月6日   
シンポジウム:ギャスケル中・短編小説の魅力―『没後150年記念論文集』を語る
大野 龍浩
日本ギャスケル協会第27回大会   2015年10月3日   
Digital Humanities Analysis of the 19th-Century British Novels
大野 龍浩
Research Seminar   2015年9月25日   
An Effect-Size Analysis of Christianity in the 19th-Century British Novels
大野 龍浩
JADH2015   2015年9月2日   
ブロンテ文学の科学的分析
大野 龍浩
ブロンテ・デイ公開講座   2015年6月7日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
19世紀英国小説におけるキリスト教描写のデジタル人文学的解析
科研費: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 大野 龍浩
「西欧・非西欧における「近代」の検証と近代化の普遍的条件に関する思想文化的研究」
科研費: 基盤研究(B)
研究期間: 1996年4月 - 1998年3月    代表者: 大野 龍浩(研究分担)