殷 暁星

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 03:16
 
アバター
研究者氏名
殷 暁星
 
イン ギョウセイ
所属
立命館大学
部署
衣笠総合研究機構
職名
専門研究員
学位
文学修士(立命館大学), 文学博士(立命館大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2008年10月
 - 
2010年2月
(中国)広州新東方学校・日本語講師
 
2012年4月
 - 
2015年3月
日本学術振興会・特別研究員DC
 
2016年4月
   
 
立命館大学衣笠総合研究機構・専門研究員
 

学歴

 
 
 - 
2008年6月
(中国)広東外語外貿大学 東方語言文化学院 日本語学科
 
 
 - 
2012年3月
立命館大学大学院 文学研究科 人文学専攻
 
 
 - 
2016年3月
立命館大学大学院 文学研究科 人文学専攻
 

論文

 
日本近代初等教育対明清聖諭的吸収与改写
殷暁星
世界歴史   (2017年第5) 45-60   2017年10月
近世日本における清聖諭の受容―「康熙十六諭」『聖諭広訓』を中心に
殷暁星
日本思想史学   (49) 95-112   2017年9月
アジア食学論壇の創立と追及
趙栄光著、劉征宇・殷暁星訳
社会システム研究   (特集) 5-8   2017年7月
阿部泰記『宣講による民衆教化に関する研究』
殷暁星
日本思想史研究会会報   (33) 223-231   2017年3月
教訓科往来物における明清聖諭の受容と変容――挿絵・画賛の視点から
殷暁星
日本思想史研究会会報   (32) 5-27   2016年3月

Misc

 
殷晓星:近世日本庶民教化における中国徳教書の受容――明清聖諭関係書から問い直す
殷晓星
歴史学研究月報   (670) 3-4   2015年10月
ホブズボーム再装填:二〇世紀の後で、東アジアにて、さらにラディカルに!
沈熙燦・富山仁貴・アンドレス・殷暁星
東アジアの思想と文化   (5) 214-240   2013年3月
日中韓におけるホブズボーム翻訳目録
殷暁星・アンドレス・沈熙燦・富山仁貴
東アジアの思想と文化   (5) 267-271   2013年3月

講演・口頭発表等

 
Ming Dynasty Sacred Edicts as Instruments for Popular Edification in Early Modern Japan: Focus on the Didactic Poems
東アジア文化交渉学会第10回年次大会   2018年5月12日   
近世日本における郷約の受容――いつから、どのように
「書物・出版と社会変容」研究会第119回例会   2018年4月7日   
近世大洲藩の農民自治および備荒・救荒策における郷約の活用
東アジア漢文圏における日本語教育・日本学研究の新開拓国際シンポジウム   2017年12月24日   
中国伝来教化歌謡の受容―『六諭衍義』詩篇を一例として
日本思想史学会2017年度大会   2017年10月28日   
近世日本末期における清聖諭の受容―福井藩を中心に
第五回中・日・韓・朝言語文化比較研究国際シンポジウム   2017年8月20日   

担当経験のある科目