Masato Nakayama

J-GLOBAL         Last updated: Apr 10, 2019 at 02:46
 
Avatar
Name
Masato Nakayama
E-mail
nakayamaise.osaka-sandai.ac.jp
Affiliation
Osaka Sangyo University
Section
Faculty of Design Technology, Department of Information Systems Engineering
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of Philosophy in Engineering(Ritsumeikan University)
Research funding number
90511056

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2004
 - 
Mar 2007
Part-time Research Associate, College of Information Science and Engineering, Ritsumeikan University
 
Apr 2007
 - 
Mar 2008
Part-time Lecturer, Faculty of Liberal Arts, Doshisha Women's College of Liberal Arts
 
Apr 2008
 - 
Mar 2009
Guest Researcher, Research Organization of Science and Engineering, Ritsumeikan University
 
Apr 2008
 - 
Mar 2015
Part-time Lecturer, Faculty of Biology-Oriented Science and Technology, Kindai University
 
Apr 2011
 - 
Dec 2018
Researcher, Faculty of Biology-Oriented Science and Technology, Kindai University
 

Education

 
Apr 1997
 - 
Mar 2001
Department of Electronic Systems and Information Engineering, Faculty of Biology-Oriented Science and Technology, Kinki University
 
Apr 2001
 - 
Mar 2003
Department of Systems Engineering, Graduate School of Systems Engineering, Wakayama University
 
Apr 2003
 - 
Mar 2004
Department of Systems Engineering, Graduate School of Systems Engineering, Wakayama University
 
Apr 2004
 - 
Sep 2007
Department of Science and Engineering, Graduate School of Science and Engineering, Ritsumeikan University
 

Awards & Honors

 
Mar 2019
パラメトリックアレースピーカを用いたフェーズドアレー制御に基づく共鳴点制御, 電子情報通信学会関西支部学生会支部長賞(奨励賞), 電子情報通信学会関西支部学生会
Winner: 佐山 史織, 西浦 敬信, 中山 雅人
 
(指導学生の受賞)
Mar 2019
周波数変調キャリアを用いたパラメトリックスピーカの周波数ピーク雑音低減, 日本音響学会第18回学生優秀発表賞, 日本音響学会
Winner: 森 海里,大上 佳範,中野 友聖,中山 雅人,西浦 敬信
 
(指導学生の受賞)
Nov 2006
日米音響学会 ジョイントミーティング 若手研究者参加費助成プログラム, 日本音響学会
 

Published Papers

 
山崎 展博, 中山 雅人, 西浦 敬信
日本機械学会論文集   Vol.85(No.869) 1-16   Dec 2018   [Refereed]
・音場のシミュレーションを用いてマイクロホンアレイによる新幹線台車部空力音を推定する手法を提案した。
・論文執筆の全般を担当。共同研究者として、特に理論検証を担当
Distance Control of Virtual Sound Source using Parametric and Dynamic Loudspeakers
Masato Nakayama and Takanobu Nishiura
Proc. APSIPA ASC 2018   1262-1267   Nov 2018   [Refereed]
・パラメトリックスピーカとダイナミックスピーカを組み合わせた仮想音源構築手法を提案した。
・論文執筆の全般を担当
Single-Channel Speech Enhancement with Phase Reconstruction Based on Phase Distortion Averaging
Yukoh Wakabayashi, Takahiro Fukumori, Masato Nakayama, Takanobu Nishiura and Yoichi Yamashita
IEEE Transactions on Audio, Speech and Language Processing   Vol.26(No.9) 1559-1569   Sep 2018   [Refereed]
・音声の位相復元に基づく音声強調手法を提案した。
・論文執筆の全般を担当。共同研究者として、特に理論検証を担当
Sound Image Reproduction based on Weighted Room Impulse Responses with Head-enclosed Back-surround Loudspeaker-array
Misaki Otsuka, Yukoh Wakabayashi,Takahiro Fukumori, Masato Nakayama and Takanobu Nishiura
Journal of Signal Processing   Vol.22(No.4) 193-197   Apr 2018   [Refereed][Invited]
・受聴者前方以外の頭部近傍に設置したスピーカアレーを用いた音場再現システムを開発した。
・論文執筆の全般を担当。特に理論構築を主担当
マルチパラメトリックアレースピーカを用いた音像ホログラムの構築
小森 慎也, 大上 佳範, 中山 雅人, 西浦 敬信
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J101-D(No.3) 578-587   Mar 2018   [Refereed]
・複数のパラメトリックスピーカを用いて空間中に仮想音源を構築するシステム(音像ホログラム)を提案した。
・論文執筆の全般を担当。特に理論構築を主担当

Misc

 
複数送受音素子を用いた位相干渉に基づく音響イメージングによるロボットセンサの開発
中山 雅人
サウンド   (第28) 16-19   Jan 2013   [Invited]
・可聴音の送信波と反射波の位相干渉に基づく距離推定法を用いた音響イメージングに基づくロボットセンサを開発し、それを解説した。

Conference Activities & Talks

 
Development of Multi-way Parametric Array Loudspeaker Using Multiplexed Double Sideband Modulation
Yuting Geng, Yusei Nakano, Masato Nakayama and Takanobu Nishiura
ICA 2019   Sep 2019   
・パラメトリックスピーカを用いた超指向性サブウーファとツィータを組み合わせたマルチウェイパラメトリックスピーカを開発した。
・論文執筆の全般を担当。特に理論構築を担当
Three-dimensional Resonance Control Based on Spatial Wave Synthesis with Parametric Array Loudspeaker
Shiori Sayama, Masato Nakayama and Takanobu Nishiura
ICA 2019   Sep 2019   
・パラメトリックスピーカの復調における空間的な共振点をアレー処理による波面合成を用いて制御する手法を提案した。
・論文執筆の全般を担当。特に理論構築を担当
Demodulation Distance Control Based on Analytic Model between Film Gas-lens Depth and Demodulation Distance for Parametric Array Loudspeaker
Toshihiro Fujii, Masato Nakayama and Takanobu Nishiura
ICA 2019   Sep 2019   
・パラメトリックスピーカにガスレンズを装着することで、最大復調距離を制御する手法を提案した。本稿では、特に、最大復調距離とガスレンズ層の厚みの関係を数理モデル化した。
・論文執筆の全般を担当。特に理論構築を担当
Evaluation of Thermal Runaway Control Based on Frequency Modulated Carrier Wave in Parametric Array Loudspeaker
Kairi Mori, Masato Nakayama and Takanobu Nishiura
ICA 2019   Sep 2019   
・周波数変調キャリア波を利用した熱暴走抑制法を提案し、その性能を素子の温度、周波数特性に関して評価した。
・論文執筆の全般を担当。特に理論構築を担当
Virtual Bass Enhancement Based on Harmonics Control Using Missing Fundamental in Parametric Array Loudspeaker
Yuting Geng, Masato Nakayama, and Takanobu Nishiura
INTER-NOISE 2019   Jun 2019   
・パラメトリックスピーカの低音を強調するために、ミッシングファンダメンタル現象と高調波ひずみを利用した仮想低音強調の基礎的検討を行った。
・論文執筆の全般を担当。特に理論構築を担当

Patents

 
2018-188872 : パラメトリックスピーカ及び信号処理装置
2018-134077 : 音響システム
2017-152792 : 音響システム、及びこれに用いる媒質収容具、並びに、音響信号の再生方法
2017-92531 : パラメトリックスピーカ、信号処理装置、及び信号処理プログラム
2015-65540 : 音響空間設定方法、パラメトリックスピーカおよび音響システム