立石 健祐

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/23 10:20
 
アバター
研究者氏名
立石 健祐
 
タテイシ ケンスケ
eメール
ktate12yokohama-cu.ac.jp
所属
横浜市立大学
部署
医学部医学科
職名
助教
学位
博士(医学)(横浜市立大学)

プロフィール

脳腫瘍を中心とした診療と基礎、臨床研究に従事している。研究面では脳腫瘍に対する遺伝子異常に特異的な治療の開発を目指した基礎研究を行っている。また脳腫瘍代謝を評価する手法としてPET等分子イメージングを利用した臨床研究等複数の臨床研究に携わっている。臨床面では機能温存を前提とした広範囲腫瘍切除術の開発や基礎研究成果に基づいた治療法を臨床に還元する個別化医療を目指した研究を主導している。

研究分野

 
 

受賞

 
2018年10月
公益財団法人 SGH財団 SGHがん研究助成
 
2018年10月
公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団 第33回基礎医学医療研究助成
 
2018年9月
ブリストル・マイヤーズスクイブ  研究助成(腫瘍免疫)
 
2018年3月
横浜市立大学 学長奨励賞
 
2017年12月
公益財団法人 日本脳神経財団 一般研究助成
 
2017年12月
公益財団法人 高松宮妃癌研究基金 癌研究助成金
 
2017年10月
公益財団法人 がん集学的治療研究財団 第38回一般研究助成
 
2017年8月
公益財団法人 武田科学振興財団 2017年度医学系研究奨励 (癌領域・臨床)
 
2017年7月
がんと代謝研究会 優秀ポスター賞
 
2016年12月
公益財団法人 安田記念医学財団 若手癌研究助成
 
2016年12月
日本脳腫瘍学会星野賞
 
2014年4月
SNMMI Wagner-Torizuka Fellowship
 
2013年4月
かなえ医学振興財団海外留学助成
 
2012年7月
JNEF Ken's award
 

論文

 
Spino M, Kurz SC, Chiriboga L, Serrano J, Zeck B, Sen N, Patel S, Shen G, Vasudevaraja V, Tsirigos A, Suryadevara CM, Frenster JD, Tateishi K, Wakimoto H, Jain R, Riina HA, Nicolaides T, Sulman EP, Cahill DP, Golfinos JG, Isse K, Saunders LR, Zagzag D, Placantonakis DG, Snuderl M, Chi AS
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research      2018年11月   [査読有り]
Takase H, Murata H, Sato M, Tanaka T, Miyazaki R, Yoshizumi T, Tateishi K, Kawahara N, Yamamoto T
World neurosurgery      2018年9月   [査読有り]
McBrayer SK, Mayers JR, DiNatale GJ, Shi DD, Khanal J, Chakraborty AA, Sarosiek KA, Briggs KJ, Robbins AK, Sewastianik T, Shareef SJ, Olenchock BA, Parker SJ, Tateishi K, Spinelli JB, Islam M, Haigis MC, Looper RE, Ligon KL, Bernstein BE, Carrasco RD, Cahill DP, Asara JM, Metallo CM, Yennawar NH, Vander Heiden MG, Kaelin WG Jr
Cell      2018年9月   [査読有り]
Shankar GM, Kirtane AR, Miller JJ, Mazdiyasni H, Rogner J, Tai T, Williams EA, Higuchi F, Juratli TA, Tateishi K, Koerner MVA, Tummala SS, Fink AL, Penson T, Schmidt SP, Wojtkiewicz GR, Baig A, Francis JM, Rinne ML, Batten JM, Batchelor TT, Brastianos PK, Curry WT Jr, Barker FG 2nd, Jordan JT, Iafrate AJ, Chi AS, Lennerz JK, Meyerson M, Langer R, Wakimoto H, Traverso G, Cahill DP
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America      2018年8月   [査読有り]
Nagao K, Nakamura T, Tateishi K, Sato H, Shimizu N, Suenaga J, Murata H, Kanno H, Yamamoto T
No shinkei geka. Neurological surgery   46(7) 575-581   2018年7月   [査読有り]
Sato M, Tateishi K, Murata H, Kin T, Suenaga J, Takase H, Yoneyama T, Nishii T, Tateishi U, Yamamoto T, Saito N, Inoue T, Kawahara N
British journal of neurosurgery   1-7   2018年6月   [査読有り]
Genotype based local targeted therapy for glioma
Shankar Ganesh Mani, Kirtane Ameya, Wakimoto Hiroaki, Tateishi Kensuke, Higuchi Fumi, Juratli Tareq, Meyerson Matthew, Barker Fred, Iafrate A. John, Langer Robert, Traverso Giovanni, Cahill Daniel
JOURNAL OF NEUROSURGERY   128(4) 10-11   2018年4月   [査読有り]
Ohtake M, Tateishi K, Murata H, Nagashima Y, Yamanaka S, Yamamoto T
World neurosurgery      2018年3月   [査読有り]
Toriihara A, Ohtake M, Tateishi K, Hino-Shishikura A, Yoneyama T, Kitazume Y, Inoue T, Kawahara N, Tateishi U
Annals of nuclear medicine      2018年2月   [査読有り]
Deregulated NAD plus metabolism as a therapeutic target in IDH1 mutant gliomas.
Tateishi Kensuke
CANCER SCIENCE   109 814   2018年1月   [査読有り]
Iida Y, Murata H, Johkura K, Higashida T, Tanaka T, Tateishi K
World neurosurgery   111 367-372   2018年1月   [査読有り]
THE ALKYLATING CHEMOTHERAPEUTIC TEMOZOLOMIDE INDUCES METABOLIC STRESS AND POTENTIATES NAD plus DEPLETION-MEDIATED CELL DEATH IN IDH1 MUTANT CANCERS
Tateishi Kensuke, Miller Julie, Higuchi Fumi, Koerner Mara V. A., Lelic Nina, Curry William, Batchelor Tracy, Wakimoto Hiroaki, Chi Andrew S., Cahill Daniel
NEURO-ONCOLOGY   19 75   2017年11月   [査読有り]
Nakamura T, Fukuoka K, Ikeda J, Yoshitomi M, Udaka N, Tanoshima R, Tateishi K, Yamanaka S, Ichimura K, Yamamoto T
Brain tumor pathology      2017年8月   [査読有り]
Tateishi K, Wakimoto H, Cahill DP
Neurosurgery   64(CN_suppl_1) 134-138   2017年9月   [査読有り]
Ohtake M, Tateishi K, Ikegaya N, Iwata J, Yamanaka S, Murata H
World neurosurgery   106    2017年7月   [査読有り]
Tateishi K, Higuchi F, Miller J, Koerner MVA, Lelic N, Shankar GM, Tanaka S, Fisher DE, Batchelor T, Iafrate AJ, Wakimoto H, Chi AS, Cahill DP
Cancer research      2017年6月   [査読有り]
Yamashita R, Nakamura T, Fukuyama R, Ishikawa K, Hayashi T, Miyazaki R, Ohtake M, Sato M, Tateishi K, Shimizu N, Suenaga J, Murata H
No shinkei geka. Neurological surgery   45(3) 247-251   2017年3月   [査読有り]
Nakamura T, Yamashita S, Fukumura K, Nakabayashi J, Tanaka K, Tamura K, Tateishi K, Kinoshita M, Fukushima S, Takami H, Fukuoka K, Yamazaki K, Matsushita Y, Ohno M, Miyakita Y, Shibui S, Kubo A, Shuto T, Kocialkowski S, Yamanaka S, Mukasa A, Sasayama T, Mishima K, Maehara T, Kawahara N, Nagane M, Narita Y, Mano H, Ushijima T, Ichimura K
Acta neuropathologica   133(2) 321-324   2017年2月   [査読有り]
Tateishi Kensuke, Wakimoto Hiroaki, Higuchi Fumi, Miller Julie, Koerner Mara V. A., Lelic Nina, Shankar Ganesh, Tanaka Shota, Curry William T., Fisher David E., Batchelor Tracy T., Iafrate A. John, Chi Andrew S., Cahill Daniel P.
NEURO-ONCOLOGY   18(11) 1559-1568   2016年11月   [査読有り]
Takase H, Kawasaki T, Tateishi K, Yokoyama TA, Murata H, Kawahara N
Neurosurgical review      2016年8月   [査読有り]
Chi Andrew S., Tateishi Kensuke, Hiroaki VVakimoto, Batchelor Tracy T., Lafrate Anthony J., Cahill Daniel P.
CANCER RESEARCH   76    2016年7月   [査読有り]
Tateishi K, Iafrate AJ, Ho Q, Curry WT, Batchelor T, Flaherty KT, Onozato M, Lelic N, Sundaram S, Cahill DP, Chi AS, Wakimoto H
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   22(17) 4452-4465   2016年4月   [査読有り]
Tateishi K, Wakimoto H, Iafrate AJ, Tanaka S, Loebel F, Lelic N, Wiederschain D, Bedel O, Deng G, Zhang B, He T, Shi X, Gerszten RE, Zhang Y, Yeh JR, Curry WT, Zhao D, Sundaram S, Nigim F, Koerner MV, Ho Q, Fisher DE, Roider EM, Kemeny LV, Samuels Y, Flaherty KT, Batchelor TT, Chi AS, Cahill DP
Cancer cell   28(6) 773-784   2015年12月   [査読有り]
Nakamura T, Tateishi K, Niwa T, Matsushita Y, Tamura K, Kinoshita M, Tanaka K, Fukushima S, Takami H, Arita H, Kubo A, Shuto T, Ohno M, Miyakita Y, Kocialkowski S, Sasayama T, Hashimoto N, Maehara T, Shibui S, Ushijima T, Kawahara N, Narita Y, Ichimura K
Neuropathology and applied neurobiology   42(3) 279-290   2016年4月   [査読有り]
Tateishi Kensuke, Lelic Nina, Ho Quan H., Esakl Shinichi, Iafrate John A., Cahill Daniel P., Chi Andrew S., Wakimoto Hiroaki
NEURO-ONCOLOGY   16    2014年11月   [査読有り]
Tateishi U, Tateishi K, Hino-Shishikura A, Torii I, Inoue T, Kawahara N
Radiology   273(2) 521-528   2014年11月   [査読有り]
Yoshizumi T, Murata H, Ikenishi Y, Sato M, Takase H, Tateishi K, Nakanowatari S, Suenaga J, Kawahara N
Neurosurgical review   37(3) 519-24; discussion 524   2014年7月   [査読有り]
Hino-Shishikura A, Tateishi U, Shibata H, Yoneyama T, Nishii T, Torii I, Tateishi K, Ohtake M, Kawahara N, Inoue T
European journal of nuclear medicine and molecular imaging   41(7) 1419-1427   2014年7月   [査読有り]
Wakimoto H, Tanaka S, Curry WT, Loebel F, Zhao D, Tateishi K, Chen J, Klofas LK, Lelic N, Kim JC, Dias-Santagata D, Ellisen LW, Borger DR, Fendt SM, Vander Heiden MG, Batchelor TT, Iafrate AJ, Cahill DP, Chi AS
Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   20(11) 2898-2909   2014年6月   [査読有り]
Tateishi K, Tateishi U, Nakanowatari S, Ohtake M, Minamimoto R, Suenaga J, Murata H, Kubota K, Inoue T, Kawahara N
AJNR. American journal of neuroradiology   35(2) 278-284   2014年2月   [査読有り]
MUTATIONS OF CD79B ARE COMMON EVENT IN PRIMARY CENTRAL NERVOUS SYSTEM B-CELL LYMPHOMA PATIENTS AND ARE ASSOCIATED WITH UNFAVORABLE PROGNOSIS
Tateishi Kensuke, Narita Yoshitaka, Nakamura Taishi, Cahill Daniel, Kawahara Nobutaka, Ichimura Koichi
NEURO-ONCOLOGY   15 28   2013年11月   [査読有り]
MUTATIONS IN THE TERT PROMOTER ARE HIGHLY RECURRENT AND UPREGULATE TERT EXPRESSION IN GLIOMAS
Arita Hideyuki, Narita Yoshitaka, Fukushima Shintaro, Tateishi Kensuke, Matsushita Yuko, Yoshida Akihiko, Miyakita Yasuji, Ohno Makoto, Collins V. Peter, Kawahara Nobutaka, Shibui Soichiro, Ichimura Koichi
NEURO-ONCOLOGY   15 12   2013年11月   [査読有り]
Tateishi U, Tateishi K, Shizukuishi K, Shishikura A, Murata H, Inoue T, Kawahara N
Clinical nuclear medicine   38(3) 125-131   2013年3月   [査読有り]
Arita H, Narita Y, Fukushima S, Tateishi K, Matsushita Y, Yoshida A, Miyakita Y, Ohno M, Collins VP, Kawahara N, Shibui S, Ichimura K
Acta neuropathologica   126(2) 267-276   2013年8月   [査読有り]
Tateishi K, Tateishi U, Sato M, Yamanaka S, Kanno H, Murata H, Inoue T, Kawahara N
AJNR. American journal of neuroradiology   34(1) 92-99   2013年1月   [査読有り]
Fujitsu K, Kitsuta Y, Takemoto Y, Matsunaga S, Tateishi K
Skull base : official journal of North American Skull Base Society ... [et al.]   14(4) 209-15; discussion 215   2004年11月   [査読有り]

Misc

 
山本哲哉, 立石健祐, 中村大志
脳神経外科速報   28(8) 764‐772   2018年8月
長尾景充, 中村大志, 立石健祐, 佐藤秀光, 清水信行, 末永潤, 村田英俊, 菅野洋, 山本哲哉
Neurological Surgery   46(7) 575‐581   2018年7月
田中貴大, 周藤高, 末永潤, 高瀬創, 佐藤充, 大竹誠, 立石健祐, 上野龍, 宮崎良平, 村田英俊
脳卒中の外科   46(1) 58‐64   2018年1月
田中 貴大, 周藤 高, 末永 潤, 高瀬 創, 佐藤 充, 大竹 誠, 立石 健祐, 上野 龍, 宮崎 良平, 村田 英俊
脳卒中の外科   46(1) 58-64   2018年1月
We report herein five cases of symptomatic brainstem cavernous malformations (CM). Specific surgical approaches were designed to directly access each lesion. Neuronavigation and intraoperative monitoring were used. Four lesions underwent gross tot...
立石健祐
日本分子脳神経外科学会プログラム・抄録集   19th 56‐57   2018年
村田英俊, 佐藤充, 田中貴大, 宮崎良平, 阿部浩征, 中村大志, 立石健祐, 清水信行, 末永潤, 山本哲哉
日本脊髄外科学会プログラム・抄録集   33rd 141   2018年
田中貴大, 村田英俊, 佐藤充, 善積哲也, 宮崎良平, 立石健祐, 金彪, 山本哲哉
日本脊髄外科学会プログラム・抄録集   33rd 130   2018年
村田英俊, 佐藤充, 田中貴大, 宮崎良平, 阿部浩征, 中村大志, 立石健祐, 末永潤, 清水信行, 山本哲哉
日本脊髄外科学会プログラム・抄録集   33rd 232   2018年
村田英俊, 立石健祐, 山本哲哉
脊椎脊髄ジャーナル   30(7) 707‐712   2017年7月
立石健祐, 脇本浩明, ケーヒル ダニエル
がんと代謝研究会プログラム&抄録集   5th 58   2017年7月
山下亮太郎, 中村大志, 福山龍太郎, 石川幸輔, 林貴啓, 宮崎良平, 大竹誠, 佐藤充, 立石健祐, 清水信行, 末永潤, 村田英俊
Neurological Surgery   45(3) 247‐251-251   2017年3月
60歳女性。左顔面痙攣を主訴とした。頭部単純MRI/MRAにて左後下小脳動脈(左PICA)による左顔面神経の圧迫所見を認めたため、治療目的に入院となった。左顔面痙攣に対し、異常筋反応モニタリング(AMR)併用下に動脈刺激筋反応モニタリング(AWS-EMG)を行い、術中に異常波形を確認し、微小血管減圧術を施行した。術後AMR、AWS-EMGの異常波形は消失し、顔面痙攣も改善が得られた。
基本をマスター 脳神経外科手術のスタンダード IDH1遺伝子変異を有する成人グリオーマの分子生物学的特徴とIDH変異を標的とした治療法の展望
立石 健祐, 山本 哲哉, 脇本 浩明
脳神経外科速報   27(11) 1124-1135   2017年11月
<POINT 1>グリオーマの発生に、IDH変異がどのようにかかわっているのかを理解しよう。<POINT 2>IDHを含めた遺伝子変異に基づくWHO分類(2016 CNS WHO)とIDH変異の予後因子としての位置付けを確認しよう。<POINT 3>IDH変異が手術を含めたグリオーマ治療に及ぼす影響と今後の治療法の展望について、最新の研究成果を知ろう。(著者抄録)
悪性グリオーマの新規治療戦略 IDH1変異に起因するNAD+代謝異常に基づいた新規グリオーマ治療戦略
立石 健祐
日本癌学会総会記事   76回 SST5-5   2017年9月
【悪性脊椎脊髄腫瘍に対する治療】 分子標的治療 特にベバシズマブによる治療
村田 英俊, 立石 健祐, 山本 哲哉
脊椎脊髄ジャーナル   30(7) 707-712   2017年7月
分子病理と分子病態 Oncogenesis and Progression IDH1変異神経膠腫における悪性表現型と相関した標的可能シグナル伝達経路の変異(Targetable Signaling Pathway Mutations correlated with Malignant Phenotype in IDH1 Mutant Gliomas)
立石 健祐, Chi Andrew, Cahill Daniel, 田中 将太, 脇本 浩明
Brain Tumor Pathology   34(Suppl.) 075-075   2017年5月
上頸部びまん性中心性グリオーマ、H3K27M変異の1症例(A case of upper cervical diffuse midline glioma, H3K27M-mutant)
林 貴啓, 中村 大志, 山中 正二, 市村 幸一, 立石 健祐, 村田 英俊
Brain Tumor Pathology   34(Suppl.) 126-126   2017年5月
各種疾患 脳腫瘍 IDH1変異神経膠腫に対する新たな治療戦略
立石 健祐, 村田 英俊, 中村 大志, 川原 信隆, 脇本 浩明
Annual Review神経   2017 154-162   2017年1月
中村大志, 横山高玲, 佐藤充, 立石健祐, 清水信行, 末永潤, 村田英俊
日本神経内視鏡学会プログラム・抄録集   23rd 84   2016年10月
中村大志, 宮崎良平, 池田順治, 宇高直子, 山崎夏維, 福岡講平, 立石健祐, 田野島玲大, 山中正二, 山下聡, 平戸純子, 市村幸一, 村田英俊, 川原信隆
日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集   34th 94   2016年

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
NF-kB経路を標的とした中枢神経原発悪性リンパ腫治療法開発に向けたトランスレーショナル研究
横浜市立大学学長裁量事業 (かもめプロジェクト): 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 立石 健祐
NF-kB経路を標的としたABCサブタイプ悪性リンパ腫治療法の開発
公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団: 第33回基礎医学医療研究助成金
研究期間: 2018年10月 - 2019年9月    代表者: 立石 健祐
IDH1変異が誘導するDNA修復機構変化の解明と合成致死性治療法の開発
公益財団法人 SGH財団: SGHがん研究財団
研究期間: 2018年10月 - 2019年9月    代表者: 立石 健祐
DNA高変異状態を呈する再発IDH1変異型神経膠腫に対する免疫制御機構の解明
ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社 研究助成 (腫瘍免疫): 
研究期間: 2018年9月 - 2019年8月    代表者: 立石 健祐
中枢神経原発悪性リンパ腫に対する遺伝子変異特異的治療法開発に向けたトランスレーショナル研究
香川大学医学部医学科同窓会讃樹会助成研究: 
研究期間: 2018年9月 - 2019年8月    代表者: 立石 健祐
NF-kB活性化を標的とした中枢神経原発悪性リンパ腫治療法の開 発に向けた多施設共同研究
新潟大学脳研究所 共同研究: 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 立石 健祐
IDH1変異が及ぼすDNA修復機構変化の解明と合成致死に基づく新規治療法の開発
公益財団法人 高松宮妃癌研究基金: 
研究期間: 2018年3月 - 2019年3月    代表者: 立石 健祐
中枢神経原発悪性リンパ腫に対する糖代謝異常を標的とした治療法の開発
公益財団法人 日本脳神経財団: 
研究期間: 2018年1月 - 2018年12月    代表者: 立石 健祐
IDH1変異が及ぼすDNA修復機構変化の解明と合成致死に基づく新規治療法の開発
公益財団法人がん集学的治療研究財団: 第38回一般研究助成
研究期間: 2017年12月 - 2018年11月    代表者: 立石 健祐
IDH1変異の及ぼす代謝ストレス解明と特異的治療法の開発
公益財団法人 武田科学振興財団: 2017年度医学系研究奨励 (癌領域・臨床)
研究期間: 2017年8月       代表者: 立石 健祐
IDH1変異が及ぼすDNA修復機構の解明と合成致死に基づく治療法の開発
一般財団法人横浜総合医学振興財団: 推進研究助成
研究期間: 2017年8月 - 2018年7月    代表者: 立石 健祐
IDH1変異神経膠腫に対するNAD+枯渇促進を目的とした修飾療法の開発.
科学研究費補助金: 基盤研究 (C)
研究期間: 2016年6月 - 2018年3月    代表者: 立石 健祐
アルキル化剤が誘導する代謝ストレスの解明とIDH1変異神経膠芽腫に対する新規治療戦略
公益財団法人安田記念医学財団: 若手癌研究助成金
研究期間: 2017年1月 - 2017年12月    代表者: 立石 健祐
代謝ストレスを応用したIDH1変異腫瘍制御法の確立
横浜市立大学: 第1期学術的研究推進事業「若手女性研究者支援プロジェクト」
研究期間: 2016年9月 - 2017年8月    代表者: 立石 健祐
代謝ストレスを応用したIDH1変異腫瘍制御法の確立
公益財団法人横浜学術教育振興財団: 研究助成
研究期間: 2016年8月 - 2017年7月    代表者: 立石 健祐
Wagner-Torizuka Fellowship
Society of Nuclear medicine and Molecular imaging: 
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月
神経膠芽腫に対する治療抵抗性メカニズム解明のための遺伝子発現及び分子イメージングの研究.
第41回かなえ医薬振興財団: 海外留学助成 (臨床医学)
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 立石 健祐
内在性神経幹細胞の虚血後急性期応答
科学研究費補助金 若手研究(B): 
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 立石 健祐
大脳基底核、視床における虚血性脳障害後の神経再生誘導.
財団法人朝日生命成人病研究助成: 
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 立石 健祐
大脳基底核、視床における虚血性脳障害後の神経再生誘導.
科学研究費補助金 若手研究(B): 
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 立石 健祐