安田 賢二

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/07 03:54
 
アバター
研究者氏名
安田 賢二
 
ヤスダ ケンジ
所属
早稲田大学
部署
理工学術院
職名
教授
学位
博士(理学)(早稲田大学)
科研費研究者番号
20313158

経歴

 
1992年4月
 - 
1999年3月
株式会社 日立製作所 基礎研究所 研究員
 
1999年4月
 - 
2006年3月
東京大学大学院 総合文化研究科 助教授(准教授)
 
2006年4月
 - 
2006年9月
東京大学大学院 総合文化研究科 教授
 
2006年4月
 - 
2016年3月
東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授
 
2016年4月
   
 
早稲田大学 理工学術院 教授
 

学歴

 
 
 - 
1990年
早稲田大学 理工学部 物理学科
 
 
 - 
1992年
早稲田大学大学院 理工学研究科 物理学及応用物理学
 

受賞

 
2017年10月
独立行政法人 日本学術振興会 平成28年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)及び国際事業委員会書面審査員 表彰
 
2013年10月
独立行政法人 日本学術振興会 平成25年度「科研費」有意義な審査意見を付した審査委員 表彰
 
2012年6月
日本サイトメトリー学会 日本サイトメトリー学会学術奨励賞 平成23年度Cytometry Research最優秀論文 CTC計測装置技術の現状と次世代 CTC装置 技術の展望
受賞者: Masahito Hayashi, Hyonchol Kim, Hideyuki Terazono, Akihiko Hattori, Kenji Yasuda, Takashi Ohtsu, Yohei Miyagi, Tokuzo Arao, Kazuto Nishio
 
2010年11月
応用物理学会 MNC 2009 Outstanding Paper Award Non-amplified quantitative detection of nucleic acid sequences using a gold nanoparticle probe set and field emission scanning electron microscopy
受賞者: Hyonchol Kim, Atsushi Kira, Kenji Yasuda
 
2005年10月
応用物理学会 MNC 2004 Award for Most Impressive Presentation Single-Cell-Based Electrophysiological Measurement of a Topographically Controlle Neuronal Network Using Agarose Architecture with a Multi-Electrode Array
受賞者: Ikuro Suzuki, Yoshihiro Sugio, Yasuhiko Jimbo, Kenji Yasuda
 

論文

 
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   57(6) 06HH02-1-06HH02-4   2018年5月
Yasuda K
Scientific Reports   7(1) 15450   2017年11月
Yasuda K
Journal of Theoretical Biology   437 141-148   2017年10月
Yasuda K
Journal of Pharmacological Sciences   131(2) 141-145   2016年6月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   55(6) 06GN05-1-06GN05-5   2016年5月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   54(6) 06FN04-1-06FN04-6   2015年5月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   54(6) 06FL02-1-06FL02-5   2015年5月
Yasuda K
Scientific Reports   4 6362   2014年9月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   53(6) 06JM08-1-06JM08-5   2014年5月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   53(6) 06JJ01-1-06JJ01-6   2014年5月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   53(6) 06JL03-1-06JL03-4   2014年5月
Yasuda K
Conference proceedings: ... Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society. Conference   2013 2825-2828   2013年7月
Yasuda K
Journal of Nanobiotechnology   11 11   2013年4月
Yasuda K
Microfluidics and Nanofluidics   14(6) 907-931   2012年12月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   51 08KA03   2012年8月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   51(6) 06FK06-1-06FK06-4   2012年6月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   51(6) 06FH01-1-06FH01-5   2012年6月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   51(6) 06FK08-1-06FK08-6   2012年6月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   51(6) 06FK05-1-06FK05-4   2012年6月
Yasuda K
e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   10 301-304   2012年6月
Yasuda K
International Journal of Molecular Sciences   13 1   2012年1月
Yasuda K
Journal of Bioprocessing & Biotechniques   S3-003 1-6   2011年12月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   50(6) 06GJ03-1-06GJ03-4   2011年6月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   50(6) 06GL03-1-06GL03-5   2011年6月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   50(6) 06GL06-1-06GL06-8   2011年6月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   50(6) 06GL07-1-06GL07-4   2011年6月
Yasuda K
International Journal of Molecular Sciences   12(6) 3618-3634   2011年5月
Yasuda K
The Open Conference Proceedings Journal   1 168-177   2010年10月
On-Chip Pre-Clinical Cardiac Toxicity: Testing Compounds Beyond hERG And QT Using hES/hiPS Cardiomyocyte Re-Entry Cell Network Model On a Chip
Yasuda K
Proceeding of The 14th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences: MicroTAS 2010 (Groningen)   716-718   2010年10月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   49(8) 87001-1-87001-7   2010年8月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   49(6) 06GM05-1-06GM05-5   2010年6月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   49(6) 06GM04-1-06GM04-4   2010年6月
Yasuda K
Chemical, Biological, Radiological, Nuclear, and Explosives (CBRNE) Sensing XI   7665 766503   2010年5月
Yasuda K
Journal of Nanobiotechnology   8(8) 1-5   2010年4月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   49(4) 48004-1-48004-2   2010年4月
Yasuda K
Advanced Environmental, Chemical, and Biological Sensing Technologies VII   7673 76730U   2010年4月
Yasuda K
Sensors and Actuators B: Chemical   144(1) 6-10   2010年1月
Yasuda K
Sensors and Actuators B Chemical   142(1) 1-6   2009年10月
Yasuda K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   106(29) 11954-11959   2009年7月
Yasuda K
e-Journal of Surface Science and Nanotechnology   7 728-730   2009年6月
Yasuda K
Biochemical and Biophysical Research Communications   385(4) 497-502   2009年5月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   47(6) 5208-5211   2008年6月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   47(6) 5212-5216   2008年6月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   46(42) L1028-L1031   2007年10月
Yasuda K
Journal of Biological Physics and Chemistry   7(3) 83-86   2007年9月
Yasuda K
Biochemical and Biophysical Research Communications   356(2) 464-469   2007年3月
Yasuda K
Biochemical and Biophysical Research Communications   356(2) 494-498   2007年3月
Yasuda K
Biochemical and Biophysical Research Communications   351(1) 209-215   2006年12月
Yasuda K
Biochemical and Biophysical Research Communications   349(3) 1130-1138   2006年10月
Yasuda K
Nano Letters   6(11) 2486-2492   2006年10月
Yasuda K
Measurement Science and Technology   17(12) 3171-3177   2006年10月
Yasuda K
Genes to Cells   11(9) 1085-1096   2006年9月
Yasuda K
Journal of Biotechnology   124(3) 504-511   2006年8月
Yasuda K
The Analyst   130(3) 311-317   2005年4月
Using agarose microchamber system, measurements of community effects of the cardiomyocytes and the heterogeneous cell types
Yasuda K
Proceedings of The 6th International Conference on Intelligent Materials and Systems   183-186   2005年
Yasuda K
Journal of Nanobiotechnology   2(11) 1-10   2004年11月
Yasuda K
Japanese Journal of Applied Physics   43(0) L1429-L1432   2004年10月
Yasuda K
Journal of Nanobiotechnology   2(5) 1-8   2004年6月

書籍等出版物

 
Biomedical Photonics Handbook
Kenji Yasuda (担当:共著)
CRC Press   2014年7月   
創薬研究ツール
安田賢二 (担当:共著)
メディカルドゥ   2014年2月   ISBN:9784944157716
再生医療製品の許認可と組織工学の新しい試み(監修 岩田博夫、松岡厚子、岸田晶夫)
安田賢二 (担当:共著)
シーエムシー出版   2012年5月   ISBN:9784781305837
ものづくり技術からみる再生医療-細胞研究・創薬・治療-(監修 田畑泰彦)
安田賢二 (担当:共著)
シーエムシー出版   2011年11月   ISBN:9784781304724
High Resolution Microbial Single Cell Analytics (Editer: Müller, Susann; Bley, Thomas)
Yasuda K (担当:共著)
Springer   2010年11月   ISBN:9783642168864

講演・口頭発表等

 
オンチップ・セロミクス:「履歴・記憶」と「集団効果」から見た細胞ネットワークの後天的情報の理解
安田賢二
第56回日本生物物理学会年会 CREST共催シンポジウム 生体機能の再構成によるセンシング技術とデバイス応用   2018年9月   
Community effect of cardiomyocytes in synchronous behavior of beating by constructing cell cluster (1): Experimental approach
Naoki Takahashi, Akihiro Yamashita, Kazuhumi Sakamoto, Masao Odaka, Akihiro Hattori, Kenji Matsuura, Kenji Yasuda
第56回日本生物物理学会年会   2018年9月   
A 1064/1480-nm photo-thermal etching system with fiber optics for an accurate and non-invasive micropatterning of an agarose thin layer
Takahito Kikuchi, Shota Aoki, Yuhei Tanaka, Masao Odaka, Akihiro Hattori, Kenji Matsuura, Kenji Yasuda 
第56回日本生物物理学会年会   2018年9月   
Extracellular field potential change analysis of spontaneous firing of an isolated neuron by an on-chip multi-electrode array system.
Shota Aoki, Takahito Kikuchi, Yuhei Tanaka, Kenji Matsuura, Akihiro Hattori, Masao Odaka, Kenji Yasuda
第56回日本生物物理学会年会   2018年9月   
Repulsive interactions of two neurites elongated from two isolated hippocampal cells in agarose width-length-controlled microchannels.
Yuhei Tanaka, Takahito Kikuchi, Shota Aoki, Akihiro Hattori, Kenji Matsuura, Masao Odaka, Kenji Yasuda
第56回日本生物物理学会年会   2018年9月   

競争的資金等の研究課題

 
血中がん細胞を無染色識別する「イメージング・バイオマーカー」解析技術の開発
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
(1)マルチイメージング・セルソーター装置技術の開発:初年度は、3つの要素技術の開発を並行して推進した。まず、イメージングセルソーターで高速に細胞を分離するための最大の課題である、微弱電場で分離できる技術の検討、すなわち計画書での課題③「細胞の分離精製技術の改良」を進めた。当初は、従来の水中での細胞表面の持つ微弱な負の電荷を利用する従来の手法から、シリコン油が流れるマイクロ流路中に、細胞を含んだ荷電水滴を流して、これを微弱外部静電場のスイッチングで効果的に分離する流路チップ系の開発を進めた...
脳炎発症性パラミクソウイルスの神経伝播機序の解析
本研究は、急性および持続感染後の再活性化により致死性脳炎を引き起こすパラミクソウイルス科のウイルスである麻疹ウイルスおよびニパウイルスの、神経細胞間伝播機序を明らかにすることを目的とした。ラット神経細胞をAMCA(on-chip agarose microchamber array)培養系を用いて培養し、蛍光蛋白発現組換え麻疹ウイルスを感染させる実験により、隣接する神経細胞間での麻疹ウイルスの伝播様式を明らかにすることができた。また、蛍光標識を付加したニパウイルス構成蛋白を作製し、細胞内で...
「コミュニティ・エフェクト」を明らかにするオンチップ-細胞計測解析技術の開発
本研究では、孤立細胞が持つ特性、細胞集団が持つ特性を構成的なアプローチによって明らかにすることに成功した。以下に主な成果を列挙する。(1)微量細胞培養マイクロチャンバシステムを用い、運動する大腸菌中でのGFP修飾Tarタンパク質の細胞内局在の変化が、環境からの刺激によってどのように応答するかを計測し、細胞膜に発現したTarタンパク質の空間局在が、細胞分裂時に世代間で伝承して後天的情報を継承することを発見した。また、酵母中にGFP修飾プリオンを発現させ、環境からの刺激の変化によって凝集体がど...
神経回路におけるシナプス可塑性統合機構の解明
周囲環境との相互作用を内部状態に反映させていく「可塑性」が生体情報処理の大きな特徴と考えられている。しかしながら、LTP, LTD(長期増強.長期抑圧)に代表されるシナプスの可塑性が、生体情報処理システムとしての機能を発現する"細胞集団の振舞い"にどのように反映されるのかはこれまでほとんどわかっていなかった。本研究では細胞集団の活動に対する時空間計測手法である電極アレイ法と、個々のニューロンを可視化した培養神経回路構成手法であるアガロースマイクロチャンバ法の組み合わせにより、「シナプス可塑...
マイクロファブリケーションを用いた単一細胞実時間解析
研究代表者(安田)はH11年度に(株)日立製作所より現職に転出して、新たに研究室を立ち上げ、H12年度「ゲノム生物学」の上記予算配分を利用することで、本提案にもある上記研究を開始した。本研究は以下に述べる3つのステージからなると考えている。すなわち、1)細胞を1細胞単位で隔離し連続培養観察できる装置系の開発、2)隔離した1細胞のDNA・mRNAを回収・分析して遺伝子多型解析・mRNA発現定量解析技術の開発、3)実際にモデル細胞(大腸菌を検討)を用いた細胞機能と遺伝子多型、mRNA発現量との...
複雑系としての生命システムの解析
要素とシステムの相互関係を理解するための複雑系生命科学を構成的生物学実験と力学系理論に基づいてたちあげ発展させた。(1)複製系の構築と情報の起源:試験管内の自律的な複製系の構築。一方で少数分子成分が複製系の遺伝をになう原理を定式化、実験で確認。(2)複製細胞系の構築i リポソームがくりかえし自己増殖する系を構築、ダイナミクスを追跡。ii リポソーム内でのRNA複製、翻訳、また膜上でのDNAハイブリダイゼーションに成功。iii 再帰的複製系では、各成分の量とその順位の間に一般に逆比例の関係が...
細胞内における調節タンパク質機能解析のためのmRNA発現制御技術の検討
Caged遺伝子の合成:Caged mRNAを作成するための第一段階として、Caged DNAの調製を試みた。すなわち、DNA塩基のアミノ基を化学修飾(Cage化)することによって複製機能を失活し、紫外光照射によってCageを外して再活性化させることのできる不活性化DNAを合成した。その結果、光照射によって複製機能がある程度再生可能であることを、PCR法を用いて確認した。細胞操作と共焦点顕微鏡観察:心筋細胞培養系での自動拍動現象におけるCaイオンの時空間パターン(Ca wave)を、Ca感...
遺伝子ハンドリング技術を用いた単一細胞内調節タンパク質の機能解析法の開発
DNAの固定化と選択的回収法(DNAチップの開発):クロム基盤上へのDNA固定化法と、赤外レーザー照射・温度パルス法による選択的な回収法を確立し、その方法の詳細を論文として公表した。これはDNAチップの一つの形態である。Caged DNA合成の試み:DNA塩基のアミノ基を(4,5-dimethoxy-2-nltrobenzyl bromide(DMNBB)で化学修飾し、DNAの複製機能を一旦失活させ、それを紫外線マイクロフラッシュ法によって再活性化するという方針でCaged DNAの合成を...

特許

 
安田 賢二, 金 賢徹, 寺薗 英之, 服部 明弘
金 賢徹, 竹井 弘之, 安田 賢二
安田 賢二, 寺薗 英之, 金 賢徹, 林 真人, 服部 明弘, 宮城 洋平, 大津 敬
安田 賢二, 寺薗 英之, 金 賢徹, 服部 明弘
北村 哲生, 安田 賢二, 金子 智行, 野村 典正
安田 賢二, 金 賢徹, 寺薗 英之, 服部 明弘
安田 賢二, 金 賢徹, 寺薗 英之, 服部 明弘
安田 賢二, 寺薗 英之, 金 賢徹, 服部 明弘
安田 賢二, 寺薗 英之, 金 賢徹, 服部 明弘
安田 賢二, 寺薗 英之, 金 賢徹, 林 真人, 服部 明弘
寺薗 英之, 安田 賢二, 服部 明弘
安田 賢二, 寺薗 英之, 金 賢徹, 林 真人, 服部 明弘
安田 賢二, 林 真人, 服部 明弘
安田 賢二, 杉山 篤, 安東 賢太郎, 野村 典正, 寺薗 英之, 金子 智行, 福島 守
武田 一男, 服部 明弘, 林 真人, 安田 賢二
鈴木 郁郎, 寺薗 英之, 安田 賢二, 福島 守
安田 賢二, 鈴木 郁郎, 寺薗 英之, 金子 智行, 服部 明弘, 福島 守
安田 賢二, 服部 明弘, 福島 守
安田 賢二, 服部 明弘, 岡野 和宣