津田 直彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/18 21:52
 
アバター
研究者氏名
津田 直彦
 
ツダ ナオヒコ
所属
早稲田大学
部署
理工学術院 基幹理工学部 情報理工学科
職名
助手
科研費研究者番号
40778099

研究分野

 
 

論文

 
WSQF: Comprehensive Software Quality Evaluation Framework and Benchmark based on the SQuaRE
Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Kiyoshi Honda, Hidenori Nakai, Yoshiaki Fukazawa, Motoei Azuma, Toshihiro Komiyama, Tadashi Nakano, Hirotsugu Suzuki, Sumie Morita, Katsue Kojima, Akiyoshi Hando
Proceedings of the 41st ACM/IEEE International Conference on Software Engineering (ICSE 2019), Industry Track, pp. 1-10, Montreal, QC, Canada, 25 May – 31 May 2019. (CORE Rank A*)(acceptance rate 30/118=25%)(to appear)   1-10   [査読有り]
プログラムソースコードのわかりやすさの閾値に基づく評価基準とその導出手法群の評価
津田直彦, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 保田裕一朗, 杉村俊輔
情報処理学会論文誌, pp.1-17, 2019. (掲載予定)      [査読有り]
Machine Learning to Evaluate Evolvability Defects: Code Metrics Thresholds for a Given Context
Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Yuichiro Yasuda and Shunsuke Sugimura
The 18th IEEE International Conference on Software Quality, Reliability & Security (QRS 2018), July 16 – 20, 2018, Lisbon, Portugal (CORE Rank B)(acceptance rate 33/171 =19%)      2018年7月   [査読有り]
Characteristics of source code degrading quality in software development by multiple organizations
Ryo Ishizuka, Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura and Yuichiro Yasuda
3rd IEEE/ACIS International Conference on Big Data, Cloud Computing, and Data Science Engineering (BCD 2018), July 10 – 12, 2018, Yonago, Japan      2018年7月   [査読有り]
国際規格に基づく総合的なソフトウェア品質評価枠組みとその実製品適用による品質ベンチマーク
鷲崎弘宜,津田直彦,本田澄,中井秀矩,深澤良彰,東基衛, 込山俊博, 中野正,鈴木啓紹
SEC journal, Vol. 14, No. 1, pp. 26-41, 2018      2018年   [査読有り]
Customization Patterns for GQM Metrics-Layer: Optimization by Checklist Based Maintainability Review and Machine Learning
Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura, Yuichiro Yasuda, Masanao Futakami
8th IEEE International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2017), Fast Abstract, March 13, 2017, Tokyo      2017年3月   [査読有り]
Nakai, Hidenori; Tsuda, Naohiko; Honda, Kiyoshi; Washizaki, Hironori; Washizaki, Hironori; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki
IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCON   3704-3707   2017年2月   [査読有り]
© 2016 IEEE. Software stakeholders, including developers, managers, and end users, require high quality software products. Several works have aimed to identify software quality, but the quality of software products is often not comprehensively, sp...
Tsuda, Naohiko; Takada, Masaki; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki; Sugimura, Shunsuke; Yasuda, Yuichiro; Futakami, Masanao
IEEE Region 10 Annual International Conference, Proceedings/TENCON   3813-3816   2017年2月   [査読有り]
© 2016 IEEE. Manual code inspections are intense and time-consuming activities to improve the maintainability and reusability of source code. Although automatic detection of high-risk source code file by metrics thresholds can help inspectors, det...
Nakai, Hidenori; Tsuda, Naohiko; Honda, Kiyoshi; Washizaki, Hironori; Fukazawa, Yoshiaki
Proceedings - 2016 IEEE International Conference on Software Quality, Reliability and Security-Companion, QRS-C 2016   410-411   2016年9月   [査読有り]
© 2016 IEEE.Quality measured and evaluated based on organization-specific quality models cannot be compared to the quality of other software products. To alleviate this problem, ISO/IEC defined international standards called the SQuaRE (Systems an...
メトリクスと閾値による保守性・再利用性評価式の作成・更新プロセス
津田直彦, 高田正樹, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 杉村俊輔, 保田裕一朗, 二上将直
情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2015・イン・宜野湾      2015年1月   [査読有り]
Iterative Process to Improve GQM Models with Metrics Thresholds to Detect High-risk Files
Naohiko Tsuda, Masaki Takada, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura, Yuichiro Yasuda, and Masanao Futakami
22nd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2015) Doctoral Symposium      2015年   [査読有り]
保守性・再利用性の低いファイル予測:プロジェクトに合わせた最適化の枠組み
津田 直彦, 高田 正樹, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰, 杉村 俊輔, 保田 裕一朗, 二上 将直
日本ソフトウェア科学会 第21回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2014 in 霧島      2014年12月   [査読有り]
Detect low maintainability and reusability files: framework for optimal prediction in consideration of a project
Naohiko Tsuda, Masaki Takada, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shunsuke Sugimura, Yuichiro Yasuda and Masanao Futakami
6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014)      2014年11月   [査読有り]
保守性・再利用性が低いファイルの予測:産業データを用いた研究
津田 直彦,高田 正樹,鷲崎 弘宜,深澤 良彰(早稲田大学), 杉村 俊輔,保田 裕一朗,二上 将直(小松製作所)
情報処理学会第186回ソフトウェア工学研究発表会      2014年11月
Naohiko Tsuda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa
Proceedings of the 13th IASTED International Conference on Software Engineering (SE2014)   46-53   2014年2月   [査読有り]
クラスの責務の大きさに着目したUML設計クラス図の構造評価
津田 直彦 , 鷲崎 弘宜 , 深澤 良彰
ウィンターワークショップ2014・イン・大洗 論文集      2014年   [査読有り]
責務の割り当てに着目した設計クラス図の機能性・保守性評価
津田 直彦、鷲崎 弘宜、深澤 良彰
第20回 ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE 2013 in 加賀      2013年11月   [査読有り]
上流工程のUML クラス図を入力としたソフトウェアの保守性測定メトリクススイート
津田 直彦, 鷲崎 弘宜, 深澤 良彰
情報処理学会 第75回全国大会2013年      2013年

講演・口頭発表等

 
コードの発展性欠陥の自動評価:コンテキストを考慮したメトリクス閾値の機械学習
津田直彦,鷲崎弘宜,深澤良彰(早大),保田裕一朗,杉村俊輔(小松製作所)
情報処理学会第80回全国大会プログラム, 早稲田大学, 2018年3月13-15日   2018年3月13日   
複数組織によるソフトウェア開発において品質を低下させるソースコードの特徴の調査
石塚 凌,津田直彦,鷲崎弘宜,深澤良彰(早大),保田裕一朗,杉村俊輔(小松製作所)
情報処理学会第80回全国大会プログラム, 早稲田大学, 2018年3月13-15日   2018年3月13日   
コードメトリクスと閾値による保守性評価:品質要求に基づいたカスタマイズ
津田直彦, 鷲崎弘宜, 深澤良彰
第24回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE2017   2017年11月24日   
IPA RISE委託研究 2015-16年度 測定評価と分析によるソフトウェア製品品質の実態定量化および総合的品質評価枠組みの確立(報告セミナー用) [招待有り]
鷲崎弘宜, 津田直彦, 本田澄
JISA Digital Masters Forum 2017   2017年10月24日   
保守性に対する熟練者判断を用いたソースコード自動評価の最適化
津田直彦, 鷲崎弘宜, 深澤良彰
日本ソフトウェア科学会第34回大会, ポスター, 慶應義塾大学, 日吉   2017年9月20日