論文

査読有り
2015年5月

狭域空間での情報共有のため人とスマートデバイス間の協働により一時的なグループを形成するシステムの開発

情報処理学会トランザクション コンシューマ・デバイス&システム
  • 城ケ崎 寛
  • ,
  • 森 信一郎
  • ,
  • 渡辺 悠太
  • ,
  • 中村 嘉隆
  • ,
  • 高橋 修

13
9
開始ページ
1
終了ページ
7
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
出版者・発行元
情報処理学会

スマートデバイスの普及により,信頼のおける少人数のメンバーが一時的なグループ形成し情報共有する場面が増えてきている.こうした場面で一時的なグループの素早い形成が必要とされている.本稿では,グループのメンバー間の信頼関係を人の認知能力とスマートデバイスと協働して確認する.提案システムにより,直感的なインターフェースを利用してグループを形成するための認証手続き負荷を軽減し迅速な情報共有のニーズに対応することが可能であることを確認したので報告する.

エクスポート
BibTeX RIS