工藤 知草

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/26 03:16
 
アバター
研究者氏名
工藤 知草
 
クドウ トモシゲ
所属
金沢工業大学
部署
金沢工業大学 基礎教育部 数理基礎教育課程
職名
講師

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
   
 
金沢工業大学 数理工教育研究センター 講師
 
2008年4月
 - 
2015年3月
東京学芸大学 非常勤講師
 
2001年4月
 - 
2015年3月
早稲田大学高等学院 非常勤講師
 

学歴

 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京学芸大学 教育学研究科 理科教育専攻
 
2000年4月
 - 
2005年3月
早稲田大学 理工学研究科 物理学及応用物理学専攻
 
1994年4月
 - 
1998年3月
東京学芸大学 教育学部 特別教科教員養成課程・理科専攻
 

論文

 
高大連携による数理教育研究プロジェクトの展開-平成28年度研究活動と意見交換-
内村 博和, 堤 厚博, 河津 祐之介, 工藤 知草, 西 誠, 金丸 保典
平成29年度工学教育研究講演会講演論文集   242-243   2017年8月
平成17年より行われている高大連携による数理教育研究の平成28年度研究活動と意見交換内容について紹介した。
正課授業と課外活動での能動的学修
三嶋 昭臣, 西岡 圭太, 工藤 知草
日本物理学会 2015年秋季大会   70(2) 3081-3081   2015年9月
課外活動と正課授業でのアクティブ・ラーニング
三嶋 昭臣, 西岡 圭太, 工藤 知草
平成27年度 教育改革ICT戦略大会   194-195   2015年9月
ピア・インストラクションによる統計学入門講義の実践
谷口 哲也, 西 誠, 工藤 知草, 山岡 英孝
工学教育研究講演会 講演論文集   64 200-201   2016年9月
統計学の入門的講義における,ピア・インストラクションの実施について報告した.特にピア・インストラクションの概要と,実施した問題の報告,及び今後の展望について述べた.
アクティブラーニングによる技術力と数理力の向上
三嶋 昭臣, 西岡 圭太, 篠田 昌久, 工藤 知草
私立大学情報教育協会 教育改革ICT戦略大会   164-165   2016年9月

Misc

 
アクティブ・ラーニングによる実験授業とICT活用のレポート課題
三嶋 昭臣, 北庄司 信之, 西岡 圭太, 工藤 知草, 田中 忠芳
日本物理学会 講演概要集 第72回年次大会   172(1) 3396-2017   2017年3月

書籍等出版物

 
新田 英雄, 工藤 知草
オーム社   2005年   

講演・口頭発表等

 
高校生を対象としたLED 光源を用いた光の三原色と色の三原色についての講座の開催
大藪 又茂, 藤井 俊, 内村 博和, 西岡 圭太, 工藤 知草, 山岡 英孝
日本化学会第99年会   2018年3月   日本化学会
2017年7月に「光と色の不思議」というテーマで高校生を対象とした「KIT数理講座」を開催した.講義では,太陽光や蛍光灯の光を波長ごとに分解できること,パソコン,テレビなどの発色は光の三原色のRGBの比率を変えることでカラー化されることなどを示した.数名ずつのグループに分けておこなった.R,G,Bの3つのLED光源を白紙上に照射して,光の三原色の実演をやってもらった.つぎに,色紙の「色」について,赤い色紙はなぜ「赤く」見えるのかなどを考えてもらい ,それらの解答から光の三原色と色の三原色の...

Works

 
中村 晃, 工藤 知草, 西岡 圭太   2018年4月 - 2019年3月
中村 晃, 西岡 圭太, 工藤 知草   2017年4月 - 2018年3月
工藤 知草   教材   2016年8月

社会貢献活動

 
数学と物理の概念問題の開発とピア・インストラクションの実践
【講師】  「高大連携による数理教育研究会」第2回 定例研究会(通算61回)  (金沢工業大学(23号館415教室))  2018年9月29日
第11回 数理工談話会 「ミクロな粒子の実在を記述する方程式は存在するのか」
【講師】  金沢工業大学 数理工教育研究センター  第11回 数理工談話会  (金沢工業大学 扇が丘キャンパス)  2016年11月9日
アインシュタインは量子力学の創始者の一人で、その業績でノーベル賞を受賞した。ソルベェイ会議における「不確定性原理」に関するアインシュタイン=ボーア論争、アインシュタイン=ポドルスキー=ローゼンのパラドックスに関するベルの不等式の検証実験について説明する。また、もう一つの量子力学である「確率力学」をMatlabのシミュレーションを活用しながら解説する。さいごに、アインシュタインの思想の意味について再び考える。
【講師】  金沢工業大学 数理工教育研究センター  KIT数理講座(高校生対象)  (金沢工業大学 扇が丘キャンパス)  2016年7月16日
運動の第1法則(慣性の法則)は、物体に力が働かない場合、物体が一定の速さで直線運動し続けるか、静止し続けるという法則である。運動の第2法則は、もし物体に加速度が生じたときには、その原因は力であり、運動方程式が成立すること示している。地球上では、摩擦力や空気抵抗があるため、力が存在しない状況をイメージすることは困難であり、誤概念が生じることが多い。今回の講座では、友達と協力しながら運動の3法則を実験で検証し、正しい概念と本質的な理解を獲得する。またクリッカーで予測し、楽しみながらディスカッシ...