論文

査読有り
2020年

飛来塩分環境下にあるコンクリートの 表面塩化物イオン濃度評価式の検討

土木学会論文集E2
  • 佐伯 竜彦
  • ,
  • 富山 潤
  • ,
  • 中村 文則
  • ,
  • 中村 亮太
  • ,
  • 花岡 大伸
  • ,
  • 安 琳
  • ,
  • 佐々木 厳
  • ,
  • 遠藤 裕丈

76
2
開始ページ
98
終了ページ
108
記述言語
日本語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
DOI
10.2208/jscejmcs.76.2_98
出版者・発行元
土木学会

本研究は,同一の薄板モルタル供試体を用いて,日本各地の101か所において暴露試験を行い,飛来塩分環境を評価した.暴露供試体への塩化物イオン浸透量をコンクリートの表面塩化物イオン濃度に換算し,標高,風向,波エネルギーの影響を考慮して離岸距離を補正した,「補正距離」によって,地域によらず一律に表面塩化物イオン濃度を評価できる推定式を提案した.

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.2208/jscejmcs.76.2_98
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007833612
ID情報
  • DOI : 10.2208/jscejmcs.76.2_98
  • CiNii Articles ID : 130007833612

エクスポート
BibTeX RIS