井出 和希

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/15 09:30
 
アバター
研究者氏名
井出 和希
URL
https://kyouindb.iimc.kyoto-u.ac.jp/j/jB1iG
所属
京都大学
部署
学際融合教育推進センター 政策のための科学ユニット
職名
特定助教
学位
博士(薬科学)(静岡県立大学)
その他の所属
静岡県立大学
ORCID ID
orcid.org/0000-0001-6377-1361

研究分野

 
 

経歴

 
2016年10月
 - 
現在
京都大学 学際融合教育研究推進センター 政策のための科学ユニット 特定助教
 
2015年4月
 - 
2016年9月
日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2016年9月
静岡県立大学 薬食生命科学総合学府 博士後期課程 薬科学専攻
 
2011年4月
 - 
2013年3月
静岡県立大学大学院 薬学研究科 博士前期課程 薬科学専攻
 
2007年4月
 - 
2011年3月
静岡県立大学 薬学部 薬科学科
 

委員歴

 
2017年11月
 - 
現在
Tropical Medicine and Infectious Disease (Australasian College of Tropical Medicine).  査読委員
 
2017年2月
 - 
現在
Nutrients (MDPI AG).  査読委員
 
2016年11月
 - 
現在
The Journal of Alternative and Complementary Medicine (International Society for Complementary Medicine Research).  査読委員
 
2016年2月
 - 
現在
Cogent Psychology (Taylor & Francis Group).  査読委員
 

受賞

 
2014年9月
ESPEN 2014 Outstanding Abstract
 
2014年3月
茶学術研究会 学術奨励賞
 

論文

 
Exponential distribution of total depressive symptom scores in relation to exponential latent trait and item threshold distributions: a simulation study.
Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Yamada H, Furukawa TA.
BMC Res Notes.   in press.    2017年11月   [査読有り]
Influence of institution-based factors on preoperative blood testing prior to lowrisk surgery: a Bayesian generalized linear mixed approach.
Ide K, Yonekura H, Kawasaki Y, Kawakami K.
Comput Math Methods Med.   in press.    2017年11月   [査読有り]
Item Response Patterns on the Patient Health Questionnaire-8 (PHQ-8) in a Nationally Representative Sample of US Adults.
Tomitaka S, Kawasaki Y, Ide K, Akutagawa M, Yamada H, Ono Y, Furukawa TA.
Front Psychiatry.   in press.    2017年11月   [査読有り]
Preoperative blood tests conducted prior to low-risk surgery in Japan: a retrospective observational study using a nationwide insurance claims database.
Yonekura H, Seto K, Ide K, Kawasaki Y, Tanaka S, Nahara I, Takeda C, Kawakami K.
Anesth Analg.   in press.    2017年11月   [査読有り]
Preoperative pulmonary function tests before low-risk surgery in Japan: a retrospective cohort study using a claims database.
Yonekura H, Ide K, Seto K, Kawasaki Y, Tanaka S, Nahara I, Takeda C, Kawakami K.
J Anesth.   in press.    2017年10月   [査読有り]

Misc

 
労働者の性・年齢別の体重・腹囲変化と運動習慣、脂肪領域特定保健用食品飲料の飲用頻度の影響.
碓井知子, 竹内正人, 井出和希, 川上浩司.
第21回日本病態栄養学会年次学術集会.      2018年1月
カテキン誘導体浸透マスクのインフルエンザ様疾患予防効果:ランダム化二重盲検比較対照試験.
冨嶋勝夢, 池谷怜, 藤井貞子, 八幡由美子, 飯田規央, 小暮健太, 川崎洋平, 井出和希, 西村拓馬, 諸星晴香, 古島大資, 田熊規方, 開發邦宏, 山田浩.
第14回日本カテキン学会年次大会.      2017年11月
妊娠期の母親の喫煙状況と子のアレルギー性鼻炎保有率との関連:防府市の母子保健情報と学校健診情報の連接による疫学研究.
吉田都美, 井出和希, 尾板靖子, 川上浩司.
一般社団法人日本学校保健学会 第64回学術大会.      2017年11月
学校健診レポートの有用性と情報の利活用に対する理解:連携7自治体の保護者を対象としたアンケート調査.
井出和希, 吉田都美, 尾板靖子, 川上浩司.
一般社団法人日本学校保健学会 第64回学術大会.      2017年11月
妊婦・授乳婦に対する薬剤師の取り組みに男女差はあるのか?−アンケート調査からみえたもの−
加藤祥世, 井出和希, 小林豊, 北村修 .
第27回日本医療薬学会年会.      2017年11月

書籍等出版物

 
リアルワールドデータの市場予測と医薬品研究開発への活用.
井出和希, 川上浩司. (担当:共著, 範囲:ライフコースデータとRWDの利活用ノウハウ)
株式会社 技術情報協会   2017年   
Studies in Natural Products Chemistry.
Ide K, Kawasaki Y, Kawakami K, Yamada H. (担当:共著, 範囲:Effects of bioactive components of green tea on Alzheimer’s disease.)
Elsevier.   2017年   
エキスパートが教える薬の使い方×エビデンスの調べ方.
井出和希. (担当:共著, 範囲:16. てんかん.)
じほう社   2017年   
生物統計・臨床研究デザイン テキストブック.
井出和希. (担当:共著, 範囲:分散分析.)
メディカル・パブリケーションズ   2015年   

競争的資金等の研究課題

 
健康・保健教育の向上を目標とする 学校健診情報の還元に向けた保護者ニーズの探索
一般社団法人日本学校保健学会: 平成29年度企画研究
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 井出 和希
緑茶を利用した認知症補完代替医療の臨床的展開と作用メカニズムの解析
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 井出 和希