川上 理

J-GLOBALへ         更新日: 17/12/02 04:08
 
アバター
研究者氏名
川上 理
eメール
kawakamisaitama-med.ac.jp
所属
埼玉医科大学
部署
医学部総合医療センター 泌尿器科
職名
准教授
学位
医学博士(東京医科歯科大学), 医学博士(東京医科歯科大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
2010年6月
東京医科歯科大学大学院 医学部 泌尿器科学
 

学歴

 
1982年4月
 - 
1988年3月
東京医科歯科大学 医学研究科 泌尿器科
 

委員歴

 
2005年8月
 - 
現在
日本泌尿器科学会  編集委員会 編集幹事
 
2005年8月
 - 
現在
日本泌尿器科学会  編集委員会 編集幹事
 
2008年11月
 - 
現在
日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会  幹事
 
2010年4月
 - 
現在
日本小切開・鏡視外科学会  評議員
 
2015年
 - 
現在
日本泌尿器癌局所療法研究会  世話人
 

受賞

 
2010年4月
日本泌尿器科学会 第98回 日本泌尿器科学会総会賞(日本泌尿器科学会)
 
2015年6月
日本泌尿器科学会埼玉地方会 ベストプレゼンテーション賞 総腸骨静脈血栓を合併した巨大腎血管筋脂肪腫に対し一時的下大静脈フィルターを留置し摘除しえた1例
受賞者: 張英軒、諸角誠人、矢野晶大、平沼俊介、立花康次郎、杉山博紀、竹下英毅、岡田洋平、永松秀樹、川上 理、山田 拓己
 
2015年7月
埼玉医科大学 Best Effort of the Year 2014
 
2017年5月
American Urological Association 2017 AUA Best Poster Definitive management of carcinogenic surgical smoke during transurethral resection of the prostate using a closed irrigation system
受賞者: Okada Y, Takeshita H, Uchijima Y, Kawakami S
 
2007年3月
Best Poster Presentation at the 22nd Annual EAU Congress (European Association of Urology)
 

論文

 
Percent decrease of serum prostate-specific antigen after dutasteride administration is equivalent in men with clinical benign prostatic hyperplasia having baseline prostate-specific antigen >10 ng/mL and those having baseline prostate-specific antigen 2.
Takeshita H, Kawakami S, Yano A, Okada Y, Morozumi M, Yamada T
International Journal of Urology   24(3) 238-239   2017年3月   [査読有り]
出血性ショックに対する腎動脈塞栓術後,腫瘍圧迫により左総腸骨静脈血栓を発症した巨大腎血管筋脂肪腫手術例
張英軒、諸角誠人、矢野晶大、立花康次郎、平沼俊亮、杉山博紀、竹下英毅、岡田洋平、川上理、長田久人、山下高久、田丸淳一
日本泌尿器科学会雑誌   108 96-100   2017年1月   [査読有り]
Yamada Y, Matsubara N, Tabata KI, Satoh T, Kamiya N, Suzuki H, Kawahara T, Uemura H, Yano A, Kawakami S.
BMC Res Notes   9(1) 471   2016年10月   [査読有り]
尿管口を巻き込む筋層非浸潤癌に対するTUEB電極を用いたTransurethral Dissection (TUD)
Audio-Visual Journal of JUA   21 21-21   2016年10月   [査読有り]
心臓に到達する腫瘍栓を有するcT3c腎細胞癌根治術における血管確保の有用性
平沼俊亮、諸角誠人、矢野晶大、立花康次郎、杉山博紀、張 英軒、竹下エ英毅、岡田洋平、川上 理、山田拓己、小澤文明、別宮好文、今中和人
泌尿器外科   29 1171-1174   2016年7月   [査読有り]

Misc

 
精巣腫瘍のchoriocarcinoma syndrome
星宣次, 沼畑健司, 尾形幸彦, 菅野理, 大本英次郎, 竹内晃, 斉藤英郎, 石戸谷滋人, 荒井陽一, 河合弘二, 川上理, 雑賀隆史
山形県立病院医学雑誌   42 122-125   2008年7月   [査読有り]

書籍等出版物

 
第8章 泌尿・生殖器疾患 49 前立腺肥大症
医学書院   2016年12月   
第8章 泌尿・生殖器疾患 50 前立腺癌
2016年12月   
緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図 第2版 第7章 50. 乏尿・無尿・尿閉
医学書院   2014年10月   
Q452 PSA値が4ng/mlであれば生検検査をするべきですか?
新 癌についての質問に答える   2013年6月   
Q453 前立腺癌診断のために直腸診とMRI検査は必要ですか?
新 癌についての質問に答える   2013年6月   

講演・口頭発表等

 
立体生検に基づく限局性前立腺癌の診断・治療戦略
第19回 秋田県前立腺癌研究会   2008年11月   
PSA kinetics 前立腺癌診療における意義と課題
第97回 日本泌尿器科学会総会   2009年4月   
前立腺癌治療のupdate
第2回 会津前立腺癌講演会   2009年5月   
ドセタキセルはどれだけ長く使えるか -使い方の工夫
Prostate Cancer Chemotherapy Seminar   2009年6月   
Prostate cancer diagnosis: Results from the TMDU/CIH Prostate Database
1st Ochanomizu Prostate Cancer Workshop   2009年9月   

Works

 
がんの悩み相談室 -前立腺がん-
その他   2010年1月
Saitama Prostate Cancer Update 前立腺癌の外科治療を考える
井坂茂夫、川上 理、住友 誠、蜂谷隆彦   その他   2010年10月
こんな時は泌尿器科に 6 前立腺肥大症Q&A
その他   2011年2月
ポイントにタッチ! 前立腺がんマスター講座 第9回 ホルモン療法の副作用
その他   2015年9月

競争的資金等の研究課題

 
尿路上皮の発生・分化・癌化におけるp51/p63の役割の解析
東京医科歯科大学: 基盤研究C
研究期間: 2002年4月 - 2004年3月
Activinのヒト前立腺癌細胞LnCapおよび正常前立腺上皮細胞のPSA産生に対する効果
東京医科歯科大学: 基盤研究C(2)
研究期間: 2004年4月 - 2006年3月
前立腺肥大症に対するデュタステリド療法の後方視的検討
埼玉医科大学総合医療センター泌尿器科: 
研究期間: 2010年7月 - 現在
去勢抵抗性前立腺癌におけるバイオマーカーの検討
埼玉医科大学総合医療センター泌尿器科: 
研究期間: 2015年 - 現在
急性陰嚢症とくに精巣捻転症の診断と外気温との関連についての前方視的検討
埼玉医科大学総合医療センター: 
研究期間: 2015年 - 現在

社会貢献活動

 
ポイントにタッチ! 前立腺がんマスター講座 第9回 ホルモン療法の副作用
【寄稿】  株式会社オーエムシー  PROSTELLA 第10号  2015年9月
肥大症とがんの最新情報
【講師】  キッセイ薬品工業株式会社  前立腺疾患市民公開講座  (狭山市市民交流センター)  2015年11月
Round Table Discussion 転移性前立腺癌薬物療法の新たな潮流
【パネリスト】  メディカルレビュー社  Prostate Cancer Front Line  (Vol 5 No 1 Page 2-10)  2016年8月
日本泌尿器科学会編集委員会 編集幹事
【】  2005年8月 - 現在