TSUBAKI Shinichi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 29, 2019 at 09:51
 
Avatar
Name
TSUBAKI Shinichi
Research funding number
20404204

Research Areas

 
 

Published Papers

 
椿 真一
愛媛大学農学部紀要   (63) 8-15   Dec 2018
椿 真一
農業問題研究 = Journal of the rural issues   48(1) 20-28   Mar 2017
椿 真一
農村経済研究 = Journal of rural society and economics   33(2) 70-79   Dec 2015
椿 真一
農業問題研究 = Journal of the rural issues   43(2) 10-20   Jan 2012
椿 真一
農村経済研究 = Journal of rural society and economics   29(2) 28-35   Dec 2011
TSUBAKI Shinichi
JOURNAL OF RURAL SOCIETY AND ECONOMICS   29(2) 28-35   2011
The number of "community-based group farming in paddy field agriculture" is gradually increasing in Akita Prefecture, because of direct payment for Land- extensive Farming. This paper provides a case study of the community-based group farming in p...
Tsubaki Shinichi
Coastal bioenvironment   8 27-34   2006
WTO交渉の帰結次第では、米価はいっそう下落することが予想される。佐賀県では品目横断的経営安定対策の影響は、現時点ではそれほど大きくはないと考えられる。しかし、米についても同対策に組み込まれることになれば、大規模稲作経営にとってはそれへの加入が経営展開にとって必要条件となる。唐津市の大規模農家の調査から明らかになったことは、規模拡大に制約条件があるため、面的拡大よりも園芸など集約部門の維持が必要であることである。さらに、米の個別販売を行ってはいるが、品目横断政策への加入が求められることである。
Tsubaki Shinichi
Coastal bioenvironment   8 21-26   2006
上場台地は畜産が盛んであり、とくに肉牛肥育経営の大規模化が進んでいる。畜産経営の大規模化にとっては、家畜から排泄される糞尿を堆肥化して、それを処理することが求められる。しかし、堆肥の流通はそれほど進んでいない。むしろ上場台地の耕地に過剰投入され、環境問題を引き起こしている可能性がある。したがって、堆肥を広域的に流通させる必要があるのだが、そのためにも、堆肥供給者と堆肥利用者の双方を分析することによって、その利用促進にかかる課題を析出することの必要性を指摘した。
Tsubaki Shinichi, Murata Takeshi
Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University   60(1) 65-74   Feb 2005
The bunber of the collective groups for agricultural priduction is gradually increase, that is worthy remarkable. In this circumstances, it is necessary to trace agricultural policy towards collective groups. The purpose of this study is to provid...
Tsubaki Shinichi
Coastal bioenvironment   6 15-26   2005
2005年10月に、2007(平成19)年度より「品目横断的経営安定対策」が投入されることが決定した。品目横断的経営安定対策は、これまで品目ごとに行ってきた経営安定対策を統合・再編し、経営(全体)を単位とした経営安定対策にかえ、これまで全農家を一律とした施策から、施策対象を選別するものである。この大きな農政転換を迎えるにあたって、当研究センターが位置する東松浦地域ではどのような影響が予想されるかを、地域農業構造分析とともに、大規模農家の経営分析を通して検討したものが本稿である。分析の結果、...
TSUBAKI Shinichi, SATO Kazuko, CHANG Tokki, MURATA Takeshi
Science bulletin of the Faculty of Agriculture, Kyushu University   57(2) 237-245   Feb 2003
This paper is a case of the present situation of the hilly and mountainous areas in Fukuoka city, which are socio-economic difficulty. The result from the case study analysis provides us the meaningful conclusions as follows: 1.The land adjustmen...

Misc

 
TSUBAKI S.
The Agricultural Marketing Journal of Japan   13(2) 135-137   2004

Conference Activities & Talks

 
TSUBAKI Shinichi
Review of agricultural economics   1 Jul 2007