論文

2017年6月

考え込みと刺激の感情価による検索誘導性忘却の差異の検討

行動医学研究
  • 佐藤 秀樹
  • ,
  • 竹林 唯
  • ,
  • 入野 晴菜
  • ,
  • ,
  • 伊藤 理紗
  • ,
  • 鈴木 伸一

23
1
開始ページ
016
終了ページ
023
記述言語
英語
掲載種別
研究論文(学術雑誌)
出版者・発行元
日本行動医学会

本研究の目的は、反すうの中でもネガティブな認知的処理を表す考え込み(brooding)と刺激の感情価の交互作用による検索誘導性忘却の差異を検討することであった。健康な大学生・大学院生37名を対象に、検索経験パラダイムと質問紙調査を実施した。検索経験パラダイムでは、テスト段階の正再生率を測定した。分散分析の結果、考え込みの得点に関わらず、ニュートラル刺激では検索誘導性忘却が生じたが、ネガティブ刺激では検索誘導性忘却が生じなかった。こうした結果から、制止説の観点から、考え込みによって活性化される個人内の記憶表象と刺激の表象の競合、加えて刺激間の競合による記憶検索の制御的処理の違いについて考察された。(著者抄録)

エクスポート
BibTeX RIS