小泉 順也

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/30 02:59
 
アバター
研究者氏名
小泉 順也
 
コイズミ マサヤ
所属
一橋大学
部署
言語社会研究科
職名
准教授
学位
博士(学術)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
2012年3月
日本女子大学 家政学部通信教育課程 非常勤講師
 
2007年4月
 - 
2013年3月
法政大学 文学部 非常勤講師
 
2009年9月
 - 
2010年3月
青山学院女子短期大学 教養学科 非常勤講師
 
2009年10月
 - 
2012年3月
東京大学 グローバルCOE 共生のための国際哲学教育研究センター 研究員
 
2010年4月
 - 
2012年3月
國學院大學 文学部哲学科 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
1998年3月
東京大学 教養学部 教養学科フランス分科
 
 
 - 
2001年3月
東京大学 総合文化研究科 超域文化科学専攻(比較文学比較文化コース)
 
 
 - 
2008年9月
東京大学 総合文化研究科 超域文化科学専攻(比較文学比較文化コース)
 

受賞

 
2010年5月
花王芸術・科学財団 花王芸術・科学財団 第4回美術に関する研究奨励賞
 
2011年5月
鹿島美術財団 第18回鹿島美術財団優秀賞
 

論文

 
小泉 順也
『比較文学・文化論集』   (22) 14-36   2005年3月
シャルル・ブランと画人伝の系譜
小泉 順也
『レゾナンス』   (3) 133-134   2005年3月
西村正也著『コクトー、1936年の日本を歩く』(書評)
小泉 順也
『比較文学研究』   (86) 169-174   2005年11月
美術情報のドキュメンテーション : 駒場美術博物館資料室の限界と可能性
小泉 順也
『技術報告集』(駒場キャンパス技術発表会)   (3) 11-14   2007年10月
小泉 順也
『技術報告集』(駒場キャンパス技術発表会)   (4) 25-30   2008年10月

Misc

 
小泉 順也
『ボルドー美術館展』(展覧会カタログ)   35-38, 48, 56, 61-62, 65, 84, 86   2000年4月
小泉 順也
『西洋美術研究』   (3) 14-32   2000年9月
ラファエル・コラン展 (展覧会カタログ評)
小泉 順也
『比較文學研究』   (77) 153-156   2001年2月   [査読有り][依頼有り]
小泉 順也
『ミレー、心の旅:ノルマンディからバルビゾンまで』(展覧会カタログ)   7-19   2001年7月
小泉 順也
『小泉八雲 没後百周年記念国際シンポジウム「世界中のラフカディオ・ハーン」』   103-115   2004年9月

書籍等出版物

 
『ジャポニスム入門』
ジャポニスム学会編 (担当:分担執筆, 範囲:「ジャポニスム年表」)
思文閣出版   2000年11月   ISBN:978-4784210534
『展覧会カタログの愉しみ』 (共著)
今橋映子編著 (担当:分担執筆, 範囲:「ラファエル・コラン展」)
東京大学出版会   2003年6月   ISBN:978-4130830362
『「ゴッホの夢」美術館 : ポスト印象派の時代と日本』 (共著)
圀府寺司監修 (担当:分担執筆, 範囲:「ゴーガンと日本」「ブルターニュからタヒチへ」)
小学館   2013年3月   ISBN:978-409682065
『西洋近代の都市と芸術2 : パリI 19世紀の首都』
小泉 順也 (担当:共著, 範囲:「ゴンクール兄弟と美術 : 感覚と論理のあわいに生まれた美意識」)
竹林舎   2014年3月   ISBN:9784902084641
『ジェンダーにおける「承認と「再配分」』 (共著)
小泉 順也 (担当:共著, 範囲:「フランスの地方美術館による作品収蔵と芸術家の様相:印象派とポスト印象派を中心に」)
彩流社   2015年3月   ISBN:978-4-7791-2081-7

講演・口頭発表等

 
シャルル・シャッセ再考:ポン=タヴェン派の言説とブルターニュの地域主義
小泉 順也
日本比較文学会全国大会   2007年6月17日   
駒場美術博物館資料室の限界と可能性
小泉 順也
東京大学生産技術研究所発表会   2007年10月26日   
ゴーガン没後の顕彰のゆくえ:ピエール・ジリウーの《ゴーガンへのオマージュ》をめぐって
小泉 順也
美術史学会全国大会   2008年5月31日   
アルチュール・アリヴェと第一高等学校
小泉 順也
東京大学生産技術研究所技術発表会   2008年10月17日   
Les images potentielles chez Paul Gauguin et l'école de Pont-Aven
小泉 順也
UTCPセミナー「作品は誰のものか:イメージ研究における解釈者のステータス」   2009年7月14日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月
美術制度から見たナビ派の受容と現在
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月