UEDA Kunihiro

J-GLOBAL         Last updated: Nov 2, 2017 at 16:08
 
Avatar
Name
UEDA Kunihiro
Affiliation
Kobe Tokiwa University
Job title
Professor

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Okuda A, Kurokawa S, Takehashi M, Maeda A, Fukuda K, Kubo Y, Nogusa H, Takatani-Nakase T, Okuda S, Ueda K, Tanaka S
BMC neuroscience   18(1) 14   Jan 2017   [Refereed]
M. Tanaka, H. Kohri, T. Ohta, M. Yosoi, M. Fujiwara, K. Ueda, S. Imoto, K. Takamatsu, J. P. Didélez, G. Frossati, A. de Waard, Yu Kiselev, S. Makino, H. Fujimura, K. Fukushima, S. Fukushima, H. Kondoh
Physics of Particles and Nuclei   44 959-963   Nov 2013
The project in producing the hyperpolarized 3 He and 19 F are addressed in pursuit of radiation free medical diagnosis. The program for production of the hyperpolarized 3 He by the brute force method with the Pomeranchuk cooling and the rapid m...
Yamazaki K, Tanaka S, Sakata R, Miwa S, Oriyanhan W, Takaba K, Minakata K, Marui A, Ikeda T, Toyokuni S, Komeda M, Ueda K
Journal of enzyme inhibition and medicinal chemistry   28(1) 143-147   Feb 2013   [Refereed]
POCT Beyond the Hospital as a Preventive Medicine Model, Using the Mobile Health Check System in Japan
Sakamoto Hideo, Mukai Masahiko, Yanagida Jun-ichiro, Imanishi Akiko, Ishiyama Satoko, Ueno Rie, Ueda Kunihiro, Hata Kiyomi, Matsuda Masafumi, Kamada Michiko, Katayama Yoshiaki, Imoto Shion, Morimatsu Shinichi, Matsuda Mitsunobu, Kanbara Megumi
AMERICAN JOURNAL OF CLINICAL PATHOLOGY   140 44   Sep 2013   [Refereed]
Banasik M, Stedeford T, Strosznajder RP, Takehashi M, Tanaka S, Ueda K
Journal of enzyme inhibition and medicinal chemistry   26(6) 883-889   Dec 2011   [Refereed]
Masayoshi Tanaka, Takayuki Kunimatsu, Mamoru Fujiwara, Hideki Kohri, Takeshi Ohta, Masahiko Utsuro, Masaru Yosoi, Satoshi Ono, Kohji Fukuda, Kunihiko Takamatsu, Kunihiro Ueda, Jean P. Didelez, Giorgio Prossati, Arlette De Waard
Journal of Physics: Conference Series   295    Jun 2011
We have been developing a polarized HD target for particle physics at the SPring-8 under the leadership of the RCNP, Osaka University for the past 5 years. Nuclear polarizaton is created by means of the brute force method which uses a high magneti...
[HCV-RNA test in hepatitis C virus infection--a systematic review].
Takedai M, Takatani A, Funato T, Ino K, Nakayama T, Nomura F, Miyachi H, Noboru T, Ueda K
Rinsho byori. The Japanese journal of clinical pathology   56(10) 868-876   Oct 2008   [Refereed]
6,(5H)-phenanthridinone protects against carbon tetrachloride-induced cytotoxicity in human HepG2 cells.
Grivas PC, Tanaka S, Ueda K, Johnson G, Harbison RD
Research communications in molecular pathology and pharmacology   120-121(1-6) 117-126   2007   [Refereed]
Differential effects of heterocyclic amines on poly(ADP-ribose) polymerase-1 and mono-ADP-ribosyltransferase A.
J. Physiol. Pharmacol.   57(4) 15-22   2006
Oyanagi H, Takenaka K, Ishikawa S, Kawano Y, Adachi Y, Ueda K, Wada H, Tanaka F
Lung cancer (Amsterdam, Netherlands)   46(1) 21-28   Oct 2004   [Refereed]
The effects of organic solvents on poly(ADP-ribose) polymerase-1 activity: implications for neurotoxicity.
Acta Neurobiol. Exp.   64(4) 467-473   2004
Septin 3 gene polymorphism in Alzheimer’s disease.
Gene Expression 11
11(5-6) 263-270   2004
Expression of septin 3 isoforms in human brain.
Gene Expression   11(5-6) 271-278   2004
Hepatoprotective effects of 6(5H)-phenanthridinone from chemical-induced centrilobular necrosis.
Res. Commun. Mol. Pathol. Pharmacol.   115 15-20   2004
Overexpression of CYP2D6 attenuates the toxicity of MPP+ in actively dividing and differentiated PC12 cells.
Matoh, N., Tanaka, S., Takehashi, M., Banasik, M., Stedeford, T., Masliah, E., Suzuki, S., Nishimura, Y., and Ueda, K.   11(3-4) 117-124   2003
Hepatocellular accumulation of poly(ADP-ribose) in male ICR mice treated with a necrogenic dose of carbon tetrachloride.
Res. Commun. Mol. Pathol. Pharmacol.   113-114 171-179   2003
Generation of reactive oxygen species and activation of NF-kappaB by non-Abeta component of Alzheimer's disease amyloid.
Tanaka S, Takehashi M, Matoh N, Iida S, Suzuki T, Futaki S, Hamada H, Masliah E, Sugiura Y, Ueda K
Journal of neurochemistry   82(2) 305-315   Jul 2002   [Refereed]
Involvement of sulfated glycosaminoglycans with the internalization of basic peptides.
Peptides Science 2001   221-224   2002
Possible existence of common internalization mechanisms among arginine-rich peptides.
J. Biol. Chem.   227(4) 3437-3443   2002
Trp-P-1 and Trp-P-2 modulate the activity of poly(ADP-ribose) synthetase in vitro.
The Toxicologist   66(1-S) 76   2002
The effect of ethanol, methanol, and dimethyl sulfoxide on poly(ADP-ribose) synthetase activity.
The Toxicologist   66(1-S) 76   2002
Dinucleotide repeats in monoamine oxidase A gene associated with Alzheimer’s disease and Lewy body variant.
Clin. Chem Lab. Med.   40    2002
Searching for common protein networks in neurodegenerative disorders.
Genome Informatics   13 330-331   2002
Characteristics of membrane permeable arginine-rich peptides.
""Peptide Science 2000"" (T.Shioiri, ed.)   89-92   2001
Application of arginine-rich RNA-binding peptides to gene delivery.
""Peptide Science 2000"" (T.Shioiri, ed.)   241-242   2001
Cloning and characterization of LUN, a novel RING finger protein that is highly expressed in lung and specifically binds to a palindromic sequence.
J. Biol. Chem.   276(17) 14004-14013   2001
Translocation of various arginine-rich peptides and the potential of these peptides as carriers for intracellular protein delivery.
""Peptides: The Wave of the Future” (K. Lebl and R. A. Houghten, eds.)   950-952   2001
Characterization of translocation behavior of argirine-rich membrane-permeable peptides.
“Peptides: The Wave of the Future” (K. Lebl and R. A. Houghten, eds.)   961-962   2001
Rapid detection of antibiotic resistance gene expression in MRSA based on the isothermal RNA amplification.
Clin. Chem. Lab. Med.   39 S230   2001
Bioconjugate Chem.   12(6) 1005-1011   2001
Intracellular delivery of synthetic peptides mediated by Tat-related peptides.
Peptide Science 1999   241-244   2000
?-Synuclein / NACP and neurodegeneration.
Neuroscientific Basis of Dementia   137-141   2000
Molecular diagnosis of Alzheimer disease in relation to Parkinson disease.
Clin. Chem. Lab. Med.   37 S156   1999
Direct amplification of Escherichia coli O157 vero toxin genes from human feces by polymerase chain reaction.
Clin. Chem. Lab. Med.   37 S156   1999
Development of an excellent ELISA for human liver-type arginase using monoclonal antibodies and its clinical usefulness.
Clin. Chem. Lab. Med.   37 S468   1999
Enhanced poly(ADP-ribosyl)ation after focal isochemia in rat brain.
J. Cerebral Blood Flow Metab.   18(9) 991-997   1998
Association of CYP2D microsatellite polymorphism with Lewy body variant of Alzheimer's disease.
Neurology   50(6) 1556-1562   1998
Possible role of poly(ADP-ribose) synthetase in neuronal degeneration.
Ueda, K.
Acta Neurobiol. Exp.   57 47   1997
Correlation between temporal lobe atrophy and APOE ?4(+) genotype in Alzheimer's disease: X-ray CT and MRI studies.
Neurobiol. Aging   17(4S) S61   1996
Ligand Western blotting for specific detection of active form of protease.
Clin. Chim. Acta   237(1,2) 31-41   1995
Gene diagnosis of Alzheimer's disease.
Ueda, K.
J. Dent. Res.   73(4) 915   1994
Leu106 ? Val (CTC ? GTC) mutation of superoxide dismutase-1 gene in patient with familial amyotrophic lateral sclerosis in Japan.
Lancet   343 1501   1994
Apolipoprotein E polymorphism in Alzheimer's disease and vascular dementia in Japanese.
J. Neurol. Neurosurg. Psychiat.   57(11) 1414-1416   1994
Activators and inhibitors of ADP-ribosylation reactions.
Mol. Cell. Biochem.   138 185-197   1994
Hyperthermic enhancement of cytotoxicity and increased uptake of cisdiaminedichloro- platinum (II) into cultured human esophageal cancer cells.
Jap. J. Cancer Res.   84(3) 336-340   1993
Development of an efficient ELISA system for human liver arginase and its clinical applications.
Clin. Chem.   39(5) 794-799   1993
Anti-liver arginase autoantibody; A prognostic marker for liver transplantation
Current Topics in Mucosal Immunology   243-248   1993
Ligand Western blotting for specific detection of active forms of protease.
Clin. Biochem. Revs.   14(4) S30   1993
Arginase as a new marker of hepatic lesions.
Clin. Biochem. Revs.   14(4) S38   1993
Biochemical monitoring of partial liver transplantation from living donors.
Clin. Biochem. Revs.   14(4) 200   1993
Autoantibody against human liver-type arginase and its clinical significance.
Clin. Biochem. Revs.   14(4) 14   1993
Improved assays of poly(ADP-ribose) metabolizing enzymes.
ADP-Ribosylation Reactions   338-342   1992
Specific inhibitors of poly(ADP-ribose) synthetase.
ADP-Ribosylation Reactions   343-350   1992
Molecular and cellular basis of poly(ADP-ribose) functions.
Recent Advances in Cellular and Molecular Biology   6 29-35   1992
Biological roles of mono- and poly(ADP-ribosyl)ation.
Proceedings of the 1st International Congress on Vitamins and Biofactors in Life Science ( T. Kobayashi, ed.)   267-270   1992
Aberrant expression of amyloid ?-protein precursor in Alzheimer's disease.
Progress in Clinical Biochemistry   285-287   1992
Specific inhibitors of poly(ADP-ribose) synthetase and mono(ADP- ribosyl) transferase.
J. Biol. Chem.   267(3) 1569-1575   1992
Age-related changes in the proportion of amyloid precursor protein mRNAs in Alzheimer's disease and other neurological disorders.
Mol. Brain Res.   15(2) 303-310   1992
Differential expression of three types of amyloid ?-protein precursor mRNA in the brain and nonneural tissues.
Alzheimer's Disease: Basic Mechanisms, Diagnosis and Therapeutic Strategies   313-320   1991
No correlation found between quantity of DNA-bound CDDP and cell survival in five human esophageal cancer cell lines.
Eur. Surg. Res.   23(Suppl. 1) 128   1991
Differential expression of amyloid ?-protein precursor mRNA in Alzheimer's disease brain.
Psychogeriatrics: Biomedical and Social Advances   85-89   1990
Differential expression of three types of amyloid protein precursor mRNA in Alzheimer's disease brain.
""Basic, Clinical, and Therapeutic Aspects of Alzheimer's and Parkinson's Disease   1 37-40   1990
A survey of specific inhibitors of ADP-ribosyltransferases.
The Biology and Medicine of Signal Transduction   725   1990
Poly(ADP-ribose) synthetase.
Ueda, K.
ADP-ribosylating Toxins and G Proteins: Insights into Signal Transduction   525-542   1990
Dual inhibitory effects of dimethyl sulfoxide on poly(ADP-ribose) synthetase.
J. Enzyme Inhib.   14(3) 239-250   1990
Poly(ADP-ribose) glycohydrolase and ADP-ribosyl group turnover.
ADP-Ribose Transfer Reactions: Mechanisms and Biological Significance   47-52   1989
New inhibitors of poly(ADP-ribose) synthetase.
ADP-Ribose Transfer Reactions: Mechanisms and Biological Significance      1989
Poly(ADP-ribose), its molecular biology and medicine.
Ueda, K.
Kor. J. Biochem.   21(2) 67-74   1989
Preventive effect of 3-aminobenzamide on the regulation of NAD levels in rat liver following administration of diethylnitrosamine.
J ap. J. Cancer Res. (Gann)   79(10) 1094-1100   1988
Nonredox reactions of pyridine nucleotides.
Ueda, K.
Pyridine Nucleotide Coenzymes, Part B   549-594   1987
Purification and characterization of poly(ADP-ribose) glycohydrolase. Differential modes of action on large and small poly(ADP-ribose).
J. Biol. Chem.   261(23) 14902-14911   1986
3-Deoxy-D-glycero-pentos-2-ulose, a novel pentose derived from poly(ADP-ribosyl) histones.
Current Topics in Cellular Regulation   27 253-264   1985
Immobilized poly(ADP-ribose) synthetase: Preparation and properties.
ADP-Ribosylation of Proteins   47-51   1985
5'-ADP-3""-deoxypentos-2""-ulose, a novel product of ADP-ribosyl protein lyase.
ADP-Ribosylation of Proteins   159-166   1985

Misc

 
φχ174ファージDNAのinvitro複製
上田國寛
生化学   50(4) 241-265   Apr 1978
遺伝子診療・今後のあり方を探る 臨床検査医の立場から
上田 國寛
遺伝子診療   (1995) 59-69   Jun 1995
遺伝子診断 遺伝子の検査と診断
上田 國寛
Molecular Medicine   33(1) 18-24   Dec 1995
DNA診断と遺伝子治療 臨床検査におけるDNA診断
木戸 隆宏, 上田 國寛
蛋白質・核酸・酵素   41(15) 2484-2490   Nov 1996
上田 國寛
ビタミン   71(4) 163-164   Apr 1997
ロシア革命の遺伝子診断
上田 國寛
臨床化学   26(Suppl.2) 27-27   Jun 1997
アルツハイマー病の原因遺伝子とその発症のメカニズム
田中 静吾, 上田 國寛
遺伝子医学   1(1) 62-71   Jul 1997
臨床遺伝子学'97 遺伝子診断 基礎から臨床へ 遺伝子診断のすすめ
上田 國寛
最新医学   52(増刊) 1995-1999   Oct 1997
上田 國寛
生物物理化学   42(補冊1) 2-2   Apr 1998
ナイアシンとアポトーシス
上田 國寛, 安達 喜文, 寺岡 正文
ビタミン   72(5〜6) 218-218   Jun 1998
ポリ(ADP-リボース)合成酵素の賦活剤と阻害剤
上田 國寛
ビタミン   72(7) 315-315   Jul 1998
アミロイド前駆体蛋白(APP)とアルツハイマー病 アルツハイマー病アミロイドβ/A4前駆体(APP)結合タンパク質cDNAのクローニングと性状解析
水口 正義, 安達 喜文, 原 雄二, 初 冬, 上田 國寛
生化学   70(8) 776-776   Aug 1998
癌の転移及び白血病における融合遺伝子 急性白血病関連キメラ癌タンパク質DEK-CAN/SET-CANの機能構造と細胞内相互作用
初 冬, 水口 正義, 上田 國寛, 安達 喜文
生化学   70(8) 771-771   Aug 1998
癌の転移及び白血病における融合遺伝子 急性白血病関連癌タンパク質SETと相互作用するタンパク質SETBP1の単離解析
水口 正義, 初 冬, 原 雄二, 上田 國寛, 安達 喜文
生化学   70(8) 771-771   Aug 1998
肝障害における尿素サイクル系酵素の変動とその逸脱性について
池本 正生, 恒川 昭二, 田中 明, 山岡 義生, 戸谷 誠之, 上田 國寛
生化学   70(8) 1004-1004   Aug 1998
生体肝移植後におけるヒト肝アルギナーゼ自己抗体の血中における変動とその臨床的意義について
池本 正生, 恒川 昭二, 田中 紘一, 笠井 康成, 戸谷 誠之, 上田 國寛
臨床化学   27(Suppl.3) 60c-60c   Sep 1998
マイクロサテライト多型を用いたCYP2D6遺伝子の検討 レビー小体病との関連
田中 静吾, 間藤 尚美, Williams T., Masliah E., 上田 國寛
Dementia Japan   12(2) 159-159   Sep 1998
モノ(ADP-リボシル)トランスフェラーゼの阻害剤
上田 國寛
ビタミン   72(10) 575-576   Oct 1998
レビー小体病の危険因子としてのCYP2D6遺伝子の検討
田中 静吾, 間藤 尚美, Williams T., 上田 國寛, Masliah E.
臨床神経学   39(1) 142-142   Jan 1999
神経細胞死におけるポリ(ADP-リボース)合成酵素の役割
上田 國寛
日本応用酵素協会誌   (33) 57-58   Feb 1999
脳虚血に伴うポリ(ADP-リボース)合成の著明な活性化
上田 國寛, 時女 知生
ビタミン   73(3) 227-228   Mar 1999
ポリ(ADP-リボシル)化とアポトーシス
上田 國寛
ビタミン   73(5〜6) 339-339   Jun 1999
部分肝切除術前後における血中肝アルギナーゼの変動と肝細胞破壊に対するマーカーとしての臨床的意義
池本 正生, 恒川 昭二, 笠井 康成, 戸谷 誠之, 上田 國寛
臨床化学   28(Suppl.2) 74b-74b   Aug 1999
アルツハイマー病アミロイド構成蛋白質NACの神経毒性の検討
田中 静吾, 竹橋 正則, 間藤 尚美, 上田 國寛
生化学   71(8) 993-993   Aug 1999
NACP/α-synucleinの細胞内局在とリン酸化の検討
竹橋 正則, 田中 静吾, 上田 國寛
生化学   71(8) 993-993   Aug 1999
アルツハイマー病アミロイド形成と神経細胞障害におけるNACとAβ蛋白の相互作用
田中 静吾, 竹橋 正則, 間藤 尚美, 上田 國寛
神経化学   38(3) 235-235   Sep 1999
老人斑アミロイドの形成におけるNACの役割 Aβ蛋白との相互作用と神経細胞障害
田中 静吾, 竹橋 正則, 間藤 尚美, 上田 國寛
Dementia Japan   13(2) 127-127   Sep 1999
α-シヌクレインの代謝動態と遺伝子変異の病因的役割
竹橋 正則, 間藤 尚美, 田中 静吾, 上田 國寛
Dementia Japan   13(2) 127-127   Sep 1999
検査と診断 遺伝子検査の現状と将来 遺伝子診断から予防医学への応用
上田 國寛
日本医学会総会会誌   25回(II) 251-251   Dec 1999
NACP/α-synucleinのプロセシングとリン酸化の検討
田中 静吾, 竹橋 正則, 上田 國寛
臨床神経学   39(12) 1309-1309   Dec 1999
田中 静吾, 上田 國寛
ビタミン   74(7) 381-382   Jul 2000
NACアミロイドによる酸化ストレスと神経細胞死
田中 静吾, 竹橋 正則, 上田 國寛
Dementia Japan   14(2) 199-199   Aug 2000
アルツハイマー病アミロイドによる神経細胞死とポリ(ADP-リボース)の局在変化
田中 静吾, 竹橋 正則, 上田 國寛
生化学   72(8) 939-939   Aug 2000
肺特異的ring-finger蛋白質(LUN)の単離同定と機能解析
初 冬, Gorrin-Rivas Manuel J., 嘉数 直樹, 陸 海平, 河田 光博, 阿部 達生, 上田 國寛, 安達 喜文
生化学   72(8) 1052-1052   Aug 2000
ヒト白血球におけるアルギナーゼの性質及び本酵素に対する阻害タンパクの同定について
池本 正生, 恒川 昭二, 笠井 泰成, 上田 國寛, 戸谷 誠之
臨床化学   29(Suppl.2) 54b-54b   Sep 2000
【臨床遺伝子学2000】 トピックス 神経 神経変性疾患におけるα-シヌクレインの病因的役割
竹橋 正則, 田中 静吾, 上田 國寛
最新医学   55(9月増刊) 2240-2249   Sep 2000
α-シヌクレインの分解産物であるNACはAlzheimer病に特徴的な老人斑アミロイドの構成成分として見つかった.一方,α-シヌクレインはParkinson病に特徴的な病変であるLewy小体の構成成分であり,それをコードする遺伝子の点変異が一部の家族性Parkinson病の原因となっていることが明らかになった.このように,α-シヌクレインはAlzheimer病とParkinson病の両者の病因に関与するタンパク質であると考えられる
臓器移植後のモニタリングと臨床検査 肝移植後のアルギナーゼ抗体の意義
池本 正生, 笠井 泰成, 田中 紘一, 上田 國寛, 戸谷 誠之
臨床病理   48(補冊) 68-68   Sep 2000
発蛍光プローブと一定温度核酸増幅法を用いた均一測定 MRSA,サルモネラ,O157への応用
保川 清, 石黒 敬彦, 木戸 隆宏, 上田 國寛, 斎藤 寿一
日本細菌学雑誌   56(1) 215-215   Feb 2001
細胞膜透過能を有するarginine-richペプチドの膜透過効率と細胞選択性
鈴木 智樹, 大橋 若奈, 中瀬 生彦, 田中 静吾, 上田 國寛, 二木 史朗, 杉浦 幸雄
日本薬学会年会要旨集   121年会(4) 94-94   Mar 2001
【予防医学のミレニアム 遺伝子診断の動向とそれに伴う問題点】 ミレニアム医学の展望 遺伝子診断の現況
上田 國寛
医学のあゆみ   197(13) 967-969   Jun 2001
現在,多くの遺伝子と病気の関係が明らかになる中で,個々の遺伝子(変異や多型)がもつ臨床診断的価値が調べられている.とくに,糖尿病や高血圧,動脈硬化,老年痴呆など,一般的で多因子性の病気に対する"かかりやすさ"の遺伝子検査には慎重を要する.一方,ヒトゲノムの全塩基配列の決定が近づくにつれて,研究はポストゲノム(mRNAや蛋白質の全情報)へと広がりつつあり,これらはトランスクリプトム,プロテオムとよばれる.遺伝子診断においても,最近開発されたDNAチップやマイクロアレイを用いて,個々の病気や患...
ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針の施行について
上田 國寛
バイオサイエンスとインダストリー   59(7) 475-476   Jul 2001
「発蛍光プローブ」と一定温度核酸増幅法を組み合わせたメチシリン耐性遺伝子mRNAのホモジニアス測定
保川 清, 石塚 哲也, 林 俊典, 木戸 隆宏, 上田 國寛, 石黒 敬彦
臨床病理   49(補冊) 264-264   Jul 2001
臓器移植後のモニタリングと臨床検査 肝移植後のアルギナーゼ抗体の意義
池本 正生, 恒川 昭二, 笠井 泰成, 田中 紘一, 上田 國寛, 戸谷 誠之
臨床病理   49(7) 651-656   Jul 2001
生体肝移植47例の内,比較的長期に亘って観察できた6例を対象とし,自己抗体の測定計(ELISA)を構築し,その構成成分や免疫学的性質及び血中における変動を追跡することによって,移植肝の監視における本自己抗体の臨床的意義とその役割について考察した.肝移植を長期的に監視する上で,肝アレルギナーゼの上昇は急性期の肝細胞障害を忠実に反映すると思われる一方で,本酵素に対する自己抗体は拒絶反応や多臓器不全等に基づく二次的な肝障害で血中に逸脱したアルギナーゼが認識されることによって産生される抗体であると...
アルツハイマー病アミロイドによる神経細胞死とポリ(ADP-リボシル)化
田中 静吾, 竹橋 正則, 飯田 慎也, 上田 國寛
Dementia Japan   15(2) 132-132   Aug 2001
アルツハイマー病Aβ及びNACアミロイドによるNF-κB活性化機構
田中 静吾, 竹橋 正則, 飯田 慎也, 上田 國寛
生化学   73(8) 1068-1068   Aug 2001
肺特異的RING-finger蛋白質(LUN)の単離同定と機能解析
初 冬, 嘉数 直樹, Gorrin-Rivas J Manuel, 陸 海平, 河田 光博, 阿部 達生, 上田 國寛, 安達 喜文
生化学   73(8) 999-999   Aug 2001
RING-Finger蛋白質(LUN)によるE-cadherin遺伝子の発現調節
Gorrin-Rivas J Manuel, 初 冬, 尾柳 大樹, 嘉数 直樹, 和田 洋巳, 上田 國寛, 安達 喜文
生化学   73(8) 999-999   Aug 2001
アルツハイマー病NACアミロイドによる酸化ストレスとNF-κBの活性化
田中 静吾, 竹橋 正則, 上田 國寛
臨床神経学   41(11) 939-939   Nov 2001
虚血による組織損傷のメカニズムと制御 特にポリ(ADP-リボース)合成酵素の役割について
上田 國寛
日本応用酵素協会誌   (36) 38-38   Feb 2002
虚血による組織損傷のメカニズムと制御:特にポリ(ADP-リボース)合成酵素の役割について
上田 國寛
日本応用酵素協会誌   (36) 53-54   Feb 2002
ポリ(ADP-リボース)と神経細胞傷害
田中 静吾, 上田 國寛
日本応用酵素協会誌   (36) 1-7   Feb 2002
RING-finger蛋白質(LUN)による転写活性化とE-cadherin遺伝子の発現調節
尾柳 大樹, Gorrin-Rivas Manuel J., 初 冬, 嘉数 直樹, 上田 國寛, 安達 喜文, 和田 洋巳
日本外科学会雑誌   103(臨増) 178-178   Mar 2002
arginine-richペプチドの膜透過における硫酸化多糖の関与
鈴木 智樹, 二木 史朗, 丹羽 美紀, 中瀬 生彦, 田中 静吾, 上田 國寛, 杉浦 幸雄
日本薬学会年会要旨集   122年会(3) 115-115   Mar 2002
NAD+とADP-リボースの新しい生理機能 細胞死におけるポリ(ADP-リボシル)化反応の役割とその制御
田中 静吾, 竹橋 正則, 飯田 慎也, 三和 千里, 山崎 和裕, 米田 正始, 上田 國寛
生化学   74(8) 620-620   Aug 2002
アルツハイマー病の老人斑から金属分析
朴 城出, 田中 静吾, 上田 國寛
生化学   74(8) 1099-1099   Aug 2002
肺癌関連RING-fingerタンパク質(LUN)によるE-cadherin遺伝子の活性化
Gorrin-Rivas Manuel J, 初 冬, 尾柳 大樹, 和田 洋巳, 上田 國寛, 安達 喜文
生化学   74(8) 836-836   Aug 2002
RING-fingerタンパク質LUNによるE-cadherin遺伝子の発現調節
尾柳 大樹, Gorrin-Rivas Manuel J, 初 冬, 宮原 亮, 柳原 一広, 田中 文啓, 安達 喜文, 上田 國寛, 和田 洋巳
The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   50(Suppl.) 306-306   Sep 2002
アルツハイマー病NACアミロイドによる酸化ストレスとNF-κBの活性化 神経細胞とアストログリアの比較検討
田中 静吾, 竹橋 正則, 飯田 慎也, 上田 國寛
生化学   74(11) 1394-1394   Nov 2002
田中 静吾, 上田 國寛
ビタミン   77(1) 54-55   Jan 2003
ゲノム侵襲下におけるポリ(ADP-リボース)合成酵素の役割
上田 國寛
日本応用酵素協会誌   (37) 42-43   Feb 2003
ゲノム侵襲下におけるポリ(ADP-リボース)の役割
上田 國寛
日本応用酵素協会誌   (37) 59-60   Feb 2003
【新しい遺伝子検査法の進歩】 TSA法によるウイルスベクターDNAの局在解析
飯田 慎也, 上田 國寛
医学のあゆみ   206(8) 497-500   Aug 2003
遺伝子治療の経過や効果を確認するためにはウイルスベクター感染後の組織や細胞中で局在と導入遺伝子の発現を確認する手法の確立が必要不可欠となっている.この目的にリアルタイムPCR法やin situ PCR法などが今日用いられているが,その感度,再現性,簡便性などに問題があり,局所で微量の核酸を確実に検出できる方法は未だ確立されていない.そこで,著者等はin situ hybridization(ISH)法と,高効率の増感法として知られるチラミド法を組み合わせることにより高感度で迅速,簡便なin...
実験的脳虚血モデルにおけるポリ(ADP-リボース)合成酵素の活性化とミトコンドリア傷害(Poly (ADP-ribose) synthetase activation and mitochondrial injury in an experimental model of cerebral ischemia)
田中 静吾, 竹橋 正則, 飯田 慎也, 上田 國寛
神経化学   42(2-3) 286-286   Aug 2003
新規リングフィンガータンパクLUNの非小細胞肺癌における発現解析
尾柳 大樹, 竹中 一正, 伊東 真哉, 松本 成司, 中川 正嗣, 園部 誠, 片倉 浩理, 柳原 一広, 安達 喜文, 上田 國寛, 田中 文啓, 和田 洋巳
The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   51(Suppl.) 303-303   Oct 2003
上田 國寛
ビタミン   78(3) 176-177   Mar 2004
アルツハイマー病Aβアミロイドによる神経細胞傷害とポリ(ADP-リボース)合成酵素の役割
田中 静吾, 竹橋 正則, 飯田 慎也, 上田 國寛
生化学   76(3) 289-289   Mar 2004
臨床検査医学のイノベーション 臨床検査医学の学術面での改革
上田 國寛
臨床化学   33(Suppl.3) 8-8   Jul 2004
実験的脳虚血モデルにおけるポリ(ADP-リボース)合成酵素siRNAによるミトコンドリア傷害の軽減(Attenuation of mitochondrial injury by poly (ADP-ribose) synthetase siRNA in experimental model of cerebral ischemia)
田中 静吾, 竹橋 正則, 上田 國寛
神経化学   43(2-3) 503-503   Aug 2004
産業と行政 ヒト遺伝情報の取扱いに関する最近のガイドラインと国際宣言
上田 國寛
バイオサイエンスとインダストリー   62(11) 753-755   Nov 2004
脳虚血による神経細胞傷害とポリ(ADP-リボース)合成酵素の役割
田中 静吾, 竹橋 正則, 飯田 慎也, 上田 國寛
生化学   76(11) 1488-1488   Nov 2004
セプチン3アイソフォームの細胞内存在様式と相互作用
竹橋 正則, 田中 静吾, 上田 國寛
生化学   76(11) 1489-1489   Nov 2004
上田 國寛, 田中 静吾
ビタミン   79(1) 45-45   Jan 2005
田中 静吾, 上田 國寛
ビタミン   79(3) 181-181   Mar 2005
遺伝学的検査に関するガイドライン
荒木 勤, 位田 隆一, 上田 國寛, 衛藤 義勝, 大澤 真木子, 小野 正恵, 黒木 良和, 小杉 眞司, 佐藤 孝道, 菅野 純夫, 鈴森 薫, 玉井 真理子, 恒松 由記子, 成澤 邦明, 新川 詔夫, 野澤 志朗, 福嶋 義光, 前川 真人, 松田 一郎, 三輪 史朗, Macer Darryl, 遺伝医学関連学会
日本産科婦人科学会雑誌   57(11) 1771-1783   Nov 2005
虚血性神経細胞死におけるアポトーシス/ネクローシス制御機構
田中 静吾, 竹橋 正則, 高木 順平, 上田 國寛
臨床神経学   45(12) 1076-1076   Dec 2005
上田國寛
ビタミン   80(9) 480-481   Sep 2006
上田國寛
臨床病理   54(補冊) 23-23   Oct 2006
舩渡忠男, 登勉, 野村文夫, 宮地勇人, 上田國寛, 中山健夫
臨床病理   54(補冊) 32-32   Oct 2006
田中静吾, 中瀬朋夏, 上田國寛
日本薬学会年会要旨集   127th(3) 97-97   Mar 2007
舩渡忠男, 登勉, 野村文夫, 宮地勇人, 上田國寛, 中山健夫
臨床病理   55(Suppl.2) 76-76   Oct 2007
竹田真由, 高谷明秀, 舩渡忠男, 井野邦英, 中山健夫, 野村文夫, 宮地勇人, 登勉, 上田國寛
臨床病理   56(10) 868-876   Oct 2008
C型肝炎の診断に用いられてきたC型肝炎ウイルス(HCV)に対する酵素抗体(EIA)法は検出感度に限界があるため、より検出感度が高いHCV-RNA検査法が早期診断法として期待されている。この診断法の臨床的有用性についてのエビデンス(EBGT)を得るため、文献的考察を行った。文献の批判的吟味には標準的な文献検索法であるSTARD法を用い、以下の手順で実施した。1)遺伝子検査としての臨床上の疑問の定式化、2)データベース(PubMed)を用いてエビデンスを系統的に検索、3)エビデンスレベルの決定...
生物医学分野の仮説データベース構築に向けて
高松 邦彦, 村上 勝彦, 上田 國寛
神戸常盤大学紀要   (3) 44-44   Apr 2011
発癌のシグナル伝達におけるTOPORSの機能的役割(Functional characterization of TOPORS in oncogenic signal transduction)
Gorrin-Rivas Manuel J., 初 冬, 尾柳 大樹, 福原 智裕, Rajendra Rajeev, Rubin Eric H., 上田 國寛, 安達 喜文
日本生化学会大会プログラム・講演要旨集   84回 3P-0193   Sep 2011
被引用数を用いたライフサイエンス論文検索システムの構築
高松 邦彦, 村上 勝彦, 上田 國寛
神戸常盤大学紀要   (5) 56-56   Mar 2012
引用データを用いたライフサイエンス論文検索システムの構築
高松 邦彦, 村上 勝彦, 上田 國寛
神戸常盤大学紀要   (6) 69-69   Mar 2013
【わが国の臨床微生物学の教育VI.】 全国初の臨床検査技師養成指定大学における人材の育成 神戸常盤大学保健科学部医療検査学科が目指すもの
上田 國寛
Modern Media   60(3) 80-84   Mar 2014
高松邦彦, 村上勝彦, 上田國寛
神戸常盤大学紀要(Web)   (7) 109 (WEB ONLY)-109   Mar 2014
高松邦彦, 村上勝彦, 井本しおん, 上田國寛
神戸常盤大学紀要(Web)   (8) 118 (WEB ONLY)-118   Mar 2015

Conference Activities & Talks

 
Hypothesis database construction for biology
The 32nd Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan   2008   
Regulation of NF-kB and AP-1 by poly(ADP-ribose) polymerase-1 in astrocytes after cerebral ischemia.
20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, and 11th FAOBMB Congress   2006   
A pivotal role of poly(ADP-ribose) synthetase in determining the fate of neurons exposed to oxidative stress.
International Interdisciplinary Conference on Vitamins, Coenzymes, and Biofactors (IUBMB Symposium 344)   2005   
PARP-1 in the protein interaction network for neurodegenerative diseases
XVIII Convegno Nazionale i Processi di ADP-robosylazione   2005   
Poly(ADP-ribose) polymerase-1 activation and mitochondrial impairment in in vitro model of cerebral ischemia.
20th Biennial Meeting of the ISN: Satelite Symposium “Molecular Basis for Signal Transduction in Neurodegeneration and Neuroregeneration”   2005   

Research Grants & Projects

 
G