有田 祥子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/31 03:11
 
アバター
研究者氏名
有田 祥子
 
アリタ ショウコ
通称等の別名
旧姓:井上
URL
http://wwp.shizuoka.ac.jp/space-structure/
所属
静岡大学
部署
工学部 - 機械工学科
職名
助教
学位
博士(工学)(日本大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
2018年6月
 - 
2018年12月
NPO法人 大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)  UNISECワークショップ2018組織委員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
日本機械学会東海学生会  日本機械学会東海学生会幹事
 
2018年3月
 - 
2019年2月
日本航空宇宙学会  第61期中部支部幹事
 
2017年5月
 - 
2017年8月
第5回小型衛星の科学教育利用を考える会 幹事
 
2017年3月
 - 
2018年2月
日本航空宇宙学会  第60期中部支部庶務幹事
 

受賞

 
2010年12月
UNISON賞
 
2009年7月
Tsukuba Executive Committee Award
 

論文

 
[責任著者]Shoko Arita [共著者]Yasuyuki Miyazaki
Mechanical Engineering Letters   4(17-00441) 1-8   2018年1月   [査読有り]
[責任著者]Shoko Arita [共著者]Itsuki Fukuta,Yoshiki Yamagiwa,Yasuyuki Miyazaki
Proceedings of 2018 AIAA/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics, and Materials Conference   449-SD-16(AIAA-2018-1952) 1-10   2018年1月   [査読有り]
[責任著者]Shoko Arita [共著者]Yasuyuki Miyazaki
Mechanical Engineering Letters   2(15-00677) 1-8   2016年3月   [査読有り]
[責任著者]Shoko Arita [共著者]Takumi Okumiya,Yasuyuki Miyazaki
Mechanical Engineering Journal   1(4) 1-16   2014年8月   [査読有り]
超小型衛星開発の技術継承における新入生教育の試み
[責任著者]井上 祥子 [共著者]藤井 大輔,亀村 裕之,相浦 啓司,屋宮 拓海,斉藤 美幸
UNISEC Space Takumi Journal   3(3) 40-62   2012年1月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
有限要素法による構造動解析のための座屈と過渡応答解析の数理モデル化
有田祥子,宮崎康行
日本機械学会第31回計算力学講演会   2018年11月   
Design of Space Structure Based on Triangulated Cylindrical Origami
Shoko Arita, Itsuki Fukuta and Yoshiki Yamagiwa
Asian Conference on Design and Digital Engineering 2018   2018年11月   
Optimum Control of Cable Deployment of Space Elevator from GEO Station in Two Directions
Y., Yamagiwa, S., Sato, T., Sato, S., Arita, Y., Ishikawa and K., Otsuka
69th International Astronautical Congress   2018年10月   
宇宙エレベーターケーブル伸展時の制御最適化について
佐藤竜郎,佐藤勝治,山極芳樹,有田祥子,大塚清敏,石川洋二
第62回宇宙科学技術連合講演会   2018年10月   
立方体展開による新たな展開宇宙構造システムの提案と熱・ 構造特性の調査
有田祥子,福田一樹,戸田和成,山極芳樹,宮崎康行
第62回宇宙科学技術連合講演会   2018年10月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
柔軟展開宇宙構造物の形状予測手法の探求と折紙展開構造による実証
公益財団法人マツダ財団: 第34回マツダ研究助成
研究期間: 2018年9月 - 2020年3月