HAYASHI Masako

J-GLOBAL         Last updated: May 17, 2018 at 15:52
 
Avatar
Name
HAYASHI Masako
E-mail
masakotohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/1740918466cf480012e2c554df268921.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Institute for Excellence in Higher Education Division of Developmental Research in Education Programs Section of Culture and Language
Job title
Lecturer
Degree
Ph.D(Osaka University)

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 2008
Graduate School, Division of Letters, Osaka University
 
 
 - 
Mar 2001
Graduate School, Division of Letters, Osaka University
 

Published Papers

 
林雅子
『東北大学 言語・文化教育センター年報』   (2) 35-42   Mar 2017
HAYASHI Masako
『東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要』   (3) 321-328   Mar 2017   [Refereed]
林雅子
『国際教育』千葉大学国際教育センター   (9) 165-172   Mar 2016   [Refereed]
林雅子
『阪大日本語研究』 大阪大学文学研究科日本語講座   (20) 33-59   Feb 2008   [Refereed]
林雅子
大阪大学大学院博士論文      Dec 2007   [Refereed]

Misc

 
「海外の学会から 第1回チリ共和国日本語教育セミナー」
林雅子
『日本語教育』   (142)    Jul 2009
HAYASHI Masako
龍谷大学国際センター研究年報   15 59-64   Mar 2006

Books etc

 
林雅子
関西学院大学出版会   Dec 2015   
『現代日本語文法2』
日本語記述文法研究会編 (Part:Joint Work, 第2巻第3部「格と構文」第1節あり方の副詞的成分とは 第2節様態を表す副詞的成分 191頁~195頁)
くろしお出版   Nov 2009   ISBN:978-4-87424-460-9

Conference Activities & Talks

 
Survey on adverbs presented in textbooks for Japanese learners
The 14th International Conference on Japanese Language Education in Malaysia   7 Oct 2017   
マルチメディアを活用したピア・ティーチング(peer teaching) ―東北大学留学生教育における実践例―
日本語教育学会2017年度第4回支部集会【中部支部】   7 Jul 2017   
チリ共和国サンティアゴ大学における日本チリ経済関係講義とORAL指導―経済関連現場で働く方々をお招きした講演会及び茶話会の地域交流を通して―
ICJLE 2010年世界日本語教育大会   Aug 2010   
「メディア教材を使用した学生主体の教室運営―学生のモティベーション向上のために―」
「第1回チリ共和国日本語教育セミナー」講演   13 Mar 2009   
国際交流基金『みんなの教材サイト』を使用した教材作成
「第1回チリ共和国日本語教育セミナー」ワークショップ   13 Mar 2009   

Others

 
Jan 2009
チリ共和国日本語教育事情
Jan 2008
チリにおける日本語教育