林 雅子

J-GLOBALへ         更新日: 20/01/07 19:06
 
アバター
研究者氏名
林 雅子
 
ハヤシ マサコ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/1740918466cf480012e2c554df268921.html
所属
東北大学
部署
高度教養教育・学生支援機構 教育内容開発部門 言語・文化教育開発室
学位
博士(文学)(大阪大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
   
 
大阪大学 文学研究科文化表現論専攻 日本語学講座 博士前期課程修了
 
 
   
 
大阪大学 文学研究科文化表現論専攻 日本語学講座 博士後期課程修了
 

論文

 
(報告)東北大学日本語教育プログラムにおけるレベル別語彙リスト開発のための調査研究
林 雅子
『東北大学 高度教養教育・学生支援機構 紀要』   (5) 337-340   2019年3月   [査読有り]
(報告)古典作品の視聴覚教材を活用した日本語・日本文化教育の実践例
林 雅子
『東北大学 言語・文化教育センター年報』   (3) 5-8   2018年3月   [査読有り]
(報告)中級~中上級の文法クラスにおけるピア・ティーチングの実践例
林 雅子
『東北大学 言語・文化教育センター年報』   (3) 1-4   2018年3月   [査読有り]
(研究ノート)“A study of adverbs presented in textbooks for Japanese learners”
林 雅子
『東北大学 高度教養教育・学生支援機構 紀要』   (4) 304-314   2018年3月   [査読有り]
林雅子
『東北大学 言語・文化教育センター年報』   (2) 35-42   2017年3月   [査読有り]

Misc

 
「海外の学会から 第1回チリ共和国日本語教育セミナー」
林雅子
『日本語教育』   (142)    2009年7月

書籍等出版物

 
林雅子
関西学院大学出版会   2015年12月   
『現代日本語文法2』
日本語記述文法研究会編 (担当:共著, 範囲:第2巻第3部「格と構文」第1節あり方の副詞的成分とは 第2節様態を表す副詞的成分 191頁~195頁)
くろしお出版   2009年11月   ISBN:978-4-87424-460-9

講演・口頭発表等

 
非漢字圏・漢字圏混合クラスにおけるアカデミック漢字・語彙の指導実践例
林 雅子
ヴェネツィア2018日本語教育国際研究大会 ポスター発表   2018年8月   
日本語の副詞研究と教育における現状と課題―「急いで」は副詞か動詞か形容詞か?―
林 雅子
東北大学高度教養教育・学生支援機構 正午PD会 第51回   2018年2月   
Survey on adverbs presented in textbooks for Japanese learners
The 14th International Conference on Japanese Language Education in Malaysia   2017年10月7日   
マルチメディアを活用したピア・ティーチング(peer teaching) ―東北大学留学生教育における実践例―
日本語教育学会2017年度第4回支部集会【中部支部】   2017年7月7日   
チリ共和国サンティアゴ大学における日本チリ経済関係講義とORAL指導―経済関連現場で働く方々をお招きした講演会及び茶話会の地域交流を通して―
ICJLE 2010年世界日本語教育大会   2010年8月   

社会貢献活動

 
チリ共和国開催 日本語能力試験(JLPT)実行委員
【運営参加・支援】  2012年
チリ共和国弁論大会実行委員会・アドバイザー
【助言・指導, 運営参加・支援】  2008年 - 2009年

その他

 
2009年1月
チリ共和国日本語教育事情
2008年1月
チリにおける日本語教育