KOBAYASHI Ryu

J-GLOBAL         Last updated: Oct 22, 2018 at 21:27
 
Avatar
Name
KOBAYASHI Ryu
Affiliation
Yokohama City University
Section
School of Medicine Medical Course Medical Science and Cardiorenal Medicine

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
Assistant Professor, Yokohama City University School of Medicine Medical Course , Medical Science and Cardiorenal Medicine
 

Published Papers

 
Haruhara K, Wakui H, Azushima K, Kurotaki D, Kawase W, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Ohki K, Kinguchi S, Ohsawa M, Minegishi S, Ishigami T, Matsuda M, Yamashita A, Nakajima H, Tamura T, Tsuboi N, Yokoo T, Tamura K
Atherosclerosis   269 236-244   Feb 2018   [Refereed]
Ohki K, Wakui H, Kishio N, Azushima K, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Haruhara K, Kinguchi S, Yamaji T, Yamada T, Minegishi S, Ishigami T, Toya Y, Yamashita A, Imajo K, Nakajima A, Kato I, Ohashi K, Tamura K
Scientific reports   8(1) 2846   Feb 2018   [Refereed]
Uneda K, Wakui H, Maeda A, Azushima K, Kobayashi R, Haku S, Ohki K, Haruhara K, Kinguchi S, Matsuda M, Ohsawa M, Minegishi S, Ishigami T, Toya Y, Atobe Y, Yamashita A, Umemura S, Tamura K
Journal of the American Heart Association   6(8)    Jul 2017   [Refereed]
Wakui H, Sumida K, Fujita M, Ohtomo Y, Ohsawa M, Kobayashi R, Uneda K, Azushima K, Haruhara K, Yatsu K, Hirawa N, Minegishi S, Ishigami T, Umemura S, Tamura K
Physiological reports   5(11)    Jun 2017   [Refereed]
Kobayashi R, Wakui H, Azushima K, Uneda K, Haku S, Ohki K, Haruhara K, Kinguchi S, Matsuda M, Ohsawa M, Toya Y, Nishiyama A, Yamashita A, Tanabe K, Maeshima Y, Umemura S, Tamura K
Kidney international   91(5) 1115-1125   May 2017   [Refereed]
Ohki K, Wakui H, Azushima K, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Haruhara K, Kinguchi S, Matsuda M, Ohsawa M, Maeda A, Minegishi S, Ishigami T, Toya Y, Yamashita A, Umemura S, Tamura K
International journal of molecular sciences   18(3)    Mar 2017   [Refereed]
Azushima K, Ohki K, Wakui H, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Haruhara K, Kinguchi S, Matsuda M, Maeda A, Toya Y, Yamashita A, Umemura S, Tamura K
Journal of the American Heart Association   6(3)    Mar 2017   [Refereed]
Azushima K, Wakui H, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Ohki K, Kinguchi S, Haruhara K, Fujikawa T, Toya Y, Umemura S, Tamura K
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   39(7) 665-671   2017   [Refereed]
Tamura K, Kobayashi R, Haku S, Azushima K, Wakui H
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   39(11) 753-755   Nov 2016   [Refereed]
Uneda K, Tamura K, Wakui H, Azushima K, Haku S, Kobayashi R, Ohki K, Haruhara K, Kinguchi S, Ohsawa M, Fujikawa T, Umemura S
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   38(8) 738-743   2016   [Refereed]
Kobayashi R, Tamura K, Wakui H, Ohsawa M, Azushima K, Haku S, Uneda K, Ohki K, Haruhara K, Kinguchi S, Umemura S
Clinical and experimental hypertension (New York, N.Y. : 1993)   38(8) 744-750   2016   [Refereed]
Ohsawa M, Tamura K, Wakui H, Kanaoka T, Azushima K, Uneda K, Haku S, Kobayashi R, Ohki K, Haruhara K, Kinguchi S, Toya Y, Umemura S
Lipids in health and disease   14 161   Dec 2015   [Refereed]
Tamura K, Kanaoka T, Kobayashi R, Ohki K, Ohsawa M
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   38(10) 642-643   Oct 2015   [Refereed]
Azushima K, Tamura K, Haku S, Wakui H, Kanaoka T, Ohsawa M, Uneda K, Kobayashi R, Ohki K, Dejima T, Maeda A, Hashimoto T, Oshikawa J, Kobayashi Y, Nomura K, Azushima C, Takeshita Y, Fujino R, Uchida K, Shibuya K, Ando D, Tokita Y, Fujikawa T, Toya Y, Umemura S
Atherosclerosis   240(1) 297-304   May 2015   [Refereed]
Wakui H, Uneda K, Tamura K, Ohsawa M, Azushima K, Kobayashi R, Ohki K, Dejima T, Kanaoka T, Tsurumi-Ikeya Y, Matsuda M, Haruhara K, Nishiyama A, Yabana M, Fujikawa T, Yamashita A, Umemura S
Journal of the American Heart Association   4(3) e001594   Mar 2015   [Refereed]
Tamura K, Ohki K, Kobayashi R, Uneda K, Azushima K, Ohsawa M, Wakui H, Sakai M, Tokita Y, Umemura S
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   37(12) 1032-1034   Dec 2014   [Refereed]
[Video-assisted thoracoscopic surgery for pleuroperitoneal communications as a complication of continuous ambulatory peritoneal dialysis( CAPD)].
Tsuchiya T, Sano A, Fukami T, Yanagi M, Yoshiura T, Kobayashi R
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   67(11) 963-966   Oct 2014   [Refereed]
Tamura K, Ohki K, Kobayashi R, Uneda K, Azushima K, Ohsawa M, Wakui H, Umemura S
Hypertension research : official journal of the Japanese Society of Hypertension   37(9) 796-798   Sep 2014   [Refereed]
Ohsawa M, Tamura K, Wakui H, Maeda A, Dejima T, Kanaoka T, Azushima K, Uneda K, Tsurumi-Ikeya Y, Kobayashi R, Matsuda M, Uchida S, Toya Y, Kobori H, Nishiyama A, Yamashita A, Ishikawa Y, Umemura S
Kidney international   86(3) 570-581   Sep 2014   [Refereed]
Maeda A, Tamura K, Wakui H, Ohsawa M, Azushima K, Uneda K, Kanaoka T, Kobayashi R, Ohki K, Matsuda M, Tsurumi-Ikeya Y, Yamashita A, Tokita Y, Umemura S
BioMed research international   2014 946492   2014   [Refereed]
Maeda A, Tamura K, Wakui H, Ohsawa M, Azushima K, Uneda K, Kobayashi R, Tsurumi-Ikeya Y, Kanaoka T, Dejima T, Ohki K, Haku S, Yamashita A, Umemura S
International journal of medical sciences   11(6) 646-651   2014   [Refereed]
Azushima K, Uneda K, Tamura K, Wakui H, Ohsawa M, Kobayashi R, Dejima T, Kanaoka T, Maeda A, Toya Y, Umemura S
BioMed research international   2014 437087   2014   [Refereed]
Wakui H, Dejima T, Tamura K, Uneda K, Azuma K, Maeda A, Ohsawa M, Kanaoka T, Azushima K, Kobayashi R, Matsuda M, Yamashita A, Umemura S
Cardiovascular research   100(3) 511-519   Dec 2013   [Refereed]
Kanaoka T, Tamura K, Wakui H, Ohsawa M, Azushima K, Uneda K, Kobayashi R, Fujikawa T, Tsurumi-Ikeya Y, Maeda A, Yanagi M, Toya Y, Umemura S
International journal of molecular sciences   14(8) 16866-16881   Aug 2013   [Refereed]
Ohsawa M, Tamura K, Kanaoka T, Wakui H, Maeda A, Dejima T, Azushima K, Uneda K, Kobayashi R, Tsurumi-Ikeya Y, Toya Y, Fujikawa T, Umemura S
International journal of molecular sciences   14(8) 15361-15375   Jul 2013   [Refereed]
Azushima K, Tamura K, Wakui H, Maeda A, Ohsawa M, Uneda K, Kobayashi R, Kanaoka T, Dejima T, Fujikawa T, Yamashita A, Toya Y, Umemura S
PloS one   8(10) e75560   2013   [Refereed]
Kobayashi N, Kobayashi R, Kato S, Watanabe S, Uchiyama T, Shimamura T, Kubota K, Maeda S, Nakajima A, Ichikawa Y, Oshiro H, Endo I
Clinical journal of gastroenterology   4(4) 278-282   Aug 2011   [Refereed]

Misc

 
和漢薬の有効性のエビデンス:最新の臨床試験から 肥満高血圧に対する防風通聖散の効果に関する基礎的・臨床的研究
田村 功一, 小豆島 健護, 畝田 一司, 小林 竜, 大城 光二, 藤川 哲也, 涌井 広道
和漢医薬学会学術大会要旨集   35回 74-74   Sep 2018
慢性腎臓病患者における降圧目標
田村 功一, 涌井 広道, 畝田 一司, 小林 竜, 金岡 知彦, 大城 光二, 大澤 正人, 平和 伸仁, 戸谷 義幸, 常田 康夫
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   7回 114-114   May 2018
オープンダイアローグを念頭に置いた、自己管理不良の血液透析患者との対話の試み
矢花 眞知子, 涌井 広道, 大上 尚仁, 春原 須美玲, 毛利 史将, 川井 有紀, 植田 瑛子, 小林 竜, 池谷 裕子, 橋本 達夫, 坂 早苗, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 715-715   May 2018
認知症を有する高齢末期腎不全患者に対し透析療法見合わせを検討するも導入にて良好な経過をたどった一例
佐々木 朱夏, 小林 竜, 大上 尚仁, 毛利 史將, 谷津 圭介, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本透析医学会雑誌   51(Suppl.1) 866-866   May 2018
田村 功一, 大城 光二, 小林 竜, 畝田 一司, 涌井 広道
内科   121(4) 867-873   Apr 2018
<文献概要>・慢性腎臓病(CKD)患者は末期腎不全の予備軍であり,かつ心血管系疾患の合併高リスクである.近年では65歳以上の高齢者の末期腎不全患者の増加傾向がみられる.・高齢CKD患者の治療に関するエビデンスは限られているが,75歳以上の後期高齢者における,包括的治療管理による末期腎不全への進展,重症合併症阻止,QOLの維持・向上を図ることの意義は大きいと考えられる.・CKD患者に対する包括的な管理は,新規透析導入の抑制のみならず,患者の生命予後や生活の質の改善にも寄与できると考えられる....
保存期CKD患者に対するエポエチンベータペゴルとダルベポエチルアルファの血圧に関する比較検討
大城 光二, 涌井 広道, 小豆島 健護, 畝田 一司, 小林 竜, 白 善雅, 春原 浩太郎, 金口 翔, 山田 貴之, 山地 孝拡, 藤川 哲也, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本腎臓学会誌   60(3) 425-425   Apr 2018
中枢神経系ATRAPによる血圧制御
金口 翔, 涌井 広道, 山田 貴之, 山地 孝拡, 春原 浩太郎, 大城 光二, 白 善雅, 小林 竜, 畝田 一司, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本腎臓学会誌   60(3) 465-465   Apr 2018
原因不明の低アルブミン血症に対してGaシンチグラフィーが診断に有用であった1例
大上 尚仁, 谷津 圭介, 毛利 史將, 小林 竜, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本内科学会雑誌   107(Suppl.) 190-190   Feb 2018
ネフローゼ症候群を伴うIgA腎症の一例
大上 尚仁, 小林 竜, 春原 須美玲, 毛利 史將, 川井 有紀, 畝田 一司, 山内 淳司, 谷津 圭介, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一, 三宅 暁夫, 大橋 健一, 城 謙輔, 山口 裕
腎炎症例研究   34 221-238   Feb 2018
慢性腎臓病における高血圧発症 腎ATRAPの決定的な役割
小林 竜, 涌井 広道, 田村 功一
日本腎臓学会誌   59(8) 1225-1228   Dec 2017
糖脂質代謝障害における1型アンジオテンシンII受容体結合蛋白ATRAPの機能的意義
大城 光二, 涌井 広道, 小豆島 健護, 畝田 一司, 小林 竜, 春原 浩太郎, 岸尾 望, 中島 淳, 山下 暁朗, 田村 功一
日本内分泌学会雑誌   93(4) 1383-1383   Dec 2017
局所RAAS活性化はどの様にして高血圧を引き起こすのか? 慢性腎臓病での高血圧における尿細管ATRAPの役割
涌井 広道, 小林 竜, 大澤 正人, 小豆島 健護, 畝田 一司, 大城 光二, 春原 浩太郎, 金口 翔, 山地 孝拡, 山田 貴之, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 297-297   Oct 2017
アディポネクチンプロモーター制御下1型アンジオテンシンII受容体結合因子(ATRAP)高発現マウスにおける慢性アンジオテンシンII刺激によるインスリン抵抗性の検討
大城 光二, 涌井 広道, 大澤 正人, 小豆島 健護, 白 善雅, 畝田 一司, 小林 竜, 春原 浩太郎, 金口 翔, 山田 貴之, 山地 孝拡, 岸尾 望, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 357-357   Oct 2017
原発性アルドステロン症における24時間自由行動下血圧測定を含めた臨床的特徴の検討
春原 須美玲, 小豆島 健護, 大上 尚仁, 毛利 史將, 川井 有紀, 畝田 一司, 小林 竜, 山内 淳司, 谷津 圭介, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 397-397   Oct 2017
近位尿細管特異的ATRAPノックアウトマウスの作製とアンジオテンシン依存性高血圧への影響
高口 知之, 金口 翔, 山田 貴之, 山地 孝拡, 春原 浩太朗, 大城 光二, 白 善雅, 小林 竜, 畝田 一司, 小豆島 健護, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 425-425   Oct 2017
アンジオテンシン依存性高血圧における中枢神経系でのATRAPの病態生理学的意義
金口 翔, 山田 貴之, 山地 孝拡, 春原 浩太朗, 大城 光二, 白 善雅, 小林 竜, 畝田 一司, 小豆島 健護, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 426-426   Oct 2017
六君子湯のグレリン活性化作用に着目した腎保護効果の検討
高山 純佳, 鈴木 将太, 中野 雅友樹, 山田 貴之, 山地 孝拡, 金口 翔, 大城 光二, 春原 浩太郎, 小林 竜, 畝田 一司, 小豆島 健護, 橋本 達夫, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   40回 431-431   Oct 2017
維持透析中の患者における尿路結石による腎盂腎炎
大上 尚仁, 小林 竜, 田村 功一, 戸谷 義幸, 涌井 広道, 谷津 圭介, 山内 淳司, 畝田 一司, 川井 有紀, 毛利 史将, 春原 須美玲
日本腎臓学会誌   59(6) 719-719   Sep 2017
腎生検によりループス腎炎と鑑別し得たMPO-ANCA関連腎炎の一例
吉村 勇人, 畝田 一司, 春原 須美玲, 川井 有紀, 松本 賛良, 中森 悠, 小林 竜, 山内 淳司, 谷津 圭介, 橋本 達夫, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本腎臓学会誌   59(6) 744-744   Sep 2017
腰椎圧迫骨折に対するデノスマブ投与により急激な低Ca血症を認めた一例
鈴木 華織, 畝田 一司, 山崎 孝明, 大上 尚仁, 春原 須美玲, 毛利 史將, 川井 有紀, 小林 竜, 山内 淳司, 谷津 圭介, 涌井 広道, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本腎臓学会誌   59(6) 920-920   Sep 2017
降圧療法の完成度を上げる Fine-tuning of blood pressure control 血圧変動と腎疾患 慢性腎臓病に克つための血圧管理
田村 功一, 小豆島 健護, 畝田 一司, 小林 竜, 涌井 広道
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   6回 101-101   May 2017
降圧療法に難渋した抗結核薬加療中の悪性高血圧の一例
渡部 衛, 小林 竜, 谷津 圭介, 涌井 広道, 橋本 達夫, 山内 淳司, 松本 賛良, 春原 須美玲, 戸谷 義幸, 田村 功一
日本高血圧学会臨床高血圧フォーラムプログラム・抄録集   6回 145-145   May 2017
アンジオテンシンII1型受容体直接結合因子ATRAPは慢性腎臓病における高血圧発症に決定的な役割を示す
小林 竜, 涌井 広道, 小豆島 健護, 畝田 一司, 白 善雅, 大城 光二, 春原 浩太郎, 金口 翔, 梅村 敏, 田村 功一
日本腎臓学会誌   59(3) 263-263   Apr 2017
ATRAPはアンジオテンシンII1型受容体非依存性の機序により腎老化および寿命を制御する
畝田 一司, 涌井 広道, 前田 晃延, 小豆島 健護, 白 善雅, 小林 竜, 大城 光二, 春原 浩太郎, 金口 翔, 山下 暁朗, 田村 功一
日本腎臓学会誌   59(3) 354-354   Apr 2017
Cre/loxPシステムによる1型アンジオテンシンII受容体結合因子(ATRAP)の組織特異的発現抑制マウス作成の試み
大城 光二, 涌井 広道, 小豆島 健護, 白 善雅, 畝田 一司, 小林 竜, 春原 浩太郎, 金口 翔, 松田 美由紀, 田村 功一
日本内分泌学会雑誌   92(3) 902-902   Jan 2017
【家庭血圧-これからの高血圧個別治療へ-】 慢性腎臓病合併高血圧
田村 功一, 小林 竜, 畝田 一司
カレントテラピー   32(3) 269-275   Mar 2014
受容体直接結合蛋白によるアンジオテンシンAT1受容体情報伝達系抑制システムの血圧調節および心血管系障害における病態生理学的意義について
田村 功一, 涌井 広道, 出島 徹, 東 公一, 大澤 正人, 小豆島 健護, 畝田 一司, 小林 竜, 大城 光二, 前田 晃延, 金岡 知彦, 鶴見 裕子[池谷], 松田 みゆき, 梅村 敏
血管   36(3) 103-111   Oct 2013
1型アンジオテンシンII(AT1受容体)に結合する新規因子(AT1 receptor-associated protein:ATRAP/Agtrap)の単離同定と構造解析、ATRAP/Agtrapの組織分布、ATRAP/AgtrapによるAT1受容体のinternalization促進作用、血管平滑筋細胞(VSMC)におけるATRAP/Agtrapの機能、生体におけるATRAP/Agtrapの発現調節の検討、血管壁を含む生体におけるATRAP/Agtrapの機能、ATRAP/Agtrapの...
メタボリック症候群モデルマウスに対する防風通聖散の多面的効果についての検討
小豆島 健護, 田村 功一, 涌井 広道, 小林 竜, 畝田 一司, 大澤 正人, 金岡 知彦, 前田 晃延, 藤川 哲也, 戸谷 義幸, 梅村 敏
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   36回 296-296   Oct 2013
アンジオテンシン受容体結合因子ATRAP/Agtrapの欠損は腎尿細管でのナトリウム再吸収を亢進させる
大澤 正人, 田村 功一, 涌井 広道, 小豆島 健護, 畝田 一司, 小林 竜, 池谷 裕子, 前田 晃延, 金岡 知彦, 松田 みゆき, 戸谷 義幸, 梅村 敏
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   36回 337-337   Oct 2013
長期間のアンジオテンシンII負荷は腎臓のKlothoとATRAP発現を低下させる
畝田 一司, 田村 功一, 涌井 広道, 出島 徹, 大澤 正人, 小豆島 健護, 小林 竜, 白 善雅, 金岡 知彦, 前田 晃延, 戸谷 義幸, 山下 暁朗, 梅村 敏
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   36回 350-350   Oct 2013
ネフローゼ症候群を合併した片側腎動脈狭窄に対して血管内治療を行い、対側腎肥大の正常化と蛋白尿の消失を認めた一例
涌井 広道, 小林 竜, 細川 由紀, 植田 瑛子, 鈴木 将太, 佐藤 陽, 吉田 伸一郎, 谷津 圭介, 橋本 達夫, 押川 仁, 田村 功一, 戸谷 義幸, 菅野 晃靖, 矢花 眞知子, 梅村 敏
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集   36回 396-396   Oct 2013
胸腔鏡下手術にてPD継続できた横隔膜交通症の2例
吉浦 辰徳, 柳 麻衣, 小林 竜, 梅村 敏
日本透析医学会雑誌   46(Suppl.1) 944-944   May 2013
血性排液により発見された腹膜透析患者の非閉塞性腸管虚血症(NOMI)の一例
小林 竜, 吉浦 辰徳, 柳 麻衣, 梅村 敏, 乾 雅人, 秀野 泰隆, 新海 宏, 小林 一博
日本透析医学会雑誌   46(Suppl.1) 967-967   May 2013
回腸導管造設術後に慢性腎不全の急性増悪及び代謝性アシドーシスをきたした1例
小林 竜, 吉田 衝未, 志村 岳, 梅本 晋
日本腎臓学会誌   54(6) 715-715   Aug 2012
ネフローゼ症候群の加療中に消化管穿孔をきたした1例
小林 竜, 吉田 衝未, 志村 岳, 秀野 泰隆, 新海 宏, 小林 一博
日本透析医学会雑誌   45(Suppl.1) 705-705   May 2012