樫下 達也

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/13 02:55
 
アバター
研究者氏名
樫下 達也
 
カシシタ タツヤ
所属
京都教育大学
部署
音楽科
職名
准教授
学位
博士(教育学)(神戸大学)
その他の所属
京都女子大学京都教育大学

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
京都女子大学 人間発達学部 講師
 
2017年4月
 - 
現在
京都教育大学 教育学部 准教授
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員
 
2013年4月
 - 
2017年3月
神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 大学院生(博士課程)
 
2016年4月
 - 
2017年3月
滋賀大学 教育学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
2017年3月
神戸大学 人間発達環境学研究科 人間発達専攻
 
 
 - 
2006年3月
和歌山大学 教育学研究科 教科教育
 

委員歴

 
2017年7月
 - 
2018年6月
日本音楽表現学会  選挙管理委員
 

論文

 
「文部省『合奏の本』(1948年発行)とその器楽教育成立過程における位置」
樫下達也
『音楽教育史研究』   (19) 1-12   2017年3月   [査読有り]
「1930年代の小学校における器楽教育の動向 : 合奏形態の分類と校種や"指導の場"との関連に着目して」
樫下達也
『神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要』   9(2) 63-70   2016年3月   [査読有り]
「戦後日本における教育用楽器の生産、普及、品質保障政策:文部・商工(通産)・大蔵各省と楽器産業界の動向を中心に」
樫下達也
『音楽教育学』   45(2) 1-12   2015年12月   [査読有り]
「日本器楽教育連盟の設立(1956年)とその音楽教育史上の位置」
樫下達也
『研究論叢』   (21) 29-42   2015年6月   [査読有り]
「戦後日本における器楽教育成立史の一側面:新生音楽教育会の設立(1947年)とその役割」
樫下達也
『音楽教育史研究』   (17) 1-12   2015年3月   [査読有り]

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
器楽教育成立過程の研究:音楽教育研究団体の動向に着目して
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 樫下達也
器楽教育成立過程の研究:音楽教育研究団体に着目して
科学研究費補助金
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月