KODAKA Manami

J-GLOBAL         Last updated: Aug 28, 2019 at 14:22
 
Avatar
Name
KODAKA Manami
Affiliation
Musashino University
Section
Faculty of Human Sciences Department of Social Welfare
Research funding number
60329886

Research Areas

 
 

Education

 
 
   
 
Liberal arts, Cottey Collge
 
 
   
 
Department of Psychology, Smith College
 
 
   
 
School of Social Work, Columbia University
 

Published Papers

 
Current Implementation of and Opinions and Concerns regarding Suicide Education for Social Work Undergraduate Students in Japan: a Cross-sectional Study
Kodaka M.、 Hikitsuchi E.、 Takai M.、 Okada S.、 Watanabe Y.、 Fukushima K.、 Yamada M.、Inagakai M.、 Takeshima T.、 Matsumoto T.
Journal of Social Work Education   54 79-93   May 2018   [Refereed]
Exploring suicide risk factors among Japanese individuals: The largest case-control psychological autopsy study in Japan
Kodaka M.、 Matsumotoa T.、 Takai M.、 Yamauchi T.、 Kawamoto S.、 Kikuchi M.、 Tachimori H.、 Katsumata Y.、 Shirakawa N.、 Takeshima T.
Asian Journal of Psychiatry   27 123-126   Jun 2017   [Refereed]
Implementing the Illness Management and Recovery program in community-based continuous employment support centers in Japan
Fukushima K.、 Kodaka M.、 Suzuki A.
Japanese Journal of Social Welfare   57 11-19   May 2017   [Refereed]
Female suicides: Psychosocial and psychiatric characteristics identified by a psychological autopsy study in Japan
Kodaka M.、 Matsumoto T.、 Yamauchi T.、 Takai M.、 Shirakawa N.、 Takeshima T.
Psychiatry and Clinical Neurosciences   71 271-279   Apr 2017   [Refereed]
Birthdays are associated with an increased risk of suicide in Japan: Evidence from 27、007 deaths in Tokyo in 2001-2010
Stickley A.、 Sheng Ng C.F.、 Inoue Y.、 Yazawa A.、 Koyanagi A.、 Kodaka M.、 DeVylder J.E.、 Watanabe C.
Journal of Affective Disorder   200 259-265   Aug 2016   [Refereed]
Suicide prevention strategies in Japan: a 15-year review (1998-2013)
Takeshima T.、 Yamauchi T.、 Inagaki M.、 Kodaka、 M、 Matsumoto T.、 Kawano K.、 Katsumata Y.、 Fujimori M.、 Hisanaga A.、 Takahashi Y.
Journal of Public Health Policy   36 52-66   Feb 2015   [Refereed]
Suicide risk among individuals with sleep disturbances in Japan: a case-control psychological autopsy study
Kodaka M.、 Matsumoto T.、 Katsumata Y.、 Akazawa M.、 Tachimori H.、 Kawakami N.、 Eguchi N.、 Shirakawa N.、 Takeshima T.
Sleep Medicine   15 430-435   Apr 2014   [Refereed]
Factors associated with perceived feasibility and willingness to treat depressed patients of non-psychiatric doctors in Japan
Inagaki、 M.、 Ohtsuki、 T.、 Ishikura、 F.、 Kodaka、 M.、 Watanabe、 Y.、 Yamada、 M.
International Journal of Psychiatry in Medicine   46 153-167   Dec 2013   [Refereed]
Factors associated with attitudes toward suicide: Among Japanese pharmacists participating in the Board Certified Psychiatric Pharmacy Specialist Seminar
Kodaka、 M.、 Inagaki、 M.、 Yamada、 M.
Crisis   34 420-427   Nov 2013   [Refereed]
Exploration of factors associated with social worker attitudes toward suicide
Kodaka、 M.、 Inagaki、 M.、 Poštuvan、 V.、 Yamada、 M.
International Journal of Social Psychiatry   59 452-459   Aug 2013   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
Exploration of support needs for bereaved family shortly after suicide: The psychological autopsy study in Japan
Takai M., Kawamoto S., Yamauchi T., Kawano K., Kodaka M., Fukunaga T., Matsumoto T., Takeshima T.
29th World Congress of the International Association for Suicide Prevention   Jul 2017   
心理学的剖検研究を実施し、自死遺族への面接調査時に遺族から語られたニーズを分析した。その結果、遺族のニーズには、性差があることが明らかになった。
Suicide risk among individuals who verbally express their own death: A case-control psychological autopsy study in Japan
Kodaka M., Matsumoto T., Takai M., Yamauchi T., Kawamoto S., Kikuchi M., Tachimori H., Katsumata Y., Shirakawa N., Takeshima T.
29th World Congress of the International Association for Suicide Prevention   Jul 2017   
心理学的剖検研究における大規模な症例対照研究を実施し、特に生前、自らの死について語っていた自殺者に焦点を当てて、特徴を検討した。本研究の結果、地域の保健医療福祉システムにおいて、自らの死や自殺について表出する人たちを日ごろから見守り、緊急対応できる仕組みが重要であることが示唆された。
Feasibility and preliminary effectiveness of a new suicide education program for social work students in Japan
Kodaka M., Takai M., Hikitsuchi E., Okada S., Watanabe Y., Fukushima K., Inagaki M., Yamada M., Takeshima T., Matsumoto T.
7th Asian Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention、 and 40th Annual Meeting for the Japanese Association for Suicide Prevention   May 2016   
ソーシャルワーク学生を対象とした自殺予防教育プログラムを開発し効果検討を行った。同プログラムの予備的効果と実施可能性は十分認められた。今後、普及に向けての取組みが重要である。
Risk factors of female suicides A case-control psychological autopsy study in Japan
Kodaka M., Matsumoto T., Takai M., Yamauchi T., Kawamoto S., Kikuchi, M. Katsumata, Y., Shirakawa N., Kawakami N., Takeshima T.
7th Asian Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention、 and 40th Annual Meeting for the Japanese Association for Suicide Prevention   May 2016   
心理学的剖検研究における大規模な症例対照研究を実施し、特に女性の自殺リスクに焦点を当てて検討した。女性は、家族内のアルコール問題や幼少期の有害体験が自殺リスクになる可能性があることが示唆された。
Recent changes in support systems for the suicide bereaved-utilizing the videos produced by the American Foundation for Suicide Prevention translated to Japanese
Yoshino J., Ishii C., Tsujii H., Kodaka M., Sucuki M., Kimura M., Kubo K., Iwamoto K.
7th Asian Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention、 and 40th Annual Meeting for the Japanese Association for Suicide Prevention   May 2016   
American Foundation for Suicide Preventionが毎年作成する自死遺族分かち合いの会のDVDを翻訳し、学会シンポジウム等で活用してきた。これまでの研究班の取組みの振り返りと自死遺族支援の変遷について整理した。
How do we utilize the WHO’s first World Suicide Report?
Takeshima T., Kodaka M.
7th Asian Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention、 and 40th Annual Meeting for the Japanese Association for Suicide Prevention   2016   
自殺予防総合対策センターは、WHO初の世界自殺レポートの日本語版を発表したが、同レポートをわが国の自治体が活用するには様々な課題がある。まずはレポートの短縮版作成を検討し、地域医療・保健・福祉関係者ならびに政策立案者と協働で、活用の具体案を検討する必要がある。具体的には川崎市においてその活動を予定している。
Risk and protective factors for elder suicide in Japan
Kodaka M.
7th Asian Pacific Regional Conference of the International Association for Suicide Prevention、 and 40th Annual Meeting for the Japanese Association for Suicide Prevention   2016   
日本の高齢者自殺率が低下している要因を検討するため、マクロデータを用いた解析を行った。生活保護の受給は高齢者の自殺リスクを低下させる可能性が示唆された。今後、より詳細な解析を行い、アジア諸国の高齢者自殺予防に資する成果を出していくとともに、アジア諸国との共同研究も検討している。
Suicide prevention training for social work undergraduate students in Japan: current implementation and future issues for suicide education
Kodaka M., Takai M., Hikitsuchi E., Okada S., Watanabe Y., Fukushima K., Inagaki M., Yamada M., Takeshima T.
28th World Congress of the International Association for Suicide Prevention   Jun 2015   
調査に協力したソーシャルワーカー養成課程の教員の半数以上が自殺に関するテーマを授業で取り上げていた。一方で、授業で自殺について扱うのは、ハイリスク学生にとって危険であると考える教員もいることが分かった。福祉教育における自殺予防教育を普及させるためには、教員への研修なども重要であることが示唆された。
Psychiatric and psychosocial characteristics of women who died by suicide: A psychological autopsy study of 92cases
Kodaka M., Matsumoto T., Yamauchi T., Takai M., Takeshima T.
6th World Congress on Women’s Mental Health   Mar 2015   
自殺の背景にある心理学的・精神医学的特徴に関する性差に着目し、特に女性の特徴について明かにすることを目的とした。その結果、女性は摂食障害が自殺のリスクになる可能性が高いとともに、援助希求行動が男性よりも多いため、日頃のSOSを見逃さないような支援体制の確立が重要であることが示唆された。
Suicide and sleep disturbances
Kodaka M., Matsumoto T., Katsumata Y., Akazawa M., Tachimori H., Kawakami N, Eguchi N, Shirakawa N, Yamauchi T., Takeshima T.
WPA Section on Epidemiology and Public Health   Oct 2014   
睡眠障害と自殺との関連および、自殺予防における睡眠障害のスクリーニングの有用性について検討することを目的とした。本研究からは、睡眠障害は精神障害とは独立して、自殺の重要なリスク因子であることが明らかになった。睡眠障害の有病率は精神障害に比べ高く、睡眠障害のスクリーニングと介入は、わが国の自殺予防において有用であることが示唆された。
“Preventing suicide: A global imperative” and its Japanese version
Kodaka M.
WPA Section on Epidemiology and Public Mental Health 2014 Meeting   2014   
WHO初の世界自殺レポートの作成経緯とその内容および活用方法について報告した。
Exploration of relationships between attitudes toward suicide and stigma of mental illness among pharmacists
Kodaka M., Inagaki M., Yamada M.
6th International Meeting of WPA Anti-stigma Section   Feb 2013   
薬剤師の自殺に対する態度に、精神疾患へのスティグマが影響しているか検討した。その結果、態度とスティグマにはほとんど相関は認められなかった。薬剤師が効果的に自殺予防に取り組むために、精神疾患へのスティグマの低減が効果あるか、更なる検討が必要である。
Personal and occupational factors associated with attitudes of social workers toward suicide
Kodaka M., Po?tuvan V., Inagaki M., Yamada M.
21st Asia-Pacific Social Work Conference   Jul 2011   
ソーシャルワーカーの自殺に対する態度に影響する要因を個人的・職業的側面から検討した。自殺を容認する態度には個人的・職業的な自殺に関する経験が影響していた。ソーシャルワーカーのための自殺予防研修にはこの点に留意することが重要である。
Suicide Initial Intervention Skills Training Workshop for Community Gatekeepers
Fukushima K., Kodaka M.
21st Asia-Pacific Social Work Conference   Jul 2011   
自殺対策のための新しいゲートキーパー研修を開発し、その開発の経緯と内容について報告した。
A Systematic Review of Instruments measuring attitudes toward suicide
Kodaka M., Poštuvan V., Inagaki M., Yamada M.
3rdAsia Pacific Regional Conference of International Association for Suicide Prevention   Oct 2008   
自殺に対する態度を測定する尺度の開発やバリデーションに関する文献を系統的にレビューした。発表ではそのプロセスや今後の課題について検討した。