Tomoko Izawa

J-GLOBAL         Last updated: Jun 20, 2019 at 10:38
 
Avatar
Name
Tomoko Izawa
Affiliation
Kyoto University

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Concept analysis of adherence for complex decongestive therapy in patients with lymphedema caused by cancer treatment
Tomoko Izawa
Japan Academy of Nursing Science   38 169-175   2018   [Refereed]
Process of Adherence to Complex decongestive therapy acquired by the pantients with secondary lymphedema
Tomoko Izawa
Japan Academy of Nursing Science   38 184-192   2018   [Refereed]

Misc

 
がん治療終了後の乳がんサバイバーの倦怠感の実態とその関連要因に関する横断研究
池内 香織, 石黒 洋, 井沢 知子, 新藏 信彦, 任 和子
Palliative Care Research   13(Suppl.) S366-S366   Jun 2018
【がん治療医に聞く:実地臨床に必要な疼痛緩和の知識】 下腿浮腫による痛み・苦痛の緩和
濱西 潤三, 井沢 知子
がん患者と対症療法   27(1) 36-42   Feb 2018
下肢リンパ浮腫は、しばしばがん治療の後遺症として長期間にわたり患者のQOLに影響を及ぼすことがあり、下肢の重だるさは日常生活に支障をきたすこともある。また、下肢リンパ浮腫は0期からIII期まで次第に進行し、重症となれば下肢浮腫の部位に疼痛が生じる場合もあるため、診断は注意深く行う必要がある。特に疼痛を伴う場合は、下肢静脈血栓症や下肢リンパ管炎の除外診断が重要である。また、下肢リンパ浮腫は保存的な理学療法を行うことが第一選択であり、適切なスキンケアや用手的リンパドレナージ、圧迫療法、運動療法...
がん患者におけるオピオイド中止により退薬症状を呈した2例
木原 歩美, 諏訪 直子, 前田 紗耶架, 谷向 仁, 市原 香織, 角 裕子, 井沢 知子, 尾崎 幹子, 寺尾 真琴, 石橋 直哉, 恒藤 暁
Palliative Care Research   12(Suppl.) S359-S359   Jun 2017
リンパ浮腫の予防に対する患者教育・指導に資する看護師研修プログラム評価 平成23年度から平成27年度受講者への調査 日本がん看護学会教育・研究活動委員会報告(平成27〜28年度)
奥 朋子, 藤田 佐和, 井沢 知子, 小野田 弓恵, 鏡 朋子, 増島 麻里子, 小松 浩子
日本がん看護学会誌   31 101-105   Apr 2017
本学会(日本がん看護学会)では、リンパ浮腫予防指導のために必要な技能の習得を目的に2008年より研修(「リンパ浮腫の予防に対する患者教育・指導に資する看護師研修」)を行っており、今回、過去5年間(2011年度〜2015年度)の受講者を対象に研修で修得した内容を臨床実践の場でどのように活用しているかなどについて調査を行い、135名(看護師経験年数平均20.8年)より回答を得た。その結果、研修後の看護実践に役立った講義内容として最も評価が高かったのは「リンパ浮腫ケアにおける看護の役割 予防指導...
がん診療連携拠点病院におけるリンパ浮腫ケアに関する実態調査 日本がん看護学会教育・研究活動委員会報告(平成27〜28年度)
奥 朋子, 藤田 佐和, 井沢 知子, 大西 ゆかり, 熊谷 靖代, 保坂 ルミ, 増島 麻里子, 小松 浩子
日本がん看護学会誌   31 124-129   Apr 2017
がん診療連携拠点病院におけるリンパ浮腫ケアの実態を明らかにすることを目的に、全国の当該病院を対象にリンパ浮腫ケアの状況を把握している看護師へ自由記述を含む質問紙調査を行い、200施設より回答を得た。その結果、がん診療連携拠点病院では、リンパ浮腫の予防指導だけでなく、リンパ浮腫発症後の治療体制も徐々に充実してきている状況が窺えた。一方、自由記述の内容分析から、リンパ浮腫ケアにおける課題として、【リンパ浮腫ケアを行う人、時間、場所の確保が難しい】【患者のニーズに対応できる体制がない】が挙げられた。