井上 典之

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/06 03:24
 
アバター
研究者氏名
井上 典之
所属
早稲田大学
部署
人間科学学術院
学位
Ph.D.(コロンビア大学 (Columbia University)), M.A.(コロンビア大学 (Columbia University)), M.Ed.(ハーバード大学 (Harvard University))
科研費研究者番号
90805623

プロフィール

教育心理学者として認知・発達心理学的な方法論をベースに様々な教育・学習心理に関する研究を行ってきました。これまでに論文を発表してきた研究テーマとしては、問題解決型の授業を行うために必要な教師の専門技能・認知プロセスについての研究、教育システム開発・改善のためのフレームワークとしてのアクションリサーチの研究、心理学的アプローチによる数学的志向・問題解決についての研究、日米の教育における文化的認識論の研究などがあります。高等学校での数学教師としての経験や、コロンビア大学で学んだピアジェ心理学、クリニカル・インタビュー法、問題解決タスクを使った研究手法、そしてアメリカの大学で教師教育に携わる中で研究して来たアクション・リサーチの方法論などが研究のルーツとなっています。これらの研究テーマにご興味のある方、いつでもご連絡下さい。

受賞

 
2014年
University of San Diego 最優秀教授賞
 
1992年
JUSEC (Fulbright Japan) フルブライト・スカラーシップ
 

論文

 
Deconstructing teacher expertise for inquiry-based teaching: Looking into consensus building pedagogy in Japanese classrooms
Inoue, N., Asada, T., Maeda, N., & Nakamura, S.
Teaching and Teacher Education   77 366-377   2019年   [査読有り]
Bringing life to educational psychology through cross-cultural experiences. In K. Keith (Ed.), Culture across the curriculum: A psychology teacher's handbook. Cambridge, UK: Cambridge University Press.

Inoue, N.
   2018年
The role of subjectivity in teacher expertise development: Mindfully embracing the “black sheep” of educational research.
Inoue, N.
International Journal for Transformative Research   3 16-23   2016年
Educational epistemology, culture and history: Response to Joan Walton.
Inoue, N.
International Journal for Transformative Research   3 29-32   2016年
Developing soft skills in action research: A cross-cultural approach with East-Asian epistemology.
Inoue, N.
Sage Handbook of Action Research (3rd edition).      2015年

書籍等出版物

 
Beyond actions: Psychology of action research for mindful educational improvement.
Inoue, N.
New York: Peter Lang Publishing   2015年   
Mirrors of the mind: An introduction of mindful ways of thinking education
Inoue, N.
New York: Peter Lang Publishing   2012年   

競争的資金等の研究課題

 
児童の非認知能力の促進を目的とした授業研究の国際的展開
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月