SUMIYOSHI Toshiaki

J-GLOBAL         Last updated: Nov 2, 2019 at 03:10
 
Avatar
Name
SUMIYOSHI Toshiaki
Affiliation
Nihon University
Section
College of Bioresource Sciences, Department of Veterinary Medicine
Job title
Assistant Professor
Research funding number
50804077

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2006
 - 
Mar 2017
神奈川県農業共済組合
 
Apr 2017
   
 
専任講師, 日本大学生物資源科学部獣医学科産業動物臨床学研究室
 

Education

 
Apr 1993
 - 
Mar 1999
獣医学科, 農学部, 東京農工大学
 
Apr 2009
 - 
Mar 2014
獣医学専攻, 連合獣医学研究科, 岐阜大学
 

Published Papers

 
Aya Masuda, Toshiaki Sumiyoshi, Tadatoshi Ohtaki, Jun Matsumoto
Parasitology International   67(6) 702-705   Jul 2018   [Refereed]
住吉俊亮、五十嵐靖美、鎌木雅人、大野真美子、堀北哲也
日本獣医師会雑誌   71(5) 245-249   May 2018   [Refereed]
Toshiaki SUMIYOSHI, Natsumi ENDO, Tomomi TANAKA, Hideo KAMOMAE
Journal of reproduction and development   63(6) 597-604   Dec 2017   [Refereed]
A Holstein heifer that delivered following amputation of a fractured limb
R.Sato, T.Sumiyoshi, A. Tsukamoto, E. Kanai, K. Kawai, Y. Shinozuka, H. Ochiai, K. Onda
Large Animal Review   23 115-117   Jun 2017   [Refereed]

Misc

 
生産現場での繁殖成績向上に向け、課題と対策
畜産コンサルタント   (645) 25-31   Sep 2018
乳牛の発情徴候からみた授精適期診断
住吉俊亮
MPアグロジャーナル   (33) 29-32   Apr 2018
症例に学ぶ難治性疾患の診かた・考え方 臍部の異常を主訴とする子牛2症例
住吉俊亮
臨床獣医   44-47   Feb 2018
ワンポイント質問 発情期ならびに授精適期診断
住吉俊亮
家畜診療   64(11) 651-654   Nov 2017
腟検査のすすめ
住吉俊亮
Dairy Japan   60(14) 38-41   Aug 2015

Conference Activities & Talks

 
ホルスタイン種子牛にみられた頸部短縮を伴う軸骨格奇形の1例
鈴木紗絢、住吉俊亮、中嶋梓、近藤広孝、渋谷久、仙對博、大滝忠利、堀北哲也
第162回日本獣医学会学術集会   10 Sep 2019   日本獣医学会
子宮内膜炎牛における血中および子宮内LPS濃度の推移と分娩前アルブミン濃度による発症リスクの評価
大澤光、大滝忠利、住吉俊亮、堀北哲也
第162回日本獣医学会学術集会   10 Sep 2019   日本獣医学会
同一飼養環境下におけるホルスタイン種乳牛とジャージー種乳牛のルーメン液中LPS濃度の変動の比較
小田川陽、大滝忠利、大矢琴美、大澤光、梶川博、沼田洋一、住吉俊亮、浅野早苗、堀北哲也
第162回日本獣医学会学術集会   10 Sep 2019   日本獣医学会
粗飼料多給飼養環境下の乳牛における分娩後ルーメン内LPS濃度の変動と繁殖成績との関連性
大矢琴美、大滝忠利、古山敬祐、梶川博、住吉俊亮、浅野早苗、堀北哲也
第162回日本獣医学会学術集会   10 Sep 2019   日本獣医学会
乳牛への濃厚飼料多給によるルーメン内LPS濃度上昇が生殖器に及ぼす影響
大滝忠利、小方可奈江、梶川博、住吉俊亮、浅野早苗、堀北哲也
第162回日本獣医学会学術集会   10 Sep 2019   日本獣医学会