住吉 俊亮

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/02 03:03
 
アバター
研究者氏名
住吉 俊亮
 
スミヨシ トシアキ
所属
日本大学
部署
生物資源科学部獣医学科
職名
専任講師
学位
獣医学(岐阜大学連合獣医学研究科)
科研費研究者番号
50804077

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2006年10月
 - 
2017年3月
神奈川県農業共済組合
 
2017年4月
   
 
日本大学生物資源科学部獣医学科産業動物臨床学研究室 専任講師
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1999年3月
東京農工大学 農学部 獣医学科
 
2009年4月
 - 
2014年3月
岐阜大学 連合獣医学研究科 獣医学専攻
 

Misc

 
腟検査のすすめ
住吉俊亮
Dairy Japan   60(14) 38-41   2015年8月
タイストール舎飼泌乳牛における発情徴候からみた授精適期の判定
住吉俊亮, 田中知己, 加茂前秀夫
家畜人工授精   285 12-17   2015年2月
超音波診断装置を用いた性判別による後継牛計画生産の検討
住吉俊亮
家畜診療   61(5) 537-542   2009年   [査読有り]
乳牛の顆粒膜細胞腫罹患卵巣摘出後に妊娠した2症例
羽石敬史, 沖田浩二, 内田和幸, 住吉俊亮, 谷峰人, 上村俊一
日本獣医師会雑誌   61(5) 372-375   2008年5月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
神奈川県におけるサイレージのカビ毒汚染実態調査
住吉俊亮、五十嵐靖美、鎌木雅人、大野真美子、堀北哲也
日本獣医師会獣医学術学会年次大会   2017年   
タイストール舎飼泌乳牛における発情徴候を指標とした授精適期判定の有効性の検証
住吉俊亮, 遠藤なつ美, 田中知己, 加茂前秀夫
第157回日本獣医学会学術集会   2014年   
乳牛の凍結精液精子の受胎能力保有時間の検討
住吉俊亮, 田中知己, 加茂前秀夫
日本獣医師会獣医学術大会年次大会   2014年   
乳牛の発情 ―受胎率向上に向けた最近の知見― タイストール舎飼泌乳牛の周排卵期における発情徴候からみた授精適期の判定
住吉俊亮, 田中知己, 加茂前秀夫
第106回日本繁殖生物学会   2013年   
卵巣顆粒膜細胞腫を摘出後、妊娠した2例のホルスタイン牛
住吉俊亮, 谷峰人, 羽石敬史, 内田和幸, 上村俊一
第55回九州地区獣医師大会   2006年