和田 直樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 03:21
 
アバター
研究者氏名
和田 直樹
 
ワダ ナオキ
所属
群馬大学
職名
助教
学位
医学博士

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1995年
群馬大学  
 

Misc

 
変形性膝関節症の診断と治療―最近の動向―
白倉 賢二 / 清水 透 / 和田 直樹 / 宗宮 真 / 加藤和夫
リハビリテーション医学   42: 239‐244    2005年
大腿骨頚部骨折患者のリハビリテーション
白倉 賢二 / 和田 直樹 / 倉林 均 / 加藤 和夫
Geriat.Med.   41(7) 939-942   2003年
Naoki Wada, Makoto Sohmiya, Toru Shimizu, Koichi Okamoto, Kenji Shirakura
Archives of Physical Medicine and Rehabilitation   88(12) 1601-1605   2007年
脳梗塞急性期のリハビリテーション
和田 直樹 / 江藤 文夫
カレントテラピー   17巻9号 Page1589-1593    1999年
一般病院におけるリハビリテーション科の利点と問題点
和田 直樹 / 松原悦朗 / 茂木信介 / 安藤義孝
群馬医学   68号 Page23-26    1998年

書籍等出版物

 
脳・神経リハビリテーション大辞典
西村書店   2007年   
症例より学ぶ神経内科学
医薬ジャーナル社   1996年   
重粒子線切らずに治すがん治療と医療最前線
2010年   
病棟・在宅での褥瘡対策ハンドブック
2005年   
図解神経内科学テキスト
2003年   

講演・口頭発表等

 
健常者の開脚立位での重心動揺検査の検討.
日本リハビリテーション医学会学術集会   2005年   
パーキンソン病の歩行障害に対するリハビリテーション効果の検討.
日本リハビリテーション医学会学術集会   2006年   
CLINICAL ANALYSIS OF RISK FACTORS FOR FALLS IN HOME-LIVING PATIENTS WITH STROKE
Japanese-Korean Joint Conference on Rehabilitation Medicine 2004   2004年   
Lecture knee: Knee stability after repair of isolated midsubstance tears of the posterior cruciate ligament.
55th Annual International Congress of the Egyptian Orthopaedic Association   2003年   
Parkinson 病患者の前頭葉機能障害とリハビリテーション即時効果との関連―FAB及び三次元動作解析装置による検討.
日本リハビリテーション医学会   2006年