TATEISHI Shoko

J-GLOBAL         Last updated: Nov 26, 2019 at 02:50
 
Avatar
Name
TATEISHI Shoko
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
The Kinugasa Research Organization
Job title
Senior Researcher
Degree
Doctor of Philosophy(Nagoya University)

Research Areas

 

Education

 
 
 - 
Mar 2008
German Studies, School of Foreign Studies, Aichi Prefectural University
 
 
 - 
Mar 2010
Department of Multicultural Studies, Graduate School of Languages & Cultures, Nagoya University
 
 
 - 
Mar 2014
Department of Multicultural Studies, Graduate School of Languages & Cultures, Nagoya University
 

Awards & Honors

 
Mar 2011
名古屋大学学術奨励賞, 名古屋大学
 
Mar 2008
平成19年度愛知県立大学優秀学生賞, 愛知県立大学
 

Published Papers

 
複合メディア環境における「メディア・イベント」概念の射程―仮設文化の人類学に向けて
飯田豊、立石祥子
立命館産業社会論集   51(1)    2015
質的データ分析のビジュアル・デザイン―グラウンデッド・セオリー・アプローチにおける分析プロセス再考―
立石祥子
情報文化学会誌   22(1) 40-47   2015
日本型パブリック・ビューイング文化の成立―2002年サッカーW杯におけるオーディエンス経験から
立石祥子
情報文化学会誌   21(2) 27-34   2014
ドイツにおけるパブリック・ビューイング体験に関する考察―アイデンティティの行方をめぐって
西尾祥子
情報文化学会誌   20(1) 41-46   2013
パブリックビューイングにおけるパブリックとはなにか
西尾祥子
情報文化学会誌   18(1) 28-33   2011

Books etc

 
現代メディア・イベント論―パブリック・ビューイングからゲーム実況まで
飯田豊、立石祥子
勁草書房   Sep 2017   

Research Grants & Projects

 
パブリック・ビューイングの日独比較研究―複合メディア環境における「メディア・イベント」に関する理論構築に向けて
電気通信普及財団(研究助成)
Project Year: Apr 2015 - Mar 2017
インターネット空間における地域コミュニティの可能性をめぐって―愛知県安城市の地域SNS「あんみつ」の事例分析から
日本計画行政学会中部支部(研究助成)
Project Year: Jul 2014 - Mar 2015
名古屋と大阪を中心としたパブリックビューイングの実証研究―メディア研究への布置を目指して
大幸財団(学芸奨励)
Project Year: May 2010 - Jan 2011