川出 健太郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/26 14:21
 
アバター
研究者氏名
川出 健太郎
 
カワデ ケンタロウ
所属
神戸大学
部署
先端融合研究環
職名
助教
学位
修士(物理学)(名古屋大学), 博士(理学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2014年4月
名古屋大学 大学院理学研究科博士後期課程修了  
 

論文

 
G Aad et al.(ATLAS Collaboration), 藏重 久弥, 山崎 祐司, 越智敦彦, 前田 順平, 川出 健太郎, 木戸 将吾, 陳 叶, 竹田 康亮
Phys. Rev.   D97 052010   2018年3月   [査読有り]
G Aad et al.(ATLAS Collaboration), 藏重 久弥, 山崎 祐司, 越智敦彦, 前田 順平, 川出 健太郎, 木戸 将吾, 陳 叶, 竹田 康亮
Journal of High Energy Physics   03 174   2018年3月   [査読有り]
G Aad et al.(ATLAS Collaboration), 藏重 久弥, 山崎 祐司, 越智敦彦, 前田 順平, 川出 健太郎, 木戸 将吾, 陳 叶, 竹田 康亮
Phys. Rev.   D97 072016   2018年3月   [査読有り]
M. Aaboud et al.(ATLAS Collaboration), 藏重 久弥, 山崎 祐司, 越智敦彦, 前田 順平, 川出 健太郎, 木戸 将吾, 陳 叶, 竹田 康亮
Phys. Lett.   B786 59-86   2018年   [査読有り]
M. Aaboud et al.(ATLAS Collaboration), 藏重 久弥, 山崎 祐司, 越智敦彦, 前田 順平, 川出 健太郎, 木戸 将吾, 陳 叶, 竹田 康亮
Journal of High Energy Physics   10 047   2018年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Measurements of ttbar+X using the ATLAS detector [招待有り]
川出 健太郎
EPS-HEP 2017   2017年7月   European Conference on High Energy Physics
ATLAS実験13TeV運転の纏めとヒッグスなどの測定結果 [招待有り]
川出 健太郎
日本物理学 会第72回年次大会   2017年3月   大阪大学
Recent measurements of top-quark pair differential cross-sections at √s = 7, 8, and 13,TeV with the LHC-ATLAS experiment
川出 健太郎
The 3rd International Symposium on “Quest for the Origin of Particles and the Universe” (KMI2017)   2017年   名古屋大学

競争的資金等の研究課題

 
学術研究助成基金助成金/若手研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 川出 健太郎