HIROE Ayaka

J-GLOBAL         Last updated: May 8, 2019 at 04:58
 
Avatar
Name
HIROE Ayaka

Published Papers

 
Mohd Fadzil FI, Mizuno S, Hiroe A, Nomura CT, Tsuge T
Front. Bioeng. Biotechnol.   30(6)    Nov 2018   [Refereed]

Misc

 
Chek MF, Hiroe A, Hakoshima T, Sudesh K, Taguchi S
Appl. Microbiol. Biotechnol.   103(3) 1131-1141   Feb 2019   [Refereed]

Books etc

 
3HB-based copolymers and unusual PHA homopolymers
Hiroe A, Furutate S, Mizuno S, Tsuge T (Part:Joint Work)
Bentham Science Publishers   2016   

Conference Activities & Talks

 
Secretory production of monomer composition regulated lactate-based oligomers
Mar 2018   
Biosynthesis of medium chain length homo polyhydroxyalkanoate from plant biomass(植物バイオマスから中鎖ホモPHAの生合成)
Ayaka Hiroe, Koki Maezima, Takeharu Tsuge
The 5th International Conference on Biobased Polymers   Jun 2015   
透明・軟質な中鎖ホモPHAは、透明・硬質なポリ乳酸とは異なる用途への展開が期待できる新しいバイオプラスチック材料である。一方、ポリマー合成プロセスでは、生産性の低さと炭素源(植物バイオマス由来の精製脂肪酸)のコスト高が課題となっており、これらの課題解決に取り組んだ。微生物宿主の改変や適切な培地の設定により、2種類の中鎖ホモPHAの生産量は最大180倍増加し、mgオーダーからgオ-ダーでの生産が可能となった。また、粗精製なパーム核油副産物から中鎖ホモPHAに準ずるポリマーの合成を確認した。
Biosynthetic mechanism of ultrahigh-molecular-weight polyhydroxyalkanoate in genetically engineered Escherichia coli(遺伝子組換え大腸菌における超高分子量ポリヒドロキシアルカン酸の生合成メカニズム)
Ayaka Hiroe, Takeharu Tsuge
The 4th International Conference on Biobased Polymers   Sep 2013   
超高分子量PHBは、長いポリマー鎖同士が絡まり合うことで、高強度なフィルムや繊維としての加工が可能であり、実利用が期待されるバイオポリエステルの一つである。発表では、遺伝子組換え大腸菌により生合成される超高分子量PHBの生合成メカニズムについて、①モノマー/PHA重合酵素比、②PHA重合酵素の種類、③宿主のエタノール生成、④PHA重合酵素のエタノール感受性の4つの観点から議論し、効率的な合成への指針を示した。