上野 公彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/06/26 03:13
 
アバター
研究者氏名
上野 公彦
 
ウエノ キミヒコ
所属
神戸大学
部署
医学部附属病院 肝胆膵外科
職名
講師
学位
博士(医学)(神戸大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1992年3月
滋賀医科大学 医学部医学科卒業  
 

論文

 
A case of interstitial lung disease associated with gemcitabine treatment in a patient with locally advanced pancreatic cancer following proton beam radiotherapy
Gan To Kagaku Ryoho   39(12) 2158-60   2012年11月   [査読有り]
Three cases of recurrent bile duct cancer diagnosed and treated by double-balloon endoscopy
Gan To Kagaku Ryoho   39(12) 1877-9   2012年11月   [査読有り]
ダブルバルーン内視鏡で確定診断し治療した術後再発胆管癌の3例
癌と化学療法   39(12号) 1877-1879   2012年11月   [査読有り]
膵癌Gemcitabine併用陽子線療法後に発症した間質性肺炎の1例
癌と化学療法   39(12号) 2158-2160   2012年11月   [査読有り]
膵癌術後肝転移に対する経皮的肝灌流化学療法(PIHP)の治療経験
癌と化学療法   39(12号) 1886-1888   2012年11月   [査読有り]

Misc

 
【非切除胆道癌の治療】 胆道癌に対するR2手術 化学療法
消化器内科   55(3号) 372-375   2012年9月   [査読有り][依頼有り]
【十二指腸乳頭部癌-診断・治療の最前線-】 早期乳頭部癌の臨床的特徴と治療
胆と膵   33(3号) 249-254   2012年3月   [査読有り][依頼有り]

講演・口頭発表等

 
Delayed initiation of S-1 adjuvant chemotherapy impairs survival in patients with surgical resection for pancreatic cancer [招待有り]
The 5th Yeungnam-Kasai HBP Surgeons Joint Meeting 2018   2018年3月   和歌山県立医科大学
Efficacy of laparoscopic surgery for repeat liver resection [招待有り]
The 5th Yeungnam-Kasai HBP Surgeons Joint Meeting 2018   2018年3月   和歌山県立医科大学
Histological and molecular characterization of intrahepatic bile duct cancers suggests an expanded definition of perihilar cholangiocarcinoma [招待有り]
The 5th Yeungnam-Kasai HBP Surgeons Joint Meeting 2018   2018年3月   和歌山県立医科大学
肝切除における当科独自の工夫:ソナゾイドを用いた術中胆道造影下超音波の有用性 [招待有り]
第46回近畿肝臓外科研究会   2018年2月   近畿肝臓外科研究会
肝臓10 [招待有り]
第30回日本内視鏡外科学会総会   2017年12月   京都大学