NAITOH Takeshi

J-GLOBAL         Last updated: Oct 15, 2019 at 12:44
 
Avatar
Name
NAITOH Takeshi
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/ee18409bdd8b8ea43a9b4b3a6cbf6491.html
Affiliation
Tohoku University
Job title
Associate Professor
Degree
博士(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2017
 - 
Today
Professor, Department of Surgery, Tohoku University Hospital
 
Apr 2013
 - 
Today
Associate Professor, Department of Surgery, Tohoku University Graduate School of Medicine
 

Education

 
 
 - 
Mar 1990
Faculty of Medicine, Tohoku University
 

Committee Memberships

 
Jun 2008
 - 
Today
日本肥満症治療学会  評議員
 
Dec 2003
 - 
Today
日本内視鏡外科学会  評議員
 

Published Papers

 
Hata T, Mizuma M, Motoi F, Nakagawa K, Masuda K, Ishida M, Morikawa T, Hayashi H, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Surgery today      Oct 2019   [Refereed]
Maruyama S, Taniyama Y, Sakurai T, Hikage M, Sato C, Takaya K, Konno T, Naitoh T, Unno M, Kamei T
Surgical endoscopy      Oct 2019   [Refereed]
Kanehara K, Ohnuma S, Kanazawa Y, Sato K, Kokubo S, Suzuki H, Karasawa H, Suzuki T, Suzuki C, Naitoh T, Unno M, Abe T
Scientific reports   9(1) 12739   Sep 2019   [Refereed]
Hikage M, Taniyama Y, Sakurai T, Sato C, Takaya K, Okamoto H, Konno T, Ujiie N, Naitoh T, Unno M, Kamei T
Annals of surgical oncology      Aug 2019   [Refereed]
Aizawa T, Karasawa H, Funayama R, Shirota M, Suzuki T, Maeda S, Suzuki H, Yamamura A, Naitoh T, Nakayama K, Unno M
Cancer medicine      Aug 2019   [Refereed]
Yokoyama S, Watanabe Y, Kurashima Y, Oshita A, Nishizawa Y, Naitoh T, Nakamura F, Kikuchi S, Noma K, Poudel S, Suzuki A, Nishihara Y, Ito M, Hirano S
Surgical endoscopy   33(7) 2242-2248   Jul 2019   [Refereed]
Ariake K, Motoi F, Mizuma M, Ohtsuka H, Hayashi H, Nakagawa K, Hata T, Mitachi K, Naitoh T, Kamei T, Unno M
Surgery today      Jul 2019   [Refereed]
Yoshimachi S, Ohtsuka H, Aoki T, Miura T, Ariake K, Masuda K, Ishida M, Mizuma M, Hayashi H, Nakagawa K, Morikawa T, Motoi F, Kanno A, Masamune A, Fujishima F, Sasano H, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Clinical journal of gastroenterology      Jul 2019   [Refereed]
Morikawa T, Ishida M, Takadate T, Hata T, Iseki M, Kawaguchi K, Ohtsuka H, Mizuma M, Hayashi H, Nakagawa K, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Surgery today      Jul 2019   [Refereed]
Ise I, Tanaka N, Imoto H, Maekawa M, Kohyama A, Watanabe K, Motoi F, Unno M, Naitoh T
Obesity surgery   29(6) 1901-1910   Jun 2019   [Refereed]
Shijo M, Fukase K, Ohtsuka H, Ariake K, Masuda K, Ishida M, Mizuma M, Nakagawa K, Hayashi H, Morikawa T, Motoi F, Naitoh T, Unno M
Surgical case reports   5(1) 100   Jun 2019   [Refereed]
Takenami T, Maeda S, Karasawa H, Suzuki T, Furukawa T, Morikawa T, Takadate T, Hayashi H, Nakagawa K, Motoi F, Naitoh T, Unno M
BMC cancer   19(1) 318   Apr 2019   [Refereed]
Hata T, Mizuma M, Motoi F, Ishida M, Morikawa T, Takadate T, Nakagawa K, Hayashi H, Kanno A, Masamune A, Kamei T, Furukawa T, Naitoh T, Unno M
Pancreas   48(1) 99-106   Jan 2019   [Refereed]
Mori A, Masuda K, Ohtsuka H, Shijo M, Ariake K, Fukase K, Sakata N, Mizuma M, Morikawa T, Hayashi H, Nakagawa K, Motoi F, Naitoh T, Fujishima F, Unno M
Cancer science      Oct 2018   [Refereed]
Ishii K, Ishida M, Sugisawa N, Murakami M, Ono T, Tachibana T, Imoto H, Aoki T, Kudoh K, Ohnuma S, Sakata N, Musha H, Morikawa T, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Surgery today   48(10) 916-920   Oct 2018   [Refereed]
Sato H, Ishida M, Motoi F, Sakata N, Aoki T, Suzuki H, Yamamura A, Karasawa H, Hata T, Ohtsuka H, Mizuma M, Morikawa T, Hayashi H, Nakagawa K, Kamei T, Naitoh T, Egawa S, Unno M
Surgery today      Sep 2018   [Refereed]
Morikawa T, Ishida M, Takadate T, Aoki T, Ohtsuka H, Mizuma M, Hayashi H, Nakagawa K, Motoi F, Naitoh T, Unno M
Surgery today      Sep 2018   [Refereed]
Sugisawa N, Ohnuma S, Ueda H, Murakami M, Sugiyama K, Ohsawa K, Kano K, Tokuyama H, Doi T, Aoki J, Ishida M, Kudoh K, Naitoh T, Ambudkar SV, Unno M
Molecular pharmaceutics   15(9) 4021-4030   Sep 2018   [Refereed]
Ono T, Nagao M, Imoto H, Watanabe K, Tanaka N, Motoi F, Naitoh T, Unno M
Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract      Jul 2018   [Refereed]
Tsuchiya T, Naitoh T, Nagao M, Tanaka N, Watanabe K, Imoto H, Miyachi T, Motoi F, Unno M
Obesity surgery   28(6) 1643-1652   Jun 2018   [Refereed]
Shimura M, Mizuma M, Takadate T, Katoh Y, Suzuki T, Iseki M, Hata T, Aoki S, Suzuki Y, Sakata N, Ohtsuka H, Hayashi H, Morikawa T, Nakagawa K, Motoi F, Naitoh T, Igarashi K, Sasano H, Unno M
Oncotarget   9(36) 24291-24303   May 2018   [Refereed]
Watanabe K, Nagao M, Suzuki H, Karasawa H, Ohnuma S, Musha H, Funayama Y, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Surgery today   48(4) 455-461   Apr 2018   [Refereed]
[Endoscopy-Assisted Partial Duodenal Resection for Duodenal Adenoma in a Patient with Familial Adenomatous Polyposis].
Hirashima T, Ohnuma S, Karasawa H, Watanabe K, Imoto H, Aoki T, Kudoh K, Tanaka N, Nagao M, Musha H, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45(3) 518-520   Mar 2018   [Refereed]
[Conversion Surgery for Pancreatic Head Cancer with Peritoneal Dissemination Following Chemotherapy for Two Years - A Case Report].
Hatsuzawa Y, Mizuma M, Motoi F, Hata T, Iseki M, Takadate T, Ohtsuka H, Sakata N, Morikawa T, Nakagawa K, Hayashi H, Naitoh T, Kanno A, Shimosegawa T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   45(2) 347-349   Feb 2018   [Refereed]
Ariake K, Motoi F, Shimomura H, Mizuma M, Maeda S, Terao C, Tatewaki Y, Ohtsuka H, Fukase K, Masuda K, Hayashi H, Takadate T, Naitoh T, Taki Y, Unno M
Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract   22(2) 279-287   Feb 2018   [Refereed]
Naitoh T, Kasama K, Seki Y, Ohta M, Oshiro T, Sasaki A, Miyazaki Y, Yamaguchi T, Hayashi H, Imoto H, Tanaka N, Unno M
Obesity surgery   28(2) 497-505   Feb 2018   [Refereed]
Sato H, Ishida M, Motoi F, Sakata N, Aoki T, Kudoh K, Ohtsuka H, Mizuma M, Morikawa T, Hayashi H, Nakagawa K, Naitoh T, Egawa S, Unno M
Surgery today   48(1) 80-86   Jan 2018   [Refereed]
Hirosawa T, Ishida M, Ishii K, Kanehara K, Kudo K, Ohnuma S, Kamei T, Motoi F, Naitoh T, Selaru FM, Unno M
PloS one   13(11) e0206643   2018   [Refereed]
Shimura M, Mizuma M, Hayashi H, Mori A, Tachibana T, Hata T, Iseki M, Takadate T, Ariake K, Maeda S, Ohtsuka H, Sakata N, Morikawa T, Nakagawa K, Naitoh T, Kamei T, Motoi F, Unno M
Surgical case reports   3(1) 132   Dec 2017   [Refereed]
Ariake K, Motoi F, Ohtsuka H, Fukase K, Masuda K, Mizuma M, Hayashi H, Nakagawa K, Morikawa T, Maeda S, Takadate T, Naitoh T, Egawa S, Unno M
Surgery today   47(12) 1434-1442   Dec 2017   [Refereed]
Mori A, Fukase K, Masuda K, Sakata N, Mizuma M, Ohtsuka H, Morikawa T, Nakagawa K, Hayashi H, Motoi F, Naitoh T, Murakami K, Unno M
Surgical case reports   3(1) 19   Dec 2017   [Refereed]
Ariake K, Motoi F, Mizuma M, Murakami K, Takadate T, Ohtsuka H, Fukase K, Masuda K, Hayashi H, Nakagawa K, Sakata N, Morikawa T, Maeda S, Naitoh T, Egawa S, Unno M
Surgical case reports   3(1) 15   Dec 2017   [Refereed]
[Multidisciplinary Treatment for Squamous Cell Carcinoma of the Anal Canal].
Karasawa H, Ohnuma S, Watanabe K, Tsuchiya T, Imoto H, Aoki T, Kudoh K, Tanaka N, Nagao M, Abe T, Musha H, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44(12) 2009-2010   Nov 2017   [Refereed]
[A Case of Successful Adjuvant Surgery for the Pancreas Head Cancer with Peritoneal Metastasis].
Kyakumoto Y, Takadate T, Mizuma M, Hata T, Iseki M, Ohtsuka H, Sakata N, Nakagawa K, Morikawa T, Hayashi H, Motoi F, Naitoh T, Kanno A, Shimosegawa T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44(12) 1880-1882   Nov 2017   [Refereed]
[A Case of Curatively Resected Ascending Colon Cancer with Ovarian Metastasis and Peritoneal Dissemination after Chemotherapy].
Mochizuki Y, Karasawa H, Shimodaira H, Ohnuma S, Watanabe K, Maeda S, Nagao M, Aoki T, Kudo K, Tanaka N, Musha H, Motoi F, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44(12) 1711-1713   Nov 2017   [Refereed]
[Multidisciplinary Therapy with Gemcitabine and Nab-Paclitaxel for Unresectable Pancreatic Cancer].
Motoi F, Takadate T, Maeda S, Ariake K, Masuda K, Ishida M, Fukase K, Mizuma M, Ohtsuka H, Sakata N, Hayashi H, Nakagawa K, Morikawa T, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44(12) 1241-1244   Nov 2017   [Refereed]
[A Case of Leiomyosarcoma of the Small Intestine with Intestinal Hemorrhage Due to Intraluminal Penetration].
Tsuchiya T, Tanaka N, Nagao M, Watanabe K, Imoto H, Ohnuma S, Musha H, Watanabe M, Murakami K, Fujishima F, Motoi F, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   44(12) 1068-1070   Nov 2017   [Refereed]
Inoue K, Ueno T, Douchi D, Shima K, Goto S, Takahashi M, Morikawa T, Naitoh T, Shibata C, Naito H
BMC surgery   17(1) 114   Nov 2017   [Refereed]
Murakami M, Ohnuma S, Fukuda M, Chufan EE, Kudoh K, Kanehara K, Sugisawa N, Ishida M, Naitoh T, Shibata H, Iwabuchi Y, Ambudkar SV, Unno M
Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   45(11) 1166-1177   Nov 2017   [Refereed]
Maeda S, Motoi F, Oana S, Ariake K, Mizuma M, Morikawa T, Hayashi H, Nakagawa K, Kamei T, Naitoh T, Unno M
Surgical case reports   3(1) 105   Sep 2017   [Refereed]
Miura T, Tachikawa M, Ohtsuka H, Fukase K, Nakayama S, Sakata N, Motoi F, Naitoh T, Katayose Y, Uchida Y, Ohtsuki S, Terasaki T, Unno M
Journal of pharmaceutical sciences   106(9) 2499-2508   Sep 2017   [Refereed]
Nakayama S, Karasawa H, Suzuki T, Yabuuchi S, Takagi K, Aizawa T, Onodera Y, Nakamura Y, Watanabe M, Fujishima F, Yoshida H, Morikawa T, Sase T, Naitoh T, Unno M, Sasano H
Cancer medicine   6(6) 1264-1274   Jun 2017   [Refereed]
Yoshino T, Uetake H, Tsuchihara K, Shitara K, Yamazaki K, Oki E, Sato T, Naitoh T, Komatsu Y, Kato T, Yamanaka K, Iwasaki K, Soeda J, Hihara M, Yamanaka T, Ochiai A, Muro K
Clinical colorectal cancer   16(2) 158-163   Jun 2017   [Refereed]
Yamamoto S, Hinoi T, Niitsu H, Okajima M, Ide Y, Murata K, Akamoto S, Kanazawa A, Nakanishi M, Naitoh T, Kanehira E, Shimamura T, Suzuka I, Fukunaga Y, Yamaguchi T, Watanabe M, Japan Society of Laparoscopic Colorectal Surgery.
Journal of gastroenterology   52(6) 695-704   Jun 2017   [Refereed]
Inoue K, Ohtsuka H, Tachikawa M, Motoi F, Shijo M, Douchi D, Kawasaki S, Kawaguchi K, Masuda K, Fukase K, Naitoh T, Katayose Y, Egawa S, Unno M, Terasaki T
Pancreas   46(4) 557-566   Apr 2017   [Refereed]
Katagiri M, Karasawa H, Takagi K, Nakayama S, Yabuuchi S, Fujishima F, Naitoh T, Watanabe M, Suzuki T, Unno M, Sasano H
Histology and histopathology   32(4) 351-360   Apr 2017   [Refereed]
Haruta H, Kasama K, Ohta M, Sasaki A, Yamamoto H, Miyazaki Y, Oshiro T, Naitoh T, Hosoya Y, Togawa T, Seki Y, Lefor AK, Tani T
Obesity surgery   27(3) 754-762   Mar 2017   [Refereed]
[A Case of Undifferentiated Carcinoma of the Sigmoid Colon That Responded to Paclitaxel and Carboplatin Chemotherapy].
Toyama S, Kudoh K, Ohnuma S, Sato S, Tanaka N, Aoki T, Imoto H, Karasawa H, Watanabe K, Nagao M, Abe T, Musha H, Motoi F, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43(12) 2295-2297   Nov 2016   [Refereed]
[Resection of a Huge Gastrointestinal Stromal Tumor of the Stomach Following Neoadjuvant Chemotherapy with Imatinib].
Sato Y, Karasawa H, Aoki T, Imoto H, Tanaka N, Watanabe K, Abe T, Nagao M, Ohnuma S, Musha H, Takahashi M, Motoi F, Naitoh T, Ishioka C, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43(12) 2216-2218   Nov 2016   [Refereed]
[A Successful Case of Conversion Therapy after Chemotherapy for Advanced Rectal Cancer with Inguinal Lymph Node Metastasis].
Sato J, Karasawa H, Maeda S, Ohnuma S, Watanabe K, Nagao M, Abe T, Musha H, Motoi F, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43(12) 2145-2147   Nov 2016   [Refereed]
[A Case of Successful Stomach-Preserving Pancreaticoduodenectomy with Celiac Artery Resection after Neoadjuvant Chemoradiation Therapy for Pancreatic Cancer with Hepatic Arterial Variation].
Kyakumoto Y, Mizuma M, Abe T, Takadate T, Fukase K, Otsuka H, Sakata N, Nakagawa K, Morikawa T, Hayashi H, Naitoh T, Motoi F, Kanno A, Shimosegawa T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   43(12) 1966-1968   Nov 2016   [Refereed]
Aoki S, Mizuma M, Takahashi Y, Haji Y, Okada R, Abe T, Karasawa H, Tamai K, Okada T, Morikawa T, Hayashi H, Nakagawa K, Motoi F, Naitoh T, Katayose Y, Unno M
BMC cancer   16(1) 854   Nov 2016   [Refereed]
Aoki S, Mizuma M, Hayashi H, Nakagawa K, Morikawa T, Motoi F, Naitoh T, Egawa S, Unno M
BMC surgery   16(1) 40   Jun 2016   [Refereed]
Hata T, Ishida M, Motoi F, Yamaguchi T, Naitoh T, Katayose Y, Egawa S, Unno M
Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]   16(3) 372-381   May 2016   [Refereed]
Matsuda Y, Miura K, Yamane J, Shima H, Fujibuchi W, Ishida K, Fujishima F, Ohnuma S, Sasaki H, Nagao M, Tanaka N, Satoh K, Naitoh T, Unno M
Cancer science   107(5) 619-628   May 2016   [Refereed]
Miyachi T, Nagao M, Shibata C, Kitahara Y, Tanaka N, Watanabe K, Tsuchiya T, Motoi F, Naitoh T, Unno M
Surgery   159(5) 1360-1371   May 2016   [Refereed]
Chiba H, Endo K, Fujishima F, Ohtsuka H, Naitoh T, Kuroha M, Kimura T, Shiga H, Kakuta Y, Kinouchi Y, Unno M, Shimosegawa T
Clinical journal of gastroenterology   9(2) 49-54   Apr 2016   [Refereed]
Hata T, Motoi F, Ishida M, Naitoh T, Katayose Y, Egawa S, Unno M
Annals of surgery   263(4) 664-672   Apr 2016   [Refereed]
Hata T, Ishida M, Motoi F, Sakata N, Yoshimatsu G, Naitoh T, Katayose Y, Egawa S, Unno M
Pancreas   45(3) 362-369   Mar 2016   [Refereed]
Watanabe Y, Kurashima Y, Madani A, Feldman LS, Ishida M, Oshita A, Naitoh T, Noma K, Yasumasa K, Nagata H, Nakamura F, Ono K, Suzuki Y, Matsuhashi N, Shichinohe T, Hirano S
Surgical endoscopy   30(2) 588-592   Feb 2016   [Refereed]
[Total Pelvic Exenteration for Local Recurrence of Rectal Cancer Appearing 12 Years after Curative Operation--A Case Report].
Obara M, Ohnuma S, Karasawa H, Watanabe K, Kudoh K, Ishida M, Imoto H, Aoki T, Tanaka N, Nagao M, Abe T, Musha H, Motoi F, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42(12) 2337-2339   Nov 2015   [Refereed]
[A Patient with Three-Year Relapse-Free Survival after Surgical Resection for Lung and Liver Metastases of Cholangiocarcinoma].
Aoki S, Mizuma M, Oyauchi M, Yoshida H, Okada R, Abe T, Sakata N, Nakagawa K, Hayashi H, Morikawa T, Motoi F, Naitoh T, Okada Y, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   42(12) 1573-1575   Nov 2015   [Refereed]
Kajiwara T, Miura K, Ohnuma S, Shimada M, Komura T, Toshima M, Kohyama A, Kudoh K, Haneda S, Musha H, Naitoh T, Shirasaka T, Unno M
International journal of clinical oncology   20(5) 913-921   Oct 2015   [Refereed]
Douchi D, Ohtsuka H, Ariake K, Masuda K, Kawasaki S, Kawaguchi K, Fukase K, Oikawa M, Motoi F, Naitoh T, Katayose Y, Egawa S, Unno M
Cancer letters   365(1) 132-140   Aug 2015   [Refereed]
Nakagawa K, Katayose Y, Ishida K, Hayashi H, Morikawa T, Yoshida H, Motoi F, Naitoh T, Kubo S, Unno M
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   112(7) 1341-1347   Jul 2015   [Refereed]
Someya S, Nagao M, Shibata C, Tanaka N, Sasaki H, Kikuchi D, Miyachi T, Naitoh T, Unno M
Journal of gastrointestinal surgery : official journal of the Society for Surgery of the Alimentary Tract   19(7) 1342-1349   Jul 2015   [Refereed]
Naitoh T, Morikawa T, Tanaka N, Aoki T, Ohtsuka H, Okada T, Sakata N, Ohnuma S, Nakagawa K, Hayashi H, Musha H, Yoshida H, Motoi F, Katayose Y, Unno M
Journal of robotic surgery   9(2) 143-148   Jun 2015   [Refereed]
Katayose Y, Yamamoto K, Nakagawal K, Takemura S, Takahashi M, Nakamura R, Shimamura H, Rikiyama T, Egawa S, Yoshda H, Motoi F, Naitoh T, Unno M
Hepato-gastroenterology   62(138) 303-308   Mar 2015   [Refereed]
[Laparoscopic surgery for pancreatic cancer].
Morikawa T, Naitoh T, Unno M
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   73 Suppl 3 134-137   Mar 2015   [Refereed]
Komatsu H, Egawa S, Motoi F, Morikawa T, Sakata N, Naitoh T, Katayose Y, Ishida K, Unno M
Surgery today   45(3) 297-304   Mar 2015   [Refereed]
Komura T, Miura K, Shirasaka T, Ohnuma S, Shimada M, Kajiwara T, Fujishima F, Philchenkov A, Nakagawa K, Kudoh K, Haneda S, Toshima M, Kohyama A, Musha H, Naitoh T, Shibata C, Unno M
International journal of clinical oncology   20(1) 117-125   Feb 2015   [Refereed]
Ohtsuka H, Fukase K, Yoshida H, Motoi F, Hayashi H, Morikawa T, Okada T, Nakagawa K, Naitoh T, Katayose Y, Unno M
Hepato-gastroenterology   62(137) 1-5   Jan 2015   [Refereed]
Yoshimatsu G, Sakata N, Tsuchiya H, Minowa T, Takemura T, Morita H, Hata T, Fukase M, Aoki T, Ishida M, Motoi F, Naitoh T, Katayose Y, Egawa S, Unno M
PloS one   10(2) e0117561   2015   [Refereed]
[A case of pathological complete response to lt. Lateral lymph node metastasis from lower rectal cancer by S-1 combined neoadjuvant chemoradiotherapy].
Kimura S, Ohnuma S, Karasawa H, Aoki T, Kudoh K, Watanabe K, Tanaka N, Nagao M, Abe T, Musha H, Morikawa T, Motoi F, Katayose Y, Naitoh T, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   41(12) 1560-1562   Nov 2014   [Refereed]
Hayashi H, Morikawa T, Yoshida H, Motoi F, Okada T, Nakagawa K, Mizuma M, Naitoh T, Katayose Y, Unno M
Surgery today   44(9) 1660-1668   Sep 2014   [Refereed]
Aoki T, Motoi F, Sakata N, Naitoh T, Katayose Y, Egawa S, Miyazaki J, Unno M
Pancreas   43(5) 720-729   Jul 2014   [Refereed]
Imoto H, Shibata C, Ikezawa F, Kikuchi D, Someya S, Miura K, Naitoh T, Unno M
Surgery today   44(2) 340-348   Feb 2014   [Refereed]
Kikuchi D, Shibata C, Imoto H, Someya S, Miyachi T, Miura K, Naitoh T, Unno M
Surgery today   44(1) 152-159   Jan 2014   [Refereed]
Endo K, Moroi R, Sugimura M, Fujishima F, Naitoh T, Tanaka N, Shiga H, Kakuta Y, Takahashi S, Kinouchi Y, Shimosegawa T
Internal medicine (Tokyo, Japan)   53(13) 1419-1427   2014   [Refereed]
Komatsu H, Tanji E, Sakata N, Aoki T, Motoi F, Naitoh T, Katayose Y, Egawa S, Unno M, Furukawa T
PloS one   9(2) e87875   2014   [Refereed]
[Therapeutic strategy for neuroendocrine tumor of the rectum].
Ohnuma S, Naitoh T, Haneda S, Kudoh K, Kohyama A, Nagao M, Tanaka N, Sasaki H, Aoki T, Abe T, Musha H, Morikawa T, Yoshida H, Motoi F, Katayose Y, Shibata C, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40(12) 2077-2079   Nov 2013   [Refereed]
[A case of successful R0 resection after neoadjuvant therapy for locally advanced unresectable pancreatic cancer].
Aoki S, Mizuma M, Motoi F, Fukase K, Sakata N, Nakagawa K, Okada T, Hayashi H, Morikawa T, Yoshida H, Naitoh T, Katayose Y, Egawa S, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40(12) 1868-1871   Nov 2013   [Refereed]
[Efficacy of neoadjuvant chemotherapy for resectable pancreatic carcinoma].
Motoi F, Kawaguchi K, Aoki T, Kudo K, Yabuuchi S, Fukase K, Mizuma M, Sakata N, Otsutomo S, Morikawa T, Hayashi H, Nakagawa K, Okada T, Yoshida H, Naitoh T, Katayose Y, Egawa S, Unno M
Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy   40(12) 1632-1636   Nov 2013   [Refereed]
Shibata C, Kakyo M, Kinouchi M, Tanaka N, Miura K, Naitoh T, Ogawa H, Motoi F, Egawa S, Ueno T, Naito H, Unno M
Surgery today   43(11) 1281-1285   Nov 2013   [Refereed]
Shibata C, Kakyo M, Kinouchi M, Tanaka N, Miura K, Naitoh T, Ogawa H, Yazaki N, Haneda S, Watanabe K, Sasaki I
Hepato-gastroenterology   60(127) 1797-1799   Oct 2013   [Refereed]
Kikuchi D, Shibata C, Imoto H, Naitoh T, Miura K, Unno M
The Tohoku journal of experimental medicine   230(4) 197-204   Aug 2013   [Refereed]
Someya S, Shibata C, Tanaka N, Kudoh K, Naitoh T, Miura K, Unno M
The Tohoku journal of experimental medicine   230(3) 129-132   Jul 2013   [Refereed]
Miyachi T, Tanaka N, Endo K, Fujishima F, Sasaki H, Nagao M, Morikawa T, Naitoh T, Miura K, Shibata C, Shimosegawa T, Unno M
Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology   110(6) 1014-1021   Jun 2013   [Refereed]
Naitoh T, Morikawa T, Sakata N, Unno M, Akiyama M, Saiki Y
Surgery today   43(3) 313-316   Mar 2013   [Refereed]
Toshima M, Miura K, Ishida K, Mizoi T, Naitoh T, Ogawa H, Ohnuma S, Sasaki H, Watanabe K, Haneda S, Sase T, Kajiwara T, Matsuda Y, Shibata C, Sasaki I
Surgery today   43(3) 329-334   Mar 2013   [Refereed]
Shibata C, Ogawa H, Miura K, Naitoh T, Yamauchi J, Unno M
The Tohoku journal of experimental medicine   229(2) 143-146   Feb 2013   [Refereed]
Morikawa T, Onogawa T, Maeda S, Takadate T, Shirasaki K, Yoshida H, Ishida K, Motoi F, Naitoh T, Rikiyama T, Katayose Y, Egawa S, Unno M
Surgery today   43(1) 26-32   Jan 2013   [Refereed]
Kinouchi M, Miura K, Mizoi T, Ishida K, Fujibuchi W, Sasaki H, Ohnuma S, Saito K, Katayose Y, Naitoh T, Motoi F, Shiiba K, Egawa S, Shibata C, Unno M
Hepato-gastroenterology   60(121) 83-88   Jan 2013   [Refereed]
[Surgery for pancreatic neuroendocrine tumors].
Shibata C, Egawa S, Motoi F, Morikawa T, Naitoh T, Unno M, Sasaki I
Nihon Geka Gakkai zasshi   113(6) 502-506   Nov 2012   [Refereed]
【最新臨床糖尿病学 下-糖尿病学の最新動向-】 ライフステージ・タイプ別糖尿病の病態と治療 二次性糖尿病 内分泌疾患による糖尿病 グルカゴノーマ (日本臨床)
柴田近, 三浦康, 内藤剛, 江川新一, 海野倫明
日本臨床   70(増刊5 最新臨床糖尿病学(下)) 158-160   Jul 2012
[Glucagonoma].
Shibata C, Miura K, Naitoh T, Egawa S, Unno M
Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine   70 Suppl 5 158-160   Jul 2012   [Refereed]
【肝・胆・膵腫瘍の薬物療法-最近の進歩】 膵がん 術前術後補助療法の現状と課題 (腫瘍内科)
江川新一, 元井冬彦, 石田晶玄, 青木豪, 深瀬耕二, 水間正道, 坂田直昭, 乙供茂, 大塚英郎, 森川孝則, 林洋毅, 中川圭, 岡田恭穂, 吉田寛, 内藤剛, 片寄友, 海野倫明
腫瘍内科   9(6) 718-726   Jun 2012
局所進行膵頭部癌に対し術前療法と上腸間膜静脈合併切除を施行しR0切除し得た2症例
嶋健太郎, 元井冬彦, 中川圭, 赤田昌紀, 岡田恭穂, 水間正道, 林洋毅, 石田和之, 内藤剛, 力山敏樹, 片寄友, 江川新一, 海野倫明
胆と膵   33(6) 545-549   Jun 2012   [Refereed]
Ikezawa Fumie, Shibata Chikashi, Kikuchi Daisuke, Imoto Hirofumi, Miura Koh, Naitoh Takeshi, Ogawa Hitoshi, Sasaki Iwao, Tsuchiya Takashi
Surgery   151(6) 822-830   Jun 2012   [Refereed]
【膵癌update 2012】 治療 最新の膵癌化学療法 (外科)
石田晶玄, 元井冬彦, 坂田直昭, 内藤剛, 力山敏樹, 片寄友, 江川新一, 海野倫明
外科   74(5) 523-529   May 2012

Misc

 
複雑な合流形態を呈し、繰り返す膵炎で発症した膵・胆管合流異常の1例
山名 浩樹, 大塚 英郎, 石田 晶玄, 水間 正道, 中川 圭, 森川 孝則, 林 洋毅, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス   41 83-83   Aug 2018
クローン病における直腸肛門管癌の癌スクリーニングの現状と問題点 国内専門施設へのアンケート調査
渡辺 和宏, 倉地 清隆, 水島 恒和, 亀山 仁史, 佐々木 巌, 杉田 昭, 根津 理一郎, 舟山 裕士, 福島 浩平, 内藤 剛, 海野 倫明, 二見 喜太郎
日本大腸肛門病学会雑誌   71(7) 283-290   Jul 2018
クローン病は大腸癌の発生リスクが高いことが知られている。本邦では特に痔瘻癌を含む直腸肛門管癌が多く、進行癌で診断されることが多い。今回われわれは厚労省「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」班の外科系施設を中心とした18施設を対象に、クローン病の直腸肛門管癌への癌サーベイランスに関するアンケート調査を行った。癌スクリーニングの適応や検査項目については、厚労省班の癌サーベイランスプログラム(案)に概ね準じて行われており、肛門病変を10年以上有している症例を癌スクリーニングの対象とする施設が多...
【最新版 "腸閉塞"を極める!】疾患別 診断と治療 慢性偽性腸閉塞症
渡辺 和宏, 内藤 剛, 神山 篤史, 唐澤 秀明, 鈴木 秀幸, 大沼 忍, 武者 宏昭, 亀井 尚, 海野 倫明
臨床外科   73(7) 830-834   Jul 2018
<文献概要>ポイント ◆慢性偽性腸閉塞症(CIPO)の診断は,(1)慢性の腸閉塞症状,(2)腸管拡張所見,(3)器質的狭窄を認めない,の3項目が基本となる.◆CIPOは原発性と続発性に分類され,鑑別が重要である.◆治療の中心は栄養管理・薬物治療であるが,難治の場合には外科治療が考慮されることもある.◆小腸限局型・大腸小腸型では腸管切除の有効率は低いため,胃瘻造設や小腸瘻造設などの減圧手術にとどめる.
【敗血症・院内感染にいかに挑むか】 待機的肝胆膵術後敗血症の術前リスク因子解析および予後の検討
片寄 友, 伊勢 一郎, 林 洋毅, 中川 圭, 森川 孝則, 水間 正道, 大塚 英郎, 武藤 満完, 徳村 弘実, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本腹部救急医学会雑誌   38(4) 635-641   May 2018
【胆道・膵疾患術後の晩期障害】 膵・胆管合流異常、先天性胆道拡張症分流手術後の胆道癌
大塚 英郎, 水間 正道, 森川 孝則, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   39(5) 459-465   May 2018
先天性胆道拡張症では胆管癌発症のリスクより、肝外拡張胆管を切除し胆道再建を行う分流手術が標準術式とされるが、分流手術後にも遺残胆管からの発癌が報告されている。分流手術後胆管癌について、自験例、および近年の報告例よりその臨床的特徴について検討を行った。肝臓側胆管からの発癌では背景に術後胆管炎や肝内結石を認めることが多いため、胆管切除施行時には吻合部狭窄や肝内胆管狭窄に留意した慎重な切離線の決定、吻合口の作成が求められる。また、術後胆管炎、肝内結石発症例で肝内胆管に狭窄や壁肥厚が認められる場合...
医療安全 手術機器の原理と適正使用
内藤 剛
日本外科学会雑誌   119(3) 330-331   May 2018
慢性偽性腸閉塞症と鑑別を要した急性膵炎に続発した慢性巨大結腸症の1例
佐藤 英昭, 石田 晶玄, 長尾 宗紀, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   79(4) 820-824   Apr 2018
症例は28歳の男性で,重症急性膵炎および被包化壊死に対し,経皮的・内視鏡的ドレナージなどの加療を行った既往がある.外来での経過観察中に麻痺性腸閉塞を発症し,当院で入院加療を行った.当初は慢性偽性腸閉塞症(CIPO)が疑われたが,シネMRIで小腸の運動機能は保たれていることが判明し,結腸の運動機能障害を伴う慢性巨大結腸症と診断した.回腸瘻造設術を施行し,その後社会復帰が可能となった.CIPOは小腸を主体とし,食道から大腸までの全消化管に起こり得る消化管運動機能障害で,機械的な閉塞機転がないに...
術前診断が潰瘍性大腸炎であったcolitic cancerを合併したCrohn病の1例
相澤 卓, 渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   79(4) 814-819   Apr 2018
症例は34歳,男性.16歳時より潰瘍性大腸炎(UC)として加療されていた.左下腹部痛を主訴に当院消化器内科を受診した.下部消化管内視鏡・腹部CT検査でS状結腸に壁肥厚と狭窄,その近傍に膿瘍形成を認めて当科紹介となった.三期分割手術の方針として大腸亜全摘・回腸瘻造設術を施行した.当初,二期目手術に残存直腸切除・回腸嚢肛門吻合術を予定していたが,術後病理組織学的検査で非乾酪性肉芽腫を多数認めてCrohn病に診断変更となり,さらに二期目手術前検査で残存直腸のポリープからadenocarcinom...
高舘 達之, 森川 孝則, 石田 晶玄, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
手術   72(4) 537-543   Mar 2018
伊勢 一郎, 渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 鈴木 秀幸, 内藤 剛, 海野 倫明
日本大腸肛門病学会雑誌   71(3) 133-138   Mar 2018
目的:腸管型ベーチェット病の臨床学的特徴と長期予後について自験例をもとに検討した。対象:当科で手術を行った腸管型ベーチェット病6症例。初回手術後の観察期間は16年(2-43年)(中央値(範囲)、以下同)。結果:ベーチェット病の診断時年齢は17歳(14-43歳)、腸管型ベーチェット病の発症時年齢は27歳(14-73歳)、病変部位は回盲部4例、上行結腸2例、回腸2例(重複あり)であった。初回手術時年齢は29歳(14-73歳)、再発による再手術は4例、累計11回行われた。累積再手術率は初回手術後...
家族性大腸腺腫症に併存した十二指腸腺腫に対する内視鏡補助下十二指腸局所切除術の1例
平嶋 倫亮, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 渡辺 和宏, 井本 博文, 青木 豪, 工藤 克昌, 田中 直樹, 長尾 宗紀, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   45(3) 518-520   Mar 2018
大腸全摘後の家族性大腸腺腫症(FAP)患者に発症した十二指腸腺腫に対し、内視鏡を併用し十二指腸局所切除術を行ったので報告する。症例は30歳代、男性。FAPに対し1997年に大腸全摘術・回腸嚢肛門吻合術を施行した。2004年より十二指腸腺腫が生じ、異型度が徐々に上昇したため2013年に内視鏡補助下十二指腸全層切除術を施行した。病理結果は高分化型管状腺癌(pM、ly0、v0)であった。術後4年無再発で経過している。十二指腸腺腫に対し、内視鏡補助下の十二指腸局所切除術は侵襲が低く有用と考えられた...
唐澤 秀明, 高木 尚之, 大沼 忍, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
手術   72(3) 307-313   Mar 2018
2年間の化学療法でDown-Stagingし根治切除を施行した腹膜転移を伴う膵頭部癌の1例
初沢 悠人, 水間 正道, 元井 冬彦, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 森川 孝則, 中川 圭, 林 洋毅, 内藤 剛, 菅野 敦, 下瀬川 徹, 海野 倫明
癌と化学療法   45(2) 347-349   Feb 2018
腹膜転移を伴う膵頭部癌に対して2年間の化学療法後にdown-stagingが得られ根治切除し得た症例を経験した。症例は55歳、女性。腹部CTで膵頭部に径3.0cmの腫瘤を認め、総肝動脈に接触する切除可能境界膵癌に対して審査腹腔鏡(SL)を施行したところ、腹腔洗浄細胞診が陽性(CY1)であった。gemcitabine(Gem)+S-1併用療法(GS)を開始し、10ヵ月後のSLで右下腹部に播種結節を認め、CY1であったことからGem+nab-paclitaxel療法(Gem+nab-PTX)に...
【肥満と消化器疾患】 減量手術・代謝改善手術
田中 直樹, 井本 博文, 海野 倫明, 内藤 剛
消化器・肝臓内科   3(2) 203-208   Feb 2018
破骨細胞様巨細胞を伴った肝血管肉腫の1例
水井 崇浩, 村上 圭吾, 原 康之, 宮城 重人, 内藤 剛, 海野 倫明, 亀井 尚
日本臨床外科学会雑誌   79(2) 382-389   Feb 2018
症例は64歳,男性.発熱,右上腹部痛を主訴に近医より紹介となった.血液検査で炎症反応の上昇とCTで肝後区域に50mm大の辺縁不整な低吸収域を認め,肝膿瘍疑いで緊急入院となった.入院翌日に経皮経肝ドレナージを施行したところ,膿汁は吸引されずに血液のみ吸引され,さらに針生検検体による組織診において悪性を疑う異型細胞を認めたことから血管由来の腫瘍の可能性も疑われた.入院後より抗生剤加療を継続するも発熱・炎症反応の改善を認めず,肝機能は徐々に悪化した.肝病変が悪性腫瘍であれば肝切除が唯一の治療法と...
【肥満症 概念・診断・治療の現状と展望】 セミナー 肥満症に対処するための具体的知識 肥満外科治療に伴う減量・代謝改善のメカニズム
井本 博文, 内藤 剛
Medical Practice   35(2) 255-258   Feb 2018
【Borderline resectable膵癌に対する集学的治療】 Borderline resectable膵癌に対する治療前PET SUVmax値を用いた層別化:術前治療の適応に関する考察
元井 冬彦, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
癌の臨床   63(5) 397-403   Jan 2018
切除を企図して治療を開始したBorderline resectable(BR)膵癌163例を対象とし、術前治療(N群)86例(男性49例、女性37例、中央値66歳)、手術先行(S群)77例(男性39例、女性38例、中央値69歳)であった。術前治療は86例に施行され、Gemcitabine+S1併用(GS)療法による化学療法63例、S1併用化学放射線療法(CRT)15例、両者の逐次併用が7例であった。ITT解析でN群の5年生存率は26%で、S群の12%に比べ有意に良好であった。S群の全生存期...
【究極のこだわり 直腸癌に対する腹腔鏡下手術】 男性狭骨盤症例の腹腔鏡下低位前方切除術
大沼 忍, 内藤 剛, 村上 恵, 鈴木 秀幸, 井本 博文, 山村 明寛, 唐澤 秀明, 神山 篤史, 青木 豪, 渡辺 和宏, 田中 直樹, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 亀井 尚, 海野 倫明
消化器外科   40(13) 1765-1771   Dec 2017
竹浪 努, 前田 晋平, 唐澤 秀明, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
外科   79(13) 1400-1404   Dec 2017
症例は83歳女性で、腹部膨満感が出現し、食思不振、下痢、全身浮腫が徐々に出現し、前医を受診し腹腔内に巨大腫瘍を認め紹介受診となった。腹部は平坦・軟でformance status 2であった。心窩部から左側腹部にかけ、小児頭大の腫瘤を触知し、四肢に浮腫を認めた。軽度貧血を認め、総蛋白、アルブミンが低下していたがその他の異常値は認めず、腫瘍マーカーも基準値内であった。上部消化管内視鏡で胃の粘膜面は正常で、delleや隆起性病変は認めなかった。胃が広範囲に壁外性に圧排されていた。下部消化管造影...
肛門管扁平上皮癌に対する集学的治療
唐澤 秀明, 大沼 忍, 渡辺 和宏, 土屋 堯裕, 井本 博文, 青木 豪, 工藤 克昌, 田中 直樹, 長尾 宗紀, 阿部 友哉, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   44(12) 2009-2010   Nov 2017
2005年以降に化学放射線療法を施行した肛門管扁平上皮癌5例の治療成績を後方視的に検討した。症例は女性4例、男性1例、年齢中央値は70(42〜80)歳、治療前の進行度はStage I 3例、Stage IIIa 1例、Stage IIIb 1例であった。全例に根治的化学放射線療法を施行し、照射線量は59.4〜65Gyで、併用化学療法は4例にMMC+5-FU、1例にCDDPが選択されていた。4例(80%)でCRが得られたが、高度進行癌であった1例は腫瘍の残存を認め、後方骨盤内臓全摘術・両側鼠...
腹膜転移を有する膵頭部癌に対してAdjuvant Surgeryを企図し切除し得た1例
客本 ゆき恵, 高舘 達之, 水間 正道, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 森川 孝則, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 菅野 敦, 下瀬川 徹, 海野 倫明
癌と化学療法   44(12) 1880-1882   Nov 2017
症例は66歳、男性。検診で主膵管拡張を指摘され精査でCA19-9上昇と胆管狭窄も認めたが、確定診断が得られず当院紹介となった。悪性疾患が否定できないため切除目的に開腹し、術中所見で膵頭部に低エコー域と空腸間膜に8mm大の腺癌の播種結節を認め、腹膜転移を伴う膵頭部癌と診断した。胆管空腸吻合術を施行後、adjuvant surgeryを企図し、化学療法gemcitabine+nab-paclitaxelを5コース施行した。治療効果は画像上response evaluaton criteria ...
腹膜播種と卵巣転移を有した上行結腸癌に対し化学療法後に治癒切除を施行した1例
望月 保志, 唐澤 秀明, 下平 秀樹, 大沼 忍, 渡辺 和宏, 前田 晋平, 長尾 宗紀, 青木 豪, 工藤 克昌, 田中 直樹, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   44(12) 1711-1713   Nov 2017
症例は50歳代、女性。両側卵巣腫瘍の精査加療目的で前医より紹介となった。精査の結果、上行結腸に全周性の2型腫瘍と造影CT検査で腹膜播種を疑う結節を認め、上行結腸癌・両側卵巣転移・腹膜播種の診断となった。化学療法としてmFOLFOX6+bevacizumab(Bmab)6サイクル、sLV5FU+Bmab 6サイクルの投与を行った。その結果、画像所見で上行結腸癌・両側卵巣転移・腹膜播種はいずれも縮小し、腫瘍マーカーも著明に低下した。根治切除可能と考えられ、開腹右結腸切除、両側卵巣切除、腹膜播種...
切除不能膵癌に対するGemcitabine+Nab-Paclitaxel療法を用いた集学的治療
元井 冬彦, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 中川 圭, 森川 孝則, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   44(12) 1241-1244   Nov 2017
gemcitabine+nab-paclitaxel(GN)療法は、腫瘍縮小効果が高く、転移を有する膵癌に有効性が確立している。一方、奏効例に対する補助的外科切除(conversion surgery:CS)で長期生存が得られると報告されている。切除不能膵癌に対するGN療法により企図したCSの可能性を検討した。対象は切除不能膵癌で、2015年1月以降にGN療法を開始した29例。UR-LA(主要動脈に半周以上接触)・UR-M(微小遠隔転移)で、GN療法で一定期間以上の臨床的奏効を認めた場合に...
腸管内腔へ穿破し消化管出血を来した小腸平滑筋肉腫の1例
土屋 堯裕, 田中 直樹, 長尾 宗紀, 渡辺 和宏, 井本 博文, 大沼 忍, 武者 宏昭, 渡辺 みか, 村上 圭吾, 藤島 史喜, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   44(12) 1068-1070   Nov 2017
症例は40歳、男性。腹痛と倦怠感を主訴に前医を受診し、高度の貧血と腹部造影CT検査で小腸腫瘍を疑う腫瘤を指摘され当院へ紹介となった。小腸造影検査では腫瘤への造影剤の流入を認め、黒色便の所見と併せて小腸腫瘍の腸管内腔への穿破、出血が疑われた。PETでは病変部への集積亢進を認め、小腸gastrointestinal stromal tumor(GIST)などの小腸粘膜下腫瘍の術前診断で準緊急的に手術を施行した。腹腔鏡下に開始したが、腫瘤は腹壁へ固定されており浸潤も疑われたため、開腹下に腹膜を合...
佐藤 英昭, 石田 晶玄, 岡田 恭穂, 元井 冬彦, 坂田 直昭, 青木 豪, 大塚 英郎, 水間 正道, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 内藤 剛, 海野 倫明
膵臓   32(5) 836-842   Oct 2017
背景;慢性膵炎の手術は膵管ドレナージ術と膵切除術に大別され、それぞれ機能温存と根治性に利点がある。病態に応じた術式の選択が重要である。膵頭部の炎症が十二指腸に及ぶ慢性膵炎症例に対し、亜全胃温存膵頭十二指腸切除術(SSPPD)と膵管空腸側々吻合術(LPJ)を併施したので報告する。症例;慢性膵炎の急性増悪で紹介された40代男性。術前検査で膵頭部の石灰化と膵頭部近傍の血腫を伴う嚢胞、さらに、十二指腸に狭窄と瘻孔形成、膵尾側に膵石が確認された。当科では慢性膵炎の外科的治療にFrey手術を第一選択と...
金原 圭吾, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 渡辺 和宏, 工藤 克昌, 石田 晶玄, 佐藤 聡子, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会雑誌   50(9) 754-761   Sep 2017
症例は52歳の男性で,腹部膨満感を主訴に前医を受診した.造影CTで盲腸から右大腰筋,腸骨筋に連続する5cm大の嚢胞性腫瘍を認めた.下部消化管内視鏡検査で盲腸に隆起性病変を認め,生検結果は腺癌であった.虫垂粘液嚢胞腺癌,右腸腰筋浸潤と診断され,化学療法の方針となったが手術の希望があり,当院紹介となった.手術は回盲部切除,右大腰筋,右腸骨筋,右大腿神経の合併切除を施行した.病期はpT4b,pN0,pM0,pStage II(大腸癌取扱い規約第8版)であった.術後,右膝関節の伸展障害を認めたが,...
佐藤 正規, 井本 博文, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   78(8) 1848-1854   Aug 2017
症例は80歳,男性.発熱・腹痛のため近医を受診し超音波検査で腹水を認め,精査目的に当院内科紹介となった.採血で炎症反応高値で,CT上大量の腹水を認めた.腹水穿刺で細胞診・結核検査・抗酸菌培養検査に異常を認めず,腹水の原因は不明であったがステロイドの内服を開始し,約1ヵ月間で腹水は消失した.腹水の原因精査のため施行した下部内視鏡検査で横行結腸癌の診断となり,手術目的に紹介となった.腹腔鏡下に観察したところ,腹腔内全体に白色の小結節が多数認められた.同結節の迅速診断は肉芽腫の診断で悪性所見を認...
客本 ゆき恵, 水間 正道, 石田 晶玄, 橘 知睦, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 阿部 友哉, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 森川 孝則, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 佐藤 聡子, 藤島 史喜, 菅野 敦, 下瀬川 徹, 海野 倫明
膵臓   32(4) 767-774   Aug 2017
症例は52歳女性。糖尿病の既往あり。急激な腹痛を主訴に前医受診し、画像検査で膵嚢胞破裂が疑われ当院に紹介された。CTで膵体尾部に径10cmの嚢胞性病変と、周囲に血性を示唆する腹水を認めた。前医MRIで嚢胞はCyst in cyst様であり膵粘液性嚢胞腫瘍(MCN)の破裂が疑われた。超音波内視鏡検査では膵体尾部に多量の凝血塊を内部に含む多房性嚢胞を認め、出血性膵嚢胞性腫瘍と診断された。保存的に止血され、発症2ヵ月後に膵体尾部切除術を施行した。組織学的に嚢胞壁は粘液胞体を有する低異型高円柱細胞...
【潰瘍性大腸炎・クローン病手術のすべて】 クローン病 クローン病に対する新たな吻合法 Anti-mesenteric cutback end-to-side isoperistaltic anastomosis(東北大法)
渡辺 和宏, 内藤 剛, 海野 倫明
手術   71(7) 1069-1075   Jun 2017
【新人ナースにドレドレ博士が伝授!消化器外科 留置部位別のドレーン 観察・管理のポイント】 総論 ドレーンの主な留置部位と留置部位別にわかる合併症
伊関 雅裕, 内藤 剛
消化器外科Nursing   22(6) 476-478   Jun 2017
工藤 克昌, 武者 宏昭, 田中 直樹, 青木 豪, 井本 博文, 杉沢 徳彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本静脈経腸栄養学会雑誌   32(2) 951-954   May 2017
【目的】我々は胃がんによる胃切除術の術後クリニカルパスに六君子湯を導入し、その効果について検討を行ったので報告する。【対象と方法】当科にて2014年1月より2015年12月までに、胃がんの診断で腹腔鏡下幽門側胃切除術を施行した連続した68例をパス導入前後に症例を分けて検討を行った。【結果】パス導入後32例を六君子湯群、導入前の29例を対照群とした。六君子湯群では、全症例で初回外来までの期間、六君子湯の継続内服が可能であり、服薬による有害事象は認められなかった。退院前日の上部消化管術後食の食...
【胆膵腫瘍に対する術前治療と切除前後の効果判定法】 切除企図膵癌に対する術前治療と効果判定・有効性評価
元井 冬彦, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 高館 達之, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 森川 孝則, 中川 圭, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   38(5) 471-479   May 2017
膵癌に対する術前治療は、切除を企図した症例(切除企図膵癌)に対して行われる新しい治療戦略である。治療対象は、切除可能・切除境界膵癌であり、局所制御向上と不顕性転移・播種の制御により生存成績向上を目標とする。治療効果の判定は、手術前および切除後に適切な代理指標をもって行う。画像上の腫瘍径の変化、腫瘍マーカーの推移、PETの集積値の変化(SUVmaxなど)による術前治療後・手術前の効果判定と、組織学的評価(R0、組織学的効果判定)や腫瘍マーカーの正常化による切除後の効果判定がある。術前の効果判...
佐藤 正規, 深瀬 耕二, 有明 恭平, 大塚 英郎, 村上 圭吾, 藤島 史喜, 元井 冬彦, 内藤 剛, 江川 新一, 海野 倫明
日本消化器外科学会雑誌   50(4) 303-310   Apr 2017
症例は85歳の女性で,食思不振,倦怠感を自覚し,腹部USで右下腹部に巨大嚢胞性腫瘍を認め紹介となった.CTで腹部から骨盤におよぶ15cmの嚢胞性病変で,造影効果を伴う結節性病変が散在し悪性腫瘍が示唆された.ERCPにて膵頭部で膵管との交通が確認され,分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary mucinous neoplasm;以下,IPMNと略記)が疑われた.膵外に突出した嚢胞を切除し,膵管断端に腫瘍進展を認めず手術を終了した.病理組織学的検査では軽度〜中等度...
【先天性胆道拡張症の最前線】 先天性胆道拡張症術後の肝内結石
大塚 英郎, 森川 孝則, 水間 正道, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   38(4) 401-406   Apr 2017
先天性胆道拡張症手術症例における術後肝内結石の発生と、術後肝内結石に対する治療について検討を行った。初回治療を自施設で行った37例における肝内結石の発生は3例(8.1%)に認められた。初回治療を他施設で行われたのち肝内結石を発症し当施設で治療を行った7例を加えた計10症例を対象として、その治療を検討した。外科的手術は6例で施行され、うち4例で肝切除術が行われた。肝切除施行例では、内視鏡的結石除去術と組み合わせることで全例で結石治療が成功した。術後肝内結石の治療では内視鏡的治療が第一選択とさ...
竹浪 努, 中川 圭, 橘 知睦, 藪内 伸一, 唐澤 秀明, 片寄 友, 元井 冬彦, 内藤 剛, 藤島 史喜, 海野 倫明
日本消化器外科学会雑誌   50(3) 222-230   Mar 2017
症例は61歳の女性で,心窩部不快感を主訴に精査を行い,胆嚢腫瘤と巨大なリンパ節腫大を認めた.リンパ節が肝動脈に接しており切除困難な進行胆嚢癌と診断され,gemcitabine/cisplatin療法(以下,GC療法と略記)を開始した.化学療法2コース終了後のCTでリンパ節は著明に縮小し,4コース終了時には画像上不明瞭化した.審査腹腔鏡を施行したところ,肝転移および腹膜播種を認めず切除の方針とした.開腹所見では,胆嚢腫瘍は明らかでなく,広範なリンパ節の瘢痕化を認めた.術後早期からの化学療法の...
【超高齢者(80歳以上)の胆膵疾患診療を考える】 高齢者膵癌に対する外科治療戦略
元井 冬彦, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 高館 達之, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 森川 孝則, 中川 圭, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   38(3) 273-278   Mar 2017
本邦の平均寿命は延伸が続いており、高齢者膵癌も増加している。膵癌根治手術の侵襲は高く、高齢者では臓器予備能の低下・併存疾患も考慮した慎重な手術適応の決定が望ましい。個人差も大きいことから一律に暦年齢で非適応とすることはできないが、高齢者では短期死亡リスクが上昇する一方、腫瘍学的な生存利得が少ないことが報告されており、個々のリスク・ベネフィットを十分に勘案する必要がある。実臨床においては、各施設・担当医の裁量で、手術や術後補助療法施行を手控える判断がなされており、結果として高齢者の周術期成績...
青木 修一, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 林 洋毅, 中川 圭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会雑誌   50(1) 1-8   Jan 2017
目的:肝門部領域胆管癌の術前multi-detector row CT(以下,MDCTと略記)をもとにdorsal sectorの門脈胆管枝の走行形態を検討し,左側肝切除で切除すべき尾状葉の右側境界を明らかにする.方法:2008年から2012年まで,肝門部領域胆管癌110例の術前MDCTにおいて,dorsal sectorを走行する門脈胆管枝を同定し,Couinaudの定義をもとにdorsal sectorのb,c,d,cp,l領域を走行する門脈枝(P-b,P-c,P-d,P-cp,P-l...
経皮的ドレナージと経腸栄養による保存的治療で改善した十二指腸瘻の2例
佐藤 純, 工藤 克昌, 前田 晋平, 唐澤 秀明, 田中 直樹, 青木 豪, 大沼 忍, 武者 宏昭, 川崎 修平, 小野 智之, 廣澤 貴志, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本腹部救急医学会雑誌   37(1) 69-74   Jan 2017
経皮的ドレナージと経腸栄養による保存的治療で改善した十二指腸瘻の2例を経験した。症例1は78歳男性。十二指腸潰瘍穿孔による後腹膜膿瘍のため前医で保存的治療を行うも改善を認めず,加療目的に当院転院となった。症例2は40歳女性。乗用車同士の交通外傷で受傷し,他院で外傷性十二指腸穿孔と診断され十二指腸縫合閉鎖術,大網充填術を施行した。術後十二指腸瘻となり,保存的治療で炎症は沈静化したが瘻孔は残存し当院転院となった。2例とも経皮的ドレナージのうえ,経鼻的に経腸栄養チューブを瘻孔部肛門側まで誘導して...
手術手技 同時性肝転移を有する膵神経内分泌腫瘍の治療
青木 豪, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 内藤 剛, 元井 冬彦, 海野 倫明
手術   71(1) 87-92   Jan 2017
パクリタキセル+カルボプラチン療法が奏効したS状結腸未分化癌の1例
遠山 慎吾, 工藤 克昌, 大沼 忍, 佐藤 聡子, 田中 直樹, 青木 豪, 井本 博文, 唐澤 秀明, 渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 阿部 友哉, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   43(12) 2295-2297   Nov 2016
症例は72歳、女性。卵巣癌の診断でパクリタキセル+カルボプラチン併用療法(TC療法)を4コース施行し、部分奏効が得られたが、有害事象のため中止となった。その後、腫瘍のS状結腸浸潤による腫瘍内感染の診断で単純子宮全摘+両側付属器切除+ハルトマン手術を施行した。卵巣に病変を認めず、病理組織学的診断でS状結腸未分化癌の診断となった。大腸未分化癌にTC療法が有効である可能性が考えられた。(著者抄録)
イマチニブによる術前化学療法が奏効した胃巨大GISTの1切除例
佐藤 好宏, 唐澤 秀明, 青木 豪, 井本 博文, 田中 直樹, 渡辺 和宏, 阿部 友哉, 長尾 宗紀, 大沼 忍, 武者 宏昭, 高橋 雅信, 元井 冬彦, 内藤 剛, 石岡 千加史, 海野 倫明
癌と化学療法   43(12) 2216-2218   Nov 2016
症例は72歳、女性。腹部膨満感を主訴に前医を受診した。腹部CTで腹腔内正中から左側に最大径27cmの巨大な腫瘍を認めた。PET-CTでSUVmax11.6のFDGの集積亢進を認め、EUS-FNAでc-kit陽性を示しgastrointestinal stromal tumor(GIST)と診断された。十二指腸や膵臓、脾臓への進展による多臓器合併切除の可能性が考えられ、イマチニブによる術前療法を行う方針とした。6ヵ月投与後のCTで最大径14cmまで縮小し、FDGの集積はSUVmax2.0まで...
化学療法が奏効しConversion Therapyを施行した切除不能進行直腸癌の1例
佐藤 純, 唐澤 秀明, 前田 晋平, 大沼 忍, 渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 阿部 友哉, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   43(12) 2145-2147   Nov 2016
症例は70歳、男性。下部直腸癌、右鼠径リンパ節転移および皮膚筋炎の診断で根治切除不能と判断され、16ヵ月間化学療法(XELOX+bevacizumab、IRIS+bevacizumab)を行った。原発・転移巣ともに化学療法が奏効し、遠隔転移の出現を認めなかったことから切除可能と判断し、腹会陰式直腸切断術、両側側方リンパ節郭清、両側鼠径リンパ節生検を施行した。組織学的に原発巣・側方リンパ節に一部癌細胞が残存していたが、鼠径リンパ節に癌細胞は確認できなかった。最終診断はStage IIIbとな...
肝動脈走行破格と術前治療により腹腔動脈合併膵頭十二指腸切除で切除し得た膵癌の1例
客本 ゆき恵, 水間 正道, 阿部 友哉, 高舘 達之, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 森川 孝則, 林 洋毅, 内藤 剛, 元井 冬彦, 菅野 敦, 下瀬川 徹, 海野 倫明
癌と化学療法   43(12) 1966-1968   Nov 2016
症例は70歳、女性。糖尿病悪化を契機に施行した腹部超音波検査で膵体頭部に腫瘤を認め、精査にて膵癌と診断された。造影CTで膵体頭部に径2.5cmの腫瘤を認めた。総肝動脈から脾動脈起始部にかけて全周性の接触と腹腔動脈から左胃動脈にかけて半周以下の接触を認め、門脈浸潤も疑われた。肝動脈に破格があり、上腸間膜動脈から分岐する右肝動脈と左胃動脈から分岐する左肝動脈を認めた。明らかな遠隔転移は認めず、動脈因子によるborderline resectable膵体頭部癌と診断した。術前化学放射線療法後、亜...
森川 孝則, 石田 晶玄, 高舘 達之, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
外科   78(11) 1186-1191   Nov 2016
2016年度の診療報酬改定に伴い,膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)に対する腹腔鏡下膵切除術の症例も増加することと考えられる.しかしIPMNは,その適応,術式選択ともに議論の余地が多く,特に浸潤癌の可能性と自動縫合器使用による切除断端評価の問題には留意する必要がある.IPMNに対する腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術も今後行われることとなるが,手技的安全性に加え腫瘍学的妥当性にも注意を払う必要があり,IPMNという疾患に精通することが重要である.(著者抄録)
佐藤 正規, 有明 恭平, 大塚 英郎, 深瀬 耕二, 中川 圭, 青木 豪, 水間 正道, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
胆道   30(4) 749-755   Oct 2016
症例は52歳女性。42歳時にIV-A型の先天性胆道拡張症に合併した遠位胆管癌の診断で、肝外胆管切除、胆道再建が施行された(pT3N0M0、Stage III)。術後3年目より、肝内胆管の拡張と繰り返す胆管炎が出現。術後5年目には、吻合部近傍の胆管壁肥厚と肝内結石も指摘されたが、治療の希望なく経過観察となっていた。術後10年目のCT検査にて肥厚した胆管壁の不整を指摘され、生検にて左優位の肝門部領域胆管癌と診断された。腫瘍は前後分岐部まで進展していたが、肝左3区域切除術を施行することで治癒切除...
佐藤 英昭, 森川 孝則, 林 洋毅, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   77(9) 2175-2179   Sep 2016
巨大肝細胞癌の70代の男性に対し肝右葉切除術を施行したが,術翌日に腹腔内出血を認めたため,緊急開腹止血術の方針となった.全身麻酔導入時に,たこつぼ型心筋症に由来する心停止をきたしたが,即座にpercutaneous cardiopulmonary support(PCPS)を導入することで蘇生し,血管造影下での塞栓術で止血が得られた.その後,後遺症はなく第36病日に転院となった.たこつぼ型心筋症は,左室心尖部を中心とした広範囲の壁運動異常を呈する疾患であり,多くは1ヵ月以内に左室壁運動がほ...
【内分泌代謝疾患のtrends & topics 2017】 代謝 肥満症に対する外科治療の現状と展望
内藤 剛, 田中 直樹, 井本 博文, 海野 倫明
Mebio   33(9) 57-63   Sep 2016
内藤 剛, 田中 直樹, 宮地 智洋, 井本 博文, 土屋 堯裕, 河野 えみ子, 長尾 宗紀, 武者 宏昭, 中川 圭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 片寄 友, 海野 倫明
外科と代謝・栄養   50(4) 217-222   Aug 2016
糖尿病患者は世界的に増加しておりわが国でも2000万人以上の国民が糖尿病もしくはその可能性があるとされている。糖尿病治療の主体は食事・運動療法や薬物療法であったが肥満症に対する減量手術が糖尿病改善効果を示すことが分かってきた。減量手術は「摂食制限手術」と「摂食制限+吸収抑制手術」に大別される。糖尿病に対する効果は吸収抑制手術において高いとされているが現在わが国ではスリーブ状胃切除術(LSG)のみが保険適応である。われわれは糖尿病合併肥満症例に対しLSGにバイパス術を付加するスリーブバイパス...
【膵癌血管浸潤例の外科切除適応と治療ストラテジー:Up to date 2016】 治療成績からみた各治療法の意義と限界 膵癌に対する腹腔動脈合併膵体尾部切除成績
元井 冬彦, 高舘 達之, 前田 晋平, 有明 恭平, 林 洋毅, 水間 正道, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   37(7) 675-680   Jul 2016
膵癌に対する動脈合併切除の可否は依然議論の余地がある。進行胃癌に対する術式として報告されたAppleby手術は、全胃を温存し腹腔動脈周囲に浸潤する膵体部癌に対する根治術式(DP-CAR)として大規模施設を中心に施行されている。本術式には膵頭アーケードから固有肝動脈への血流温存が必要であり、手術適応を慎重に判断する必要がある。通常の尾側膵切除に比べて侵襲が大きく、術後合併症も高率に発生するが、腹腔動脈周囲の神経叢への浸潤に対しては有効な術式である。2005〜2015年に膵体尾部癌に対する尾側...
【診療ガイドライン改訂後の膵炎診療】 慢性膵炎 慢性膵炎に対するFrey手術
元井 冬彦, 石田 晶玄, 坂田 直昭, 江川 新一, 内藤 剛, 下瀬川 徹, 海野 倫明
肝・胆・膵   72(6) 1105-1110   Jun 2016
石田 晶玄, 坂田 直昭, 片桐 宗利, 吉松 軍平, 大沼 忍, 北田 容章, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
日本消化器外科学会雑誌   49(4) 261-266   Apr 2016
目的:左側結腸癌に対する手術において,下腸間膜静脈の処理については一定した見解がなく,下腸間膜静脈とその周囲組織は一般的に郭清の対象として考えられていない.また,下腸間膜静脈周囲のリンパ節の存在自体も明らかにされていない.著者は以前,下腸間膜静脈周囲リンパ節に転移を認めた下行結腸癌の症例を経験した.その経験に基づき,複数の解剖実習体を用いて下腸間膜静脈周囲リンパ節の探索を行い,その存在を明らかにすることを試みた.方法:10例の解剖実習体を用いて下腸間膜静脈周囲リンパ節の探索を行った.下腸間...
【イラストでみる最新の胆・膵消化管吻合術】 膵空腸吻合 柿田法
柿田 徹也, 及川 昌也, 本多 博, 土屋 誉, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   37(3) 233-236   Mar 2016
膵頭十二指腸切除(PD)は消化器外科高難度手術に位置し、熟練した上級医、専門医が行ってきた手術として知られている。その中で、膵空腸吻合部の縫合不全は現在でも致命的な合併症になり得る重大な合併症である。膵空腸密着縫合法(柿田法)は膵断端の血流保持と膵断端の完全被覆、主膵管の完全ドレナージ・空腸内への主膵管誘導を特徴とし、運針が容易で術者の経験や膵の性質によらない吻合法としてはじめられた。多くの施設で独自の工夫を取り入れながら施行されている吻合法であるが、一方でいくつかのコツを必要とし、必ずし...
志村 充広, 水間 正道, 岡田 恭穂, 片桐 宗利, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 江川 新一, 藤島 史喜, 菅野 敦, 廣田 衛久, 正宗 淳, 下瀬川 徹, 海野 倫明
膵臓   31(1) 93-100   Feb 2016
症例は58歳女性。父が膵癌の家族歴がある。2008年11月に背部痛で発症し、当院で精査を施行。膵鉤部と体尾部に複数の分枝型膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)に併存する膵体部の通常型膵癌に対し、2009年4月に膵体尾部切除術を施行した。組織学的には分枝型IPMNに併存した高分化型管状腺癌(tub1)であり、膵癌取扱い規約では、T3N0M0、Stage III、R0であった。膵断端近傍にPanIN1A-1B相当の所見を認めた。術後37ヵ月からCA19-9の上昇を認め、精査で異時性発生膵癌あるいは...
【膵外分泌機能不全と膵酵素補充療法の進歩】 慢性膵炎のFrey術後の栄養状態の変化
江川 新一, 佐々木 宏之, 高舘 達之, 有明 恭平, 前田 晋平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   37(2) 185-189   Feb 2016
背景と目的:Frey手術は切除術に比較して低侵襲で疼痛除去効果が高く、進行した慢性膵炎に対するすぐれた術式である。当科症例に基づくFrey手術後の栄養状態の変化と管理のあり方を検討する。対象と方法:当科でFrey手術を施行され1年以上経過し、かつ栄養指標と膵酵素製剤の投与状況が判明している35例。栄養指標の時間的推移を検討した。結果:血清中の蛋白質は術後3ヵ月で回復するが、長期間後に低蛋白血症で重篤な病態を呈する症例もあった。脂肪の異常値は術後長期に出現することが多かった。膵性糖尿病に対す...
初回手術より12年後に診断された直腸癌局所再発に対し骨盤内臓全摘術を施行した1例
小原 恵, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 渡辺 和宏, 工藤 克昌, 石田 晶玄, 井本 博文, 青木 豪, 田中 直樹, 長尾 宗紀, 阿部 友哉, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   42(12) 2337-2339   Nov 2015
症例は49歳、男性。2002年8月、直腸癌(Ra)による腸閉塞に対しHartmann手術を施行した。病期(TNM 7th)はT3、N1、M0、Stage IIIBで術後補助化学療法としてUFT400mg、クレスチン2gを1年間内服、その後無再発で経過した。2014年7月に急性腎不全を発症し、画像検査で両側水腎症、膀胱と直腸の間に境界不明瞭な腫瘍性病変を認めた。腫瘍生検は腺癌の診断、免疫染色でp53(+)、CK7(-)、CK20(+)、CEA(+)、CA19-9(+)、PSA(-)であり、直...
胆管癌肝肺転移再発に対し切除後3年無病生存が得られた1例
青木 修一, 水間 正道, 大矢内 幹, 吉田 寛, 岡田 良, 阿部 友哉, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 岡田 克典, 海野 倫明
癌と化学療法   42(12) 1573-1575   Nov 2015
胆管癌術後の肝肺転移に対し、外科的切除により3年無病生存を得た症例を経験したので報告する。症例は50歳代、男性。2009年10月、尿黄染を主訴に近医を受診し、遠位胆管癌による閉塞性黄疸の診断で手術目的に当科を紹介された。亜全胃温存膵頭十二指腸切除を施行し、病理組織学的には胆道癌取扱い規約第6版でtub2、pT3aN0M0、pStage IIA、R0と診断された。術後補助化学療法は施行しなかった。術後1年7ヵ月で左肺に11mmの転移を認め、胸腔鏡下肺部分切除を施行した。さらに、肺転移切除後6...
中川 圭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
臨床外科   70(11) 204-209   Oct 2015
保険収載された肥満外科治療
田中 直樹, 内藤 剛, 井本 博文, 長尾 宗紀, 武者 宏昭, 海野 倫明
臨床外科   70(10) 1250-1255   Oct 2015
【難治な胆道良性疾患の対処法を考える】 良性胆道疾患別の診断と治療(各論) 慢性膵炎による胆道狭窄 外科的治療
坂田 直昭, 江川 新一, 青木 豪, 水間 正道, 石田 晶玄, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
肝・胆・膵   71(3) 475-479   Sep 2015
中川 圭, 片寄 友, 石田 和之, 林 洋毅, 森川 孝則, 吉田 寛, 元井 冬彦, 内藤 剛, 久保 正二, 海野 倫明
日本消化器病学会雑誌   112(7) 1341-1347   Jul 2015
症例は42歳、男性。印刷オペレーターとして勤務し、1,2ジクロロプロパンを含む製品を使用していた。尿濃染と全身倦怠・そう痒で近医受診し精査加療目的に当科紹介、肝門部領域胆管癌の診断で術前化学放射線療法後に肝拡大右葉切除を施行した。手術後に職業性胆管癌として労災認定されている。術後30ヵ月以上経過するが再発を認めず、職業性胆管癌に術前化学放射線療法が奏効した貴重な治療経験として報告する。(著者抄録)
【新 膵癌治療-アブラキサン・FOLFIRINOXをどう使うか】 膵癌術前・術後化学療法 切除企図膵癌に対する術前・術後補助化学療法
元井 冬彦, 岡田 良, 川口 桂, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 海野 倫明
肝・胆・膵   71(1) 63-71   Jul 2015
【Borderline resectable膵癌の最前線-診断・治療法はどう変わったか-】 BR膵癌の切除可能性をどのように決定するか?
元井 冬彦, 青木 修一, 岡田 良, 川口 桂, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 内藤 剛, 片寄 友, 海野 倫明
胆と膵   36(5) 435-440   May 2015
Borderline resectable膵癌(BR膵癌)は、癌遺残のない(R0)切除が困難な膵癌である。定義には変遷があり、充分なコンセンサスは得られていない。局所進展度・切除能の判定にはMD-CTが有用であり、適切な条件で撮像された画像で主要血管と腫瘍の関係を評価する必要がある。しかし、CT所見は炎症や治療経過の修飾を受けることがあるため、他の検査なども含め総合的に判断する必要がある。門脈浸潤のみであれば合併切除・再建を前提として切除可能性を判断する。一方、動脈接触例に対しては合併切除...
【膵癌の最新治療】 Borderline resectable膵癌と術前化学療法 Resectable/borderline resectable膵癌に対するhigh volume centerの取り組み Borderline resectable膵癌に対する術前治療
元井 冬彦, 岡田 良, 川口 桂, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 薮内 伸一, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 岡田 恭穂, 吉田 寛, 内藤 剛, 片寄 友, 江川 新一, 海野 倫明
外科   77(5) 517-522   May 2015
Borderline resectable(BR)膵癌とは,癌遺残のない切除(R0切除)が困難である術前状態を示すものであるが,その定義はまだ収斂していない.当科で切除を企図した312例のBR膵癌を対象に,intention-to-treat(ITT)解析とper protocol解析で,術前治療の意義と最適な治療法探索を行った.術前治療群はより進行した対象を含んでいたが,ITT解析で有意に生存期間が長く,治療法として化学放射線療法,GS併用療法で生存期間が長い傾向を認めた.今後,共通の定...
肥満症外科治療の現状と展望 肥満症外科治療の基礎 効果メカニズム
土屋 堯裕, 内藤 剛, 海野 倫明
肥満研究   21(1) 27-35   Apr 2015
肥満症が全世界的に深刻な社会問題となるなか、外科的治療が注目されつつある。当初は減量のみを目的とした「減量手術」であったが、併存する代謝異常症に対する治療効果が見出され、現在では「代謝手術」すなわち"metabolic surgery"として脚光を浴びるようになった。しかし、その代謝改善効果がどのようなメカニズムでもたらされるのかは十分に解明されておらず、様々な視点から盛んに研究が行われている。最も古くから提唱されてきた前腸・後腸仮説は、消化管流路の改変によりglucagon-like p...
井上 亨悦, 水間 正道, 大塚 英郎, 中川 圭, 林 洋毅, 岡田 恭穂, 吉田 寛, 元井 冬彦, 内藤 剛, 片寄 友, 神宮 啓一, 海野 倫明
肝臓   56(4) 150-156   Apr 2015
症例は67歳男性。門脈腫瘍栓を伴う肝細胞癌(Hepatocellular carcinoma:HCC)である。骨髄異形成症候群に続発したヘモクロマトーシスを背景に発症したHCCで、これまでに複数回の肝切除及び開腹ラジオ波焼灼療法(Radiofrequency ablation:RFA)の治療歴がある。2011年2月のCTで肝S4のRFA焼灼部のすぐ尾側に直径4.2cmの腫瘍を認め、門脈臍部へ連続する腫瘍栓を認めた。現在推奨されている各治療法が選択困難な状況のため放射線療法を選択し、腫瘍及び...
【手術の基本手技;II 内視鏡手術編】 腹腔鏡下膵尾側切除術
森川 孝則, 内藤 剛, 青木 豪, 石田 昌玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 元井 冬彦, 片寄 友, 海野 倫明
消化器外科   38(4) 511-519   Apr 2015
土屋 朗之, 田中 直樹, 坂田 直昭, 森川 孝則, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   76(3) 603-607   Mar 2015
症例は60歳代,女性.卵巣腫瘤を含む腹部多発腫瘤を認め,腹膜転移を伴う卵巣癌を念頭に置いた精査中に,卵巣腫瘤のS状結腸穿通を認めた.その後,腹壁腫瘤の増大による炎症反応の著明な上昇と腹膜刺激症状を認め,腹腔内多発膿瘍を疑い緊急手術を施行した.手術は膿瘍ドレナージの上,子宮・付属器を切除し,S状結腸は温存し一時的回腸人工肛門を造設した.病理組織検査でグラム陽性線状細菌が多数観察され,細菌培養検査でActinomyces israeliiを同定,腹部放線菌症と診断した.本症例では,子宮内避妊器...
【膵癌・胆道癌-基礎と臨床の最新研究動向-】 膵癌 上皮性腫瘍 通常型膵癌 治療 外科的切除 標準的切除 膵癌に対する腹腔鏡下手術
森川 孝則, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床   73(増刊3 膵癌・胆道癌) 134-137   Mar 2015
土屋 堯裕, 青木 豪, 武者 宏昭, 長尾 宗紀, 伊東 賢, 笠島 敦子, 内藤 剛, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   76(2) 279-285   Feb 2015
症例は37歳,男性.検診を契機に胃前庭部の粘膜下腫瘤を指摘された.経過観察中に腫瘤は軽度増大傾向を認めたほか,超音波内視鏡上低エコー腫瘤であったものから内部不均一な高エコー腫瘤へと変化を認めた.生検を施行するも診断がつかず,診断と治療を兼ねて外科的切除の方針となった.腫瘤が幽門輪に近接していたことから腹腔鏡下幽門側胃切除術を施行,病理所見から胃glomus腫瘍と診断した.胃glomus腫瘍は稀な疾患であり術前診断は困難とされるが,発生部位は胃のL領域が大部分を占めており,また,腫瘍が血管に...
片寄 友, 吉田 寛, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 岡田 恭穂, 坂田 直昭, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
臨床外科   70(1) 18-22   Jan 2015
<ポイント>術前治療には,切除不能例に対して行う術前治療と,切除企図(切除可能)に対するいわゆるネオアジュバント療法の二つがある.最近の化学療法により切除不能例が切除可能となる例が増えてきており,胆道癌でも術前治療の重要性が増している.胆管癌に対する化学放射線療法によるネオアジュバントは,局所制御能の向上が期待できる可能性がある.(著者抄録)
術前S-1+CDDP分割投与によりpCRが得られた進行胃癌の2例
河野 えみ子, 田中 直樹, 工藤 克昌, 武者 宏昭, 土屋 堯裕, 宮地 智洋, 長尾 宗紀, 梶原 大輝, 木村 俊一, 唐澤 秀明, 青木 豪, 阿部 友哉, 大沼 忍, 中川 圭, 森川 孝則, 吉田 寛, 元井 冬彦, 片寄 友, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   41(12) 2279-2281   Nov 2014
切除可能cStage III胃癌に対するS-1/CDDP分割投与(S-1 80mg/m221日投与14日休薬+第1、8、15日にCDDP25mg/m2投与)による術前補助化学療法(NAC)にてpCRを得られた2例を経験したので報告する。症例1は70歳台、男性。リンパ節転移を伴う胃体上部前壁の3型腫瘍、cT3-T4a、cN2、cM0、cStage IIIB。NAC2コース後に胃全摘+脾摘(D2)施行。症例2は60歳台、男性。リンパ節転移・食道浸潤を伴う胃体上部小彎から噴門部の3型腫瘍、cT3...
術後8年で局所・遠隔転移再発を認めた通常型膵癌の1例
谷口 肇, 水間 正道, 元井 冬彦, 阿部 友哉, 岡田 良, 川口 桂, 唐澤 秀明, 益田 邦洋, 藪内 伸一, 深瀬 耕二, 坂田 直昭, 岡田 恭穂, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 吉田 寛, 内藤 剛, 片寄 友, 江川 新一, 海野 倫明
癌と化学療法   41(12) 2193-2195   Nov 2014
症例は50歳台、女性。径4cm大の膵頭部癌の診断で2005年2月に膵頭十二指腸切除術、上腸間膜静脈楔状切除術および術中放射線照射(9Mev、20Gy)を施行した。病理組織学的には中分化型管状腺癌で、膵癌取扱い規約第6版ではpT3N1M0、pStage IIIと診断され、R0切除が施行された。gemcitabine(GEM)による術後補助化学療法を3年6ヵ月間施行した。その後は、腫瘍マーカーを1ヵ月ごとに測定し、CTを術後5年までは6ヵ月ごと、それ以降は1年ごとに施行しフォローアップした。術...
長期間に及ぶ化学療法により組織学的CRが得られた局所進行直腸癌の1例
小林 実, 大沼 忍, 加藤 俊介, 唐澤 秀明, 青木 豪, 工藤 克昌, 田中 直樹, 渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 阿部 友哉, 武者 宏昭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 片寄 友, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   41(12) 1755-1757   Nov 2014
症例は39歳、男性。長期間続く下痢、排便時痛を主訴に近医を受診した。RSの2型直腸癌の診断となり、前医で手術を施行したところ、腫瘍は膀胱に広範にわたり浸潤していた。また骨盤腔に膿瘍を形成し、仙骨浸潤や腹膜播種を疑う所見もみられたため、S状結腸人工肛門造設術のみを施行した。化学療法目的にて当院腫瘍内科に紹介となり、FOLFIRI32コース、CapeOX+bevacizumab(Bmab)10コース、LV5FU2+Bmabを34コース施行した結果、画像上CRとなり直腸低位前方切除術を施行した。...
S-1併用術前化学放射線療法により側方リンパ節転移が消失したと考えられた直腸癌の1例
木村 俊一, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 青木 豪, 工藤 克昌, 渡辺 和宏, 田中 直樹, 長尾 宗紀, 阿部 友哉, 武者 宏昭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 片寄 友, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   41(12) 1560-1562   Nov 2014
症例は54歳、男性。MRIおよびPET-CTにて左骨盤内リンパ節の腫脹、FDGの集積亢進を認め、下部内視鏡検査で直腸(Rb)に1型、深達度MPの直腸癌を指摘された。画像検査では左内腸骨リンパ節(263D lt)が16mmに腫大しており、直腸癌の左側方リンパ節転移と診断した(T2、N3、M0、Stage IIIb)。術前化学放射線療法(nCRT)を施行する方針とし、骨盤腔に1.8Gy/回を25回、計45Gyを照射した。併用化学療法としてS-1 120mg/日を2週内服1週休薬で計2コース施行...
進行胆嚢癌術後の縦隔転移に対する集学的治療が奏効した1例
片桐 宗利, 片寄 友, 藪内 伸一, 唐澤 秀明, 佐藤 純, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 海野 倫明
癌と化学療法   41(12) 1527-1529   Nov 2014
症例は60歳台、女性。2005年10月に進行胆嚢癌の診断で胆嚢摘出術、肝S4a/S5切除術、肝外胆管切除術を施行した。術後補助化学療法としてgemcitabine(GEM)を施行した。その後tegafur-uracil(UFT)を投与した。術後約5年後にCEA値上昇を認め、CT検査で縦隔リンパ節の腫大、PET検査でSUVmax 5.8の集積亢進を認め、GEMの投与を開始した。約1年間GEMを投与したが、PET検査で縦隔リンパ節に依然集積亢進を認め、他の遠隔転移は認めなかった。再発診断から1...
高度肥満への対策 減量手術の糖尿病改善効果と体重減少効果
内藤 剛
メディカル朝日   43(10) 38-39   Oct 2014
佐瀬 友彦, 唐澤 秀明, 元井 冬彦, 内藤 剛, 片寄 友, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   75(10) 2779-2782   Oct 2014
症例は61歳,男性.無症状であったが,FDG-PET/CT検診にて右側腹部に腫瘤像とそれに一致したFDGの異常集積を認め,精査目的に当院紹介となった.諸検査にて炎症性疾患を疑い約半年経過観察をしていたが病変は消失せず,悪性疾患を完全に否定できなかったため,腹腔鏡下に病変の観察を行った.ほぼ全ての小腸間膜がびまん性に肥厚,短縮しており,同部位より生検を行い,硬化性腸間膜炎の診断を得た.術後合併症無く退院し,無投薬にて経過観察しているが,約半年経過しても病変に変化を認めていない.硬化性腸間膜炎...
【現況・手技・合併症対策…肥満外科手術の最前線】 スリーブ状胃切除術+十二指腸空腸バイパス術
内藤 剛, 田中 直樹, 海野 倫明
手術   68(9) 1179-1183   Aug 2014
家族性大腸腺腫症術後に発症し術前化学放射線療法が著効した肛門周囲膿瘍を伴った直腸癌の1例
山村 明寛, 小川 仁, 三浦 康, 内藤 剛, 柴田 近, 海野 倫明
外科   76(8) 928-932   Aug 2014
53歳男。肛門痛を主訴とした。上行結腸癌を伴う非密生型家族性大腸腺腫症にて結腸全摘・回腸直腸吻合術の手術歴があり、血液検査では炎症反応の著明上昇と貧血、腫瘍マーカー高値を呈し、腹部骨盤造影MRIでは右坐骨直腸窩の膿瘍形成、直腸壁の全周性肥厚、直腸壁から連続する隆起性病変の進展を認めた。難治性肛門周囲膿瘍の診断で回腸人工肛門造設術とドレナージ術を行った際、直腸Rb-Raに全周性腫瘍を触知し、腫瘍の生検結果はadenocarcinomaであった。ドレナージと術前化学放射線療法(CRT)を併施し...
【Borderline resectable膵癌-術前診断と治療方針の将来展望-】 Borderline Resectable(BR)膵癌に対する治療戦略 NCCN定義の再考と術前GS療法の意義
元井 冬彦, 岡田 良, 川口 桂, 青木 豪, 石田 晶玄, 薮内 伸一, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 坂田 直昭, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 岡田 恭穂, 吉田 寛, 内藤 剛, 片寄 友, 江川 新一, 海野 倫明
癌の臨床   60(3) 273-280   Jul 2014
過去9年間に、手術を企図し病巣の主座が膵頭部であった膵癌226例(男性130例、女性96例:年齢中央値65.5歳)を対象に、切除境界(BR)膵癌に対する治療戦略について再考した。対象は切除可能67例(R群)、門脈系静脈浸潤所見があり動脈abutmentのない74例(BR-PV群)、主要動脈のabutment所見がある85例(BR-A群)に分類した。治療開始前CA19-9中央値261.2U/mlで各群に有意差はなかった。BR-PV群の切除率、R0切除率はR群と同等で、BR-A群は他の群より切...
手術手技 腹腔鏡下脾動静脈温存膵体尾部切除術の手術手技
森川 孝則, 内藤 剛, 青木 豪, 元井 冬彦, 片寄 友, 海野 倫明
手術   68(8) 1101-1106   Jul 2014
【胆膵癌の化学療法の最前線】 膵癌に対する術前化学療法の有効性評価
元井 冬彦, 岡田 良, 川口 桂, 益田 邦洋, 青木 豪, 薮内 伸一, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 岡田 恭穂, 吉田 寛, 内藤 剛, 片寄 友, 江川 新一, 海野 倫明
消化器内科   58(6) 817-824   Jun 2014
膵癌に対する術前治療を標準治療として確立させるために術前治療による有効性の評価とともに、あわせて最適なレジメンについて検討した。対象は2004年1月〜2013年12月の10年間に著者らの大学病院肝胆膵外科にて切除を企図して治療を開始した膵管癌382例とした。これらを基に切除可能151例と切除境界231例に分け、治療戦略別(surgery-first:232例、neoadjuvant:150例)に切除率、RO切除率、生存率を求めて比較した。その結果、1)切除可能例の切除率はneoadjuva...
【最新肥満症学-基礎・臨床研究の最前線-】 肥満症の予防・治療 肥満外科療法 肥満外科療法の術式と適応
内藤 剛, 田中 直樹, 柴田 近, 海野 倫明
日本臨床   72(増刊4 最新肥満症学) 521-524   May 2014
尿中尿素窒素排泄量から見た開腹および腹腔鏡補助下大腸切除術の侵襲度の比較検討
井本 博文, 土屋 誉, 本多 博, 内藤 剛, 及川 昌也, 小山 淳
臨牀と研究   91(5) 682-686   May 2014
過去1年間の大腸癌手術症例110例(男性63例、女性47例:平均年齢69.9±9.9歳)を対象に、術後の尿中尿素窒素(UUN)排泄量を測定し、開腹手術(開腹)と腹腔鏡補助下手術(LAC)の侵襲度の比較検討を行った。内訳は結腸手術71例(開腹49例、LAC22例)、直腸手術39例(開腹27例、LAC12例)である。UUN排泄量は術後第1〜3病日に尿道カテーテル下で蓄尿して測定し、白血球数、CRP、手術時間、出血量身長、体重などの指標とUUN排泄量との相関関係について検討した。その結果、UUN...
【肥満・糖尿病に対する外科的治療】 糖尿病に対する外科手術(メタボリックサージェリー)
内藤 剛, 田中 直樹, 海野 倫明
月刊糖尿病   6(4) 32-37   May 2014
青木 修一, 水間 正道, 林 洋毅, 内藤 剛, 片寄 友, 海野 倫明
臨床外科   69(5) 597-603   May 2014
巨大肝転移を伴う小腸GIST切除後の繰り返す残肝再発に対し,反復肝切除を行うことで長期生存を得た,稀な症例を経験したので報告する.症例は64歳,女性.肝機能異常を契機に骨盤内腫瘍および巨大肝腫瘍を指摘された.骨盤内腫瘍に対し小腸部分切除を施行し小腸GISTと診断され,その後肝転移に対しイマチニブ投与後に拡大肝右葉切除を施行した.初回手術16,30,37,45,56ヵ月後の残肝再発に対し肝切除を繰り返し施行し,68ヵ月経過した現在無病生存中である.GIST同時性肝転移および切除後の残肝再発は...
【胆道癌として外科切除された鑑別困難病変の検証-画像と病理所見の対比-】 胆嚢癌と鑑別困難な黄色肉芽腫性胆嚢炎切除例
益田 邦洋, 吉田 寛, 内藤 剛, 海野 倫明
胆と膵   35(3) 283-289   Mar 2014
黄色肉芽腫性胆嚢炎(xanthogranulomatous cholecystitis:XGC)は周囲臓器に浸潤性に炎症が波及することで、胆嚢癌との鑑別が困難となる。症例は67歳男性で、慢性膵炎で当院通院中であったが、右季肋部痛を主訴に来院、胆嚢癌疑いで精査目的に入院した。CT、MRIで胆嚢壁の不整な肥厚、肝門部胆管、十二指腸、結腸への浸潤像を認め、PET-CTで集積を認め、浸潤性胆嚢癌が疑われた。ERCでは右肝管の狭窄像を呈するも、胆汁細胞診、擦過細胞診で悪性所見は認めなかった。鑑別診断...
【ディベート 炎症性腸疾患の外科治療】 切除吻合法(手縫い吻合vs器械吻合) 東北大学法
渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 羽根田 祥, 舟山 裕士, 高橋 賢一, 内藤 剛, 海野 倫明, 福島 浩平
外科   76(3) 261-266   Mar 2014
Crohn病は再燃寛解を繰り返す慢性疾患であり,複数回の手術を要することが多く,術後長期経過例では腸管不全(短腸症候群)などの危険が高まる.再発形式としては,吻合部近傍の狭窄が原因となることが多いことが知られており,外科サイドからは,狭窄しづらい吻合法を開発することで,症状再発(symptomatic recurrence)までの期間を延長させることが検討されている.(著者抄録)
伊関 雅裕, 水間 正道, 坂田 直昭, 林 洋毅, 中川 圭, 岡田 恭穂, 森川 孝則, 吉田 寛, 元井 冬彦, 内藤 剛, 片寄 友, 海野 倫明
膵臓   29(1) 67-73   Feb 2014
症例は47歳男性。体重減少と心窩部痛がみられ精査を行った。腹部CTで上腹部に径21cm大の被膜で覆われた膵原発腫瘍を認めた。辺縁に多血性の充実成分を有し、中心性壊死・腫瘍内出血・石灰化を認めた。確定診断には至らなかったが、この腫瘍に対して、亜全胃温存膵全摘術・結腸合併切除術・門脈合併切除再建術を施行した。切除標本では、径26cm大の線維性の被膜に覆われた膵腫瘍を認め、内部に中心性壊死・出血を認めた。病理組織学的所見では類円型の核と好酸性細胞質を有する異型細胞が偽乳頭状配列を有し、免疫染色で...
【膵癌に対する術前治療をめぐって】 切除可能膵癌に対する術前治療の有効性
元井 冬彦, 川口 圭, 益田 邦洋, 青木 豪, 工藤 克昌, 薮内 伸一, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 岡田 恭穂, 吉田 寛, 内藤 剛, 片寄 友, 江川 新一, 海野 倫明
胆と膵   35(1) 19-24   Jan 2014
膵癌は依然として高度進行癌で発見され、切除例の治療成績も不良である。切除可能膵癌の標準治療は、手術先行+術後補助化学療法であるが、治療を企図された症例のうち、少なからず症例は標準治療を受けることができない。術前治療は切除率を上げたり、無効例に対する症例選別などの意義が示唆されており、他の癌腫ではすでに標準治療の一部を担っている。膵癌でもほとんどの症例が術前治療の恩恵を受ける可能性があるものの、切除可能膵癌に対する意義は充分に明らかにされているとは言えない。術前治療として有力な治療レジメンと...
直腸神経内分泌腫瘍に対する治療方針
大沼 忍, 内藤 剛, 羽根田 祥, 工藤 克昌, 神山 篤史, 長尾 宗紀, 田中 直樹, 佐々木 宏之, 青木 豪, 阿部 友哉, 武者 宏昭, 森川 孝則, 吉田 寛, 元井 冬彦, 片寄 友, 柴田 近, 海野 倫明
癌と化学療法   40(12) 2077-2079   Nov 2013
1998年1月〜2012年12月の間、当院で行われた直腸神経内分泌腫瘍(neuroendocrine tumor:NET)に対する治療方法をretrospectiveに解析し、直腸NETに対する治療方針を検討した。症例は25(男性17、女性8)例、平均年齢57(30〜78)歳であった。平均腫瘍径は15(5〜70)mmであった。手術術式は局所切除16例、リンパ節郭清を伴う切除が9例であった。郭清を行った9例中3例(33%)にリンパ節転移を認め、深達度sm、腫瘍径10mmの症例が2例含まれてい...
切除不能局所進行膵癌に対しR0のアジュバント切除を施行し得た1例
青木 修一, 水間 正道, 元井 冬彦, 深瀬 耕二, 坂田 直昭, 中川 圭, 岡田 恭穂, 林 洋毅, 森川 孝則, 吉田 寛, 内藤 剛, 片寄 友, 江川 新一, 海野 倫明
癌と化学療法   40(12) 1868-1871   Nov 2013
切除不能膵癌は化学(放射線)療法の適応であるが、良好な治療効果が一定期間得られ、新規病変の出現がない症例に対しては、アジュバント切除を付加することで予後が期待できる。症例は60歳台、女性。背部痛を主訴に当院を受診し、精査により膵体部癌と診断された。CTで腹腔動脈から総肝動脈、胃十二指腸動脈分岐部にかけて連続する軟部陰影を認め、切除不能と診断し化学放射線療法[S-1+体外照射(計56.0Gy:2.0Gy×28Fr)その後gemcitabine+S-1を2週投与1週休薬で11コース]を行った。...
切除企図・切除可能膵癌に対する術前化学療法の有効性
元井 冬彦, 川口 桂, 青木 豪, 工藤 克昌, 藪内 伸一, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 乙供 茂, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 岡田 恭穂, 吉田 寛, 内藤 剛, 片寄 友, 江川 新一, 海野 倫明
癌と化学療法   40(12) 1632-1636   Nov 2013
切除可能膵癌に対する標準治療は、手術先行+術後補助化学療法とされるが、企図治療どおりに治療資源が投入できた場合の2年推定生存率が50%弱と不良である。さらに実際には、治療企図例のなかに治療開始後の非切除因子や化学療法遂行不能例があり、企図例全体では実生存率はより低いと考えられる。膵癌に対する術前治療は、未だ探索的検討のみであり、有効性は十分明らかにされていない。切除企図膵癌に対する術前GS療法の有効性を明らかにする。2006〜2012年に、当科で切除企図後に治療開始した241例中、治療前画...
林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 吉田 寛, 岡田 恭穂, 中川 圭, 水間 正道, 内藤 剛, 片寄 友, 海野 倫明
日本腹部救急医学会雑誌   33(7) 1157-1164   Nov 2013
【はじめに】静脈血栓塞栓症(VTE)予防ガイドライン策定および術後の静脈血栓症予防薬が登場したものの,肝胆膵外科術後におけるVTE予防薬の投与には抵抗感が強い。【対象】VTE予防薬を導入開始1年前の2008年1月以降の当科肝胆膵高難度手術症例466例を対象とし,術後VTE予防薬の安全性と有効性を評価した。【結果】DVT予防薬投与群は273例で,非投与症例は193例であった。入院中の術後出血イベントは,投与群で78例(28.6%)と,非投与群の17例(8.8%)に比べて有意に発生率が高かった...
Liver、Pancreas、Biliary Tract Cancer 肝・胆・膵癌 肝胆膵癌の新展開 肝外胆管癌に対する術前治療
水間 正道, 中川 圭, 坂田 直昭, 林 洋毅, 岡田 恭穂, 森川 孝則, 吉田 寛, 元井 冬彦, 内藤 剛, 片寄 友, 海野 倫明
癌と化学療法   40(10) 1311-1313   Oct 2013
小村 俊博, 工藤 克昌, 大沼 忍, 内藤 剛, 柴田 近, 海野 倫明
日本臨床外科学会雑誌   74(10) 2808-2811   Oct 2013
患者は25歳,男性.1年間続く上腹部痛を主訴に当院消化器内科を受診した.初診時の腹部CT検査で,十二指腸下行部の腹側に嚢胞性病変を認めたが,来院時には症状が改善していたため外来で経過観察となった.1年後のCT検査で同病変の増大傾向を認めたため,手術目的で当科紹介となった.横行結腸間膜嚢胞性腫瘤と診断し,腹腔鏡下に手術を施行した.腫瘤は横行結腸間膜内に存在し,流入血管を処理した後に超音波凝固切開装置を用いて病変のみを切除した.術後の病理組織学的検索で横行結腸重複腸管と診断された.成人における...
【ドレナージ大全】 膵疾患に対するドレナージ術 膵管ドレナージ 慢性膵炎に対するドレナージ手術の適応と実際
佐々木 宏之, 青木 豪, 坂田 直昭, 岡田 恭穂, 林 洋毅, 吉田 寛, 元井 冬彦, 内藤 剛, 片寄 友, 海野 倫明, 江川 新一
胆と膵   34(臨増特大) 981-984   Oct 2013
慢性膵炎に対するドレナージ手術は膵管閉塞を確実に解除・減圧することで疼痛の改善・膵外分泌機能の維持に有効であり、かつ残膵からの膵癌発症予防に寄与する可能性がある。Freyが提唱した膵頭部の芯抜き(coring out)を付加する膵管空腸側々吻合術(Frey手術)は、優れた疼痛改善効果があり、膵頭部芯抜きの量を少なくしても疼痛緩和効果・膵内分泌機能の長期成績はかわらない。同術式では膵前面の剥離操作を丁寧に行うことで、仮性嚢胞や十二指腸狭窄、門脈狭窄などの合併症もほぼ解決され、嚢胞空腸吻合や胆...
【各種デバイスを応用した私の手術-使用法と工夫】 各種デバイスを応用した膵手術 鏡視下手術を中心に
森川 孝則, 内藤 剛, 元井 冬彦, 青木 豪, 海野 倫明
外科   75(9) 960-964   Sep 2013
膵疾患に対する腹腔鏡下手術は着実にその適応を広げつつあるが,その背景に外科医の手技的向上のみならず,各種デバイスの開発・進歩があるのは間違いない.新たなデバイスの開発は手術手技の拡大だけではなく,安全性,操作性,利便性の向上にもつながるものであるが,誤った使い方をすると大きな合併症をきたす可能性もある.そこで本稿では,各種デバイスの使用方法を実際の膵手術,特に鏡視下の膵尾側切除術の手術手技とともに解説する.(著者抄録)
医療における男女共同参画
生澤 史江, 海老原 孝枝, 高橋 克子, 田所 慶一, 内藤 剛, 佐々木 悦子, 藤田 直孝, 橋本 省, 久門 俊勝
宮城県医師会報   (810) 456-469   Jul 2013
宮地 智洋, 田中 直樹, 遠藤 克哉, 藤島 史喜, 佐々木 宏之, 長尾 宗紀, 森川 孝則, 内藤 剛, 三浦 康, 柴田 近, 下瀬川 徹, 海野 倫明
日本消化器病学会雑誌   110(6) 1014-1021   Jun 2013
症例は20歳代女性。Peutz-Jeghers症候群と診断され、10歳代に小腸ポリープによる腸重積に対し、2度の小腸切除術を受けている。今回、腸重積を再発し、開腹下に重積腸管を整復した後、小腸に小切開をおき、内視鏡を挿入、十二指腸から上行結腸までの10mm大以上のポリープ21個をすべて切除した。腸重積手術時の内視鏡的ポリープ切除は、腸管を温存しつつ多数のポリープ切除が可能な、有効な治療法である。(著者抄録)

Books etc

 
単孔式内視鏡手術 基本テクニックとその応用
木村泰三, 森俊幸, 岡島正純 eds. 内藤剛 (Part:Joint Work, 術野展開の基本, 41-43)
南江堂   Oct 2012   
新臨床栄養学 第2版
馬場忠雄, 山城雄一郎 eds. 内藤剛 (Part:Joint Work, 胆石症, 604-608)
医学書院   Oct 2012   
専門医をめざすための経験すべき鏡視下消化器手術
跡見裕, 上西紀夫, 杉原健一 eds. 内藤剛 (Part:Joint Work, 膵嚢胞手術, 161-168)
メジカルビュー   Jul 2003   
ナースの外科学
礒野可一 ed. 内藤剛, 松野正紀 (Part:Joint Work, 胆嚢・胆管の疾患, 312-325)
中外医学   Apr 1998   

Conference Activities & Talks

 
エナジーデバイスを使用した最新の腹腔鏡下手術
内藤剛
第28回日本小児外科学会秋期シンポジウム   1 Nov 2012   
腹腔鏡下直腸切除術の手技とコツ
内藤剛
第5回山形大腸手術手技セミナー   29 Sep 2012   
病的肥満症に対する減量手術の糖尿病改善効果と減量効果
内藤剛, 田中直樹, 井本博文, 森川孝則, 渡辺和宏, 鹿郷昌之, 柴田近, 海野倫明
第67回日本消化器外科学会総会   18 Jul 2012   
多施設共同研究結果からみたLap-LARの安全性とその手術手技
内藤剛
第67回日本消化器外科学会総会   18 Jul 2012   
肥満症手術合併症とその対策
内藤剛
第30回日本肥満症治療学会学術集会   29 Jun 2012   
腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の周術期管理
内藤剛
第2回腹腔鏡下スリーブ状胃切除術セミナー   13 May 2012   
肥満症に対する内視鏡治療の最前線 病的肥満症に対する袖状胃切除術および十二指腸空腸バイパス術の減量および糖尿病改善効果
内藤剛
第83回日本消化器内視鏡学会総会   12 May 2012   
病的肥満症に対する減量手術の導入
内藤剛, 田中直樹, 森川孝則, 井本博文, 柴田近, 渡辺和宏, 鹿郷昌之, 三浦康, 小川仁, 羽根田祥, 大沼忍, 佐々木宏之, 工藤克昌, 宮地智洋, 佐々木巖
第112回日本外科学会定期学術集会   12 Apr 2012   
Laparoscopic resection of the extrahepatic bile duct and biliary reconstruction for congenital biliary dilatation
Naitoh, Takeshi, Morikawa, Takanori, Iseki, Masahiro, Kakyo, Masayuki, Tanaka, Naoki, Watanabe, Kazuhiro, Motoi, Fuyuhiko, Rikiyama, Toshiki, Katayose, Yu, Egawa, Shinichi, Unno, Michiaki
SAGES 2012   7 Mar 2012   
Laparoscopic Rectal Surgery for Advanced Rectal Cancer
Naitoh, Takeshi, Watanabe, Kazuhiro, Miura, Koh, Ohnuma, Shinobu, Sasaki, Hiroyuki, Kakyo, Masayuki, Shibata, Chikashi, Sasaki, Iwao
The Society of Laparoendoscopic Surgeons AsianAmerican MultiSpecialty Summit V   1 Feb 2012   
手術の標準化を目指したCo-axial settingとTraction vector controlによる腹腔鏡下右結腸切除術
内藤剛, 渡辺和宏, 鹿郷昌之, 森川孝則, 田中直樹, 柴田近, 佐々木巌
第24回日本内視鏡外科学会総会   7 Dec 2011   
Clinical Stage 0-I期直腸癌に対する腹腔鏡下手術の妥当性に関する第II相試験(Lap RC;NCT00635466)の周術期成績
内藤剛, 渡邊昌彦, 山本聖一郎, 伊藤雅昭, 奥田準二, 藤井正一, 山口茂樹, 大塚幸喜, 坂本一博, 國場幸均, 伴登宏行, 坂井義治, 山口高史, 腹腔鏡下大腸切除研究会
第66回日本大腸肛門病学会学術集会   25 Nov 2011   
減量手術の長期合併症
内藤剛
第2回日本肥満症治療学会主催肥満症外科治療セミナー   12 Nov 2011   
Laparoscopic surgery for advanced colorectal cancer -Video Festival-
Naitoh, Takeshi, Watanabe, Kazuhiro, Tanaka, Naoki, Morikawa, Takanori, Kakyo, Masayuki, Miura, Koh, Haneda, Sho, Ohnuma, Shinobu, Sasaki, Hiroyuki, Shibata, Chikashi, Sasaki, Iwao
21st World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists   9 Nov 2011   
大腸癌の腹腔鏡下手術は標準手術となりうるか
内藤剛
第6回大阪大腸癌勉強会   13 Oct 2011   
腹腔鏡下直腸癌手術における縫合不全例の検討
内藤剛, 渡辺和宏, 三浦康, 鹿郷昌之, 田中直樹, 森川孝則, 大沼忍, 佐々木宏之, 柴田近, 佐々木巌
第38回東北大腸癌研究会   16 Sep 2011   
Laparoscopic colorectal cancer surgery for bulky tumors
Naitoh, Takeshi, Watanabe, Kazuhiro, Kinouchi, Makoto, Morikawa, Takanori, Oyama, Atsushi, Miura, Koh, Shibata, Chikashi, Sasaki, Iwao
International Surgical Week 2011   28 Aug 2011   
最大径5cm以上の大腸癌に対する腹腔鏡下手術の安全性
内藤剛, 鹿郷昌之, 渡辺和宏, 木内 誠, 森川孝則, 三浦康, 柴田近, 小山淳, 土屋誉, 佐々木巌
第66回日本消化器外科学会総会   13 Jul 2011   
減量手術の周術期管理を目的としたプロジェクトチームの構築
内藤剛, 柴田近, 井本博文, 田中直樹, 渡辺和宏, 森川孝則, 鹿郷昌之, 佐々木巖
第29回日本肥満症治療学会学術集会   10 Jun 2011   
箱の中の糸を結ぶ!? 〜縫合結紮の基本〜
内藤剛
第1回鹿児島内視鏡縫合結紮セミナー   4 Jun 2011   
IT技術を駆使した内視鏡手術室の構築
内藤剛, 鹿郷昌之, 木内誠, 安藤敏典, 森川孝則, 力山俊樹, 江川新一, 柴田近, 土屋誉, 海野倫明, 佐々木巌
第111回日本外科学会定期学術集会   25 May 2011   
箱の中の糸を結ぶ!? 〜マジックの基本〜
内藤剛
岩手医科大学 Early Exposure セミナー   16 May 2011   
Laparoscopic Enucleation of the Insulinoma of the Pancreas
Naitoh, Takeshi, Morikawa, Takanori, Kakyo, Masayuki, Kinouchi, Makoto, Ando, Toshinori, Motoi, Fuyuhiko, Egawa, Shinichi, Unno, Michiaki
SAGES 2011   29 Mar 2011   
Laparoscopic Repair of Old Traumatic Diaphragmatic Hernia
Naitoh, Takeshi, Onogawa, Tohru, Yoshida, Hiroshi, Ottomo, Sigeru, Morikawa, Takanori, Kimura, Shunichi, Unno, Michiaki
SAGES 2011   29 Mar 2011   
二期的手術を考慮したStageIV大腸癌に対する腹腔鏡下手術の有用性
内藤剛, 鹿郷昌之, 安藤敏典, 木内誠, 森川孝則, 三浦康, 柴田近, 小山淳, 土屋誉, 片寄友, 海野倫明, 佐々木巌
第23回日本内視鏡外科学会総会   18 Oct 2010   
Co-axial setting theoryに基づいた腹腔鏡補助下右半結腸切除術
内藤剛, 安藤敏典, 佐々木巌
第8回日本消化器外科学会大会 (JDDW2010)   15 Oct 2010   
肝胆膵外科領域におけるMIS (Minimally Invasive Surgery)
内藤剛
第8回日本消化器外科学会大会 (JDDW2010)   15 Oct 2010   
単孔式内視鏡手術における手術器材のコストの検討
内藤剛, 鹿郷昌之, 木内誠, 森川孝則, 安藤敏典, 柴田近, 江川新一, 海野倫明, 佐々木巖
第2回単孔式内視鏡手術研究会   28 Aug 2010   
腹腔鏡下手術の最近の知見
内藤剛
仙台外科医会学術勉強会   21 May 2010   
Laparoscopic Surgery For Dukes C Colorectal Cancer
Naitoh, Takeshi, Oyama, Atsushi, Tsuchiya, Takashi, Honda, Hiroshi, Oikawa, Masaya, Kakita, Tetsuya
12th World Congress of Endoscopic Surgery   14 Apr 2010   
Emergencyでも大丈夫! ―急性腹症の腹腔鏡下手術―
内藤剛
第46回日本腹部救急医学会総会   18 Mar 2010   
Laparoscopic Surgery For Advanced Colorectal Cancer
Naitoh, Takeshi, Tsuchiya, Takashi, Shibata, Chikashi, Miura, Koh, Ogawa, Hitoshi, Kakyo, Masayuki, Sasaki, Iwao
The Society of Laparoendoscopic Surgeons AsianAmerican MultiSpecialty Summit IV   10 Feb 2010   
胆嚢摘出術と虫垂切除術におけるSingle Incision Surgeryの経験
内藤剛, 土屋誉, 本多博, 及川昌也, 柿田徹也, 小山淳, 矢澤貴, 宮地智洋, 梶原大輝, 堂地大輔, 松田泰史, 土屋堯裕, 宮川菊雄
第22回日本内視鏡外科学会総会   3 Dec 2009   
神経性食思不振症患者に発症した非閉塞性腸管虚血症 (non-occlusive mesenteric ischemia) の1例
梶原大輝, 小山淳, 本多博, 内藤剛, 及川昌也, 柿田徹也, 矢澤貴, 宮地智洋, 堂地大輔, 松田泰史, 土屋堯裕, 宮川菊雄
第71回日本臨床外科学会総会   19 Nov 2009   
進行大腸癌に対する腹腔鏡下手術の臨床成績
内藤剛, 小山淳, 土屋誉, 本多博, 及川昌也, 柿田徹也, 矢沢貴, 宮地智洋, 梶原大輝, 堂地大輔, 松田泰史, 土屋堯裕, 宮川菊雄
第36回東北大腸癌研究会   11 Sep 2009   
SM大腸癌に対する腹腔鏡下大腸切除術の至適切除範囲
内藤剛, 土屋誉, 本多博, 及川昌也, 柿田徹也, 小山淳, 矢澤貴, 宮地智洋, 梶原大輝, 松田泰史
第64回日本消化器外科学会総会   16 Jul 2009   
胃切除後の早期経腸栄養は術後のエネルギー消費量の増加を抑制する
土屋誉, 宮地智洋, 小山淳, 堂地大輔, 梶原大輝, 松田泰史, 土屋尭裕, 矢澤貴, 及川昌也, 柿田徹也, 内藤剛, 本多博, 宮川菊雄
第46回日本外科代謝栄養学会学術集会   9 Jul 2009   
Accuracy of preoperative assesment and clinical outcome of T1 colorectal cancer
Naitoh, Takeshi, Tsuchiya, Takashi, Honda, Hiroshi, Oikawa, Masaya, Kakita, Tetsuya, Oyama, Atsushi
SAGES 2009   22 Apr 2009   
良好な結果が得られた特発性直腸穿孔の2例
堂地大輔, 土屋誉, 本多博, 内藤剛, 及川昌也, 柿田徹也, 小山淳
第45回日本腹部救急医学会   12 Mar 2009   
非根治進行胃癌症例の治療成績
本多博, 菅原俊樹, 土屋誉, 内藤剛, 及川昌也, 柿田徹也, 小山淳, 小松弘武
第81回日本胃癌学会総会   4 Mar 2009   
術前S-1+Docetaxel(DOC)併用療法が奏効した大動脈周囲リンパ節転移陽性胃癌の2例
菅原俊樹, 藤田直孝, 鈴木敬, 平澤大, 尾花貴志, 大平哲也, 原田喜博, 本多博, 内藤剛
第81回日本胃癌学会総会   4 Mar 2009   
腹腔鏡下大腸癌手術の現況
内藤剛
秋田県大腸腹腔鏡手術セミナー   21 Feb 2009   
メタボリックアナライザーMedGemを用いた大腸癌周術期における安静時代謝量の測定
小山淳, 土屋誉, 堂地大輔, 阿部尚美, 佐藤敦子, 本多博, 内藤剛, 及川昌也, 柿田徹也, 小松弘武, 矢澤貴, 宮地智洋, 梶原大輝, 宮川菊雄
第24回日本静脈経腸栄養学会   29 Jan 2009   
地域医療支援病院における腹腔鏡下手術の役割
内藤剛
高知若手外科医会   23 Jan 2009   
内視鏡手術の歴史とこれからの問題点
内藤剛
石川内視鏡手術手技講習会   20 Dec 2008   
CVポートの合併症とOrca CV Kitの有用性
内藤剛
第70回日本臨床外科学会総会   27 Nov 2008   
pStage II/III大腸癌に対する腹腔鏡下手術の遠隔成績
内藤剛, 土屋 誉, 本多博, 及川昌也, 柿田徹也, 大森洋平, 小松弘武, 梶原大輝, 堂地大輔
第21回日本内視鏡外科学会総会   2 Sep 2008   
OR-1および医療画像統合システムを融合した内視鏡手術専用手術室の構築
内藤剛, 土屋誉, 本多博, 及川昌也, 柿田徹也, 大森洋平, 小松弘武, 梶原大輝, 堂地大輔
第21回日本内視鏡外科学会総会   2 Sep 2008   
Development of a new digitalized OR installing multi-image display system
Naitoh, Takeshi, Tsuchiya, Takashi, Honda, Hiroshi, Oikawa, Masaya, Kakita, Teysuya, Omori, Yohei, Komatsu, Hirotake, Kajiwara, Taiki, Dochi, Daisuke
11th World Congress of Endoscopic Surgery   2 Sep 2008   
Medium term analysis of survival after laparoscopic surgery for pStage II/III colorectal cancer
Naitoh, Takeshi, Tsuchiya, Takashi, Honda, Hiroshi, Oikawa, Masaya, Kakita, Tetsuya, Omori, Yohei, Komatsu, Hirotake, Kajiwara, Taiki, Dochi, Daisuke
11th World Congress of Endoscopic Surgery   2 Sep 2008   
DPC導入を視野に入れたクリニカルパスの検討
石戸谷卓, 菅原慎哉, 近藤明弘, 山岸英樹, 我妻直美, 武田房子, 内藤 剛
第34回日本診療録管理学会学術大会   21 Aug 2008   
鏡視下手術の基礎理論から考える腹腔鏡下大腸切除術の習得
内藤剛, 土屋誉, 本多博, 及川昌也, 柿田徹也, 長谷川康博, 小松弘武
第63回日本消化器外科学会総会   16 Jul 2008   
下大静脈合併切除、再建を要した下大静脈原発平滑筋肉腫の3例
小松弘武, 土屋誉, 本多博, 内藤剛, 及川昌也, 柿田徹也, 長谷川康弘, 大森洋平, 井本博文, 辻圭太
第63回日本消化器外科学会総会   16 Jul 2008   
周術期の栄養管理 胃癌胃全摘術後の早期経腸栄養は有用か 特にrapid turn-over proteinの検討
本多博, 土屋誉, 内藤剛, 及川昌也, 柿田哲也, 長谷川康弘, 小松弘武, 荒木孝明, 井本博文
第63回日本消化器外科学会総会   16 Jul 2008   
当科における胆嚢癌治療の検討
及川昌也, 柿田徹也, 小松弘武, 長谷川康弘, 内藤剛, 本多博, 土屋誉, 宮川菊雄
第63回日本消化器外科学会総会   16 Jul 2008   
Dr. Gagnerに学ぶその手技と考え方
内藤剛
第1回日本肥満症治療学会学術集会   14 Jun 2008   
腹腔鏡下胆嚢摘出術のヒントとコツ
内藤剛
第156回東北外科集談会   14 Jun 2008   
胆嚢癌長期生存例の検討
及川昌也, 柿田徹也, 長谷川康弘, 内藤剛, 本多博, 土屋誉, 宮川菊雄
第108回日本外科学会総会   15 May 2008   
当院における高齢者胃癌切除症例の検討
長谷川康弘, 土屋誉, 本多博, 内藤剛, 及川昌也, 柿田徹也, 小松弘武, 荒木孝明, 井本博文, 辻圭太
第108回日本外科学会総会   15 May 2008   
OR-1および医療画像統合システムを融合した内視鏡手術専用手術室の構築
内藤剛, 土屋誉, 本多博, 及川昌也, 柿田徹也, 大森洋平, 小松弘武, 梶原大輝, 堂地大輔
第19回内視鏡外科フォーラム東北   19 Apr 2008   
腹腔鏡下胆摘術前の64-MDCTによる胆嚢管・胆嚢動脈の評価について
杉田礼児, 小針雅男, 内藤剛, 藤田直孝, 山崎哲郎, 高橋昭喜
第67回日本医学放射線学会総会   4 Apr 2008   

Social Contribution

 
[日本国内] 河北メディカルセミナー「正しく知ろう大腸がん治療の現在」
[Others]  16 Nov 2008 - Today
大腸癌の診断と手術
[日本国内] 河北カルチャーセミナー
[Others]  1 Feb 1999 - Today
胆石症の診断と治療
[日本国内] 市民医学講座「腹腔鏡下大腸がん手術の現況と今後の展望」
[TV or radio appearance, Contribution]  J:COM仙台キャベツ  1 Sep 2009
腹腔鏡下大腸がん手術に関する講演
[日本国内] 「腹腔鏡下式」利点訴え 大腸がん手術解説
[Others]  河北新報  26 Aug 2009
市民医学講座の報道
[日本国内] 第437回 仙台市医師会 市民医学講座
[Others]  20 Aug 2009
腹腔鏡下大腸がん手術の現況と今後の展望
[日本国内] がん 最新治療&予防 名医307人
[TV or radio appearance, Contribution]  角川SSコミュニケーションズ  17 Apr 2009
治療成績の紹介
[日本国内] 河北メディカルセミナー「正しく知ろう大腸がん治療の現在」
[Planner]  河北新報  21 Dec 2008
講演内容要約
[日本国内] 病院の実力 宮城編 大腸癌
[Informant]  読売新聞  7 Dec 2008
腹腔鏡下手術の概要と成績を紹介
[日本国内] 実力医の履歴書 外科系I
[TV or radio appearance, Contribution]  ライフ企画  25 Sep 2006
大腸癌に対する腹腔鏡下手術の手術内容、手術成績の紹介。