村井 大介

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/16 02:40
 
アバター
研究者氏名
村井 大介
 
ムライ ダイスケ
所属
静岡大学
部署
教育学部 - 教科教育学専攻
職名
講師
学位
博士(教育学)(筑波大学), 修士(教育学)(筑波大学), 修士(教育学)(筑波大学)

研究分野

 
 

受賞

 
2015年11月
日本社会科教育学会賞(論文部門)
 
2014年3月
筑波大学学長賞
 
2013年6月
日本公民教育学会研究賞
 

論文

 
教員養成におけるライフストーリーの応用可能性―社会科教師を志望する学生の教科観と教師観の形成―
村井 大介
日本教師教育学会年報   第24号 154-164   2015年9月   [査読有り]
社会科教師のキャリア形成と社会科教育の再生産―二種類の物語の視点から―
村井 大介
中等社会科教育研究   第33号 15-20   2015年3月   [査読有り]
教科としての「正しさ」は如何に形成されるか―高等学校社会科分化に関する言説の分析を通して―
村井 大介
筑波教育学研究   第13号 59-77   2015年3月   [査読有り]
地理歴史科教師の歴史教育観の特徴とその形成要因―教師のライフストーリーの聴き取りを通して―
村井 大介
社会科研究   第81号 27-38   2014年11月   [査読有り]
カリキュラム史上の出来事を教師は如何に捉えているか―高等学校社会科分化の意味と機能―
村井 大介
教育社会学研究   第95集 67-87   2014年11月   [査読有り]

Misc

 
米国の教師教育者にみるprofessional identityの多様性―社会科教育を事例とした教科観と教師教育者観に着目して―
岡田了祐,堀田諭,村井大介,渡邉巧,田中伸ほか
岐阜大学教育学部研究報告 教育実践研究・教師教育研究   第20巻 55-65   2018年3月
教師研究における希望学の応用可能性―教師の希望についての問いの在り方と探究方法―
村井 大介
教師教育学の独自性と方法論研究   第1集 47-57   2016年9月
小学校社会科副読本で人口減少地域を如何に取り上げるか―防府市野島についての副読本の記述の変遷と島民の認識を通して―
村井 大介
地域と教育   第15号 1-28   2016年8月
身近な地域の学習において地域住民の語りが持つ可能性―児童・生徒と地域住民が捉えた音威子府村の課題と希望に関する社会学的考察―
村井 大介
地域と教育   第14号 32-59   2015年8月
教師のライフストーリーは次代に何をもたらすか―地理歴史科・公民科教師の調査を通して
村井 大介
民主主義教育21   vol.9 187-194   2015年5月

書籍等出版物

 
21世紀の教育に求められる「社会的な見方・考え方」
江口勇治 監修・編著,井田仁康 編著,唐木清志 編著,國分麻里 編著,村井大介 編著 (担当:共著)
帝国書院   2018年3月   
初等社会科教育のねらい
吉田武男 監修,井田仁康 編著,唐木清志 編著,村井大介 (担当:共著)
ミネルヴァ書房   2018年3月   
中等社会科21世紀型の授業実践ー中学校・高等学校の授業改善への提言ー
井田仁康ほか編,村井大介 (担当:共著)
学事出版   2015年3月   
地域と教育ー地域における教育の魅力ー
井田仁康編,村井大介 (担当:共著)
学文社   2012年1月   

講演・口頭発表等

 
教師のハビトゥスに着目した教員養成の可能性 ―教職に対する見方と実践習慣の形成を目指して―
村井 大介
日本教師教育学会第28回大会・日本教育教育学会第28回大会発表要旨集録   2018年9月   
生活科カリキュラムにおける教科論の変容とその社会的背景ー子どもの生活環境としての「家庭」に着目してー
渡邉巧・白井克尚・村井大介・岡田了祐
日本教科教育学会第44回全国大会・日本教科教育学会全国大会論文集 44   2018年9月   
社会科研究における教師の語りの意義と可能性ー教師のライフストーリーの語りから教育言説を捉え直し希望を構成するー
村井 大介
第8回 全国社会科教育学会・韓国社会教科教育学会研究交流 、2018년 하계학술대회 및 제8회 한∙일학술교류회(2018年夏季学術大会及び第8回韓・日学術交流会)   2018年8月   
「現代社会」について実践者の語りなどから考える [招待有り]
村井 大介
日本公民教育学会春季シンポジウム   2018年4月   
教師教育者の専門性開発とセルフスタディ―社会科教育学の研究成果と課題を踏まえて―
大坂遊,渡邉巧,斉藤仁一朗,村井大介
日本教師教育学会 研究推進・若手交流会   2018年3月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
社会的な課題を教材化する教師の授業実践に関するライフストーリー研究
若手研究(B)
研究期間: 2018年4月   
希望に着目した社会科授業研究―授業実践の記録と教師の語りから―
研究活動スタート支援
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月
地理歴史科・公民科教師のライフヒストリー研究-教育課程の変容と教師の教科観-
特別研究員奨励費
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月