ISHIDA Yasuhisa

J-GLOBAL         Last updated: Dec 11, 2018 at 22:35
 
Avatar
Name
ISHIDA Yasuhisa
Affiliation
Kobe University
Section
Graduate School of Medicine Faculty of Medical Sciences
Job title
Assistant Professor

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Ishida Y, Sakakibara S, Terashi H, Hashikawa K, Yamaoka T
The International journal of artificial organs   37(11) 854-860   Nov 2014   [Refereed]
Sakakibara S, Ishida Y, Hashikawa K, Yamaoka T, Terashi H
Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs   17(2) 169-177   Jun 2014   [Refereed]

Misc

 
左中指の腱鞘線維腫の一例
平位 恵梨, 野村 正, 橋川 和信, 寺師 浩人, 石田 泰久
日本形成外科学会会誌   38(8) 457-457   Aug 2018
高齢者の皮膚悪性腫瘍切除後の上眼瞼全層欠損に対してcomposite graftと上眼瞼の筋皮弁を用いて再建した2症例
石田 泰久, 華山 博美
日本形成外科学会会誌   37(8) 421-426   Aug 2017
皮膚悪性腫瘍切除後の上眼瞼広範囲全層欠損創に対する再建方法について、これまで多くの術式が報告されているが、手術手技の煩雑さ、術後の機能障害、整容的な問題などにより、手術手技の選択に検討が必要となる。今回われわれは、下眼瞼後葉を中心としたcomposite graftと上眼瞼欠損部より頭側の皮膚、眼輪筋を用いたadvancement myocutaneous flapを用いた比較的簡便な方法で高齢者の上眼瞼皮膚悪性腫瘍切除後の再建を行い、機能面、整容面で良好な結果を得た。低侵襲で、局所麻酔下...
入退院を繰り返す褥瘡患者に対する継続した栄養管理の必要性
小野 詠子, 小山 恵美子, 石田 泰久
日本褥瘡学会誌   18(3) 384-384   Aug 2016
地域特性を考慮した外因コードの現状と重要性
中田 悠太, 石田 泰久, 森永 聖史
診療情報管理   28(2) 165-165   Aug 2016
胃瘻孔部に発生する肉芽の原因と対策 胃瘻カテーテルによる圧迫創へのケア
小山 恵美子, 森岡 順子, 武井 敏弘, 石田 泰久
日本褥瘡学会誌   17(2) 103-109   Jun 2015
胃瘻カテーテルの圧迫や摩擦により発生したと考えられる肉芽を有する症例について調査した。その結果、胃瘻孔部に生じる肉芽に対し、腹部の皮膚や瘻孔部への除圧を図ることにより改善がみられていた。また、患者の座位時間や活動が胃瘻孔周囲への刺激を増加させ、さらに腹部のたるみがカテーテルの圧迫刺激を複雑にしている場合もみられた。胃瘻カテーテルの圧迫は、胃瘻孔部正常な創傷メカニズムを阻害し、肉芽の再発に繋がると考える。(著者抄録)

Conference Activities & Talks

 
左中指の腱鞘線維腫の一例.
平位恵梨, , Nomura Tadashi, Hashikawa Kazunobu, Terashi Hiroto
第117回関西形成外科学会学術集会(和歌山)   Nov 2017   
繰り返す足部の潰瘍、感染に対して装具、靴の調整により治癒し得た2症例
, 志摩あゆみ, 華山博美
第15回日本フットケア学会年次学術集会(岡山)   Mar 2017   
当院での褥瘡、足病変同時回診の取り組み.
, 華山博美, 志摩あゆみ
第15回日本フットケア学会年次学術集会(岡山)   Mar 2017