吉田 貴富

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/31 19:33
 
アバター
研究者氏名
吉田 貴富
 
ヨシダ タカトミ
所属
山口大学
学位
教育学修士(広島大学)
科研費研究者番号
50274147

研究分野

 
 

学歴

 
1979年4月
 - 
1983年3月
広島大学 学校教育学部 中学校教員養成課程美術
 
1983年
 - 
1985年
広島大学 学校教育研究科 美術教育専攻
 

受賞

 
 
関西新制作協会 第52回関西新作家賞 「在るものⅠ」「在るものⅡ」
 
新人賞に相当する賞。

論文

 
吉田 貴富
教育実践総合センター研究紀要   (46) 263-272   2018年9月
吉田 貴富
教育実践総合センター研究紀要 = Bulletin of the Integrated Center for Educational Research and Training   (45) 103-112   2018年
吉田 貴富
教育実践総合センター研究紀要   44(44) 181-192   2017年9月
吉田貴富
教育実践総合センター研究紀要   41 41-54   2016年3月
美術教育史の教材としての小説『聖職の碑』の可能性
吉田貴富
美術科教育学会誌 「美術教育学」   (36) 433-444   2015年3月   [査読有り]

Misc

 
「みること」「つくること」雑感
吉田貴富
美育文化   62(4) 34-37   2012年7月   [依頼有り]
ルーキー先生に贈る言葉
吉田 貴富
美育文化   36-37   2010年5月   [依頼有り]
Power to the Art ducation!(その2)
吉田 貴富
美育文化   57-59   2008年3月   [依頼有り]
Eメールトーク 第9回  美術教育における「見ること」と「考えること」
吉田 貴富 他5名
美育文化   64-71   2003年9月   [依頼有り]
Eメールトーク 第8回  子どもにとっての風景、そして「見ること」へ
吉田 貴富 他5名
美育文化   66-73   2003年7月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
赤い鳥事典
吉田 貴富 (担当:共著, 範囲:自由画と臨画)
柏書房   2018年7月   
美術科教育の基礎知識    
福田隆眞・福本謹一・ 茂木一司 編 (担当:共著, 範囲:p.77,p.78,p.208)
建帛社   2010年   
小学校図画工作科教育の基礎 図画工作のエッセンス  
佐々木宰・新井義史・ 福田隆眞 編集 (担当:共著, 範囲:pp.46-49 pp.50-53 pp.132-133 pp.134-135)
三晃書房   2002年   
図画工作・美術教育300の基礎知識
若元澄男 編 (担当:共著, 範囲:p.232,p.233,p.234,p.236, p.242,p.243)
明治図書   2000年   
改訂・美術科教育の基礎知識   
宮脇理 監修 福田隆眞・福本謹一・ 茂木一司 編 (担当:共著, 範囲:p.85,p.86,p.87,p.181,p.191,p.201)
建帛社   2000年   

講演・口頭発表等

 
美術教育史の教材としての『聖職の碑』
吉田貴富
第36回美術科教育学会奈良大会   2014年3月28日   美術科教育学会
初等教育教員養成における教科教育法の授業に関する実践的考察(4)  - 協同的な学びの導入 -
吉田貴富
第35回美術科教育学会島根大会   2013年3月27日   美術科教育学会
対話的ギャラリートーク型鑑賞指導の教材に関する考察【4】 ― 『MITE!ティーチャーズキット1』『同2』を用いた実践から ―
吉田 貴富
第49回大学美術教育学会(武蔵野美術大学)   2010年9月   
対話的ギャラリートーク型鑑賞指導の教材に関する考察【3】 ― 『MITE!ティーチャーズキット3』を用いた実践から ―
吉田 貴富
第48回大学美術教育学会(名古屋)   2009年9月   
高等発表「高学年造形遊び不要論」への反論の問題点
吉田貴富
第31回美術科教育学会佐賀大会研究発表概要集   2009年3月   

担当経験のある科目

 

Works

 
2019-1
吉田 貴富   芸術活動   2019年5月 - 2019年5月
第59回新制作広島グループ展
S60号
2018-5
吉田 貴富   芸術活動   2019年5月 - 2019年5月
第59回新制作広島グループ展
S60号
2018-4
吉田 貴富   芸術活動   2019年5月 - 2019年5月
第59回新制作広島グループ展
S60号
第82回新制作展入選作品
新制作広島グループ4人展Quatre
吉田 貴富   芸術活動   2019年2月 - 2019年2月
新制作広島グループのメンバー4名によるグループ展。過去の作品を回顧。
2018-4
吉田 貴富   芸術活動   2018年9月 - 2018年10月
絵画 S60号
第82回新制作展 入選
Triptych 2018
吉田 貴富   芸術活動   2018年4月 - 2018年4月
絵画 S40号✕3
FUKUSHIMA2017 ~Pompei~
吉田 貴富   芸術活動   2017年5月 - 2017年5月
第57回新制作広島グループ展
B1×4枚
FUKUSHIMA ~after 5 years~
吉田 貴富   芸術活動   2016年4月 - 2016年4月
第56回新制作広島グループ展
B1×4枚
FUKUSHIMA ~四神~
吉田 貴富   芸術活動   2015年4月 - 2015年4月
第55回新制作広島グループ展
B1×4枚
FUKUSHIMA ~SESSHU~
吉田 貴富   芸術活動   2014年5月
第54回新制作広島グループ展
B1×4枚
FUKUSHIMA2013(絵画作品)
芸術活動   2013年4月
B全パネル4枚
詩的明証性2010
吉田 貴富   芸術活動   2012年12月
財団法人広島市未来都市創造財団発行の美術年鑑に掲載された。
p.29
FUKUSHIMA 2012
吉田 貴富   芸術活動   2012年4月
第52回新制作広島グループ展
B1×4枚
FUKUSHIMA
吉田 貴富   芸術活動   2011年6月
第51回新制作広島グループ展
103㎝×292㎝
詩的明証性2010
吉田 貴富   芸術活動   2010年5月
第50回新制作広島グループ展
S100
絵画作品
吉田 貴富   芸術活動   2009年7月
S100
絵画作品S100号
その他   2008年5月
絵画作品S100号
S50号絵画作品を2点発表した。
その他   2007年7月
S50号絵画作品を2点発表した。
絵画作品 キャンヴァスにアクリル S50号 2点
その他   2006年5月
絵画作品 キャンヴァスにアクリル S50号 2点
絵画作品 キャンバスにアクリル S50号 2点
その他   2006年4月
絵画作品 キャンバスにアクリル S50号 2点

競争的資金等の研究課題

 
基盤研究(B) 課題番号17H02703 ナラディブ・アプローチによるコンピテンシー・ベースの小中一貫カリキュラム開発研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 吉川 幸男
研究代表者吉川幸男他6名(阿濱茂樹、岸本憲一良、佐伯英人、坂東智子、藤上真弓、吉田貴富)による共同研究。

社会貢献活動

 
教員免許状更新講習
【講師】  山口大学  2019年8月
全国教育美術展山口地区審査員兼世話人
【運営参加・支援】  公益財団法人教育美術振興会  1995年4月 - 2019年3月
教員免許状更新講習
【講師】  山口大学  2018年8月
教員免許状更新講習
【講師】  山口大学  2017年8月
教員免許状更新講習
【講師】  山口大学  2016年7月

その他

 
1.山口大学附属山口中学校との共同研究し、その結果を教育学部附属教育実践研究センター紀要に発表済。<br>2.学部の授業において実践を試み、考察の結果を第24回美術科教育学会において口頭発表済。<br>3.第65回新制作展(東京都美術館、京都展、広島展)等にて発表。
1.学会論文に発表した内容を補強しながら授業において実践した。<br>2.研究発表(口頭発表ならびに論文執筆)。教科教育法の授業の改善。<br>学会にて発表した。<br>3.論文執筆(1)研修。研究大会(高知市)への参加。文献講読。教材購入。教材分析。(2)教材開発。共通教育や学部専門教育への応用。<br>学会誌に発表した。<br>4.グループ展および公募展(審査あり)への出品した。
1.共通教育、学部専門教育、大学院において対話型鑑賞を実践した。<br>2.市販のティーチャーズキット第1巻を全て実践し一定の結論を得た。<br>3.昨年度の反省に立ち手立てを講じた結果Step3「対話的ギャラリートーク型鑑賞指導」の部分の模擬授業をスムーズに実施ささることができた。<br>4.S100号3枚を描いた。
1.日常的な理論的・実践的考察<br>2.大学の共通教育と専門教育の授業、大学院の授業における実践とデータ収集<br>3.上記2に加えて、日常的な作品研究。展覧会鑑賞。<br>4.文献精読と、学校改革に取り組んでいる小中学校の研究大会への参加。<br>5.展覧会出品。