基本情報

所属
山口大学 教育学部附属教育実践総合センター 教授
九州女子短期大学 講師
九女子短期大学 助教授
学位
教育学修士(九州大学)

研究者番号
50225083
J-GLOBAL ID
201801014351435096

経歴

  5

論文

  82

書籍等出版物

  11

講演・口頭発表等

  76

社会貢献活動

  1

その他

  4
  • 2011年4月 - 2011年4月
    2011年3月に発生した東日本大震災の後、4月には被災した発達障害児者の実情調査に赴むいた。さらに、2013年から2017年まで継続して、気仙沼市の小学校に緊急支援としてスクールカウンセラーとして児童や教職員の被災地支援を行った。また、熊本の震災の際にも、発達障害児者への支援を行った。
  • 2003年5月 - 2003年5月
    平成15年は試行として、平成16年から平成27年度にかけて、下関市市立水族館「海響館」と下関市市民病院(旧下関市中央病院)の協力を元にして、下関市に在住する自閉症児を対象としたイルカ介在療法を実施した。役割としては、プログラム全体の責任者としてプログラムの立案・進行・家族への支援を行った。
  • 1998年10月 - 1998年10月
    山口大学教育学部着任以降は、附属教育実践総合センター、教育学研究科附属臨床心理センターにおいて発達障害児者を中心にした心理臨床活動を継続的に実施している。同時に、地域臨床として、山口県や福岡県の児童精神科、小児科、耳鼻科などのコンサルテーションを継続している。
  • 1998年10月 - 1998年10月
    山口大学着任以来、県内の発達障害を抱える地域や家族への支援として、多くの当事者団体の活動にアドバイザーとして協力した。主な団体としては、山口県自閉症協会、山口県アスペの会(高機能の会)、山口県LD研究会、下関市「キラキラ☆キッズ」、長門市「ブルースター」などがある。