田中 経彦

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 15:46
 
アバター
研究者氏名
田中 経彦
 
タナカ タテヒコ
所属
山口大学
部署
医学研究科保健学領域基礎検査学講座
職名
准教授
学位
博士(医学)(山口大学), 薬学修士(徳島大学), 薬学士(大阪薬科大学)
科研費研究者番号
20144925

研究キーワード

 
 

経歴

 
2010年2月
 - 
2010年5月
山口大学 大学院医学系研究科(医学) 大学院担当准教授
 
2010年5月
 - 
2016年5月
山口大学 大学院医学系研究科(医学) 大学院担当准教授
 

学歴

 
 
 - 
1979年3月
大阪薬科大学 薬学部 製薬学科
 
 
 - 
1981年3月
徳島大学 薬学研究科 
 

論文

 
A Coincidental Discovery of a New Stable Variant (Hb Hachioji or HBB: c.187C>T) in a Patient with Chronic Hemolytic Anemia of Unexplained Origin
Mella F, Yamashiro Y, Adhiyanto C, Tanaka T, Nitta T, Amao Y, Kimoto M.
Hemoglobin   42(1) 1-6   2018年1月   [査読有り]
Takenori Nitta 他
Hemoglobin: international journal for hemoglobin research   39(2) 121-126   2015年2月   [査読有り]
Tsuruoka, Keiko,Tsuneoka, Hidehiro,Kawano, Mitsunobu,Yanagihara, Masashi,Nojima, Junzo,Tanaka, Tatehiko,Yamamoto, Misa,Ichihara, Kiyoshi
Diagnostic microbiology and infectious disease   74(3) 230-235   2012年11月   [査読有り]
Yamamoto M, Hiroi T, Kohno H, Yamamoto Y, Hara M, Tanaka T, Mamba K, Watabe S
DNA sequence : the journal of DNA sequencing and mapping   16(6) 474-478   2005年12月   [査読有り]
Yamashiro Y. &Hattori Y.& Okayama N. &Shinoda E. &Suyama N. &Tanaka T. &Ohi S.
Hemoglobin   29(3) 197-208   2005年   [査読有り]
Characteristics of Japanese Thalassemia
Hattori Y. & Yamashiro Y. & Okayama N. & Tanaka T. & Okano K. & Yamauchi H. & Ishida Y. & Kuriya S.
Internatinoal Journal of Human Genetics   3(4) 259-267   2003年   [査読有り]
Miura K. & Inouye S. & Sakai K. & Takaoka H. & Kishi F. & Tabuchi M. and Tanaka T. & Matsumoto H. & Shirai M. & Nakazawa T. & Nakazawa A.
Journal of Biological Chemistry   276(16) 13490-13498   2001年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
尿中単クローン性BJPの電気泳動による高感度検出
田中 経彦
第68回日本電気泳動学会総会   2017年11月25日   
栗原映見他
第65回日本電気泳動学会総会   2014年10月24日   日本電気泳動学会
セルロースアセテート膜電気泳動で分離し染色したタンパクのアルカリ転写法をミエローマタンパク質の検出に応用した。
田中経彦,栗原映見,田平未希子,新田孟徳,山城安啓
第64回日本電気泳動学会総会   2013年11月1日   日本電気泳動学会
デキストランを添加したセルロースアセテート膜電気泳動法によるリポたんぱく質分析
田中経彦&藤井妙子,&山城安啓&清水慶久&渡部省二
生物物理化学   2008年11月   
リポ蛋白質分析におけるセルロースアセテート膜電気泳動法の新しい手法
田中経彦&藤井妙子&山本美佐&末永弘美&清水慶久&岡野こずえ&山城安啓&服部幸夫&渡部省二&岡山直子&中村準ニ
生物物理化学補冊第56回日本電気泳動学会総会抄録号   2005年10月   

担当経験のある科目

 

その他

 
1.膜を利用した2D電気泳動法の開発により蛋白質同定を迅速化する
1.蛋白質分析技術の改良<br>2.等電点電気泳動法を利用した異常ヘモグロビン分析