Imagama Takashi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 18, 2018 at 22:33
 
Avatar
Name
Imagama Takashi
Affiliation
Yamaguchi University
Research funding number
00634734

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2012
 - 
Today
Assistant Professor, Orthopedic Surgery, Yamaguchi University Graduate School of Medicine
 

Education

 
Apr 1994
 - 
Mar 2001
School of Medicine, Ehime University
 

Misc

 
腸骨大腿靱帯縦走束の解剖学的付着部と大腿骨転子部骨折の治療成績の関連性
金岡 丈裕, 今釜 崇, 関 万成, 関 寿大, 徳重 厚典, 小笠 博義, 田口 敏彦
Hip Joint   44(1) 226-228   Aug 2018
化膿性膝関節炎の鑑別における関節液糖値と白血球エステラーゼについての検討
中島 大介, 今釜 崇
日本骨・関節感染症学会雑誌   31 4-6   Mar 2018
感染または結晶性関節炎が疑われた85例100関節(男性34例、女性51例、平均年齢76.4歳)を対象に、関節液糖値と尿試験紙による白血球エステラーゼについて検討した。診断が可能であった疾患は化膿性関節炎が6関節、偽痛風44関節、痛風7関節であった。その結果、関節液糖値40mg/dl以下は4関節で、うち培養陽性は4関節(100%)であり、偽痛風や痛風例はなかった。白血球エステラーゼ(++)以上は58関節で、うち培養陽性は5関節(9%)と少なく、偽痛風は34関節、痛風は6関節で認められた。関節...
徳重 厚典, 今釜 崇, 関 万成, 田口 敏彦
整形外科と災害外科   67(2) 296-299   Mar 2018
【目的】関節リウマチ(RA)加療におけるイグラチモド(IGU)の有効性と安全性について検討した。【対象と方法】当院通院加療中のRA患者のうち、IGU使用中・使用歴のある61例を対象とし、IGUの処方状況、併用薬、継続状況と副作用、投与開始前から52週までの疼痛関節数、圧痛関節数、患者・医師VAS、疾患活動性について調査した。【結果】IGUの処方状況は追加併用38例、切り替え4例、第一選択薬として1例で処方され、全例csDMARDsが併用され、プレドニゾロン49%、生物学的製剤16%の併用を...
人工膝関節置換術におけるコンポーネント設置角度と術後患者満足度の関連性の検討
金岡 丈裕, 関 万成, 関 寿大, 今釜 崇, 田口 敏彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(2) 253-254   Mar 2018
人工膝関節置換術後6ヵ月以上の50例55膝を、患者満足度により満足群(S群)42例と不満足群(U群)13例に分け、3Dで詳細に評価したコンポーネント設置角度と患者満足度の関連性について検討した。術後股関節-膝関節-足関節角はU群で有意に内反し、絶対値・outlier率いずれもU群で有意に不良であった。脛骨コンポーネント設置角度は、冠状面設置角・outlier率がU群で有意に不良であった。脛骨コンポーネント冠状面設置角度は術後患者満足度に影響を及ぼす因子であることが示された。
FasT-Fixを用いた半月板縫合におけるcystの発生頻度 ACL再建症例での検討
関 寿大, 関 万成, 今釜 崇, 田口 敏彦
中部日本整形外科災害外科学会雑誌   61(2) 355-356   Mar 2018
1年間の前十字靱帯(ACL)再建症例のうち、FasT-Fixを用いた半月板縫合を行った21例22半月(男性10例、女性11例、手術時年齢27.9歳)を対象に、ganglion cyst形成について検討を行った。評価は術後4、8、12ヵ月、最終経過観察時にMRIを行った。その結果、ganglion cystは3/22半月(13.6%)に認められ、全て男性であった。cystありの症例はcystなしの症例と比較し、FasT-Fixの平均使用本数が有意に多かった。半月板癒合率は完全治癒においてcy...

Conference Activities & Talks

 
Complications Associated with Antibiotic-Loaded Articulating Cement Spacers In The Treatment of Prosthetic Hip Joint Infection: Focusing on Spacer Migration
Takashi Imagama
18th European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology (EFORT) Congress   
Usefulness of sCD14-ST in synovial fluid for early diagnosis of pyogenic arthritis
Takashi Imagama
36th Annual Meeting of European Bone and Joint Infection Society   
Influence of affected other joints in lower limbs associated with outcomes of total hip arthroplasty in rheumatoid arthritis
Takashi Imagama
5th World Congress on Controversies, Debates & Consensus in Bone, Muscle & Joint Diseases   
Outcomes of cementless total hip arthroplasty in rheumatoid arthritis
Takashi Imagama
19th Asia Pacific League of Associations for Rheumatology Congress   
Diagnostic significance of local findings in adult patients with hip joint infection
Takashi Imagama
17th European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology (EFORT) Congress