Yoshiga Yasuhiro

J-GLOBAL         Last updated: Dec 14, 2018 at 22:14
 
Avatar
Name
Yoshiga Yasuhiro
Affiliation
Yamaguchi University
Section
Graduate School of Medicine
Research funding number
00423393

Academic & Professional Experience

 
Oct 2011
 - 
Mar 2018
Assistant Professor, University Hospital, YAMAGUCHI UNIVERSITY
 
Oct 2009
 - 
Sep 2011
Asklepios Klinik St. Georg
 

Education

 
Apr 1998
 - 
Mar 2003
Medicine, Yamaguchi University Graduate School
 
Apr 1990
 - 
Mar 1996
Yamaguchi University
 

Published Papers

 
Yoshiga Y, Shimizu A, Ueyama T, Ono M, Fukuda M, Fumimoto T, Ishiguchi H, Omuro T, Kobayashi S, Yano M
Journal of cardiology   72(2) 128-134   Aug 2018   [Refereed]
Fumimoto T, Ueyama T, Shimizu A, Yoshiga Y, Ono M, Kato T, Ishiguchi H, Okamura T, Yamada J, Yano M
Journal of cardiology   70(3) 271-277   Sep 2017   [Refereed]
Yoshiga Y, Shimizu A, Ueyama T, Ono M, Fumimoto T, Ishiguchi H, Yano M
Journal of arrhythmia   32(6) 493-495   Dec 2016   [Refereed]
Shimizu A, Omiya T, Ueyama T, Yoshiga Y, Doi M, Hiratsuka A, Fukuda M, Yoshida M, Matsuzaki M, Yano M
Journal of cardiology   61(4) 312-313   Apr 2013   [Refereed]

Misc

 
家族性徐脈症候群が疑われた無症候性Brugada症候群女性の1例
福田 昌和, 大野 誠, 清水 昭彦, 吉賀 康裕, 石口 博智, 縄田 純也, 小室 拓也, 杉 直樹, 堀江 稔, 矢野 雅文
心臓   50(Suppl.1) 84-88   Aug 2018
症例は50歳女性。10年以上前から徐脈、前失神症状を自覚していた。脳梗塞を発症して近医入院中に著明な洞停止と動悸を伴う発作性心房粗細動を認め当科へ紹介となった。12誘導心電図でtype2のBrugada型心電図を呈しておりpilsicainide負荷試験にてtype1のBrugada型心電図へ変化した。また父親がペースメーカ植込み前に転落のため突然死をしていた。心房粗細動に対してカテーテルアブレーションを行うとともに、電気生理学検査を行った。洞結節回復時間18秒と著明な延長を認め、心室頻拍...
川崎病後遠隔期に左室心室瘤内を必須緩徐伝導路とする心室頻拍をきたした成人男性の1例
大野 誠, 吉賀 康裕, 上山 剛, 石口 博智, 矢野 雅文, 清水 昭彦
臨床心臓電気生理   41 115-122   May 2018
症例は40歳、男性。川崎病の既往があり、7歳時に右冠動脈瘤および左室下壁基部心室瘤が指摘された。労作後に心窩部不快感を自覚し、心電図で心拍数229bpmのwide QRS頻拍(左脚ブロック型、左軸偏位)を認めた。洞調律下で作成したvoltage mapでは、左室瘤部分は低電位となっており、左室瘤内中隔側に遅延電位を認めた。誘発された心室頻拍(VT)(周期長CL:320msec)はclinical VTであり、洞調律中に遅延電位を認めた瘤内中隔側と、瘤内後壁側においてconcealed en...
心臓再同期療法導入以前にきたした心不全入院回数が生命予後に及ぼす影響について
大野 誠, 吉賀 康裕, 福田 昌和, 石口 博智, 清水 昭彦, 矢野 雅文
日本心臓病学会学術集会抄録   65回 P-390   Sep 2017
左右房室弁輪部をリエントリー回路に含むHis束近傍ATP感受性心房頻拍の1例
石口 博智, 上山 剛, 吉賀 康裕, 大野 誠, 文本 朋子, 矢野 雅文, 清水 昭彦
臨床心臓電気生理   40 109-118   May 2017
症例は70歳、女性。動悸を主訴とする発作性上室性頻拍。頻拍時の右房内最早期興奮部位はHis束近傍で、ATP 2mgの急速静注で房室ブロックを伴わずに停止し、心室からの連続刺激では室房解離を認めた。左房側および大動脈無冠尖のマッピングを追加し、無冠尖に最早期興奮部位を認めた。エントレインメントマッピングでは、右房最早期興奮部位からの連続刺激は高位右房、His束、冠静脈洞を順方向に捕捉し、三尖弁輪前壁からは高位右房を直接捕捉し、His束、冠静脈洞を正方向に捕捉した。無冠尖からはいずれの部位も直...
【不整脈-その常識は正しいか?-】 心房頻脈性不整脈 その常識は正しいか? 持続性心房細動と診断したら抗凝固療法を導入すべきか?
吉賀 康裕
救急・集中治療   29(3-4) 181-186   Mar 2017
<point>心房細動に対する抗凝固療法の適応は、塞栓症のリスク因子で決定される。心房細動を停止させた後が塞栓症のリスクが高い。洞調律化を試みる場合には抗凝固療法が必要である。持続性心房細動は、発作性心房細動より塞栓症リスクが高い。(著者抄録)

Conference Activities & Talks

 
心房細動アブレーションのストラテジーと長期予後 持続性心房細動に対する肺静脈隔離術単独治療ストラテジーの有効性と限界を知る
吉賀 康裕, 清水 昭彦, 上山 剛, 大野 誠, 文本 朋子, 石口 博智, 矢野 雅文
日本心臓病学会学術集会抄録   Sep 2016