共同研究・競争的資金等の研究課題

2017年8月 - 2019年3月

網羅的遺伝子スクリーニング法を用いた食品因子デルフィニジンの生体調節作用機構解明

日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
  • 村田 希
  • ,
  • 立花 宏文

課題番号
17H06936
配分額
(総額)
2,730,000円
(直接経費)
2,100,000円
(間接経費)
630,000円

アントシアニジンの1つであるデルフィニジンは多彩な生体調節作用が報告されているが、「なぜ効くのか」という入り口部分の研究が欠落しており、その作用機構は不明な点が多い。本研究では、網羅的遺伝子スクリーニング法を利用することでデルフィニジンの機能性を担う遺伝子を同定することに成功し、デルフィニジンが機能性を発揮する作用機構の一端を明らかにした。

リンク情報
Kaken Url
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-17H06936/17H06936seika.pdf