塚本 篤士


塚本 篤士

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/27 21:17
 
アバター
研究者氏名
塚本 篤士
 
ツカモト アツシ
所属
麻布大学
部署
獣医学部 獣医学科
職名
講師
学位
博士(獣医学)
科研費研究者番号
00647175

研究分野

 
 

学歴

 
2004年3月
   
 
麻布大学 獣医学部 獣医学科
 
2012年3月
   
 
東京大学大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻
 

受賞

 
2009年
日本獣医内科学アカデミー 学術奨励賞
 

論文

 
The anti-inflammatory action of maropitant in a mouse model of acute pancreatitis.
Journal of Veterinary Medical Science      2018年   [査読有り]
Dynamic changes in DNA methylation patterns in canine lymphoma cell lines demonstrated by genome-wide quantitative DNA methylation analysis.
The Veterinary Journal      2018年   [査読有り]
The validity of anesthetic protocols for the surgical procedure of castration in rats.
Experimental Animals      2018年   [査読有り]
小型げっ歯類における吸入麻酔の技術.
実験動物技術      2018年   [査読有り]
Combining isoflurane anesthesia with midazolam and butorphanol in rats.
Experimental Animals   223-230   2017年7月
The 5-HT(3) Receptor Antagonist Ondansetron Attenuates Pancreatic Injury in Cerulein-Induced Acute Pancreatitis Model.
Inflammation      2017年   [査読有り]
A nasal osteoma with an acute course in a Japanese Black heifer.
Journal of Veterinary Medical Science      2017年   [査読有り]
Pharmacological properties of various anesthetic protocols in 10-day-old neonatal rats.
Experimental Animals      2017年   [査読有り]
Transrectal guidance of the ovaries reduces operative time during bovine laparoscopic ovariectomy.
Journal of Veterinary Medical Science      2017年   [査読有り]
A Holstein heifer that delivered following amputation of a fractured limb.
Large Animal Review      2017年   [査読有り]
術後の炎症性サイトカイン発現に対する各種麻酔法の作用特性.
実験動物技術      2017年   [査読有り]
Differentiation of rat adipose tissue-derived stem cells into neuron-like cells by valproic acid, a histone deacetylase inhibitor.
Experimental Animals      2016年   [査読有り]
Analysis of the Cerebellum Tissue in Chronically Alcohol-Fed Rats.
Journal of Alcholism and Drug Dependence      2016年   [査読有り]
Effect of midazolam and butorphanol premedication on inhalant isoflurane anesthesia in mice
Experimental Animals      2015年   [査読有り]
Vital Signs Monitoring During Injectable and Inhalant Anesthesia in Mice.
Experimental Animals      2015年   [査読有り]
齧歯類における麻酔の過去・現在・未来 -動物実験における適正な麻酔・鎮痛の実施-
実験動物技術      2015年   [査読有り]
Decreased immunoglobulin A concentrations in feces, duodenum and peripheral blood mononuclear cells of dogs with inflammatory bowel disease.
Journal of Veterinary Internal Medicine      2013年   [査読有り]
Polypoid adenomas secondary to inflammatory colorectal polyps in 2 miniature dachshunds.
Journal of Veterinary Medical Science      2013年   [査読有り]
Value of the 13C-urea breath test for detection of gastric Helicobacter spp. infection in dogs undergoing endoscopic examination.
Journal of Veterinary Medical Science      2013年   [査読有り]
Effect of mosapride on prednisolone-induced gastric mucosal injury and gastric-emptying disorder in dog.
Journal of Veterinary Medical Science      2012年   [査読有り]
Mucosal imbalance of interleukin-1β and interleukin-1 receptor antagonist in canine inflammatory bowel disease.
The Veterinary Journal      2012年   [査読有り]
Molecular cloning and expression analysis of the canine chemokine receptor CCR9.
Veterinary Immunology and Immunopathology      2012年   [査読有り]
Molecular cloning and characterization of canine fractalkine and its receptor CX3CR1.
Veterinary Immunology and Immunopathology      2012年   [査読有り]
A case of canine multiple inflammatory colorectal polyps treated by endoscopic polypectomy and argon plasma coagulation.
Journal of Veterinary Medical Science      2012年   [査読有り]
Decreased gallbladder emptying in dogs with biliary sludge or gallbladder mucocele.
Veterinary Radiology and Ultrasound      2012年   [査読有り]
Real-time ultrasonographic evaluation of canine gastric motility in the postprandial state.
Journal of Veterinary Medical Science      2011年   [査読有り]
Prokinetic effect of the 5-HT4R agonist mosapride on canine gastric motility.
Journal of Veterinary Medical Science      2011年   [査読有り]
Ultrasonographic evaluation of vincristine-induced gastric hypomotility and the prokinetic effect of mosapride in dogs.
Journal of Veterinary Internal Medicine      2011年   [査読有り]
A retrospective study of inflammatory colorectal polyps in miniature dachshunds.
Journal of Veterinary Medical Science      2011年   [査読有り]
Quantification of chemokine and chemokine receptor gene expression in duodenal mucosa of dogs with inflammatory bowel disease.
Veterinary Immunology and Immunopathology      2011年   [査読有り]
Membranoproliferative glomerulonephritis in a young cat.
Journal of Veterinary Medical Science      2008年   [査読有り]
Gene expression of secretory carbonic anhydrase isozymes in striated ducts of canine salivary glands using laser microdissection system.
Anatomica Histologia Embryologia      2007年   [査読有り]

書籍等出版物

 
シクロスポリン -猫におけるReview-
塚本 篤士
Felis   2018年11月   
薬のかたちー経口薬の剤型と特徴ー
塚本 篤士
infovets   2018年11月   
臨床薬のトピックス. 第4回 カプロモレリン~獣医療における新しい食欲増進剤~
塚本 篤士
Infovets   2018年10月   
臨床薬のトピックス. 第3回 薬の飲み合わせ~相互作用を示す薬剤~
塚本 篤士
infovets   2018年8月   
臨床薬のトピックス. 第2回 ドラッグリポジショニング ② 消化器薬のドラッグリポジショニング
塚本 篤士
infovets   2018年6月   
臨床薬のトピックス. 第1回 ドラッグリポジショニング ①
塚本 篤士
infovets   2018年   
抗がん剤の副作用に挑む. 1. 消化器毒性.
塚本 篤士
infovets   2018年   
臨床現場での制吐剤・催吐剤の使い方.
塚本 篤士
CAP   2018年   
これ、こんな病気です 病名別 Informed Consent. 第18回 犬の急性膵炎
塚本 篤士
Vet i   2017年   
一目でわかる症候シリーズ. 「下痢①」. 薬剤による下痢.
塚本 篤士
SA medicine   2017年   
ラットのアルコール性肝障害モデルにおけるいわゆる休肝日の効果.
アルコールと医学生物学.   2017年   
一目でわかる症候シリーズ.「嘔吐②」 . 薬剤/中毒に起因する嘔吐
塚本 篤士
Sa medicine   2016年   
効果的に使う消化器の治療薬-最新知見 を交えて-
塚本 篤士
CAP   2016年   
上部消化管運動障害に起因する嘔吐、食欲不振の管理.
塚本 篤士
CAP   2015年   
一目でわかる症候シリーズ. 「嘔吐①」. 胃の運動障害 (アトニー)
塚本 篤士
SA medicine   2015年   
第5章. 消化器疾患. 炎症性結直腸ポリープ.
塚本 篤士
犬と猫の治療ガイド   2015年   
Chapter 13. 免疫系.
塚本 篤士
ビジュアルで学ぶ伴侶動物解剖生理学.   2015年   
消化器薬のアップデート -嘔吐、食欲不振の効率的な管理-
塚本 篤士
CAP   2014年   
犬の胃ヘリコバクターの感染判定法としての尿素呼気試験の有用性の検討.
獣医畜産新報   2012年   
消化器疾患のケーススタディ. 第12回 ポリペクトミーとアルゴンプラズマ凝固法(APC)が奏功した難治性炎症性結直腸ポリープの1例.
塚本 篤士
SA medicine   2011年   
消化器疾患のケーススタディ. 第10回 タイロシン反応性下痢が認められたジャーマン・シェパード・ドッグの1例.
塚本 篤士
SA medicine   2010年   

講演・口頭発表等

 
麻布大学の取り組みー獣医学教育における代替法教材の活用ー
塚本 篤士
獣医学教育改革シンポジウム   2018年9月   
大学における実験動物技術教育ー代替法教材の活用法ー
東京実験動物研究会   2018年7月   
獣医臨床向け首輪センサデータの活用可能性について
日本獣医師会学術年次大会   2018年2月   
イヌにおけるナローバンドUVB療法に関する基礎的検討
獣医学会   2018年   
催吐剤と制吐剤の薬効メカニズム/臨床エビデンス 消化器障害と制吐剤
第14回日本獣医内科学アカデミー学術集会   2017年2月16日   
手術侵襲下における各種麻酔法の作用特性
塚本 篤士
実験動物学会   2017年   
3Dプリンタの獣医解剖学教育への応用可能性の検討
日本獣医学会   2017年   
蛍光タンパク質発現培養細胞を新しい変異原性試験法における安定した測定結果を得るための検討
麻布大学雑誌   2017年   
老齢マウスにおける各種麻酔法の作用特性
第50回日本実験動物技術者協会総会   2016年9月29日   
急性膵炎モデルマウスにおけるマロピタントの抗炎症効果
第159回 日本獣医学会学術集会   2016年9月6日   
急性膵炎におけるμ-opioid受容体作動薬の抗炎症効果
第159回 日本獣医学会学術集会   2016年9月6日   
新生仔ラットにおける各種麻酔法の作用特性
日本実験動物学会総会   2016年5月18日   
「消化器薬のアップデート〜嘔吐、食欲不振の効率的な管理〜 」
塚本 篤士
Vetpeer web セミナー   2016年   
ラットの動脈管の血管平滑筋弛緩因子の発現に及ぼすシクロオキシゲナーゼ阻害剤および一酸化窒素合成酵素阻害剤の影響
日本獣医学会   2015年   
齧歯類の麻酔法
塚本 篤士
日本実験動物技術者協会関東支部懇話会   2015年   
三軸加速度センサを用いたラットの行動解析
日本実験動物学会   2015年   
蛍光タンパク質発現培養細胞を用いた変異原性試験法の開発
日本実験動物学会   2015年   
ラットのイソフルラン吸入麻酔におけるミダゾラム、ブトルファノールの併用効果
日本実験動物学会   2015年   
デキサメサゾン長期摂取のラット胎仔動脈管に及ぼす影響
日本先天異常学会   2015年   
三軸加速度センサを用いたラットの行動解析
動物臨床医学会   2014年11月   
ラット胎子動脈管の血管平滑筋弛緩関連遺伝子の発現に及ぼす COX 阻害剤 および NOS 阻害剤の影響
日本先天異常学会   2014年7月   
犬の嘔吐に対するアプローチ
アジア皮膚科協会主催セミナー   2014年6月   
マウスのイソフルラン吸入麻酔におけるミダゾラム、ブトルファノールの併用効果
日本実験動物学会   2014年5月   
バイタルサインを指標としたマウスにおける麻酔法の作用特性
日本実験動物技術者協会関東支部懇話会   2014年3月   
三次元加速度センサを用いたラットの行動解析
動物臨床医学会   2014年   
消化器薬のアップデート―嘔吐,食欲不振の効率的な管理―
塚本 篤士
動物臨床医学会   2013年   
犬の内視鏡検査症例における胃内ヘリコバクター感染の検出と尿素呼気試験の有用性の検討
動物臨床医学会   2012年   
Ultrasonographic evaluation of vincristine-induced gastric hypo-motility and the prokinetic effect of mosapride citrate in dogs.
塚本 篤士
ACVIM   2011年   
超音波検査を用いた犬の胆のう排出能の評価と胆泥症におけるその変化
日本獣医内科学アカデミー   2011年   
レフルノミドおよびアルゴンプラズマ凝固法が奏功した難治性のミニチュアダックスフントの炎症性結直腸ポリープの2例
日本獣医内科学アカデミー   2009年   
ミニチュアダックスフントに見られた炎症性直腸ポリープの臨床的特徴
塚本 篤士
日本獣医内科学アカデミー   2008年   
犬の副甲状腺癌の一例
獣医臨床病理学会   2006年   
犬のC反応性蛋白(CRP)の臨床的有用性の検討
動物臨床医学会   2005年   
エリスロポエチン産生腫瘍に伴う二次性赤血球増多症を呈した猫の一例
獣医臨床病理学会   2005年   
糸球体腎炎に伴う低タンパク血症を認めたFeLV陽性の猫の一例
日本獣医内科学アカデミー   2005年   

競争的資金等の研究課題

 
「ラットの麻酔法に関する基盤研究:周術期免疫応答、組織修復過程における作用特性」
科研費 若手(B): 
研究期間: 2015年 - 2017年    代表者: 塚本 篤士

特許

 
特願2015- 85686 : 形質転換生物を用いた変異原試験法.